FC2ブログ




マリリオンロスから1週間、ずっと彼等の音楽ばっか聴いてたんでそろそろ別なモノを...とチョイスしたのが同じ英国出身のフランシス・ダナリーのイット・バイツ:セルフカヴァー集「VAMPIRES」。発表は2年前の2016年。

元々このアルバムは買うつもりなかった。何故なら、幾らバンドの顔だった人のセルフカヴァー集であってもオリジナルが大好きな人間にとってはオリジナルを超える事は到底無理だと思ってたし、このセルフカヴァー集の話を初めて聞いた時は即座に「何を今更」という感覚で一杯だったし、長年過去を否定し続けた人がセルフカヴァー集を作るって事はお金に困ってるのか?とすら思ったくらいだ。

そんなアルバムを先日ディスクユニオンのセールにて未開封品が安くなってたのを機に、この金額なら買ってみようかな?と結局手を出してしまった訳だけど、結論からいうと意外と悪くないというのが本音だった。
過去3枚のアルバムがどれも大好きで、30年以上経ってる今でも未だに聴いてる始末なんでちょっと斜に構えてた部分もあったと思うけど、もし今現在もオリジナルメンバーのバンドが存在していたのならこういう音になってたのかな?と思わせる部分が非常に感じられて興味深かった。

他のバンドがこういったセルフカヴァー集をリリースした時に感じられる”当時とは違う、落ち着き払った演奏”というモノをこのアルバムでも十分に感じられるんだけど、それはフランシス自身のボーカルスタイルや演奏もそうだし、オリジナルメンバーではなく外部のプレイヤーがプレイしている事もあって音や演奏が違うのが大きな要因かと。特にジョン・ベックが担ってたキーボードの音が派手で装飾過多だった80年代当時の音とは全然違う、むしろ逆に地味に抑えた演奏が印象を大分変えている感じだ。この辺が今回のアルバム作りのポイントだったらしく、エコライザーやエフェクトに頼らないで大きな音で聴いてもストレスを感じない自然な音作りを心掛けたという。ここが従来のファンの評価の分かれ目だと思うので、バンドに思い入れの無い人にはこのアルバムの方が好きなのかも知れないかな?

また演奏自体も当時の楽曲そのままプレイしている訳ではなく、ちょこっとアレンジを変えたり歌詞を付け足したりと少し工夫が施されているのが新鮮に聴こえる。「THE OLD MAN AND THE ANGEL」や「NEVER GO TO HEAVEN」なんかはライブ時のアレンジを加えたモノになっているし、「ROSE MARIE」や「STILL TOO YOUNG TO REMEMBER」なんかは若干違うフレーズを加えている。
インタビューでは「過去の未完成な部分を完結させて次に進みたいと思った」なんて語ってるけど、幾ら何でもそれを約30年後にやる事はないんじゃないかと(苦笑)。
またバンド時代には完成されてたけどそのまま封印されてた「FEELS LIKE SUMMERTIME」が今回ようやく初お目見えになったのは素直に嬉しい。何時だったかフランシスのHPで無料ダウンロードされてたのを聴いて気になってたはいたのだけど、当時のアルバムには余りフィットする感じではなかったから未発表になってしまうのも無理はないかと思ったけど、こうして改めて聴くとリラックスして聴くには最適な楽曲で気に入りましたね。

選曲に関しては大体の楽曲が網羅されているけど、個人的に好きな「LEAVING WITHOUT YOU」と「BLACK DECEMBER」があれば良かったのにと思う。両方共ライブのアレンジが結構好きなんで、あのアレンジのままで音源残してくれれば...と思うと残念だ。
では今回のアルバムで何がお気に入りか?というと、こういうのが一番難しい(苦笑)。どれも好きな楽曲なんで甲乙付けられないのだ。強いてあげれば大作の「ONCE AROUND THE WORLD」や「THE OLD MAN AND THE ANGEL」、「STILL TOO YOUNG TO REMEMBER」や「NEVER GO TO HEAVEN」辺りはオリジナル同様に今回のプレイも結構好きだ。

さあ、もうコレで完全にバンドの呪縛から解かれた彼が次は何処へ向かおうとしてるのか?が次の興味の対象となる訳だけど、従来のアコースティック路線も結構頭打ちみたいなので、普通にロック作品へ戻ってきてくれるのを期待してるんだけど、この人はホントにファンの思惑から外れる事を平気でやるので(苦笑)少し不安でもあったりするのだけど...


「FEELS LIKE SUMMERTIME」(途中から)


「ONCE AROUND THE WORLD」
スポンサーサイト




先週土/日と、待望のマリリオン再来日公演へ行って来ました。
前回の来日から約11ヶ月振りと、その前の約23年振りに比べれば異例の早さでの再来日となった訳だけど、今回は招聘元のクラブチッタの30周年を祝うイベントの一環としての来日の様で、前回のライブを観ていたく感動した私は勿論今回も2日間チケット取りました。

詳細は半年振りに雑談版の方に書いたので省略するけど、今回のライブも勿論感動的でしたね。今回はマリリオン・ウィークエンドを謳ってたので(欧州ではお馴染みの3日間に分けて全く別のセットリストを演奏するライブ)明らかにセットリストが変わるのを見越して2日間チケットを購入した訳だけど、決して安くないチケット代(¥13000)を無理して取って正解...いや大正解でしたね。
実際にはウィークエンドというよりも新作のツアーとしての一環みたいな感じでありながらも、演奏されないと思ってた楽曲がバンバン披露されて改めてバンドの奥深さも感じましたし、バックの巨大プロジェクションとライティングの効果が絶大で、これだけで十分元取れた幻想的なライブでした。初日は最前列だったんでMr.hことスティーヴ・ホガースと握手してきましたよ(笑)。
新作が出るまで次の来日公演はお預けになりますが、決まったら勿論絶対に行くつもり。それまでまたお金貯めとかなきゃ!

そんな訳で、今回のお題はそのライブの余韻を残す映像作品「ALL ONE TONIGHT」をチョイス。ライブ会場で売られていたんだけどブルーレイが初日に完売してしまったので、翌日にディスクユニオンの新宿プログレ館で購入。会場よりも¥8高かった(笑)。

このライブは、前回の来日公演前に本国イギリスのロイヤル・アルバート・ホールにて行なわれたライブで、バンドとしても初の会場。キャパは約7000人くらいとの事らしく実際にはどれだけ入ってたのか分からないけど、映像観る限りではビッシリ入ってますね。チケットは約5分で完売というから、さすが欧州ではビッグネームの彼等ならではの話かと。
前半はバンドのみで新作を全曲演奏、後半はPRAISE OF FOLLYなる4人のストリングスとフレンチホルンやフルートなどのミュージシャンを加えた構成となっており、伝統的な会場でのライブを特別なモノにしたいという意気込みが十分伝わってくる内容になった。

新作「F.E.A.R.」は、全曲とはならずとも「EL DORADO」と「THE LEAVERS」の組曲はライブで体験したのでその感動が蘇ってくる様な感覚を覚えたけど、「THE NEW KINGS」の組曲は初めて観るモノなので新鮮。ライブ時間の配分を考えても全曲演奏は日本では無理な話だろうから、こうして映像で観られるのは凄く有り難い。
後半のストリングスカルテットとの共演も、普段の彼等のステージとはまた違う彩りを与えてくれているので楽曲の奥行きに広がりが感じられて実に素晴らしい。全編この編成でのライブも観てみたいくらいだ。
またこの映像が素晴らしいのは、やはりロイヤル・アルバート・ホールという会場の雰囲気も大きいかと。そこに巨大なプロジェクションとライティングが効果を発揮してるのだから良くならない訳がない。来日公演と同じく、観客は席に座ってじっくり聴いて終わったら拍手というノリも観やすいし。勿論、現地の観客達はよく歌うからその分ライブ感も増してるし(それでも他の映像作品よりは控えめだけど)。

話は変わるけど、某巨大掲示板にて今回のライブの感想で「他の観客は歌うな」とか「フィッシュ期の曲はやらないでほしい」とか言ってる割りには「ノリが悪くメンバー苦笑してたけど大丈夫か?」とかめちゃくちゃな事言ってるヤツがいるけど、だったらライブ来ないで家でDVD観てれば良いだけの事なのでは?
ライブって予定調和で完璧なモノを目指すには良いのかも知れないけど、Mr.h自身「観客には是非歌ってほしい」とインタビューで語ってる事から、バンドと観客との相乗効果というモノもあるのだからそこまで言う事ではないと思う。場の雰囲気を壊す事柄とかなら話は別だけど、ちょっとしたアクシデントでもそれが吉と出る場合もあるのだし、それがライブの楽しみ方なんじゃないかと。
確かにこのテのバンドはどう盛り上がっていいのか分からない部分もあるけど、そんなに気負わなくて良いんじゃないかと思うな。

ちなみにこのブルーレイは2枚組となっており、もう1枚は舞台裏のドキュメントとプロジェクションに映し出される映像とライブの演奏をマッチさせたモノが収録されている。ライブの時はメンバー観てるのでなかなか後ろの映像まで理解出来なかったりするモノだけど、これならどんなニュアンスなのかも分かりやすい。個人的には「MAD」のコラージュがおどろおどろしくて好きなんだけど、このライブではプレイしてないので入ってないんだよなあ。

映像も演奏も素晴らしいの一言。バンドのファンなら買っても損はない...いやむしろ数多く出されてる映像作品の中でもトップに来るくらいの内容だと思う。来日公演の余韻を残す意味でもこれから長い付き合いになりそうな作品かと。
今度は「MARBLES」のライブも観たいので、そろそろ「MARBLES IN THE PARK」でも欲しくなってきたな...こうして上手い具合に徐々にお金が消えてしまう訳ですな...(苦笑)


「GO!」


「WHITE PAPER」




約5年振りの新作となったアリス・イン・チェインズの、オリジナルアルバムとしては通産6作目となる「RAINIER FOG」が発売されたので、早速購入し今回のチョイスとなった。

前作から5年というインターバルも意外だったけど、ウィリアム・デュバールが加入して3作目というのも月日の流れを感じた。確か2006年に加入してるから早くも12年も経ってるのか...しかも来日公演は2014年だったからあれからもう既に4年も経ってると。そりゃ歳も取る訳だわ(苦笑)。

来日公演を観た時に、そのウィリアムの存在感はレイン・ステイリーほどの強烈なモノではないにせよ、きっちり自分の役割を果たしていたと思う。そのお陰でバンドとしての一体感が感じられて、あんな陰鬱な音世界でも何処かポジティヴな雰囲気すら感じさせたのは妙な感覚だったな。

前作から微妙に音の雰囲気が変わってきていたのは感じてたけど、このアルバムを最初に一聴した時の感想は「随分と普通の音作りになっちゃったなあ」というモノだった。勿論ジェリーが書く楽曲はAIC以外の何者でもないモノだけど、レイン在籍時にあったドロドロして捻っていた狂気を感じさせる音はまず殆ど感じられない。

ただ、そういった印象を抜きにして聴くとウィリアム加入後の3作の中では一番完成度が高いアルバムだと思う。すなわち楽曲のムラが感じられないのだ。過去2作は楽曲の出来に結構差を感じたモノだけど、今回のアルバムは突出する楽曲はなくとも一気に聴ける感じなので非常に聴き易いかと。トータル10曲というのも集中して聴くにはちょうど良い長さだし。
お気に入りは、先行で発表された「THE ONE YOU KNOW」「RAINIER FOG」「FLY」「SO FAR UNDER」「NEVER FADE」辺りが私的にベストかな。

さすがに「DIRT」みたいなアルバムはもう作れないと思うし作る必要もないけど、聴く側が初期のイメージさえ引き摺らなければ今回のアルバムは十分アリなんじゃなかろうか?もういい加減レインの幻影から離れるべきだと思うし、もはやグランジのイメージなんか微塵も感じない訳だから、彼等が進化し続けて提示するモノを素直に楽しむのが一番良いと思う。さて、今回のアルバムで再来日公演は実現するのだろうか?


「THE ONE YOU KNOW」


「SO FAR UNDER」




マリリオンの来日公演がいよいよ近付いて来たのでお金をセーブせねば...と言いつつも、前回も書いた通りセール連発の誘惑+しかも新譜リリースが色々と重なってる事を気付かなくて、現時点で前回のフロスト*も含めCD4枚+DVD1枚を購入し既に散財状態...この後にも新譜2枚控えてるし、幾ら何でも使い過ぎだろ?と。今回のマリリオン来日公演の物販Tシャツが信じられないくらいダサいので買わないのが救いだけど、前回みたいにまたレアCDやDVD持って来られると困るよなあ...ともあれ、このリリースラッシュが一段落したらまた節制しなきゃイカンですな。

その購入した中の1枚、前作から約2年という意外に早いペースでリリースされた”北欧のボン・ジョヴィ”こと、トリートの通産8作目のオリジナルアルバム「TUNGUSKA」を今回はチョイス。購入する1週間前までリリース情報を全く知らなかったんで慌てて注文しました(笑)。約2年と言いつつも、その間にバンド初となるライブアルバムのリリースもあったんでインターバルが長かったとは思わなかったけど、私はそのライブ盤は購入見送ったのでこの位がちょうど良い間隔に感じた。

そんな訳でリリースする事を急に知ったんで予想とか全くしてなかったんだけど、前作ではそれまでのバンドの音楽性とは若干違う雰囲気を感じてたんで今回はそれほど期待してる訳でもなかった。しかも、今回のこのジャケットのダサさも含めて(苦笑)また今回も路線違うんだろうか?という危惧があったんだけど、実際に聴いてみたらそれは良い意味で裏切られた。従来のキャッチーなメロディーはそのままで、前作で感じられたヘヴィでシリアスな雰囲気が若干プラスされた様なイメージを感じたな。

ただ、一通り聴いた時に前半までは最近のハウス・オブ・ローズみたいにマンネリを感じてしまって「もしかして最後までこんな感じ?」と思ってたら、7曲目からラストまでは実に素晴らしい流れで十分堪能出来た。PVにもなった「BUILD THE LOVE」を聴いてると、如何にこのバンドの曲作りが上手い事がよく分かる気がするし、地味だけどしっとり聴かせるバラードの「TOMORROW NEVER COMES」も良いアクセントになっていてアルバム全体での聴き所となっている。

という訳で、私的には前作よりも良いと思えた。既に何度もリピートしてるけど、ホントにこういう音のハードロックって少なくなっちゃったなあ~と実感してると同時に何かホッとするんですよ、安堵感があるというか。中年の耳にはこういう音が一番しっくりくるかと(笑)。惜しむトコはやっぱジャケットかな?ホント、勿体無いよなあ...


「BUILD THE LOVE」


「ROSE OF JERICHO」




この時期、何処も彼処も決算時期なのかネットを覗いてるとセールばっかやってて、どれどれ~とチェックしてアレもコレもと手を出してしまう(苦笑)。お金を使う様に上手く仕向けられている気がしてるけど、実際にそれに乗ってあれこれ買ってる私自身が一番のカモだったりするんだろうけど(笑)。
CD屋も軒並み値下げばっかで、タワレコやディスクユニオンで見付けてはポチってるんで暫く聴くモノには困る事はないのは嬉しい悩みだけど、今月はマリリオン2デイズがあるんでセーブしなきゃ...と言いつつも、またライブ行った時にCD屋覗いて買ってるんだろうな(爆)。

今回のお題のフロスト*も、今のウチに買っておかないと直ぐに廃盤になってしまうんで慌てて予約した何とか買えたんだけど、このバンドは発売されると直ぐに在庫がなくなるから大元もプレス自体が少ないんだろうなあ...。
ってな訳で、フロスト*のスタジオセッション盤「THE ROCKFIELD FILES」を今回はチョイス。発表は2014年。

2014年発売で、先述にもある様に直ぐに在庫がなくなって廃盤となったモノが何故今購入出来たのかというと、7月に限定で再発されたモノだから。この情報を何気にタワレコで知ったので発売前に予約入れたんだけど、タワレコってモノによっては発売後に在庫を確保するみたいで、実際にこのアルバムも発売日過ぎても一向に届く気配がなかったんでちょっと冷汗モンだった(苦笑)。マーキー/ベルアンティークのサイト見ても発売日は変わってないのに、アマゾンでは直ぐに再入荷の見込みは分からないって出てるし、タワレコでも発売中になってるけど届かない...キャンセルになったらシャレにならんぞ!と思ってたら約2週間後に無事届いて何とか一安心。

このアルバムは2ndアルバム発表後、バンド自体が活動停止となった数年後に突如3rdアルバム作るよ~と宣言したのは良いけどなかなかリリースされない中、いきなりスタジオセッションの模様を収めたDVDがCDと同梱で発表されたモノがこのアルバム。
バンドは以前2009年にアメリカでライブ行なった時の模様を収めた「THE PHILADELPHIA EXPERIMENT」というライブDVD+CDを発表してるけど、今回のモノはあくまでスタジオセッションの模様なので通常のライブとはまた違うスタイルのモノ。
なので、演奏自体は観客不在のスタジオ内だからライブ盤と比べるとキレが違う印象を受けた。メンバーそれぞれ敏腕ミュージシャンの集まりなので映像観てるとさすがと唸ってしまう。

キーボード/ボーカルのジェム・ゴドフリーがこのバンドの中心人物だけど、一番有名なのは再結成イット・バイツでフロントマンを務めてるジョン・ミッチェル。彼のプレイはやはり目を引いてしまうのだけど、イット・バイツやソロ作の曲を聴いた後にこの演奏を聴くとやはりジェムが楽曲の全てをコントロールしてるのがよく分かる。”やらされてる”というのとはまた違うんだけど、ジェムの頭の中のイメージをそのまま他のメンバー達が作り出してるという印象が強い。
リズム隊も素晴らしいプレイで、特にベースのネイサン・キング(レベル42)のプレイが良い味出してる。再結成イット・バイツでもアルバムではプレイしてるけど、他の仕事が忙しいのかライブでは不参加だったのでどんなプレイヤーなのか興味あったけどここまで上手いプレイヤーだとは思わなかったな。

この時点ではまだ3rdアルバムは発表されてなかったので当時は新曲扱いだった「HEARTSTRINGS」が他の楽曲と比べると幾分ヘヴィに聴こえるけど、3rdアルバム前に聴いてたら期待度を煽る感覚だったのかな?と思う。まあ実際3rdアルバムは素晴らしい出来だったんで間違ってはいないと思うけど。あと後半2曲に入ってる、これまた当時新曲扱いだった「LANTERN」もアコースティックセッションとして収録。

なかなか活動状況が見えないバンドなんで、こうして映像で観られるのは凄く貴重なんだけど、収録曲が計8曲というのは物足りない。まあ「MILLIONTOWN」が20分超えの曲なんで少なくなるのは仕方ないんだけど、だったら2枚組にしてよと言いたい(でも値段が上がるか/苦笑)。

今のトコ、バンド側はまたライブ盤の製作と4thアルバムの製作をするというコメントを出してるみたいだけど、まあこのバンドはホントにジェムの気分次第でコロコロ変わるので期待半分で気長に待ってるとしよう。それまでは本作を含めた過去作で繋ぐけど、今でもヘビロで個人的には大傑作だった3rdアルバムを超える事は出来るのだろうか?


「HYPERVENTILATE」


「HEARTSTRINGS」