先日、久々に東京へCDを売りに行き(ブックオフだと二束三文にしかならんので、フラっと遊びがてらに)その査定中に中古CDをチェックしてたら偶然見付けてしまった、今回のお題であるシン・リジィの5thアルバム「FIGHTING」のデラックスエディション盤を購入した。オリジナル盤の発表は1975年。これで3rdアルバムから最終作まで揃った事になったので非常に満足。1stと2ndはハードロック色が薄いので、購入はお金に余裕のある時で良いかな?と。

さて、何でこのアルバムが一番最後に手にする事になったのか?と言うと、単に有名曲が少なかったからという実も蓋もない話で(苦笑)ボブ・シーガーのカヴァーである「ROSALIE」が冒頭を飾ってるという事でアメリカンな雰囲気が漂ってるのかな?という先入観で後回しになってしまったと。
しかし今回改めて聴いてみてアメリカンがどうこうというよりも、この時点でもう既にリジィは個性を確立しちゃっているので”何々的”というモノは存在しない。やっぱフィル・ライノットのアクの強さがこのバンドの核な訳だし、フィルの歌い方やバンドの音楽性が合わなければこのバンドには縁が無いという事なんだろう。

先述の「ROSALIE」や、よくベスト盤に収録されている「WILD ONE」(邦題:帰らぬおまえはワイルド・ワン)、「LIVE AND DANGEROUS」にも収録されている「SUICIDE」(邦題:自殺)辺りは勿論知っていたのだけど、他の曲はこれまで聴いた事がなかったんで純粋に楽しめたのだけど、それと同時にこの時期辺りからバンドの知名度が上がってきた事を思うと、曲作りにも前作よりハードさが増して幅が出てきた様にも感じられた。中でも「FOR THOSE WHO LOVE TO LIVE」(邦題:愛すべきもの)や「KING'S VENGEANCE」、「BALLAD OF A HARD MAN」辺りは結構好きな部類だ。

「ブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムのツインギターがリジィの歴代ギタリストの中でもベストだ」という話をよく聞くけど、これを聴いて何となくその理由が分かった様な気がする。勿論、後に成功するゲイリー・ムーアやジョン・サイクスも凄いギタリストだし、私自身ゲイリーとスコットの時期が今でもベストだと思ってるけど、楽曲を自然に違和感なく聴かせる雰囲気を持ってるのはこの2人なんだろうなあと。ゲイリーの場合は聴いてると「さあ、凄いソロが来るぞ」という感じだけど、ブライアンの場合はそういうのが無い分バンドの一体感が感じられるといった感覚だろうか。

よくシン・リジィが苦手...って人の話を聞くとフィルの独特の歌いまわしがダメらしいけど、確かに歌メロ自体はそれほどインパクトはないかも知れない。だけど「WILD ONE」や「SUICIDE」に他にピッタリな歌メロはあるのか?と問われると、逆に思い浮かばないのがこのバンドの凄いトコで、それはフィル自身が一番良く分かってるのがこのバンドを国民的バンドにまで押し上げた事実だと思う。
しかしながら、ホントに良いバンドだったよなあ...としみじみ思う。今はブラック・スター・ライダースがその音世界を継承してるけど、やはりフィルの才能には届かないし勿論BSRがリジィの代わりにはなり得ない。だけど、こうしてリジィが残してくれた音源で未だに楽しめるのは、後追いで聴いた私にとっても嬉しい限りである。


「WILD ONE」


「BALLAD OF A HARD MAN」
スポンサーサイト




今日・明日と連休なので、今日(と言っても、生活自体が夜行性の私の感覚では時差で昨日にあたる)は久々に東京へ行って増えていたCDを少し売りに出してきた。今は殆ど買わないけど20年前くらいはよくミニアルバムだの何だのとよく買ってて、アルバム未収録曲が1~2曲入ってるだけでバンバン買ってたのだけど、今になるとやはりそんなに聴かないモノばかりなので結局場所が勿体無いから、こういう時間の取れた時に行かないと...。まあ、そんなモノばかりなので買取価格もそれほど高いモノではなかったけど、その売った金額で東京在住の友人にお茶ゴチしたり、アキバで巨大ハンバーガー食してきたりと交友費ですっからかんに(苦笑)。ま、こういう日もあって良いでしょ。
ホントはタワレコも覗きたかったんだけど、時間がそれほど無かったんで(ついでに所持金も/苦笑)売り払ったディスクユニオンで中古CD1枚捕獲したのみ。これは後にレビューします。

で、今日は以前買っておいたM83の新作「JUNK」をチョイス。リリースは昨年ですな。友人のsaraサンが昨年初夏に彼等のライブを新木場で観ていて、ライブに来るという事は新作も...?と思ったら、やはり新作リリースの一環での来日公演だったと。
こういう情報は地方に住んでるとなかなか知る事がないので、何か動きがあった時にはリリースの気配...と察するのがポイントかと(笑)。何か野生のカンみたいなモノか??

国内盤も出てるのだけど、輸入盤が送料入れても¥1000しなかったので問答無用で輸入盤を昨年末に購入。ジャケを見た時、かなりナメてるなと思ったけど(苦笑)最近は映画「オブリビオン」のサントラも手掛けて、かなりメジャーになった彼の次がどんなスタイルで来るのだろう?と期待感もあった。何せ前作「HURRY UP, WE'RE DREAMING」で彼等を知って以来、過去作まで遡っていったくらい好きなスタイルだったので。

で、実際に聴いてみると今回はかなりメロウな作風となった。元々はエレクトロ・シューゲイザーという括りで登場した彼だけど、そういった要素は今回には殆ど感じられない。冒頭2曲「DO IT, TRY IT」「GO!」からしてかなりキャッチーでメロディアスな作風なのでそのまま続くかと思いきや、その後はアンビエントな雰囲気を保ちつつも浮遊感のあるサウンドで、ノイジーで刺激的な要素を期待すると肩透かしを食らう。実際、一聴した時は物足りないと感じられたくらいだし。因みに「GO!」のエンディングのギターソロはスティーヴ・ヴァイが担当してる(意外な組み合わせだ!)。

でも何度も聴いてると、こういうポップな世界観も悪くないんじゃないか?と思う様になってきた。フランス人なので、何処かセンスの違いみたいなモノも感じられて面白いし、何より彼がこういうスタイルに移行してきたという事は過去のスタイルは既にやり尽くした感があるからなのだろうと。

インタビューでは「アルバムを作っても、視聴して気に入った曲だけをセレクトしてプレイリストに入れるだけ」という事を嘆いているけど、それはミュージシャンとしての宿命みたいなモノでリスナーが好きな曲だけをチョイスして聴く分には問題ないと思う。だけど、アルバム全体でそのチョイスした曲を聴くとまた違った意味合いも持つ事もあるので、やはりアルバム全体で聴く事をお薦めしたい。彼のアルバムの中でも最も聴き易いアルバムだけど、何処か刹那的な雰囲気も兼ね備えてるのが妙に気に入ったな。


「DO IT, TRY IT」


「GO!」




ザ・スミス同様、ちょっと聴き始めたら暫くずっと聴き続けてハマってしまう、邦楽のユニット:ICEの20周年記念ベスト盤を最近手に入れた。
以前からずっと欲しかったのだけど、ベスト盤に関しては自分でオリジナルのベスト盤をCD-Rで作って聴いてる方が一番しっくり来るので(笑)こういう記念盤に関してはやはり選曲に不満が出てしまうから購入もずっと遅れてしまうのだ。発表が2013年だから、早くも4年も経ってしまってるし(苦笑)。

特に理由はないのだけど、たまたま彼等の音楽を久々に聴くと「やっぱ良いねえ~」と何枚もアルバム引っ張り出して、車内でも聴いてハマるくらい好きな音楽性なんだけど、こうしてベスト盤を改めて聴いてみると結構色々な事に手を出していたんだなあ...と思う。
中心人物であるギタリストの宮内さんの音楽嗜好が幅広いモノだったお陰で、ICEのアルバム毎に様々なスタイルが提示されていたのは明白なんだけど、アルバム毎に色が違うから大好きなアルバムとそうでもないアルバムの差がはっきり出るのも今思うと面白かったなあと。
ただ、ICEの顔を担ってた国岡さんの声のお陰で一本筋の通ったブレない部分もICEのスタイルでもあった訳で、ここまで色んなスタイルをこなしながらも聴けばICEのサウンドだと分かるのも基本のコンセプトが明確だったからなんだろうな。

このベスト盤は宮内さんが亡くなられた後に発表されたモノで、宮内さん抜きで作られた新曲「HIGHER LOVE」が収められていたり、未発表曲「LOVE KEEP US TOGETHER」(こちらは彼の作品)が収められたりと、従来のファンには見逃せない内容となっているのだけど、これまでにレコード会社が変わる度にベスト盤をリリースされてきたので(確かこのアルバムで5枚目だったと思う)幾ら記念盤とはいえちょっと食傷気味ではあると思う。
ただ、選曲には大分拘ったみたいで、国岡さん曰く「1枚のオリジナルアルバムを聴いてる様なものにしたかった」という事で、いつもの代表曲がそれほど収録されてないという妙な感覚を覚えた。
付属のDVDには、PV集と宮内さん没後に披露されたライブの映像が納められているのだけど、DVDに収録されている曲でもCDには収録されてないからこれまた妙な感じなので、ファンであればあるほど不満も募ってくるという(笑)不思議なアルバムかと。

DVDのPV集も完全版じゃなく、ICEにハマる切っ掛けとなった「BABY MAYBE」「LOVE MAKES ME RUN」が収録されてないのも痛いし、ライブ映像もやはり宮内さんのいるライブ映像が観たかったというのが本音。YOU TUBEには結構素晴らしいライブ映像が残ってるのが救いだけど、いつかちゃんと正規盤でリリースして欲しいと願うばかりだ。

そんな訳で、私自身未だに十分ハマれる彼等の音楽だけど、もうアルバム自体は殆ど廃盤になってしまったので今は中古CD屋でアルバムには収録されてないシングルのカップリング曲だったモノが聴きたい為に持ってないCDを探し回ってるのだけど、自分でも何でここまでしてハマってるのか不思議でしょうがない。まあ、今の邦楽シーンでも彼等みたいなスタイルを持った人達が出てきてないからなんだけど...


「NIGHT FLIGHT」


「SHERRY MY DEAR」


おまけ:彼等が出演した東芝のCM




またやらかしてしまいました(苦笑)。前回バッドランズとイット・バイツのブートを購入した後、暫くブートで欲しいモノはないだろう...と思っていたら、たまたまネットでプリンスの「DREAM FACTORY」がブートで出ているという情報をキャッチしてしまった。コレはかなり心動かされましたねえ~。で、結局こうなったと(苦笑)。

殿下のファンなら一度は聞いた事があるこの「DREAM FACTORY」というアルバムの存在。1986年発表の「PARADE」の次作にあたる”予定だった”作品で、当時殿下がザ・レボリューションというバンドと活動を共にしていたのが、急遽レボリューションの解散があった為、このアルバムはお蔵入りになったというのだ。
この時期、殿下はカミールという別名義でアルバムを予定していたと聞くし、この「DREAM FACTORY」がお蔵入りになった事で個人名義に戻った彼が作ったのが、彼の最高傑作と謳われる「SIGN ”O” THE TIMES」だった事から、ただでさえ多作な彼が自身の絶頂期にアクティヴな活動を行なっていた時期のアルバムとなったら、殿下のファンはやはり一度は耳にしてみたいと思うだろう。だから買っちゃったんだけど(笑)。

ブートにしては音はかなり良くてそれだけでも感動モノなんだけど、ジャケットが星が散りばめられたホログラム仕様になってるのもブートとは思えないクオリティ。しかも最近多いCD-R仕様じゃなくてちゃんとCDを使ってるのも良い。まあ、ジャケットのデザインは全然らしくないけど(苦笑)。

内容は全19曲。後の「SIGN ”O” THE TIMES」に収録される曲が8曲収録されていて、これも後に発表となる4枚組「CRYSTAL BALL」に収録された楽曲も含まれている。「CRYSTAL BALL」に関しては国内盤の発表すら全然知らなくて、以前殆ど行かない町の電器屋の閉店セールにひっそり置いてあったのを見て「こんなモノ出てたのか?」と驚いた事があったけど、この時買わなかったのがホントに悔やまれる。後にあんなプレミアが付くとは思ってなかったし、半額セールといっても¥4000くらいで売られてたんで、お金の持ち合わせがなかったので見送ってしまったのだ...ああ、嫌な事思い出してしまった...

しかし、そのアルバムからの楽曲もこうして聴く事が出来て凄く新鮮な気分で嬉しいのだけど、内容自体も絶頂期に作られたモノなのでかなり良い感じ。「SIGN ”O” THE TIMES」の楽曲もこうしてアルバム通して聴くとかなり印象が違うし、コレが先に発表されてたらイメージがまた変わっていたかも。「SIGN ”O” THE TIMES」の方がより一般的に受ける印象を受けたけど、このアルバムを聴いて私はビートルズのホワイトアルバムをちょっと思い出したな。

しかし、やっぱ80年代の殿下は色々と神掛かっていたと思う。1年おきに「「PURPLE RAIN」「AROUND THE WORLD IN A DAY」「PARADE」「SIGN ”O” THE TIMES」「LOVESEXY」「BATMAN」と立て続けにリリースして、しかもお蔵入りだった「THE BLACK ALBUM」もこの80年代に作られている事を考えると、ホントに多作で非凡な才能だったんだなと。勿論、後の殿下の曲も好きだけど、やはりこの80年代は別格なんでこうして日の目を見た事は素直に嬉しい(殿下本人は不本意なカタチだろうけど)。
今年はいよいよ「PURPLE RAIN」のリマスター盤が発表されるみたいだし、加えて2本の未発表アルバムが発売されるとの事らしいので、どんなスタイルの楽曲が聴けるのか今から楽しみだ。


「DREAM FACTORY」


「TRAIN」



昨年後半にリリースされてたのに大した話題にもならなかった(悲)エアボーン渾身の4作目「BREAKIN' OUTTA HELL」を今更ながら購入した。
ホントはもっと早く購入したかったのだけど、輸入盤のクセしてなかなか値段が下がらないのがずっと気になってて、こうなったら下がるまで待つか...と待っていたのだけど全然下がる気配がない(苦笑)。結局タワーレコードのネット通販にて¥500クーポン使って¥1700くらいで購入。アマゾンでも¥2000超えだったし、一体何なんだろうか...
しかも、リミテッドエディション盤もあるらしく、そちらは「BOMBSHELL」という曲がボートラ追加で、あとポスター付いてるだけなので今回はそっちは見送る事に。

デビューアルバムがリリースされた当時はモロにAC/DC直系のハードロックバンドという事で話題を集めた彼等ではあるけど、コンスタントにアルバムをリリースしてる割にはイマイチ盛り上がりに欠けるのがちょっと理解出来なかったりする。前作まではロードランナーレーベルからのリリースだったのに、今作からスピンファームレコーズという知らないレーベルからのリリースになってる事からマイナーに格下げされちゃったのだろうか?でも、今作からのPVはちゃんときっちり作られてる事から、余りメジャーレーベルに拘る必要もないのかな??

日本公演も過去にラウドパークで一度だけで単独公演は全く行なわれていない現状から、海外からの情報もほぼ聞こえてこないので一体何やってるんだろう?と思うけど(まあ、ライブやってるに決まってるけど/笑)、こうして新作が出ているだけでも良しとしましょう。

やってる事はいつもの彼等なんで特出すべき事なんて殆どないんだけど(笑)相変わらずのAC/DCスタイルはこのアルバムでも変わらない。本家の方が残念ながら終焉を迎えつつあるのでこういう若いバンドに掛かる期待は高いのだけど、こういう変わらないスタイルをキープして「ああ、いつも通りだ」と安心出来るバンドの存在はホントに頼もしいと思う。

ただ4作目となるとそろそろ決定打が欲しいのも事実で、世間に名を知らしめたデビューアルバムの曲が今のトコ定番になりつつあるのはバンドとしてもキツいのではなかろうか?
でも個人的には冗長だった2ndアルバムよりも楽曲の粒は揃ってる感じはするし、40分弱で終わる構成はこういうバンドにはちょうど良いんじゃないかと思う。その方がインパクトも残せるし。

と、私の感想はこんな感じだけど、あとはフルライブを是非観たいんだよなあ。車内でテンション上げて聴くのも普通に楽しいけど(テンション上げ過ぎて事故りそうだけど/苦笑)やっぱこのテのバンドはライブが一番魅力的だろうし。ただ、未だに国内盤が発売されていない事から来日公演の可能性は非常に厳しそうなのが残念ではあるけど...やっぱフェス形式じゃないと呼べないのかな?


「BREAKIN' OUTTA HELL」


「IT'S ALL FOR ROCK N' ROLL」