梅雨が明けて雨の日が結構続いてたんで今年の夏は意外と涼しい?と思っても、やっぱ晴れた日は暑い...でも、台風来てからはまた涼しいといった感じで、何だか今年はいまいち夏らしさを感じられない。
夏は嫌いなんでドライブに行く気も全く起きないし、引き篭もりに拍車を掛ける様にドラクエ11を集中プレイしてる事もあるので別に構わないのだけど、ここまま秋になりそうな雰囲気でもあるよなあ。

という訳で、夏が来たら何故かこの曲を聴く事が多いので、今回はこのアルバムをチョイス。ニュークリア・バルデスの「I AM I」。リリースは1990年。
当時から洋楽、特にBURRN!を読んでた人には随分懐かしいバンド名だと思うだろう。多分、日本でこのバンドを薦めてたのは伊藤正則さんであり、BURRN!であったのだから。私もそのクチでこのCDを購入したし。

バンド名だけ見ると”ニュークリア”と付いてるだけでハードコアとかスラッシュ系を想像しがちだけど(まあニュークリア・アソルトってバンドもいましたしね)実際にこのバンドはハードロックと呼ぶにもちょっと疑わしい、もっと土着的で何処か懐かしい雰囲気を持つロックだと思う。当時は一緒にツアーを回ったというフーターズやザ・チャーチにも似た様な雰囲気がある感じかな。

当時は全く知らなかったけど、このアルバムに収録されてる「SUMMER」(邦題:涙のサマー)が哀愁を感じられる名曲という事で凄く気になって、ジャケットも雨雫に覆われた夕暮れ時の海というシンプルな写真に惹かれ購入したのだけど、輸入盤は丸メガネを掛けた歯の欠けたオヤジのドアップに丸メガネのレンズにメンバーが写りこんでるというヤツなので、もし最初にこっちの方を先に見たら絶対に買わなかったと思う(笑)。

まあ、何はともあれその「SUMMER」を聴いてみたら、なるほど物悲しいメロディが確かに哀愁を感じさせる。だけど、それ以上に良いのがボーカルの歌唱力。別に格段に上手いとかそういうのではないのだけど、力強い声にその物悲しいメロディが凄くマッチしてる。メンバーがキューバやドミニカからの移民というバックグラウンドというのも影響されてるんじゃないかと思う。
正直言って全曲良いとは思わなかったし、次作をリリースして解散したのも何となく分かる気がしたけど、それでも何故かたまに聴きたくなる不思議とクセになるアルバムなんだよなあ。U2っぽい雰囲気の「TRACE THE THUNDER」も好きだし、一歩間違えるとブルージーな演歌みたいな(?)「IF YOU KNEW THEN」も良い。

地味だけど力強さを感じさせるという意味で、インナースリーヴに書かれてたけど「雑草みたいなバイタリティ」というのは言い得て妙だと思う。派手ではないしバンドしての魅力も特別ある訳でもないけど、世の中を正直に見据えてそれを楽曲に昇華させていくその姿勢は、当時の音楽シーンでは余りにも真面目過ぎたんだと思う。だからこそ「SUMMER」みたいな曲が書けたんだろうけど。
一時期、このCD売ろうかな?と思った事があったけど、久々に聴いてやっぱ売らないで良かった。歳食ってからの方がジワジワくる感じなんで、これからもたまに思い出してこのCD聴くんだろうなあ。


「SUMMER」


「IF YOU KNEW THEN」
スポンサーサイト




ドラクエ11が面白過ぎて、なかなかブログが手に付きません(言い訳)。
とはいえCDも結構購入してるのに、聴いてる時間がドラクエに取られてCD聴くのは通勤時の車内でのみ。仕事の休憩時間にはipodで聴いてるけど、大体聴くモノは限られてる感じかな。

まあそんな事も言ってられないので、その購入した中から久々に企画盤のヤツを今回はチョイス。80年代をリアルタイムで体験してる方には忘れられない7インチシングル盤・LP盤の他にもあった、12インチ盤の音源を集めて2枚組にした「80's 12inch SPECIAL」なるモノが中古盤で売られていたので捕獲しました。

地味JAM尊サンが書き込んでくれた80s系のミュージシャンのコメントを読んでいて、そーいや殆どの主要なミュージシャンは集めたけど、まだ購入してないモノがあったっけ?と思い、色々調べてるウチにこのCDに行き着いたと。
今でこそ、当時のアルバムがデラックスエディション盤として再発される時にこのテの12インチシングルverが収録される事が当たり前の様になってきたけど、それまでの通常CD盤には12インチverなんて殆ど収録されなかったり、聴きたくてもYOU TUBEに上がってない事も多かったんでこういうモノは意外と貴重だったりするモノなんだけど、このCDが凄いのは当時売れたモノの中でも結構マニアックな選曲に拘ってるトコ。
その選曲とは

A1 : ROCK ME AMADEUS / FALCO
A2 : THE LOOK OF LOVE / ABC
A3 : SHOUT / TEARS FOR FEARS
A4 : GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN / CYNDI LAUPER
A5 : RHYTHM OF THE NIGHT / DEBARGE
A6 : FRESH / KOOL & THE GANG
A7 : IN A BIG COUNTRY / BIG COUNTRY
A8 : PUTTIN' ON THE RITZ / TACO
A9 : TAINTED LOVE/WHERE DID OUR LOVE GO? / SOFT SELL
A10 : SUSSUIDIO / PHIL COLLINS

B1 : ONE NIGHT IN BANGKOK / MURRAY HEAD
B2 : RELAX / FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD
B3 : EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD / TEARS FOR FEARS
B4 : HERE COMES THE RAIN AGAIN / EURYTHMICS
B5 : OBSESSION / ANIMOTION
B6 : FADE TO GREY / VISAGE
B7 : MANIAC / MICHAEL SEMBELLO
B8 : 19 / PAUL HARDCASTLE
B9 : LESSONS IN LOVE / LEVEL 42
B10 : RASPBERRY BERET / PRINCE AND THE REVOLUTION

といった感じ。
因みに私がこのCDを買う決め手となった曲は、マレー・ヘッドとマイケル・センベロとポール・ハードキャッスルとアニモーション。マレー・ヘッドなんて、今知ってる人がどれだけいる事やら...(笑)。確かABBAの人が作曲したんだっけ?

マイケル・センベロの「MANIAC」は、映画「フラッシュダンス」のサントラからのシングルカットで当時シングル盤も買うほど好きな曲だったなあ。12インチverは初めて聴いたけど、それほど特出するべきトコはないかな?原曲壊してないだけでも良いけど。

ポール・ハードキャッスルの「19」は、当時UKチャートでいきなり1位を獲得して全く知らない人がいきなりトップ獲るって何?って事で調べたら、ベトナム戦争でのアメリカ兵の平均年齢が19歳って事にショックを受けてこの曲を作ったって事をFMファンで知って(笑)更に興味を持って、当時地元にあった輸入盤置いてあるWAVEにてこの12インチ盤買った記憶がある。日テレの小林完吾さんのナレーションで作られたジャパニーズverもあったけど、さすがにそれは買わなかったな(苦笑)。

アニモーションの「OBSESSION」は、当時マイアミ・バイスの劇中で聴いて結構好きだったんだけど、後にゲームの「グランド・セフト・オート~バイスシティ」のカーラジオで聴こえた時は凄く嬉しかったなあ(笑)。如何にも80s!って感じの曲だし。

他にもファルコの「ROCK ME AMADEUS」は当時12インチ買ったよなあ~とか、ティアーズ・フォー・フィアーズの2曲は最近のデラエディ盤に収録されてるから(それに彼等のベスト盤は未だにたまに聴いてるので)余り新鮮味は感じないなあ...とか、こうして聴いていると色々と思い出すのが結構楽しい。殿下の「RASPBERRY BERET」なんて、こういうオムニバス系のCDに収録されるのはホントに珍しいのでは?

久々に80s系聴いて、血が求めてるというか何か安心するんですよ。ノスタルジックでもあるけど、当時思わなかった感覚が今新鮮に感じて新たな発見みたいになったりと、改めて面白い時代に洋楽に出会えてホントに良かったと思う。
出来ればこういうのは第二弾とか出して欲しいよなあ~。個人的にはダイア・ストレイツの「MONEY FOR NOTHING」とかスティングの「IF YOU LOVE SOMEBODY SET ME FREE」とかM.A.R.R.S.の「PUMP UP THE VOLUME」の12インチverが聴きたいんだけどねえ、今更だけど。


「ONE NIGHT IN BANGKOK 」MURRAY HEAD


「19」PAUL HARDCASTLE




今現在、スティーヴン・ウィルソン自身がソロ活動を重点に置いているので、ポーキュパイン・トゥリーの活動が停止してから暫くの年月が経っている。バンドの中心人物であるからバンドとソロの境界線をどの様に引いてるのかは本人じゃないと分からないけど、元々このバンドはSW自身が語るにはプロジェクトですらない存在であって、自分のスタジオで自分の好きな曲を作るだけの自己満足的なモノだったらしい。

とはいえ長い年月の間に結構な枚数のアルバムを作ってる事だし、メンバーが変わればそれなりの色も出てくる訳だからバンドアンサンブルみたいなモノも感じられて、初期と後期では音楽性自体が変わってしまったのは結局バンド活動と変わりなかったんじゃないかと思う。
そんな彼等の通産5作目にあたる「STUPID DREAM」を今回はチョイス。発表は1999年。

日本では8枚目のアルバム「DEADWING」が発売された後に知名度が上がったので、そのブレイク前中間期にあたる作品になる訳だけど、勿論「DEADWING」の音楽性とは別モノ。アコースティックをメインにしたメロディアスな作風で、至るトコに実験的な雰囲気すら感じさせるので、このバンドに興味のない人が聴いたら掴みどころの無い作品という評価になってしまうのではなかろうか?

ところが、私的にはこの不思議な感覚が凄く魅力的に感じられて、アルバム全体の統一感がクセになる。この雰囲気、何かのアルバムに似てるなあ...と思ったら、何気にSWとも縁のあるマリリオンの「MARILLION.COM」アルバムに近い感覚だと思う。そういやこのアルバムとも発売年月も同じ年だし、確かこのアルバムで数曲のミキシングもSWが担当してるので、そこから近いモノを感じられたのだろうか?

お気に入りは、ゆったりしたメロディに安堵感すら覚える(笑)「PIANO LESSONS」や「PURE NARCOTIC」、このアルバムの中では結構メリハリのあるスタイルの「THIS IS NO REHEARSAL」、ソロ作の「LUMINOL」の雰囲気に近い「TINTO BRASS」かな。ただ、全体的に穏やかで牧歌的な雰囲気なので、アルバム全体で聴くのが一番心地良いのかも。

「DEADWING」みたいに、テクニカルでヘヴィなスタイルが好きな人にはかなり物足りない作品かと思うけど、このバンドにイメージを求めない人なら何処かに引っ掛かるモノは感じ取れるとは思う。
今月発売のソロ作ではどんな作風を提示してくれるのか想像付かないけど、そんなイメージを持たない彼だからこその作品だから想像力に溢れてるんだろうなあ...とは思う。本当の意味でのプログレッシヴなんだろうな。


「PIANO LESSONS」


「THIS IS NO REHEARSAL」




殿下のパープル・レインのリマスター盤を聴いていたら何故かマイケル・ジャクソンも聴きたくなってしまったので、以前購入した廉価盤5枚組BOXから引っ張り出したのは、やっぱ「THRILLER」。発表が1982年だったというのは今知った(笑)。
偶然にも、このアルバムのプロデューサーだったクインシー・ジョーンズがこのアルバムの未払い印税約10億円を手にしたというニュースが出たのはたまたまなのか?

私が洋楽を本格的に聴く様になったのは、中学時代の友人から借りたビリー・ジョエルのお好みテープと、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったMJのこのアルバムからだったのだけど、グラミー賞7部門獲得の偉業をリアルタイムで知ったモノとしてはホントに当時のMJの人気は凄かった。
微かに覚えてるけど、このアルバムの前にはスクーターのCMに出ていて日本でもそれなりに知名度はあったのだろうけど、勿論それは洋楽聴く人にしか分からない程度のモノだったと思うし、またMTVの台頭によって派手なPVが作られる様になってからは正にMJが望んだ時代になったのではないかと思う。お陰でメディアに取り上げられる事も多くなり、洋楽を聴かない人でも名前くらいは聞いた事があるくらいにまで知名度は上がったと思う。

またこのアルバムでは当時のR&B系のスタイルに固執する訳ではなく、様々なスタイルを吸収した楽曲が爆発的に売れた決め手になったのではないかと。「BABY BE MINE」や「BILLIE JEAN」の様にディスコ(クラブではない)で掛かりそうな曲も入ってるけど、ポール・マッカートニーとのデュエット「THE GIRL IS MINE」や、エディ・ヴァン・ヘイレンがギターソロを弾いてる「BEAT IT」、TOTOのメンバーが作曲に関与している「HUMAN NATURE」など、全体的にポップを意識した作風なのが幅広い層に受け入れられたと思う。

またPVの拘りもハンパなく、「BEAT IT」ではギャングの抗争を取り上げるストーリーにリアル感を持たせる為にMJたっての希望で本物のストリートギャングを起用したり(そのストリートギャング達が踊るのは、今思うと妙な違和感があるけど/笑)「THRILLER」ではMJ本人が狼男やゾンビに変身して圧巻のダンスを披露して、PV史上最高のモノを作り上げたのはご存知の通り。

結果的にシングルは7枚カットされて、私も最初は「BILLIE JEAN」「BEAT IT」「WANNA BE STARTIN' SOMETHIN'」まではシングル買ってたけど、結局後でアルバム買ったんだよなあ(苦笑)。「BEAT IT」や「THRILLER」のPV観たお陰であのダンスの振り付け覚えたり、ムーンウォークを教室の片隅で友達と練習したりと凄く影響されたモノでしたよ。まだHM/HRに手を出す前はこんな事やってたんですね(苦笑)。
当時は散々聴いたハズなのに、久々に今聴いても素晴らしい出来だと思うし、歴史的名盤と呼ばれるのも納得ですな。

極東の島国の田舎に住む、洋楽すら知らなかった中坊にすら影響を与えたMJはホントに凄いと思うし、このアルバムが無かったら洋楽に入る切っ掛けがあったのか?と思う程、こんな凄いアルバムに出会えた事を感謝したい。だからこそ、後の一連のスキャンダルには失望させられたし、このアルバムがMJ自身を変えてしまった切っ掛けになったのはちょっと複雑な気分だったりするのだけど...


「THRILLER」


「HUMAN NATURE」




ちょっと前に偶然このバンドの事を知って、中古CDを¥980で見つけたので捕獲したので早速チョイス。ザ・フォー・フォースメンのデビューアルバム「NOBODY SAID IT WAS EASY」。発表は1991年。結構前のバンドですね。

ジャケットが如何にもサザンロックっぽい雰囲気なのでこれは何かピンと来る感じが...と思い、YOU TUBEで数曲聴いてみたトコ、ブギーを主体としたハードロックスタイルで一発で気に入ってしまった。そう来るとやはりAC/DCの影がチラつくし、サザンロックっぽい雰囲気は当時売れてたブラック・クロウズのエッセンスも感じられるけど、そこまで土着的ではなくR&Rなノリがジョージア・サテライツっぽい感じかも。

ボーカルがかなりのハイトーンなのでAC/DCのブライアン・ジョンソンやシンデレラのトム・キーファー、デンジャラス・トイズのジェイソン・マクマスターを思い出した。ただ低音で歌ってる曲もあるので声域のレンジの広さが感じられるのが特徴。プロデューサーにはあのデフ・ジャム総帥:リック・ルービンが担当。なるほど、どうりでシンプルでソリッドな雰囲気が感じられる訳だ。

全く知らないバンドなのでちょっとネットで調べてみたら、オリジナルアルバムが2枚出てるみたいでこのアルバムは当時日本盤も発売されたらしい。当時は全く知らなかったし全然話題にもならなかったと記憶してるけど、リック・ルービンが関わってるからそれなりに注目されたのかも知れない。でも当時はこのテのHRは注目される事が殆ど無かったし、鴉団みたいに徹底的に拘ったモノでもなかったので埋もれてしまったんだろうな。

後にドラマーがドラッグの過剰摂取で亡くなって、ボーカルがバイク事故で亡くなったという話なのでバンドとしての活動期間が短かったのだろうけど、数年前に自主レーベルから21周年記念盤(何か中途半端だけど)をリリースしてるみたいで、他にもライブ盤まで売っている事から、そのライブが当時のモノなのか現在のバンドのモノなのかは定かじゃないんで、バンドがまだ存続してるのかは不明ですな。

晴れた日の田舎道を、何も考えないで大音量で聴いてドライブするには最高なBGMになりそう。通勤時が田舎道でホント良かった(夜勤だし、大音量も無理だけど/苦笑)。嬉しい拾い物ですな、これは。


「NOBODY SAID IT WAS EASY」


「TIRED WINGS」