ザ・スミス同様、ちょっと聴き始めたら暫くずっと聴き続けてハマってしまう、邦楽のユニット:ICEの20周年記念ベスト盤を最近手に入れた。
以前からずっと欲しかったのだけど、ベスト盤に関しては自分でオリジナルのベスト盤をCD-Rで作って聴いてる方が一番しっくり来るので(笑)こういう記念盤に関してはやはり選曲に不満が出てしまうから購入もずっと遅れてしまうのだ。発表が2013年だから、早くも4年も経ってしまってるし(苦笑)。

特に理由はないのだけど、たまたま彼等の音楽を久々に聴くと「やっぱ良いねえ~」と何枚もアルバム引っ張り出して、車内でも聴いてハマるくらい好きな音楽性なんだけど、こうしてベスト盤を改めて聴いてみると結構色々な事に手を出していたんだなあ...と思う。
中心人物であるギタリストの宮内さんの音楽嗜好が幅広いモノだったお陰で、ICEのアルバム毎に様々なスタイルが提示されていたのは明白なんだけど、アルバム毎に色が違うから大好きなアルバムとそうでもないアルバムの差がはっきり出るのも今思うと面白かったなあと。
ただ、ICEの顔を担ってた国岡さんの声のお陰で一本筋の通ったブレない部分もICEのスタイルでもあった訳で、ここまで色んなスタイルをこなしながらも聴けばICEのサウンドだと分かるのも基本のコンセプトが明確だったからなんだろうな。

このベスト盤は宮内さんが亡くなられた後に発表されたモノで、宮内さん抜きで作られた新曲「HIGHER LOVE」が収められていたり、未発表曲「LOVE KEEP US TOGETHER」(こちらは彼の作品)が収められたりと、従来のファンには見逃せない内容となっているのだけど、これまでにレコード会社が変わる度にベスト盤をリリースされてきたので(確かこのアルバムで5枚目だったと思う)幾ら記念盤とはいえちょっと食傷気味ではあると思う。
ただ、選曲には大分拘ったみたいで、国岡さん曰く「1枚のオリジナルアルバムを聴いてる様なものにしたかった」という事で、いつもの代表曲がそれほど収録されてないという妙な感覚を覚えた。
付属のDVDには、PV集と宮内さん没後に披露されたライブの映像が納められているのだけど、DVDに収録されている曲でもCDには収録されてないからこれまた妙な感じなので、ファンであればあるほど不満も募ってくるという(笑)不思議なアルバムかと。

DVDのPV集も完全版じゃなく、ICEにハマる切っ掛けとなった「BABY MAYBE」「LOVE MAKES ME RUN」が収録されてないのも痛いし、ライブ映像もやはり宮内さんのいるライブ映像が観たかったというのが本音。YOU TUBEには結構素晴らしいライブ映像が残ってるのが救いだけど、いつかちゃんと正規盤でリリースして欲しいと願うばかりだ。

そんな訳で、私自身未だに十分ハマれる彼等の音楽だけど、もうアルバム自体は殆ど廃盤になってしまったので今は中古CD屋でアルバムには収録されてないシングルのカップリング曲だったモノが聴きたい為に持ってないCDを探し回ってるのだけど、自分でも何でここまでしてハマってるのか不思議でしょうがない。まあ、今の邦楽シーンでも彼等みたいなスタイルを持った人達が出てきてないからなんだけど...


「NIGHT FLIGHT」


「SHERRY MY DEAR」


おまけ:彼等が出演した東芝のCM
スポンサーサイト



久しぶりにICE熱が再発してしまった。
邦楽勢を聴く事は余り無いのだけど、ここでレビューしたBOφWY、COCCO、VOW WOW、コーネリアス、そしてICEとホントに数えるくらいしかない。しかし、久しぶりに聴き始めると止まらなくなるのが自分にとって中毒性の高いミュージシャンばかりかと。

過去のレビューでも書いた通り、ギタリストでバンドの頭脳とも言える宮内さんが亡くなってしまったので、純粋な意味でのICEの新作を聴ける事は残念ながらもう来ない。
だけど、ボーカルの国岡さんがここ数年、本数は少ないながらもライブ活動を行なっているという話をネットで知って、しかも一昨年にはデビュー20周年記念という事でベスト盤が発売されて、その中には新曲や未発表曲も含まれている事から小規模ながらも地道に活動しているのは素直に嬉しい。

そんな彼等の通産11作目の作品「RIGHT NOW」を今回はチョイス。発表は2006年。
実はこのアルバム、当時リアルタイムでは買っておらず、宮内さんが亡くなってから慌てて買ったアルバムだった。というのも、私が好きなICEは6作目の「MIDNIGHT SKYWAY」までで、それまではかなり熱心に聴いてたのだけど、期待して買った次作の「TRUTH」がどうしても好きになれず、そのまま彼等から離れていってしまったからだ。これは彼等にとっての過渡期ってヤツだったんでしょう。

そんな彼等に再注目したのが、YAHOOニュースで知った宮内さんの悲報だったのが皮肉だけど、そのお陰で彼等の音楽にまた注目して、このアルバムの素晴らしさを教えてもらったと。
前作「FORMULA 21」まではメジャーレーベルからのリリースだったのに対し、このアルバムからは自らのレーベルから発売されている事からも当時の状況は余り良くなかったんじゃないか?...と、ちょっと勘繰ってしまうけど、肝心の音楽性に関しては全くブレておらず、後期の中でも群を抜いての完成度を誇る作品となっている。

アンニュイな雰囲気が漂う「QUIET DAWN」から、最後の「AKATSUKI ~暁~」まで、スローな楽曲でさえも隙の無いサウンドはホントに素晴らしいの一言。宮内さんのカッティングもキレ味最高だし、ロックやレゲエ、ラテンやダブスタイルまで様々なスタイルの楽曲の中でも個性を失わない国岡さんのボーカルも見事。後期を代表する名盤だと思う。
「MORNING DEW」の歌詞は、宮内さん亡き今読むとかなり切ないけど、当時から本人がライブのMCで言ってた「僕がいなくても楽曲は永遠に残る」という意味を、正に具現化したモノなんじゃないかと。

しかし、初期の頃から比べると大分”大人”を意識したサウンドになったモンだなあ...と、聴き直して改めて思った。それは自分が歳を取ったお陰もあるんだろうけど、こういう楽曲を違和感なく聴いて楽しめるというのは、宮内さんがインタビューで言ってた「未来を意識した作品を作りたい」という言葉にまんまと乗せられた感じがするなあ(笑)。ま、聴いてて心地良いからそれで全然良いんだけどね。


「MORNING DEW」


「QUIET DAWN」

「ICE III」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「ICE III」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


今年もあとわずか...という時に、最後の最後でとんでもない悲報が...
先々月にレビューを書いたICEの宮内和之氏が43歳という若さで他界してしまったのだ。コレにはホントにショックを受けた。
年末という事もあり、今週日曜に休日出勤したので自分の用事が済ませられないので、昨日は午前中で仕事を早退して、家で昼飯食いながらネットを何気に見てたらYAHOOのトップページにこの悲報。「嘘だろ?」という思いで一杯になった。
耳下腺がんで、宮内さんの従兄弟のブログに書かれていた話では壮絶な闘病生活だったみたいで、5年前から患ってたとの事。
ICEの新作リリースのペースがここ数年、遅くなっていたのはこういった理由だったのか...と。単にレーベル移籍とかのビジネス面の事なのかな?と思っていたのだけど。

ホントに残念で仕方ない...昨夜は寝られず、3時近くまで旧譜ばかり聴き漁っていた。CDも探しに行ったのだけど、ここ最近の数枚はチェックしてなかったので何から買って良いのか分からず、何ヶ所かCD屋廻って、たまたまTHUTAYAの\580セールで見つけた「SPIRIT VOL.1」なるミニアルバムのみ購入。

しかも昨日はICEの1~7枚目までのデジタルリマスター&紙ジャケ盤の発売日で、とりあえずこの3枚目が欲しかったのだけど、何処にも売ってなかった...絶対探してやる!

この3枚目、前作「WAKE UP EVERYBODY」からの「MOON CHILD」がヒットし、シングル「SLOW LOVE」もヒットしたので、相当な意気込みを持って製作されたモノなのだけど、新たな新機軸を望むミュージシャン側と、ヒット曲の二番煎じを狙ったレコード会社側の意見が割れてしまい、結局ミュージシャン側の望むカタチでリリースされたとの事。
前作の路線、いわゆる”渋谷系”の音とは一線を画す、もっとアダルトで深みを持たせた落ち着いた音はICEの作品の中でも異質のアルバムだったと思う。
シングルになった「KOZMIC BLUE」は勿論、夜の繁華街にピッタリな「TOO MUCH TROUBLE TOWN」、幻想的な雰囲気の「SHARE LITTLE LOVE」、午後のひとときのイメージが合う「GURUNIPARSHA(RELAX)」、切ない「17」など聴き所は多い。
ただ1曲だけ、レゲエ調の「ISN'T IT A SHAME」も実は好きなんだけど、この曲は当時の彼女だった人を思い出す嫌な記憶があるので、正直まともには聴けないのが実情だけど...

カセットは持ってるのだけど、肝心のデッキが壊れていて聴けないのがツライ...ホント、絶対にCD見つけなければ!

最後に、今まで素晴らしい音楽をホントに有難うございました。
”人は消え、歌は残る”という歌詞(”PEOPLE RIDE ON”)は正しくその通りですよね...R.I.P.

KOZMIC BLUE
http://jp.youtube.com/watch?v=TKQzLyB00pI

「MIDNIGHT SKYWAY」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「MIDNIGHT SKYWAY」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


...という訳で、ICE三連発です(苦笑)。
買った3作のうち2作を既に書いてしまったとしては、残る1枚も書くべきかと。
前回書いた、HMVからの輸入盤2枚は昨夜やっと届いて安心して聴けたので(笑)これもまた後日にレビューなんぞを...コレで安心してレビューが書ける!

さて、前作から2年振りのアルバムで、最初に聴いた時は随分とあっさりしてるなあ...という印象だった。前作が濃縮100%ジュースだったら、このアルバムはクリスタルカイザー並み(笑)。
元々ICEの音楽は夜をイメージさせるモノが多いのだけど、このアルバムでは特にタイトル通り”真夜中”をイメージした雰囲気が漂う楽曲が多くて、私的にはサウンドのすっきり感からか晩秋~初冬の夜を感じた。
まずオープニングの「MIDNIGHT SKYWAY」からいきなり引き込まれる。インストから入るのは別に問題ないけど、こんなにカッコイイ曲を持ってくるあたりは流石というか...何故かユーミンの「シンデレラ・エクスプレス」のサビを想起した(ホントに理由は分からないんだけど/苦笑)。そのまま何処か遠くへ行ってしまいそうな雰囲気からだろうか?

シングルカットされた「CAN'T STOP THE MUSIC」、フリーソウル的な「BLUE VIBRATION」、明るい曲調の中に切なさが光る「WHISPER」、当時東芝のTVのCMソングにも起用されて(ボーカルの国岡さんもCM出演してた)「LIVIN' IN THE CITY」、ICEお得意の都会的なファンキーソング「FUNKY MUSIC SHO NUFFON」、ラテンっぽいノリでボーカルが色っぽい「COME TONIGHT」、ラストにしっとりと締める「SONGBIRD」などがお気に入り。

前作を最高傑作と書いたけど、このアルバムも前作とは楽曲の雰囲気が異なるけど完成度はかなり高い。さすが時間掛けて作っただけの事はあると思う。
残念ながら、次のアルバム「TRUTH」が私はどーしても好きになれず、そのお陰でICEから離れる切っ掛けになってしまったのだけど、最近の(私の中での)再評価のお陰で、その離れていた間に出たアルバムもチェックしてみたいと思わせてくれた。今月下旬に新作が出るみたいなので、まずはそれから狙ってみようかな?と。

「CAN'T STOP THE MUSIC」のクリップ↓(久々に観たけど、やっぱカッコイイ。クリップ集出さないのかな?)

http://jp.youtube.com/watch?v=9C6sqIcPq7Q

「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


先日HMVでの”輸入盤2枚で25%OFF”セールに3枚ほど頼んで1週間遅れで返事が来たのだけど、3枚のうち1枚は取り寄せ日数が掛かるらしく、キャンセルするかどーするか聞いてきたのでキャンセルし、残りの2枚が日曜に着く...ハズだったのだが、日曜ってもう過ぎてますよね?
じゃあ、今日なのかな?と思ってたけど届かず...発送済みメールは届いてるのに。
ホントはそのアルバムをレビューしようと思ってたのだけど、コレで完全に気が失せてしまったので、前回書いたICEの3枚買ったCDの続きなんぞを。

ひょんな事で知った前作をサルみたいにずっと聴き通していたので、前作から約半年後に新作が出た時は「早っ!」と呆気に取られたのを覚えているなあ。
しかもTHUTAYAで何気にこの情報を知り、既に告知ポスターまで貼ってあったを見て、すかさず店員に「CD発売されたらポスターください」と言って、渋る店員から無理矢理貰ってきたくらい当時はハマってました(ただこのポスターはCDジャケと同じなので、ちょっとエロいのが難点だったのだけど、とりあえず額に入れて飾ってました/今もまだ持ってたりする)。

肝心の内容は、私が聴いたICEのアルバムの中でも最も勢いがあって楽曲的にも十分魅力的な、正に最高傑作だと思う。
CDを聴く前に、土曜の夜中に放送されている「CDTV」でアルバム全曲紹介とシングル「LOVE MAKES ME RUN」のスタジオライブをチェックしたのだけど、コレが期待を大きく煽ったモノだった。
前作がオシャレで都会的な雰囲気だったのに対し、今回のはSOUL系を意識したのか作り込んだ音ではなくバンドのアンサンブルに比重を置いている印象を受けた。
また国岡さんのVoがやけに印象深く、前作までは元々声の線が細い為か雰囲気重視?との疑念があったのだけど、今作では上手いなあ...としきりに感心した。
ホント、全曲において捨て曲無し!と断言。中でも夜中に聴くと癒される「LIFE IS BLUES」や夕暮れ時のイメージが浮かぶ「SOUL OF JOY」、昔ながらのファンクチューンな「MONKEY COMMUNICATION」、シングルカットされた疾走感溢れる「LOVE MAKES ME RUN」などが好きだ。

それまで洋楽を散々聴いたのにも関わらず、また日本語で歌ってるにも関わらず、洋楽を意識している下手なバンドよりもよっぽど洋楽っぽく聴こえるのがホントに凄すぎる。こんな良いアルバムがアマゾンのユーズドで¥1とは何だか複雑な...いや、私にとっては定価以上の価値はありますぜ!

日テレ”FAN”出演時の「LOVE MAKES ME RUN」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1p3En-cxfHc