FC2ブログ




殆ど毎日チェックしてる音楽情報サイトのamassにてこのアルバムが紹介されていて、「おおっ、ポリスのカヴァーアルバムじゃんか!」って事ですぐさまチェックしたら意外と面白い出来だったんで興味が湧いて、CDがアマゾンにて¥1200くらいだったんでそれなら聴いてみようかな?って事で買った、ジュリアナ・ハットフィールドの「SINGS THE POLICE」を今回はチョイス。発表は昨年でした。ジャケが非常にカッコイイ!

ジュリアナ・ハットフィールドって人は一時期レモンヘッズに加入していた事くらいしか知らなかったんだけど、もう結構な年齢なハズなのにここで聴ける声はかなり若々しい(失礼)のが正直驚いた。レモンヘッズ自体は大昔にスザンヌ・ヴェガの「LUKA」をカヴァーしたのを聴いた事があるくらいなので全くと言っていいほど知らないんだけど、そのカヴァーを聴く限りはR.E.M.みたいにカレッジチャート辺りで人気出そうなバンドだよなあ~的な印象しかなかったのを覚えている。

そんなバンドに在籍してた人なので、どんな風にポリスを解釈してるのか?というのが一番のポイントだったんだけど、全曲聴いてみた感想は”やっぱ面白い”という印象だった。まず選曲を見ると初期のアルバムには収録されていない「LANDLORD」なんかをチョイスしてるのが何か”通”っぽい。しかも”ど”が付くほどのマイナーな「CANARY IN A COALMINE」なんかチョイスしてるし、この人相当ポリス好きなんじゃないかと思わせる選曲に思わず笑ってしまう(「CAN'T STAND LOSING YOU」のMVにて、ドラムにちゃんと4ワードが入ってるのはマニアック過ぎるだろ!/笑)。ポリス最大のヒットにして代表作でもある「SYNCRONICITY」からは「EVERY BREATH YOU TAKE」しかチョイスしてないのも拘りが感じられるし。

オリジナル自体、スティングの声のキーが物凄く高いので女性の声でも結構キビしいと思うんだけど、そこはミュージシャンだけあって難なくクリアしてるし、アレンジも楽曲によっては大胆に変えているのもあるので聴いていてストレスは余り感じない。面白かったのは「ROXANNE」のアレンジで、オルタナっぽい雰囲気のノイジーなギターのフレーズだけで歌っているのは新鮮に感じた。

先述の「CANARY IN A COALMINE」なんかもオリジナルを聴くと何処かコミカルな雰囲気だけど、彼女が歌ってると何処かポップな雰囲気でニュアンスが違うのも良い。大胆なアレンジなのはオリジナルだと疾走感がウリの「NEXT TO YOU」が、彼女のアレンジだとミドルテンポで何処か気怠い雰囲気が漂っていて面白い。「MURDER BY NUMBERS」は逆にパンクっぽい疾走感出しててオリジナルとは全く違うイメージで、非常にカッコイイ仕上がり(勿論、オリジナルの不穏な雰囲気も最高なんだけど)。

「GHOST IN THE MACHINE」からの選曲が多いのは意外だったけど、有名曲ばっかのカヴァーよりもこういったマイナーな楽曲に焦点を当てて大胆にアレンジを加えた方がファンにとっては面白味が増すってモンですよ。全12曲あっという間に終わってしまうのも潔いし。女性ボーカルに違和感を感じないポリスのファンなら十分に楽しめる好盤かと。
こうしてカヴァーされた楽曲を聴いていてホントにポリスは良い曲が多かったなあ~と再認識出来た。今の新しい若いミュージシャンがポリスの楽曲をカヴァーすればまた違った解釈も出てくるんじゃないか?と思うけど、そんなアルバムが出たらまた買っちゃいそうだな(笑)。


「CAN'T STAND LOSING YOU」


「LANDLORD」
スポンサーサイト






昨年発表されてたのに、国内盤の配給元であるワードレコーズが生産が追い付かないとかで少し待たされていたマイケル・フレクシグのアルバム「KEEPER OF THE FLAME」がようやく到着しました。
タワレコの15倍ポイント+¥500引きクーポンがあったので少し安く買えたのは良いけど、届いた商品を見ていきなりCDケースにヒビが入ってた。タワレコの梱包って段ボールでしっかり括り付けてあるのにヒビという事はあのビニールできっちり締め付けた時に出来たのか、それとも最初っから付いてたのか...いずれにせよ良い印象は無いっすね。

さて、このマイケル・フレクシグという人、昔からHR/HM系を聴いてる方にはご存じの通り、80年代に破格の契約金でデビューしたものの見合った収益を上げる事が出来ずに一度解散し、結果的にオリジナルアルバム3枚残して消えてしまった、ジーノ・ロート率いるジーノのボーカリストだった人物。2作のオリジナルアルバムでボーカルを務めた後、音楽業界から引退してしまった為に3rdアルバムではマイケル・ボーマンが務めていたのでもう復帰はないだろうと思っていたら、ジーノの逝去によりジーノの功績を称える為にこのアルバムをリリースする事に決めたとの事。

とはいえ、バンドの主要メンバーがいないので純粋な新作という訳ではなくバンド在籍時に残っていたデモ音源や未発表テイクや既発曲などで構成されたモノ。全19曲なので当然1stアルバムや2ndアルバムの被りはあるけど、5曲の未発表テイクが売りなのでそれを目当てに購入した人は多いと思う(私もそうだ!)。

私的には「IS IT LOVE」のマイケルverが今回のハイライトで、この曲は「ZENOLOGY」に収録されているのだけどその時のボーカルが現フェア・ウォーニングのトミー・ハートが歌っているのだけど、オリジナルはどんな感じになってるのか?とずっと興味があったのでこうして聴けるのは嬉しい。勿論良曲なので、どちらのverもボーカルの良い部分が活かされてると感じましたね。
デモ音源の方は、デモなのでマイケルがラフに歌っているのかと思いきや結構マジで歌ってる感じで、あのハイトーンもしっかり表現されている事からデモという感覚が余りない。「SENT BY HEAVEN」(邦題:天空より)はマイケルもライナーノーツで語ってる様にオリジナルverよりも良い出来かも。

こうして聴いてみると、やっぱ1stアルバムの完成度はハンパなかったと再確認。2005年リマスター盤を聴いた時にも思ったけど、最初の初CD化の音源では余り良さを感じなかったのが、音の輪郭が鮮明になっただけで印象がだいぶ変わるのも珍しいかと。今回のデモ音源の方が初CD化の音より断然良いって一体どーなんだ?と。

結局、ウリ・ジョン・ロートが是非実現したいと言ってたジーノ・トリビュート・コンサートは未だに実現していないけど、本人のライブでは「CIRCLE OF DAWN」をプレイしてるみたいだし、フェア・ウォーニングの面々もジーノと近い関係だったんだから何かと縁がある日本で是非実現してほしいよなあ。せっかくこういう追悼盤がリリースされて売れ行きも好評みたいだし、今が一番良い時期だと思うんだけど...


「SENT BY HEAVEN」


「LOVE IN YOUR EYES」




何と22年振りのソロ2作目発表だそうで、元シカゴのボーカル:ジェイソン・シェフの「HERE I AM」を今回はチョイス。発表は昨年。アマゾンで何気に見つけてしまったので、ジャケの雰囲気も相成って久々に彼の歌を聴いてみたいと思いポチりました。

シカゴには30年くらい在籍したんですね。何でも家族の介護の為ツアーに出られず、その辺の事情もあっての脱退なんで実に勿体ないと思いきや、こうしてまたソロとして戻ってきたのは良いんじゃないかと。自分のペースで活動出来る訳だし、シカゴの幻影に引き摺られる事もないだろうし。
シカゴは私の中では「21」で止まってるんで最近の活動状況は全く知らないんですが、近作も結構評判良いみたいじゃないですか?こういう王道のAORも最近じゃなかなか聴けないし、お金のある時にでもチェックしてみたいなあ。

そんな元ボーカルのソロ作、シカゴのセルフカヴァーが5曲にオリジナルが5曲という変則的な内容になっている。まずシカゴからは「WILL YOU STILL LOVE ME?」「LOOK AWAY」「FEELIN' STRONGER EVERYDAY」「WHAT KIND OF A MAN WOULD I BE?」「HARD TO SAY I'M SORRY」の5曲が選曲。しかも冒頭から「WILL YOU STILL LOVE ME?」ってトコが泣かせるじゃないですか!反則技に近いけど(笑)もう一気に持っていかれますよ。

「LOOK AWAY」は全米No.1獲ってるからこの選曲も納得だし(でもボーカルはビル・チャンプリンなんだけど...)個人的には「WHAT KIND OF A MAN WOULD I BE?」が嬉しい。まあ「IF SHE WOULD HAVE BEEN FAITHFUL」も捨てがたいけど、そうなると「18」から2曲チョイスになるからこれで良いのかと。「FEELIN' STRONGER EVERYDAY」「HARD TO SAY I'M SORRY」はピーター・セテラの代表曲だけどジェイソンのボーカルもバンド在籍30年間でずっとライブで歌ってた訳だし、こうやって音源に残して置くのも良いかも。

私は特にシカゴには思い入れがないから、こうしてセルフカヴァー聴いてもオリジナルと比べる事もないし、普通に良い曲だなあ~と改めて思うくらいだけど、これをシカゴのファンが聴くとやっぱ違和感とかあるのかな?「HARD TO SAY I'M SORRY」なんかオリジナル以外認めん!とか言い出す人がいてもおかしくないと思うけど、私の場合は散々聴いた曲なんで今回のジェイソンverの方はかなり新鮮に聴けたけどなあ。

そしてオリジナル5曲に関しては、ジェイソン自身作曲に関わってるのはボビー・コールドウェルと共作した「WHAT KIND OF MAN」のみ。残りは外部ライターの楽曲だけど、どの曲もジェイソンのイメージを損なわない良曲揃い。タイトル曲なんかシカゴではこんな熱い歌い方してないだろって思わせる感じが新鮮だし、「WONDERFUL DAY」の何処か懐かしさを感じるアーバンなイメージが私的にはグッと来ましたね。

ゲストに元同僚だったビル・チャンプリン、ラッシュのアレックス・ライフソン、元ドアーズのロビー・クルーガーなどが参加してるけど、アレックスなんて言われなきゃ分からないくらい楽曲に溶け込んでるのは意外だったな。
そーいやジェイソンの歌声聴いてて思ったのは、何処かジョセフ・ウィリアムスを思わせる雰囲気があるなあ~と。双方共ビル・チャンプリン繋がりがあるんだから、CWFにジェイソンがゲスト参加なんかしたら凄く良いモノが出来るんじゃないかな(ボーカル3人になっちゃうけど、ジェイソンはベース弾けるんだから加入すればかなり強力なメンバーになりそうだけど)。

正直そんなに期待してなかったけど、ジェイソンの声も劣化は殆ど感じられないし歌の上手さが十分堪能出来る素晴らしいアルバムですね。全10曲が物足りないと思わせるトコに次作の期待を十分に煽ってる様にも感じたな。3年前にバンドを脱退し、息子さんに捧げると書かれてる事から色々と苦労の末に作られたアルバムみたいだけど、そんな苦労を感じさせないポジティヴな雰囲気が全体に漂っているので、心に染みるAOR好きな方にはお薦めです。


「WILL YOU STILL LOVE ME?」


「WONDERFUL DAY」




本当に突然の訃報で驚きしかなかった...ニール・パート逝去。

今日の昼過ぎ、起きて直ぐPC立ち上げてYAHOOニュースを見てたら”故ニール・パート~”って書いてあって、「え?」と思って開くと訃報だったというショックどころの話じゃなかった訳で。今までにもデヴィッド・ボウイやフレディ・マーキュリー、プリンスやマイケル・ジャクソンなどの訃報をいきなり聞いて驚いた事が何度もあったけど、まさかこのタイミングでニールの訃報だとは思ってなかった。
脳梗塞でまだ67歳という若さ。ラッシュがツアー引退を発表したのが2015年で、それから3年半近く闘病生活を送っていたそうでそうした事情を知っての上での引退だったのかな?と未だに全然信じられない気分。

今日はたまたま有休貰ったので、それからずっとラッシュ関連ばっか聴いてます。ラッシュのドキュメント映画を観たり、CDを聴いて今も流し続けているんですが、これを書くにあたって選んだのは彼等の初のライブアルバムになる「ALL THE WORLD'S A STAGE」(邦題:世界を翔けるロック)。発表は1976年。

バンドの中期辺りまで彼等が守り続けてきた”4枚のオリジナルアルバムの後に1枚のライブアルバム”という方程式を確立した記念すべきライブ盤であるけど、その初期の音楽性を総括する意味合いが強い作品となっている。
ドキュメント映画でもメンバー自身語ってたけど、初期の頃はバンドはかなりの浮き沈みを経験したらしく、デビューアルバムが好評だったけど2ndアルバムで少し方向性が変わり、3rdアルバムでファン離れが加速してある地域ではライブに20人しか集まらなくてメンバーも友人の部屋で寝泊まりしながらツアーをこなしたとの事。
「次のアルバムでは絶対にヒット曲を作れ。売れなかったら契約破棄。」というレコード会社の圧力を無視して、それなら自分達の好きな事をやって玉砕覚悟で勝負する...と出来たのが「2112」だったという。これが評判を呼んでバンドは絶対的な地位を得たお陰で、最後まで独自の路線を追求する事が出来たと。

そんな勢いに乗った時期のライブなので、これが出来の悪いハズがない。ゲディ・リーのボーカルも高音がガンガン出ている頃だし、演奏もタイトにもとまっていながらもライブならではの勢いが感じられて良い。選曲も4枚のアルバムからバランス良く構成されているので(でもやっぱ3rdアルバムからは「LAKESIDE PARK」のみ)リアルタイムで聴いた人にとってはライブ盤でもバンドの実力を知る事が出来たんじゃないかと。

ハイライトはやっぱ大作である「2112」と「BY-TOR & THE SNOW DOG」。冒頭の「BASTILLE DAY」から締めを飾る「WORKING MAN」「FINDING MY WAY」まで全て勢い任せにアグレッシヴに最後まで突っ走るスタイルはバンド名そのままのノリかと。後に更にテクニカルになってより複雑な曲構成で知的かつ正確な演奏を目指す土台は、既にこの時点で出来上がっていたんだなあと改めて思った。

この先、自分が歳取るにつれてこうした訃報を聞く事が多くなるのは間違いないし、その度に追悼文を書くのも正直心苦しいので余り書きたくないのが本音だけど、大好きなバンドに関してはやはり書かないと気が済まないので今回書かせていただきました。波乱万丈な人生を送ったニールにはもっと長生きしてほしかったなあ。1990年代に奥さんと娘さんを亡くして、バンド存続の危機を乗り越えて、新たに家族を得てバンドも終わり、これから新たな人生を迎える矢先に亡くなるのは本当に残念という言葉しかない。

ラッシュに出会えて本当に良かった。私の人生のサウンドトラックに彼等の存在は欠かせません。これからもずっと聴き続けます。安らかに。


「FULL CONCERT -12/10/76 : CAPITOL THEATER -」

という訳で、今回はROCK編です。
何でロック編かというと、チョイスしてるウチに”POPではないだろう、このラインナップは”という疑問が出てきた為。当時を知ってる方ならお分かりかと思うけど、一般チャートにてPOP系が衰退し代わりにHIP HOP系やブラックミュージックが台頭してきたので、それまでのチャートの傾向が大好きだった私は一般チャートを気にする事が殆どなくなり、それまでハマってたHM/HR系を主軸に聴く事が多くなったと。この時期に洋楽に見切りを付けてたなら、さぞかしお金を残す事になったんだろうなあ...という”もしも話”は余り当てにならないか(笑)。

ともかく、この時期はちょこちょこ聴いてたのだけど、それでもチョイスしたら50選まで届きませんでした(苦笑)。思ってたよりも少なかったんだなあ~と改めて思いましたけど、チョイスしたメンツを見ると80sからの流れで聴いてるのが殆ど。勿論新しいミュージシャンもいるけど、好みが少なかった為かそれほどでもないですね。
前回同様、順位ではなく順不同でシングルカットの有無とかの縛りは一切なし、同じミュージシャンからの複数チョイスはなし...とのスタイルで選択してます。あとグランジ/オルタナ系でもHM/HR寄りではないミュージシャンはこっちに入れてるのでご了承を。


1.INNUENDO / QUEEN
2.THE HEARTS FILTHY LESSON / DAVID BOWIE
3.SURRENDER / DAVID SYLVIAN
4.DO I HAVE TO SAY THE WORD? / BRYAN ADAMS
5.BACK AND BLUE / CHEAP TRICK
6.BEAUTIFUL / MARILLION
7.I CAN'T MAKE YOU LOVE ME / BONNIE RAITT
8.JOINING A FUN CLUB / JELLYFISH
9.BLUE EYES BLUE / ERIC CRAPTON
10.GHOST BLUES / RORY GALLAGHER
11.WHEN YOU LOVE A WOMAN / JOURNEY
12.UNDER THE BRIDGE / RED HOT CHILI PEPPERS
13.NO ONE LEAVING / JANE'S ADDICTION
14.EVERYTHINGS RUINED / FAITH NO MORE
15.HEART OF MINE / BAD HABIT
16.THE FREE DISIGN / STEREOLAB
17.WHERE'S SUMMER B? / BEN FOLDS FIVE
18.A CONSPIRACY / THE BLACK CROWES
19.SECRET / HEART
20.ROMEO IS BLEEDING / DARYL HALL & JOHN OATES
21.FAZZBOX VOODOO / ZZ TOP
22.JACKAL IN YOUR MIND / FRANCIS DUNNERY
23.ALL OVER NOW / AIMEE MANN
24.PILGRIMAGE / SUZZANE VEGA
25.SCREAM / MICHEAL JACKSON & JANET JACKSON
26.GOLD / PRINCE
27.LOVE ME STILL / CHAKA KHAN
28.SEVEN DAYS / STING
29.ONLY SHALLOW / MY BLOODY VALENTINE
30.JEREMY / PEARL JAM
31.CLOSER / NINE INCH NAILS
32.SKILLS TO PAY THE BILLS / BEASTIE BOYS
33.VOW / GARBAGE
34.SPACE COWBOYS / JAMIROQUAI
35.VASOLINE / STONE TEMPLE PILOTS
36.PIANO LESSON / PORCUPINE TREE
37.MONKEY IN THE MIDDLE / THE MARRYMAKERS
38.HOW DID I GET BY WITHOUT YOU / JOHN WAITE
39.STILL GOT THE BLUES / GARY MOORE
40.GHOST OF A CHANCE / RUSH


こんな具合になりましたけど、当時一般チャートでブイブイ言わせてたマライア・キャリーやオアシス、グリーン・デイなどのメロコア系が全く入ってないのが自分的にも笑える(笑)。ホントに聴かなかったですし(でもオアシスの「DON'T LOOK BACK IN ANGER」は好きなんですけどね)80年代は凄かったマドンナでもスキャンダラスな話題が先行して音楽は二の次のイメージがあったんで、この時期はホントに聴いてなかったなあ。
この選考から漏れたのは後追いで聴いたカーヴ、ニルヴァーナ。もはやHR/HMの範疇で括るには違いすぎるバッド・ハビットやゲイリー・ムーアなんかはこちらにしました。
そして、私的に90年代っぽいイメージだとこの2つになるかな?何処か退廃的な雰囲気を感じさせるんですよね。