FC2ブログ




やっと新作ラッシュから一段落付いたのでちょっと昔のアルバム引っ張り出して聴いてます。
せっかくだから普段余り聴かないCDを聴いてるんですが、このバンドも分裂してしまったお陰で再評価どころかすっかり過去のバンドになってしまった感が...まあ好きなバンドだからたまに聴いて悦に入ってるんですけどね。
そんな訳で、私自身も久しぶりに聴いた(笑)白鮫ことグレイト・ホワイトの通算7作目にあたる「SAIL AWAY」を今回はチョイス。発表は1994年。

まずジャケットが全然らしくない。どういう意図でこのジャケなのかよく分からないけど、LAメタルの括りからブルーズ系HRスタイルに移行したお陰で更に別のタイルに移行したいからなのか、これがあの白鮫の新作!?と当時ちょっと首を傾げてしまったくらい全く合ってないと思う。

で、そのジャケと呼応する様にこのアルバムでは音楽性も更に変化。今度はアコースティック路線で最早ブルーズ系HRと呼ぶにはソフト過ぎる音楽性で勝負を仕掛けてきた。爽やかなピアノの調べで静かに始まって、しっとりとジャック・ラッセルの歌声を聴かせる「MOTHER'S EYES」を最初に聴いた時は、これはHRというよりは普通のロックじゃないのか?と。今までと全然違うじゃん!と驚いたくらいだ。
それは全曲聴いても感想は全く変わらず。軽快な楽曲もあるけど、根本的にあるのは当時流行ったアンプラグド路線を追求したモノでギターがギャンギャン鳴ってる様な楽曲は一切なし。これを白鮫と言われても全然納得しなかったなあ。

良い部分を挙げるとすれば、やはりジャック・ラッセルの歌唱力。こういうスタイルでも存在感は抜群で歌の上手さを十分堪能出来る...けど、これならジャックのソロアルバムでも良いじゃんかとなる訳で(苦笑)もっとバンドとしての存在感を出して欲しかったというのが本音。
でも好きな楽曲もあってタイトル曲なんかはバンドのイメージに一番近い雰囲気の楽曲だし、「GONE IS THE WIND」はお得意のブルーズスタイルだけどサックスがアクセントとなって良い雰囲気が感じられる。このアルバムは楽曲単位というよりもアルバム全体で一通り聴く方が穏やかな雰囲気も感じられて心地良いのかも。嫌いではないけどなかなか手に取りづらいのはこの辺が理由かも。

因みにこの初回盤にはボーナスCDが付いていて、前年に行われたアナハイムでのライブが9曲収められている。前作「PSYCHO CITY」から「LOVE IS A LIE」「OLD ROSE MOTEL」が聴けるのが嬉しいのだけど、私的には「MISTA BONE」のライブが聴けるのが良かった。ここでもZEPの「BABE I'M GONNA LEAVE YOU」がプレイされている事から暫くこの曲はライブでのプレイリストに入ってたんだろうなあ。

何でも後から暴露された話だと、当時のマネージャー兼プロデューサーのアラン・ニーヴンが彼等をHR路線からイーグルスの様なアメリカンロック路線に変えたかったとの事でこのスタイルになったみたいで、残念ながらそれは完全に失敗と化してしまい、ついでにバンドとの折り合いも悪くなって袂を割ってしまい、その後のバンドも徐々に失速してしまうという散々な結果になってしまう。

バンドは今現在も活動してるけどボーカルの色が全然違うので別バンドと化してるし、ジャックも別の白鮫として活動してる割りには全然状況が掴めない。このまま両バンドとも終了の雰囲気が漂っているけど、最後くらい仲直りして全員集まってライブくらいやってほしいモノだけど無理なんだろうか...


「SAIL AWAY」


「GONE IS THE WIND」
スポンサーサイト






ウチのCDラックを整理してる時にふと気付く時がある。それは”同じCDが何枚もある”という事実だ(苦笑)。

例えば、私が愛して止まないイット・バイツの「ONCE AROUND THE WORLD」はVirgin初回盤、2006年東芝EMIからの紙ジャケリマスター盤、2014年ユニバーサルからの紙ジャケリマスター盤の3枚所持しているのだけど、大好きなアルバムという事でもあるけどこれにはちゃんと理由があって、初回盤は彼等を知る切っ掛けになった中古盤で購入したモノ、2006年の東芝EMI盤は初のリマスター盤&初紙ジャケという事で捕獲し、2014年のユニバーサル盤はリリース当時のシングルのB面曲や12インチ盤(懐かしい!)のロングバージョンが収録されているので貴重な音源という事もあって当然捕獲...という事である。

同じCDを何枚も買うという行為は傍から見るとかなりコアなレベルに達してると思うのだけど、実際には未発表曲だけを収めたCDで売ってほしいのがリスナーとしては一番有り難い。大体、同じCD持ってるからと言って日によってリマスター盤とオリジナル盤を聴き変えてるリスナーなんているのか?と思うし(笑)。だとしたら相当のマニアなんじゃないかと。

今回チョイスしたグレイト・ホワイトの「RECOVERY:LIVE」もマニア泣かせのアルバムで、当時発売されたアメリカ盤・イギリス盤・日本盤と3種類のバージョンが存在するモノだ。私も白鮫は大好きなバンドだったので、このアルバムの存在を知った時は探しまくった記憶がある。残念ながらイギリス盤は見付からなかったけど...
まず、CD屋に注文して簡単に手に入った日本盤の売りは何と言ってもレッド・ツェッペリンのカヴァー「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」の音源。当時からジャック・ラッセルの「ZEPを歌わせたら凄い」という話はBURRN!で紹介されていたので、この音源聴いた時にはホントに凄えー!と心底震えたのを覚えている。
あと、アメリカ盤にも収録されているジミ・ヘンドリックスのカヴァー「RED HOUSE」も日本盤には収録されているのだけど、ここでのボーカルがギターのマーク・ケンドール。マークの渋い声がこの曲を引き立てていて、めちゃくちゃカッコイイ仕上がりとなっている。
後は、当時中古盤屋で高値が付いてたデビューアルバムから3曲収録されているけど、これはまだ彼等がLAメタルの範疇に括られてた頃のスタイルなので、後のブルーズ路線が好きな人達には記録くらいなモノでしかないと思う。

で、何処で購入したのか覚えてないけど(都内の輸入盤屋だったと思う)後にアメリカ盤を入手出来たのだけど、こっちの内容はかなり豪華。何せバンド結成時に製作した自主制作盤「OUT OF THE NIGHT」(プロデュースはマイケル・ワグナーとドン・ドッケン)の5曲が丸々収録、デビューアルバムからも5曲収録、そして12インチシングルのB面に収録されてたカヴァー曲のライブ音源5曲と盛り沢山の内容。
「OUT OF THE NIGHT」も当時かなりの高値で売られていたのだけど、このCDに収録されたのは嬉しかったなあ。この頃はまだまだLAメタルスタイルだったけど、曲の中盤にちょっとした哀愁のあるメロディを入れるのがこの頃から確立されていて、当時のLAメタル勢とは一線を画すバンドだったとよく分かる。
ライブ曲に関してもZEPの「IMMIGRANT SONG」(移民の歌)「ROCK N ROLL」、前述のジミヘンの「RED HOUSE」、ハンブル・パイの「I DON'T NEED NO DOCTOR」、ロックのスタンダード曲「MONEY (THAT'S WHAT I WANT)」という選曲で、ZEPや前述の「RED HOUSE」は勿論、荒々しい「I DON'T NEED NO DOCTOR」のカッコ良さと言ったら...オリジナルがショボく感じるくらいだ。

という訳で、後の白鮫のスタイルに移行する以前のまだハードロック然としたスタイルがたっぷりと楽しめる好盤となっている。因みに、入手出来なかったイギリス盤には「ONCE BITTEN」の楽曲のライブバージョン数曲が収められたモノとなっているらしい。さすがに今から手に入れるのは難しいだろうなあ...
そーいや、ライブ盤と言えば「TWICE SHY」の輸入盤にマーキーライブ盤が追加収録された2枚組バージョンが存在するのだけど、アレをディスクユニオンで見かけた時には捕獲すれば良かったと今でも後悔してる。持ち合わせが無かったとはいえ、アレはホントに惜しかったなあ。
あと、当時のライブ盤に私の大好きな「LADY RED LIGHT」のライブバージョンが何故存在しないのだろうか?来日公演に行った時には演ってくれてたのに、音源で残ってないのはホントに勿体無いと思うんだけど...


「LAST TIME」


「RED HOUSE」

先日、バンド内のゴタゴタが発覚し、結局はシンガーのジェフ・テイトがバンドを解雇されて現クリムゾン・グローリーのVoが後任として発表されてしまったクイーンズライク。
ジェフと他メンバーとのいざこざがあって(近作の作曲クレジットはジェフと外部ライターでの曲で埋め尽くされ、他メンバーの曲は余り採用されないというトラブルらしい)バンド側がジェフを解雇しようと話してたトコをジェフに聞かれて。怒ったジェフはメンバーに暴行(リズム隊の2人らしい)、バンド側も強行でジェフ抜きのバンドを別名でライブを行ったら好評だったらしく、そのまま解雇に繋がったらしい。

ジェフほどの歌唱力を持ったシンガーが解雇されるという事は、そのままバンドの顔を失う訳だから相当な覚悟を持った解雇劇だったと思うけど、後任シンガーが初期のジェフを彷彿とさせるVoらしいので違和感は余り無いらしいけど、このバンドに対しては思い入れが深い事もあってちょっと冷静じゃいられない...先日、久々に新作を発表したグレイト・ホワイトだ。

バンドの顔と言っても過言ではなかったジャック・ラッセルは今回参加していない。マーク・ケンドールは数年バンドを抜けた事があったけど、まさかジャック抜きの白鮫のアルバムが発表されるなんて全く思いもしなかったなあ。

事の成り行きは、ジャックが胃潰瘍になってしまってバンドを一時的に抜けて治療に専念し、戻ってきたら何故かバンド側から参加を拒否されてしまい、それじゃ「別のグレイト・ホワイトを作る」と言ったらそれすらメンバーに拒否されて、結局ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイトという妙な名前で活動する事になったと。

内部分裂は様々な理由があるから迂闊な事は言えないけど、とにかくファンとしては元の鞘に収まってほしいと願うトコ。今回の新作は某音さんのブログにも書かれてる通り「ジャックじゃなきゃ嫌だ」と思ってるので(笑)購入は見送りですなあ。

さて、そんな白鮫のブートDVDをネットで先日見つけたのでここにレビュー。
「N.Y. RITZ '88」というタイトル通り「ONCE BITTEN」発表後のライブだったらしく、翌年発表される「TWICE SHY」の楽曲は収録されてない。楽曲は以下の通り

1.SHOT IN THE DARK
2.WHAT DO YOU DO
3.GONNA GETCHA
4.MONEY
5.IS ANYBODY THERE
6.SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
7.FACE THE DAY
8.ALL OVER NOW
9.ROCK ME

全曲で約50分くらいなんで、少々食い足りない感じなのがもどかしいけど、この時期の白鮫はブルーズに漬かる前のまだHMっぽい雰囲気が残ってる頃なんで非常に貴重。私が観たライブは「HOOKED」のツアーだったけど、アレはアレで非常に素晴らしいライブだったけれどこの頃も観たかったなあ。カヴァー曲もバリバリ演ってた頃だし。

しかし、折角の「ONCE BITTEN」のライブなのに「LADY RED LIGHT」や「NEVER CHANGE HEART」「SAVE YOUR LOVE」が収録されてないのは何事か!?やっぱオウディ・デスブロウが曲覚えられないからかな??(笑)
だけど「SHOT IN THE DARK」や「GONNA GETCHA」「ALL OVER NOW」が収録されてるのは嬉しい。当然、定番の「ROCK ME」や「FACE THE DAY」、ZEPの「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」やロックのスタンダードと言われる「MONEY」が入ってるのは良い。

冒頭の「SHOT IN THE DARK」をYOU TUBEで試聴して購入を決めたのだけど、とにかくカッコ良い!の一言。曲が好きな事もあるのだけど、やはりジャックの歌唱力の素晴らしさとライブならではのラフな演奏が非常にカッコ良いのだ。
またZEPの「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」はこの映像のハイライトかと。当時、このライブの模様をBURRN!誌でもレビューされてたけど、ZEPのカヴァーをやらせたら同時期話題になってたレニー・ウルフよりも凄いんじゃないか?と評されてたジャックのVoがホントに凄い。コレだけでも十分買いですな。

地元でTV放送されたモノなので、画像は程よく観られるから(HQではないけど)購入したのだけど、何よりこのバンドのライブがずっと前からまた観たいと思ってるのに全然来日してくれないので、結局こういうモノで我慢するしかないのが現状なのはちょっと萎えるなあ。
先日行ったVOICE OF AORみたいなイベントで、当時のバンド達を2~3呼んでライブやればそれなりに当時のファンも入るんじゃないか?と思ってるんだけど(向こうでやってる「ROCKLAHOMA」みたいなヤツ)...当時の観たいバンドはそれこそ多いので(私的にはTESLA、WINGER、DOKKEN、CINDERELLA、POISONなど)何処かのプロモーターさん、ちょっと考えてみてくれませんかね?...あ、でも富士スピードウェイは勘弁で(爆)。


「SHOT IN THE DARK」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=QUqDr0mLn5o&feature=related


「SINCE I'VE BEEN LOVING YOU」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=bddULHM0bxM&feature=relmfu


「ALL OVER NOW」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=UlYBx515HuA&feature=related

RecoverRecover
(2002/06/13)
Great White

商品詳細を見る


シルバーウィークも前半戦が今日で終了。特に大した事はしてないのだけど、とにかく部屋の掃除と洗濯を一気にやりたかったので、十分時間を使えて良かったなと。
で、音楽も最近は結構同じモノばかり聴いてたので、こういう時を利用してまともに聴いてないモノをこれまた一気に聴き倒して、新たな発見を見出したりする事が出来た。

で、今回のグレイト・ホワイト。彼等は80年代にもカヴァー集を集めたアルバム「RECOVERY LIVE」を発表しているけど、アレは微妙に自分達のオリジナルも入れてたので、純粋たる全曲カヴァーアルバムはこの「REOVER」が初という事になる...けど、彼等は結構カヴァー曲が多いので余りピンと来ないんだけど...

で、このCDをずっと後回しにしていたら何時の間にか廃盤いなってしまい(大汗)慌てて探しても見付からずじまいだったけど、先日ディスク・ユニオンの中古サイトにて無事発見し、即購入。しかもデラックス・エディション盤の2枚組だ。

で、肝心の選曲はというと

LOVE REMOVAL MACHINE (THE CLUT)
AGAIN AND AGAIN (STATUS QUO)
READY FOR LOVE (MOTT THE HOOPLE)
BITCHES & OTHER WOMEN (THE ROLLING STONES/FOREIGNER)
TANGLED UP IN BLUE (BOB DYLAN)
BURNING HOUSE OF LOVE (X : FROM L.A.)
AIN'T NO WAY TO TREAT A LADY (HELEN REDDY)
SIN CITY (AC/DC)
NO MATTER WHAT (BADFINGER)
FIRE AND WATER (FREE)
DOWN TO THE DOCTOR (DR. FEELGOOD)
LADY LOVE (ROBIN TROWER)

という、渋い選曲。ストーンズとフォリナーのメドレーは「TWICE SHY」の日本盤のボーナストラックに入ってたヤツと同テイク、DR.フィールグッドの「DOWN TO THE DOCTOR」は日本企画盤「THE BLUE E.P.」に収録されており(サックスは先日亡くなったクラレンス・クレモンズ!)それ以外は初めて聴いたモノばかりだけど、ヘレン・レディ(って誰?)の曲でジャック・ラッセルの声が異様に高いキーで歌ってるので、もしかすると過去に録ったテイクの寄せ集め的作品かも?

私的には先述の「DOWN TO THE DOCTOR」、L.A.のXのカヴァー「BURNING HOUSE OF LOVE」、ステイタス・クオーの「AGAIN AND AGAIN」、ボブ・ディランの「TANGLED UP IN BLUE」あたりが気に入った。フリーの「FIRE AND WATER」やロビン・トロワーの「LADY LOVE」も渋くて良い。
AC/DCのラウドさは本家に敵う訳ないし(苦笑)、ジェリーフィッシュやデフ・レパードもカヴァーしたバッド・フィンガーの「NO MATTER WHAT」は、単にバンドのカラーに合わない気がしたなあ。

また2枚目の方は

ONCE BITTEN TWICE SHY
ROCK ME
SAVE YOUR LOVE
SATURDAY NIGHT SPECIAL (LYNARD SKYNYRD)
SAME OLD SONG AND DANCE (AEROSMITH)
UNCHAINED (VAN HALEN)
ANY WAY YOU WANT IT (JOURNEY)
D'YER MAKER (LED ZEPPELIN)
ALL MY LOVE (LED ZEPPELIN)
IMMIGRANT SONG (LED ZEPPELIN)
WHEN THE LEVEE BREAKS (LED ZEPPELIN)
THE ROVER (LED ZEPPELIN)
STAIRWAY TO HEAVEN (LED ZEPPELIN)

となっており、アタマ3曲はオリジナル(って言っても「ONCE BITTEN TWICE SHY」はイアン・ハンターのカヴァーだけど)、後半のZEPの曲は「GREAT ZEPPELIN」から収録。残りはそれぞれのバンドのトリビュート作品に参加した時のテイクらしい。
1枚目と比べると、知名度のある楽曲をカヴァーしてるので非常に聴き易い。ZEPは言わずもがな、他のカヴァー曲も聴き応えがあってさすがプロのシンガーだなと納得。ミスマッチかな?と思ったジャーニー(しかも何でこの曲?)も上手くジャックなりに消化しており面白かった。

しかし、何でも歌えるシンガーってのもホントに良いな...と思わせる良い企画盤なのだけど、もし続編作る機会があればそれこそバッド・カンパニーやホワイトスネイク、ディープ・パープルなんか演ってもらいたいなあ。


「BURNING HOUSE OF LOVE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SMZ-1zUSX3A

「DOWN TO THE DOCTOR」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=y_9LZiCF3Ac&feature=related

「UNCHAINED」曲のみ(G:DWEEZIL ZAPPA)
http://www.youtube.com/watch?v=h_j6xLwmJUI

フックドフックド
(2005/10/26)
グレイト・ホワイト

商品詳細を見る


正月休みの最終日に、地元にある日光二荒山神社へ1人で初詣に行った来た。
元旦と2日目にそれぞれ神社へお参り行ったばかりだったけど、以前も何処かで書いたけど日光だけは本当に別格で、あそこはホントに何度行っても飽きない...というか癒される。よくパワースポットの括りで紹介されているけど、何かあるんだよねえ。
で、その時のBGMに久しぶりに80sメタル勢のCDを聴きながらドライブ。ポイズンやシンデレラ、ラットの他にこのグレイト・ホワイトも。その時に、この「HOOKED」をチョイスしたと。

当時は白鮫には相当入れ込んでおり、前作にあたる「...TWICE SHY」はホントによく聴いた。自分よりも20歳近く歳の離れた仕事仲間に聴かせたら彼も相当ハマったみたいで、外見は普通のおっさんなのに、Tシャツが「TWICE SHY」のジャケ...って風貌も普通に笑えたなあ(笑)。

それはともかく、その白鮫の新作という事でかなり期待していたモノだったけど、一聴した時はちょっと微妙かな~と。なんかアルバムの流れがイマイチというかギクシャクしている感じがしたのを覚えている。ジャケットはエロいけど、彼等らしくてカッコ良いと感じたけど。
冒頭の「CALL IT ROCK N' ROLL」や「THE ORIGINAL QUEEN OF SHIBA」あたりはキャッチーなんだけど、その後から全体的に散漫というか趣味に走ってる感じがして、ノリの良い「DESERT MOON」が出てきた時にはもうアルバムも終わり...という感じで、前作みたいに一気に聴かせる力技が無かったのが残念だった。

でも、それは当時の話で、久々に聴いたらその散漫な部分にあたる「CONGO SQUARE」や「SOUTH BAY CITIES」あたりが非常にカッコ良く聴こえたのは、やはり歳食った証拠なんだろうなあ(苦笑)。「CONGO SQUARE」のハモンドが非常にカッコ良いんですよ。
確か「CONGO SQUARE」はシングルカットされていた気がするけど、当時は全く理解出来なくて”この曲カットするなら、まずは「DESERT MOON」が先だろ!”と思ったくらいだ。

当時のBURRN!のインタビューでジャック・ラッセルが「一度聴いただけでは理解出来ないかも」と言ってたのが、このアルバムをよく表わしていると思う。彼等のバラードは一度聴けば必ず感動出来るのに「LOVIN' KIND」や「AFTERGROW」の良さを知ったのは大分後になってからだったし。

まあこんな感じだったので、セールスもイマイチ伸びず前作の大ヒットの勢いを持続させる事は出来なかったけど、この時の日本公演に行く事が出来たのはホントに貴重だった。とにかくジャック・ラッセルの歌唱力がハンパじゃなくて、一度もフラットせずに歌い切ったのに感動した。ZEPのカヴァー「BABE I'M GONNA LEAVE YOU」も聴けたし、「ONCE BITTEN」からの楽曲も聴けたのも良かった。未だに歌唱力でこのライブに匹敵するのはグレン・ヒューズくらいなモノだろうな。

今ではよくある、CDが売れると別のオマケとくっ付けて限定盤として売る”抱き合わせ商法”もこのアルバムあたりから出てきたみたいで、どーしても「ROCK ME」のライブが聴きたくて2回買ってしまったんだよなあ(出来れば「LADY RED LIGHT」と「SHOT IN THE DARK」が入ってたら完璧だったのに)。

ちょっと忘れてた時にふと聴いて、その良さが今になって分かるというのは皮肉だけど、それだけ長い付き合いの出来るアルバムなんだろうなあ、このアルバムって。


「CONGO SQUARE」PV(あったの知らなかった...)↓
http://www.youtube.com/watch?v=QPedvaTwjl4


「DESERT MOON」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Dl2-NND2suc&feature=related