FC2ブログ




注文したCDがなかなか届かないので、今日は久しぶりに珍しいCDを聴いてみた。1989年に当時ソビエト連邦共和国だった頃のモスクワにて行なわれたモスクワ・ピース・フェスティバルの参加メンバーによるオムニバスアルバム「STAIRWAY TO HEAVEN/HIGHWAY TO HELL 」(邦題:メイク・ア・ディファレンス)をチョイス。リリースはフェスが行なわれた1989年。

当時はHM/HR隆盛期にあって、まだロックが未開の地であったモスクワにてロックフェスの開催を試みた背景には、ボン・ジョヴィやモトリー・クルーのマネージメントだったドグ・マギーが麻薬絡みの事件で有罪を喰らって、その社会奉仕の一貫としてこのフェスを企画したとの事。
この当時の事はリアルタイムでMTVやピュアロックにて放送されてたのでよく覚えていて、そのライブの模様やソ連でのオフショットなども放送されてたのを観てたなあ。セバスチャン・バックがファンとソ連の軍帽を何かと交換してそれが後々問題になったとか、ジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラが街角でジャムセッションやったりとか色々覚えている。

で、当然このアルバムも買ったんだけど、何と同じCDが2枚入っていてビックリ(笑)。それ以前にもデフ・レパードの「PYROMANIA」にインナースリーヴが2枚入ってた事があって、両方共日本フォノグラムからリリースされていたので製造工程で何か不具合でもあったのだろうか?当時の友人に「1枚くれ」って言われたけど、お断りして未だに2枚持ってる(笑)。

で、内容はアルコールやドラッグなどで亡くなったミュージシャンの楽曲を、このフェスの参加メンバーがカヴァーして1枚のアルバムになったという企画モノで、それぞれの選曲は以下の通り。
スキッド・ロウはセックス・ピストルズの「HOLIDAY IN THE SUN」、蠍団はザ・フーの「I CAN'T EXPLAIN」、オジー・オズボーンはジミ・ヘンドリックスの「PURPLE HAZE」、モトリー・クルーはトミー・ボーリンの「TEASER」、ボン・ジョヴィはシン・リジィの「THE BOYS ARE BACK IN TOWN」、シンデレラはジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」、地元ロシアのバンド:ゴーリキー・パークはザ・フーの「MY GENERATION」という内容に、フェス当日に行なわれたジャムセッションでレッド・ツェッペリンの「MOBY DICK」(これにはジェイソン・ボーナムが参加)と「LONG TALL SALLY」「BLUE SUEDE SHOES」を収録。

それぞれバンドの個性が反映されていて面白いんだけど、目玉であるハズのボン・ジョヴィのカヴァーだけが何故かイマイチな出来映え。しかも選曲がリジィの代表曲なので物凄くがっかりしたんだよなあ。もっと良いモノになりそうなのに...逆にお気に入りはスキッズと蠍団のカヴァー。クラウスはホント上手いなあ~と改めて思ったし、このMVがセピア調のモノクロでカッコイイんですよ。モトリーがトミー・ボーリンをカヴァーするって凄く意外だったけどコレは普通にハマってるし、この後ヴィンス解雇後にグレン・ヒューズ呼んでアルバムにバック・コーラスで参加してる過程を思うと、ニッキー・シックスのセンスは大したモンだと思う。

またこのフェスには相当トラブルが付き纏い、ヘッドライナーを誰にするかで揉めに揉めて、当初は大御所のオジーか既にソ連では人気の高かった蠍団のどちらかという話が結局ボン・ジョヴィがやる事になって、それに大激怒したのがモトリー・クルーでバックステージでトミー・リーがジョン・ボン・ジョヴィをブン殴って帰国後にドグ・マギーのマネージメントを離脱。この辺の話はモトリーの自伝でも語られていて、当初は全てのバンドを平等に扱うという話が結局ボン・ジョヴィを売り込みたいというドグ・マギーの思惑が許せなかったというのが本音らしい。フェス直前にはオジーが不参加という噂も流れたくらいだし、裏では相当ゴチャゴチャしてたんだろうなあ。

また当時はVHSも発売されて持ってたんだけど、内容がそれほど良いとは思えず売っちゃった記憶が...。モトリーが「Dr.FEELGOOD」をリリースする直前だったんで、リークされるとマズいという事で新曲なしの選曲だったのもがっかりだったし、シンデレラが空気扱いだったのも何とも...久々にCD聴いて当時ならではの企画だったんだなあ~と納得。

まあ、如何にもHM/HR隆盛期ならではのフェスで、ロック未開の地にてこうしたフェスが行なわれた事は当時としては画期的な出来事だったと思うけど、その数年後には今度はメタリカやAC/DC、パンテラやブラック・クロウズ(何で?)がモスクワ行ってフェスやってたりするんで、その音のイメージの違いにロシアの人達も驚いただろうなあ(笑)。


「HOLIDAY IN THE SUN」 SKID ROW


「I CAN'T EXPLAIN」 SCORPIONS
スポンサーサイト






前回「最近は欲しいCDがない」と書いたばかりで、これを予約してた事をすっかり忘れててCD届いて「???」となりました(笑)。そーいや殿下のも2枚予約してるし、何気にお金使っててこりゃマズいっすね...しかもメガドライブミニまで予約してたのも忘れてたし、増税前でPCもWin7なんでそろそろ買い替えないとマズいし。誰か、何処かにお金が落ちてたら是非ご一報を(笑)。

そんな訳で、今回は久しぶりに聴いたシンディ・ローパーの日本編集盤ベスト「JAPANESE SINGLES COLLECTION -GREATEST HITS-」をご紹介。
そーいや、最近CD予約すると予約特典でクリアファイルが付く事が多くなったんだけど、これまでにスティング、ボヘミアン・ラプソディと頂いて、今回のシンディのヤツは歴代の国内シングル盤のジャケが網羅されてるデザインがなかなかイカしてますね。ただ、サイズが小さいのとクリアファイルって殆ど使う事がないのがちょっと...

既に輸入盤の廉価CDBOXを購入してるのに何故このベスト盤CDを買おうと思ったのかというと、MVが収められたDVDも付属しているのでコレ目当てで購入したと。しかも全26曲というCDの全19曲よりも多く収録されているのがポイント。全盛期の頃のMVはしょっちゅう観てたけど、それ以降のMVは殆ど観た事がないのでコレを期に観てみたかったんで。
最近ソニー系列のミュージシャンでこういうMV集の付いた国内編集のCD+DVDがちょこちょこ発売されてるので、こういうのはファンにとってはちょっと惹かれるんですよね。先に発売されたチープ・トリックも欲しいし、まだリリースされていないけどソニー系列ならそのうちジャーニーとかTOTOとかも出てくるのかな?

まずCDの方は無難な選曲で、勿論大ヒットしたデビューアルバムからの選曲が多いのは当然だとしても、ファンに人気のある(私自身はそれほど思い入れはないけど)「THE GOONIES 'R' GOOD ENOUGH」(邦題:グーニーズはグッドイナフ)や、廉価盤BOXセットには入ってなかった「HOLE IN MY HEART (ALL THE WAY TO CHINA)」などが網羅されてるのが良い。まあ両方共シングルになってるから当然といえば当然だけど。後期の楽曲がシングルカットされたモノが少なかったのか、それほど収録されてないけど、こうして通して聴いてみるとやっぱ良い楽曲多いなあと改めて思った。サラ・マクラクランとのデュエット「TIME AFTER TIME」も収録されていて、オリジナルと聴き比べてみるのも面白い。

DVDの方はさすがに26曲もあると見応えあって、派手で勢いに乗ったデビューから徐々に歌を中心に持ってきた楽曲にシフトしてくる遍歴が十分見て取れる。まあ元々歌唱力のある人なんで、安心して聴いていられるのもこの人ならではの魅力なんだけど。DVD観ていて、改めて良い曲だなと感じたモノも多く「SALLY'S PIGEONS」とか「THE WORLD IS STONE」のMVが良かったなあ。

彼女がずっと頑張ってきた長いキャリアを音と映像で楽しめるこの作品は、ホントに素晴らしいベスト盤だと思う。欲を言えば、ブルースアルバムとカントリーアルバムの楽曲も入れてくれれば良かったけど、そうなるとシングルコレクションという主旨から外れちゃうから無理なんだろうけど。
今年の来日公演も観たかったけど、さすがにこう金欠だとキビしいモノがあるから今回は断念するけど、その分このベスト盤で十分楽しませて頂きますよ。


「HOLE IN MY HEART (ALL THE WAY TO CHINA)」


「SALLY'S PIGEONS」




最近は特に欲しい新作CDが見当たらなかったんで、色々チェックしていたらこのアルバムがTシャツ付き限定盤がタワレコのセールで¥2400くらいだったので捕獲しました。TOTOの現時点での最新作にあたる「TOTO XIV」(邦題:聖剣の絆)を今回はチョイス。発表は2015年。

このアルバムはリリース時に欲しいと思ってたけど当時は金欠の極みだった頃で、とりあえず保留にしておいたらすっかり忘れてたという(苦笑)。でも音自体は友人のtaroサンに聴かせてもらってたので内容は知ってたけど、やはりCDで欲しかったので今回購入となった。

そもそもバンド自体は2008年に解散してたのに、マイク・ポーカロが発症したALSの資金調達の為に期間限定で再結成されて、その時期にマネージメントが新作の契約をレーベル側と交渉した為にこのアルバムが作られたという経緯があったので、最初はちょっと意味がよく分からなかった。しかもその後40周年記念ツアーまでやって、スティーヴ・ルカサーは「毎年日本に来たい」とまで言い出すんだからもうバンドは再解散する事はないのかな?

このアルバムでのハイライトは、何といってもジョセフ・ウィリアムスとスティーヴ・ポーカロのバンド復帰。前述の35周年ライブの時にもメンバーに入ってたけど、そのままアルバムに参加したのは素直に嬉しい。ボビー・キンボールは何かと不安定だったし、最近も何やら警察沙汰になってルカサーを激怒させていたから、もうバンド復帰は2度とないだろうなあ。
35周年ライブまで参加してたサイモン・フィリップスは自身の活動に専念との事で脱退してしまったのは残念だけど、後任のキース・カーロックもこのアルバムを聴く限り派手なプレイはないけど、堅実でそつなくこなしてる印象を受けた。

肝心の音の方は、最初聴いた時はフュージョン系みたいなノリで余りTOTOっぽくないなあ~と思ったけど、何度か聴くうちに馴染んできたという印象。ジョセフの声もさすがに全盛期ほどのハイトーンは出せないけど、元々歌唱力のある人なんで所々上手いなあ~と唸らせる部分もあって好印象。楽曲も、全体的に洗練され落ち着いた印象があって「21ST CENTURY BLUES」みたいなブルーズナンバーでもちょっと洒落た感覚があるのが特徴かな。
お気に入りは、バンドお得意のメロディアスハードな「HORY WAR」「ORPHAN」、幻想的な雰囲気を醸しだす「CHINATOWN」、ダークで壮大な雰囲気が何処か「HYDRA」を想起させる「GREAT EXPECTATIONS」が良い。

40周年ツアーでも相変わらずの人気の高さを誇ったバンドだけど、このまま活動を続けるなら是非また新作を作って欲しいなあ。今の彼等が今の時代にしか作れない音楽というモノを是非聴きたい。ジョセフ・ウィリアムスはCWFの活動もあるから何かと忙しいだろうけど(こっちの新作も期待大!)気長に待ち続けますよ。


「HOLY WAR」


「CHINATOWN」




今回のお題である打首獄門同好会のライブの一般発売が今日だったので、前以って休日取ってチケット押さえようと意気込んでいたのだけど、あっと言う間にチケット完売。近県やクラブチッタ辺りを狙ってたんだけど、今回のライブはゲストを含めた対バン形式で、場所によってゲストも違うみたいでクラブチッタに至っては氣志團だったのでこりゃ無理かな?と思ってたら案の定瞬殺。凄まじい人気ですなあ。
後でツイッター覗いたら「転売ヤーからは絶対にチケット買わない様に」のお達しが出ていたのはさすがのフォロー。でもバンド側も大変かも知れないけど、満員御礼で公演数を増やすなりの対処してくれるとリスナーとしては尚嬉しいんだけどねえ。ま、いつかライブ観られる日が来れば良いかな...と気長に待ちますよ。

ってな訳で、彼等の初のベスト盤となる「10獄」を今回はチョイス。リリースは2014年。

以前も書いたとおり、彼等の存在は何気に観たYOU TUBEのお薦めで気に入った曲が入ったアルバムを購入したついでにこのベスト盤も購入したんだけど、購入して以来ずっと通勤時の車内では彼等のCDをリピート状態。それくらい気に入ってしまったんだけど、このベスト盤は活動10周年を記念して作られたモノらしく、それまでの彼等の代表曲を網羅してるので手っ取り早く知るにはちょうど良いアルバムかと。

とにかくテンションの高さがハンパないアルバムで、CD帯にも掲げられている”生活密着型ラウドロック”という言葉には偽りがない内容。今までHM/HRを聴いてきたこの耳にも十分納得出来る演奏に加えて、歌詞の内容は薄~い感覚のギャップが堪らなく中毒性を引き起こして「何でこんな歌詞歌ってるんだ?」と思ったりして(苦笑)その部分こそがこのバンド最大の魅力だったりするのがホントに最高ですわ。

このアルバムの為に作られた3曲「DON-GARA」「失われし平和な春の日よ」「ヒゲは走る」も相変わらずテンション高いし、代表曲であるラーメン二郎を歌った「私を二郎に連れてって」、うまい棒を歌った「デリシャスティック」など目の付け所が面白い楽曲が多く、聴いてて全く飽きさせないのも曲の作り方が上手い証拠だと思う。こういうバンドがインディーズで活動してるのがよく理解出来ないけど、今の時代はメジャー/インディーとかの区別って余り意味が無い事なんだろうか?まあインディーの方が色々と制限無く活動出来そうだけど。

私のお気に入りは前述の「DON-GARA」「失われし平和な春の日よ」(←花粉症の事を歌ってる)「私を二郎に連れてって」「デリシャスティック」に加えて、リフがめっちゃカッコイイ「まごパワー」、「フローネル」(←このタイトルは歌詞を読めば一目瞭然)、MVに嘉門達夫を引っ張り出した「カモン諭吉」、JRのアナウンスがそのまま出てきた時はちょっとビックリした(笑)「今日も貴方と南武線」辺りが好き。

来月には15周年を記念したベスト盤「獄至十五」をリリースし(勿論予約しましたよ!)このベスト盤に収録されてない代表曲がそちらに収録されるので、このバンドに興味を持った方はこの辺りからチェックすると良いかも。
でも、改めてまさか中年になってこういうバンドに興味持って思いっ切りハマるとは全く思わなかったな(笑)。何かと他の話題(農林水産省とか還暦とか中国だけで1000万回再生とか)で注目されがちだけど、実際のトコは音楽が良くなきゃここまで上手くやれないでしょ。末永い活動をしてくれる事をマジで願ってますよ。


「私を二郎に連れてって」


「DON-GARA」




久々にディスクユニオンの中古サイトをチェックしてたら、以前から探してた我らがゲイバーことゲイリー・ジョン・バーデンの2ndソロアルバム「THE AGONY AND XTASY」を見付けたので問答無用でポチる。送料込みで¥1600くらいでした。なので、今回はこのアルバムをチョイスです。発表は2006年。

以前、某音サンのHPでの鬼名盤の欄にこのアルバムが評価されてて、そんなに良いならCD欲しいなあ~と思っていても既に廃盤状態。長い間ちょこちょこ中古サイトでチェックしてもなかなか引っ掛からないので半ば諦めていたのだけど、ようやく手に入れる事が出来ましたよ。

さて、MSG以外では初となるゲイバーのソロ作。1stアルバムの方は、それまでの彼自身のキャリアを総括したMSGでのアコースティックによるセルフリメイク作なので、本当の意味での初ソロ作となるのは本作との事。
私にとってのゲイバーは、MSGでのイメージが全てなのでそれほど期待はしていなかった。歌唱力が不安定だしルックスもイマイチという、ボーカリストにしては致命的な要素が二つもあるのでMSGではシェンカーが主役だと思ってたし、今でもその印象は変わらない。

しかし、このアルバムではどうだ。ちゃんとまともに歌ってるではないか!?別にバカにしてる訳ではないんだけど(苦笑)今までのスタジオ盤でも微妙な歌声がこのアルバムでは堂々と歌ってるし、楽曲の良さも相成って前半だけでも十分聴き応えのある力作に仕上がってる。凄えーよ、ゲイバー!!
このアルバムの立役者は、ギターとプロデュースを担当している元カサノヴァのマイケル・ヴォスによる部分が大きいと思う。カサノヴァでも良い楽曲を手掛けていたし、このアルバムでも十分その才能は発揮されている。何よりマイケル・シェンカーでも無理だったゲイバーの良い部分を最大限に引き出す事に成功してるだけでも凄い事ではないか。
MSGよりもギターの比率は少ないけど、HRスタイルというよりはメロディアスハード系に寄った音作りなので、ゲイバーの歌が中心に来るのは当然で、これなら彼のファンの方々も大満足な内容なのではなかろうか。

私的にはアップテンポの華やかなメロハー路線の楽曲も好みだけど、後半2曲入ってるバラード「CHANGE OF WIND」「NEED OF SOME LOVE」が圧倒的に素晴らしい。特に「NEED OF SOME LOVE」の激シブなブルーズナンバーは、ホントにゲイバーが歌ってるの?と疑ってしまうほど渋過ぎる名曲ですね。

いやあ、コレはマジで素晴らしいアルバムですよ。当時このアルバムを紹介してくれた某音サンにも感謝ですが、相当前から探してたCD(10年以上前?)をようやくCD手に入れて聴けて感無量ですわ。正直、今の今までゲイバー舐めてましたよ、マジで恐れ入れました...他のアルバムも聴いてみたくなりましたね。


「ARISE」


「NEED OF SOME LOVE」