ドラクエ11が面白過ぎて、なかなかブログが手に付きません(言い訳)。
とはいえCDも結構購入してるのに、聴いてる時間がドラクエに取られてCD聴くのは通勤時の車内でのみ。仕事の休憩時間にはipodで聴いてるけど、大体聴くモノは限られてる感じかな。

まあそんな事も言ってられないので、その購入した中から久々に企画盤のヤツを今回はチョイス。80年代をリアルタイムで体験してる方には忘れられない7インチシングル盤・LP盤の他にもあった、12インチ盤の音源を集めて2枚組にした「80's 12inch SPECIAL」なるモノが中古盤で売られていたので捕獲しました。

地味JAM尊サンが書き込んでくれた80s系のミュージシャンのコメントを読んでいて、そーいや殆どの主要なミュージシャンは集めたけど、まだ購入してないモノがあったっけ?と思い、色々調べてるウチにこのCDに行き着いたと。
今でこそ、当時のアルバムがデラックスエディション盤として再発される時にこのテの12インチシングルverが収録される事が当たり前の様になってきたけど、それまでの通常CD盤には12インチverなんて殆ど収録されなかったり、聴きたくてもYOU TUBEに上がってない事も多かったんでこういうモノは意外と貴重だったりするモノなんだけど、このCDが凄いのは当時売れたモノの中でも結構マニアックな選曲に拘ってるトコ。
その選曲とは

A1 : ROCK ME AMADEUS / FALCO
A2 : THE LOOK OF LOVE / ABC
A3 : SHOUT / TEARS FOR FEARS
A4 : GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN / CYNDI LAUPER
A5 : RHYTHM OF THE NIGHT / DEBARGE
A6 : FRESH / KOOL & THE GANG
A7 : IN A BIG COUNTRY / BIG COUNTRY
A8 : PUTTIN' ON THE RITZ / TACO
A9 : TAINTED LOVE/WHERE DID OUR LOVE GO? / SOFT SELL
A10 : SUSSUIDIO / PHIL COLLINS

B1 : ONE NIGHT IN BANGKOK / MURRAY HEAD
B2 : RELAX / FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD
B3 : EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD / TEARS FOR FEARS
B4 : HERE COMES THE RAIN AGAIN / EURYTHMICS
B5 : OBSESSION / ANIMOTION
B6 : FADE TO GREY / VISAGE
B7 : MANIAC / MICHAEL SEMBELLO
B8 : 19 / PAUL HARDCASTLE
B9 : LESSONS IN LOVE / LEVEL 42
B10 : RASPBERRY BERET / PRINCE AND THE REVOLUTION

といった感じ。
因みに私がこのCDを買う決め手となった曲は、マレー・ヘッドとマイケル・センベロとポール・ハードキャッスルとアニモーション。マレー・ヘッドなんて、今知ってる人がどれだけいる事やら...(笑)。確かABBAの人が作曲したんだっけ?

マイケル・センベロの「MANIAC」は、映画「フラッシュダンス」のサントラからのシングルカットで当時シングル盤も買うほど好きな曲だったなあ。12インチverは初めて聴いたけど、それほど特出するべきトコはないかな?原曲壊してないだけでも良いけど。

ポール・ハードキャッスルの「19」は、当時UKチャートでいきなり1位を獲得して全く知らない人がいきなりトップ獲るって何?って事で調べたら、ベトナム戦争でのアメリカ兵の平均年齢が19歳って事にショックを受けてこの曲を作ったって事をFMファンで知って(笑)更に興味を持って、当時地元にあった輸入盤置いてあるWAVEにてこの12インチ盤買った記憶がある。日テレの小林完吾さんのナレーションで作られたジャパニーズverもあったけど、さすがにそれは買わなかったな(苦笑)。

アニモーションの「OBSESSION」は、当時マイアミ・バイスの劇中で聴いて結構好きだったんだけど、後にゲームの「グランド・セフト・オート~バイスシティ」のカーラジオで聴こえた時は凄く嬉しかったなあ(笑)。如何にも80s!って感じの曲だし。

他にもファルコの「ROCK ME AMADEUS」は当時12インチ買ったよなあ~とか、ティアーズ・フォー・フィアーズの2曲は最近のデラエディ盤に収録されてるから(それに彼等のベスト盤は未だにたまに聴いてるので)余り新鮮味は感じないなあ...とか、こうして聴いていると色々と思い出すのが結構楽しい。殿下の「RASPBERRY BERET」なんて、こういうオムニバス系のCDに収録されるのはホントに珍しいのでは?

久々に80s系聴いて、血が求めてるというか何か安心するんですよ。ノスタルジックでもあるけど、当時思わなかった感覚が今新鮮に感じて新たな発見みたいになったりと、改めて面白い時代に洋楽に出会えてホントに良かったと思う。
出来ればこういうのは第二弾とか出して欲しいよなあ~。個人的にはダイア・ストレイツの「MONEY FOR NOTHING」とかスティングの「IF YOU LOVE SOMEBODY SET ME FREE」とかM.A.R.R.S.の「PUMP UP THE VOLUME」の12インチverが聴きたいんだけどねえ、今更だけど。


「ONE NIGHT IN BANGKOK 」MURRAY HEAD


「19」PAUL HARDCASTLE
スポンサーサイト




久しぶりにオムニバス盤を新品で購入した。
昔はよく「聴きたい曲があるのに、アルバム1枚分買うには躊躇するなあ」とか「サントラ収録曲だけど、サントラ買うよりもオムニバス盤の方が選曲が良いじゃん」とかの理由でオムニバス盤を買う事はあったのだけど、今回に至っては前者の方。
という訳で、今回は「CROSSOVER ELEVEN : TIME AFTER TIME」をチョイス。

タイトル通りで察する通り、このアルバムは昔NHK-FMで夜23:00から1時間放送されていた「クロスオーバーイレブン」のCD企画盤。
私の中学生の頃の洋楽聴き始めは、それこそお金もないから安いカセットテープに何度もダビングを重ねて、聴いてたラジオ番組も”●●特集”だのリクエスト番組にハガキ送って、読まれないかとドキドキしながらエアチェックして聴いてたのが主流だった。そこからお気に入りのミュージシャンをチェックして知識を広げていったのだけど、高校生になると少し知識も増えてきて色んなスタイルに興味を持つ事になるのだけど、このクロスオーバーイレブンはかなり大人の雰囲気が漂うちょっとハイレベルなイメージが常にあった気がする。

就寝前に聴く事が多かったので、FM雑誌で放送内容をチェックしながら今日は聴こうと決めた時はちょっとしたドキドキ感が常にあった。コレは以前も書いた事があるけど、この番組は津嘉山正種さんのナレーションが良いアクセントとなってるので、このナレーションが何時止まるか...で、エアチェックの成功が決まるのだ(苦笑)。
ナレーションが終わりそうだ...とドキドキしながら録音ボタンに手を掛けるも、実はまだ続いてたり(笑)慌ててテープ巻き戻してる間に曲が始まってエアチェック失敗なんて何度もあった。今じゃこのナレーションが凄く心地良く聞けるけど、当時はかなり恨めしく思ったモノだ(苦笑)。

そんな私がこのCDを聴きたかったのは、オープニングで流れるアジムスの「FLY OVER THE HORIZON」とエンディングの「OUTUBRO」が聴きたかったから。23:00の時報の後にジワジワと響いてくるシンセの音がいつも妙な高揚感を感じられて、そこに津嘉山さんの「今日も1日が通り過ぎていきます~」というナレーションが入ると、当時は深夜だなあ~という感じがいつも味わえたモンだった。

懐かしさもあってこのCDを聴きたい...と思ってたけど、このCDには普段私には余り馴染みのないスタイルの楽曲が収録されているのも購入するポイントだった。ジャズやフュージョン系のミュージシャンが多くて、知ってる曲はアジムスの2曲以外はハービー・ハンコックの「ROCK IT」くらい。特に特出するべきモノでもないけど、普段馴染みのないジャンルをこういうカタチで聴くのは何だか凄く新鮮だし、またCD自体がラジオ番組のそれをなぞっているので(オープニングのナレーションから途中に入るナレーション、そしてエンディングのナレーションまで全て収録)一つの番組を丸々聴いてる感じで、ノスタルジックと相成る雰囲気が常に味わえるのが良い。

ちなみにこのCDはソニーミュージック編で、当時は選曲が違うビクター編もあったらしい(アマゾンにはソニー編しか在庫がなかった)。更に、よく新聞の折込広告の通販なんかで売られてるCDーBOXでもクロスオーバーイレブンのモノが売られた事があるらしく、今じゃ中古でも結構値が張ってる(城達也さんのジェットストリームがCDーBOXで売られてたのは記憶にあるけど)。

ボートラとして、アジムスの2曲が原曲(ナレーションが入ってないモノ)で収録されているので、これも非常に嬉しい。
私が80s系のお気に入りCD-Rを作る時には、1曲目に必ずヴァイパー・トレイルスの「DON'T WORRY BABY」を入れてたのだけど(笑)これで2枚目作る時には、1曲目と最後の曲はもう決まりましたね(笑)。深夜のドライブには手放さなくなりそう...


「FLY OVER THE HORIZON」 / AZYMUTH


「OUTUBRO」 / AZYMUTH

メタル・エヴォリューション [DVD]メタル・エヴォリューション [DVD]
(2013/01/23)
アイアン・メイデン、メタリカ 他

商品詳細を見る


本日2回目のレビュー(笑)。いや、ホントは後でまとめて書こうと思ってたんですが、余りにも中身が濃いんでコレはエピソード別に書かなきゃイカンなあ...という事で。

以前レビューした映画「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」「グローバル・メタル」を撮ったサム・ダンが、今回はアメリカの音楽番組を扱うTV局のVH-1で放送された番組を一つのパッケージにまとめた「メタル・エヴォリューション」のDVDが発売されたので早速購入した。

全部で11話分あり、内容は「メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー」と大して変わらないのだけど、大きな違いとしてHM/HR系の細分化に併せてその一つ一つのムーブメントに焦点を当ててること。映画の方はメタル全般を分かりやすく見せていたのに対して、今回は更にディープに追及してるのでマニアには堪らない内容となっている。

今回は色々購入が重なったのでDVDにしたけど、DVDは3枚組(ブルーレイは2枚組)。とりあえずエピソード5まで鑑賞し、中でも思い入れが一際強い(笑)グラムメタルの回をレビュー。

まず冒頭でサム・ダンが「グラムメタルは我慢ならなかった」という衝撃(?)の言葉から始まって、80年代初頭のLAから出てきたグラムメタル勢の誕生からその衰退までを実に分かりやすく見せている。

以前からずっと書いてる通り、私の洋楽人生は80sポップスから始まってブームとなったLAメタル勢を聴いていたので、サム・ダンみたいに「我慢ならない」どころか今でも大好きなのだけど、それ以前のメタルを聴いてきた人達にとってLAメタルはポップ過ぎて「あんなのメタルじゃない」という事になってしまうんだろうなあ...と理解出来た。ポップチャートから入って来た身としては、逆にロックっぽくてハードな中にもポップで聴きやすいというのが魅力だった訳だけど。

当時のブームの中にいたバンドメンバーも多数出演しており、ヴィンス・ニール、ジョージ・リンチ、フランキー・バネリ、リッキー・ロケットなどが当時を振り返ってるのだけど、やはり皆んな何処か居心地の悪さを感じてるみたいだ(笑)。
しかし、リッキー・ロケットは今だからこそかなりぶっちゃけて語ってる感じで、本人自体「俺だって、いつまでも”NOTHIN' BUT A GOOD TIME”の気分じゃいられないよ」と語ってるのはちと笑った。

クワイエット・ライオットの「C'MON FEEL THE NOIZE」の裏話も中々興味深かった。当時はクワイエット・ライオットは聴いてなかったのだけど(映画の「フットルース」で「BANG YOUR HEAD」が掛かったくらいしか印象がない)そもそも何であんなに売れたのかが全く理解出来なかったし。しかもルックスだって全然良くないし(爆)。

このエピソードの内容では、こうしたグラム勢が衰退したのはグランジ勢が現れたからとの見解が強いというけど、実のところはブームの終わりは目に見えてて、要はネタ切れだったという事になっているのも何となく理解出来た。
確かにタイミングよくシアトル勢が現れたけど、考えてみりゃ似た様なバンドが多くて飽和状態だったし、そう考えると1st~2ndと全く同じ内容のクワイエット・ライオットは時代の先取りもしたけどブームの未来も身を持って実践してみせた訳だ。すげー!(笑)

衰退後の、その後のバンド達がどーなったか?という話も入っており、ウォレントのメンバーは年間50日くらいはフェスに出て、後は普通に楽器屋で働いてたりするというのが現実らしい。本人も語ってるけど「週末だけフェスに出てロッカーやってるけど、火曜には普通に働いてて何だか変な気分だ」という事らしい。
リッキー・ロケットは、いつまでもポイズンやれる訳がないから...という事でドラム製作の会社を自分で立ち上げて第二の生活を始めてるという事だし、ヴィンス・ニールでさえ酒会社や航空会社作ってビジネスしてるんだから、昔のロッカーみたいにただ音楽だけに携わる生活というのは今ではほんの一握りしかないんだろうなあ。
また「ロッカホマ」や「ネヴァー・ストップ・ロッキン」みたいな、80sバンドを集めて行なってるフェスなども、コミュニティではなく単なるノスタルジーに浸ってるだけという発言もちょっと悲しくなったな。

何だか夢も希望もない話だけど、それだけ今の音楽業界は価値が下がってしまったんでしょう。かつてこの音楽に熱を上げてた私としてはちと寂しい話だなあ。

でも、こうして色々当時の状況を赤裸々に語ってくれる映像はなかなか無いので非常に興味深かった。全部のエピソードを書くつもりはないけど、次の回はスラッシュ特集なんでまた書きたい事があったら書こうと思う。


予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=W4bj5qQ8eoI

今回はちょっとレビューを休んで、最近コメントを頂いてるmesonaokoさんからのリクエストで、自分が今まで観に行ったライブについて書こうかと。

まず、今まで観に行ったライブを羅列していくとこんな感じ。
BAD MOON RISING
GREAT WHITE
JOHN SYKES
GLENN HUGHES
PANTERA
WHITE ZOMBIE
METALLICA(2回)
TESLA
THUNDER(3回)
EUROPE
IRON MAIDEN
DEF LEPPARD
WHITESNAKE
PRETTY MAIDS
CYNDI LAUPER
THE WILDHEARTS(2回)
STRAPPING YOUNG LAD
BACKYARD BABIES
MEGADETH
OUTRAGE
A
DREAM THEATER
FAIR WARNING
MR.BIG(2回)
LANA LANE
AC/DC(2回)
SILVER GINGER 5
STEVE VAI(2回)
AMERICAN Hi-Fi
BUTCH WALKER
MONSTER MAGNET
IT BITES
SKID ROW
MOTLEY CRUE
ROYAL HUNT

ってな具合かな(抜けてるモノもあると思うけど)。
大体観たライブは記憶に残ってるモノなんだけど、中には全然記憶に残ってないモノもあったりする(ロイヤル・ハントの事です/笑)。

中でも一際鮮烈な印象が残ってるのは、白鮫ことグレイト・ホワイトとグレン・ヒューズの2つ。
レビューでも事ある毎にこの2つのライブを引き合いに出しているけど、それ位インパクトは強かったなあ。グレンもジャック・ラッセルも、殆どフェイクなしで歌い切ってるのを目の当たりにして「さすがプロだなあ!」と感心しきり。
因みに、自分の周りの友人達に彼等の曲聴かせても余り心に響かないのか、話題に上る事すらないのがホントに悲しい。グレンのソロはファンキー過ぎて曲がつまらないと言われたり、白鮫はブルージー過ぎて地味だ、とか酷い言われ様(苦笑)。そこが良いトコなのに。
まあ、他人様の意見なので余計な事は言わないけど、単に私の許容範囲が広いだけの事なのか、何かライブが素晴らしかっただけに勿体無いなあ~と思ったりするモンだ。

一番観てる回数が多いのはサンダー。フェス入れて3回。このバンドも歌唱力は問題ないし、何時観ても楽しいんだけど、余り魅力が伝わりにくいのかなあ?まあ、ブルージーな曲調が苦手な人はともかくも、普通にハードロック好きな人には十分楽しめると思うんだけど、周りに薦めてもイマイチな反応なんだよなあ。

終始ノリまくっていたのがワイハ・バックヤード・ベイビーズ・メタリカ・AC/DC・メイデン・スキッド・ロウかな。
メタリカの時はブラックアルバムの時で正しく全盛期だったので凄かったのは覚えている。かなりの長丁場でアンコールでヘトヘトだったし(笑)。
AC/DCは「STIFF UPPER LIP」ツアーの横アリで、開演前のまだ会場入る前からアンガスコール起こって異様な雰囲気だったのが凄かった。アンガスのコスプレしたおねーちゃんが多くて可愛かったなあ(笑)。しかも、4曲目くらいで既にバテバテになったのもいい思い出だ(苦笑)。
ワイハは、唯一ジンジャーがライブ中のハプニングにキレて時間が短かったのが残念。でも、当時物凄くハマってたんで、ライブ観られただけでも感動モンだったよ。

バックヤーズの時も凄かったな~。最前で観てたんだけど終始アタマ振りっぱなしで、最後にニッケが目の前まで来て肩組んで「FXXKIN’GREAT!」連発してた(笑)。
メイデンの幕張は正にカオス状態。チャーチルズ・スピーチで暴動レベルってのはアリ?(笑)「ACES HIGH」でブラジル人御一行が前方へ雪崩れ込み、一気にパニック。2~3曲目で人が目の前でガンガン運ばれてるわ、ブラジル人の一人がモッシュ作ろうと張り切ってたけど周りから総スカンで、隣のにーちゃんが喧嘩売ってたりと、なかなか日常にはない風景を観る事が出来ましたよ(笑)。勿論、ライブも素晴らしくメタルバンドのライブの理想形だったと思うし。

意外と冷めてたのがパンテラ。前座のホワイト・ゾンビで体力半分くらい使っちゃってたお陰もあるけど、テンション上がったのは冒頭とアンコールのみ。中盤は結構中だるみな印象もあったし。

逆に見逃して後悔したライブというのも結構あって、思い出すのはフランシス・ダナリー在籍時のイット・バイツ、ジェリーフィッシュ(後追いだった為)、「PUMP」時のエアロスミス(台風で行けなかった)、「NO MORE TEARS」時のオジー・オズボーン(夜勤で行けなかった)、「BRAVE」時のマリリオン、初来日時のガンズ・アンド・ローゼズなど。完全に自分のミスとはいえ、今思うと何とも言えない気分だなあ...あ、ハードロック期のゲイリー・ムーアやクイーンも観たかったし、ブルー・マーダーやバッドランズやオリメンのハノイ・ロックスやジャパンも観たかったぞ。コレはリスト作ると相当な数になりそうだなあ。

因みに死ぬまでに一度は観たいライブ3組というのは、マリリオン・ラッシュ・プリンス。どれも来日する確立は低そうだけど、もし来る様な事があったら仕事休んでまで(むしろ辞めてでも/笑)観に行きますぜ。
大した活動してない殿下はともかく、マリリオンやラッシュは新譜が凄く出来が良いだけに、コレで来日公演なかったらもう望みがないだろうなあ。
でも、もうありえないとまで言われてたオジー・サバスが遂に来る予定なんだから、希望は捨てずに待っている事としよう。

ってな訳で、結局観る事が叶わなかったバンド3つをここで紹介。


THE KING IS HALF UNDRESSED / JELLYFISH ↓
http://www.youtube.com/watch?v=UyDhsDUorGA

LEAVING WITHOUT YOU / IT BITES ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_wMK6_P-3_g

INNUENDO /QUEEN
http://www.youtube.com/watch?v=cpys1c3jCNs







まず、本題に入る前にお詫びを。
このFC2ブログに”拍手ボタン”があるのがお分かりかと思うんですが、私は今さっきまでこのボタンを全く気に掛けていなかったんですが、管理人ページを見てビックリ!何とボタン押してくれた方のコメントが入ってるじゃありませんか!?
基本的にumeさんや某音さんがコメント入れてくれてるのを返信して色々語ってる訳なんですが、このボタン押してくれた方々にはお礼もコメントの返信も出来なかったので、本当に今になってしまって申し訳ありませんでした(海より深く反省...)。リジィの”CHINATOWN”に入れてくれたTERIさん、ガンズの”APPETITE FOR DESTRUCTION"に入れてくれたねこらくさん、この場を借りて遅くなってしまった事を詫びると同時に、こんな駄文に付き合って頂き有難うございます。良かったら、普通にコメント入れて頂けると幸いです。それなら普通に返信コメントも入れられますんで(笑)。
通りすがりでも、コメント入れて頂いた方々には絶対返信はポリシーにしているので(荒し以外は/爆)どんな事でも構いませんよ。

さて、久々にアルバムレビューではなくコラム的なモノを...ここ2~3日聴いてる音をチョイスして書こうという事でこのタイトルです(笑)。
アルバム全曲ではなく、1~2曲だけチョイスして毎日聴いてたり、久しぶりにふと耳にしてそれにハマってしまったりと理由は様々ですが、前回のボン・ジョヴィで久々にアメリカの田舎を感じさせるロックも良いな~と思い、過去のアルバムからチョイスして聴いてます。

I'M NOT YOUR MAN / TOMMY CONWELL AND THE YOUNG RUMBLERS

http://www.youtube.com/watch?v=a4xsjCH1d0I

以前レビューした1988年作のデビューアルバムの冒頭を飾る曲。レビュー書いた時にはこのクリップが見付からなかったのだけど、どうやらその後トミー・コンウェルさん自身がチャンネル登録したらしく、めでたく私も初めてこの曲のPV観ました。前奏のブルージーなギターが超クールでカッコイイっすね~。

BETWEEN A LAUGH AND A TEAR / JOHN COUGAR MELLENCAMP

http://www.youtube.com/watch?v=BmNj3ZwgBUI

これも80年代ですね。ジョン・クーガー・メレンキャンプを知る切っ掛けとなった傑作アルバム「SCARECROW」からの曲で、この曲はシングルカットされなかったけど独特のゆったりとしたグルーヴが非常に心地良いっす。当時なら「LONELY OL' NIGHT」とか「SMALL TOWN」とかをチョイスするだろうけど(勿論、今でも大好きな曲だけど)こういう曲も身に染みる歳になったんだなあ~と実感。そして、やっぱこのアルバムは時代を問わず何時でも聴けるという事で、非常に長い付き合いになったアルバムかと。

MANDOLIN RAIN / BRUCE HORNSBY AND THE RANGE

http://www.dailymotion.com/video/x14eq4_mandolin-rain_music?search_algo=1

この人達も80年代ですな。ロックの範囲で括って良いのか微妙なトコですが、少なくとも私にはアメリカの田舎を感じさせるには十分な音という事です。
以前アルバムレビューした時はこのクリップが見付からなかった...というより、ブルース・ホーンズビーさん自身がYOU TUBEを拒否してたので載せられなかったんですよね。このアルバムでの来日記念盤としてライブ盤が出たのですが、これは今聴いても最高。もうとっくの昔に廃盤ですが、このアルバムが好きな方なら見つけたら即買い必至の代物です。

ALLENTOWN / BILLY JOEL

http://www.youtube.com/watch?v=BHnJp0oyOxs

ホントに久しぶりに聴きましたよ。ビリーの曲は結構都会的なイメージの曲が多い印象ですが、この曲だけは取り扱ってる題材が題材だけに寂れた田舎の町工場のイメージがアタマを過ぎりますね。私が中坊の時は、この曲と「PRESSURE」が寝る前に聴くお休みソングでした。

...とまあ色々書きましたが、今後も何か集中して聴く時があったらお題を中心に書いてみようかと。今回は”アメリカの田舎を感じさせるロック”というお題でしたが、普通にミュージシャン1本に絞っても良いし、ジャンルに絞っても良いかも。

また”アメリカの田舎を感じさせるロック”が他にもありましたら、是非教えてくださいまし。