Queen of the OceanQueen of the Ocean
(2006/12/05)
Lana Lane

商品詳細を見る


今日の休日はホントにCDをよく聴けた。
ただメタル系は殆ど聴かないで、先日購入したビートルズやちょっとのんびりとする様な音で心と身体を癒してリフレッシュ出来たかな、と。
でも、夜になると何かメタルが聴きたいなあ~と思い、色々物色するもどれもピンと来ず。それじゃちょっと趣向を変えて”秋の夜長に合う音”を探ってみたトコ、このアルバムに行き着いた。久々に聴くラナ・レーンのオリジナルアルバム4作目にあたる「QUEEN OF THE OCEAN」。

唐突だけど、ラナ・レーンは一時期アルバム乱発し過ぎてちょっと付いて行けなくなってしまい、それから全然聴かなくなってしまったのだけど、少なくともこのアルバムまではきっちり聴いていた。このアルバムに伴う来日公演にまで行ったくらいだし。

前作がBURRN!誌で高評価だったお陰で、ここ日本で知名度がアップ。確かに完成度は高く素晴らしいアルバムだったし、次の企画モノだった「BALLAD COLLECTION」も素直に感動出来る作品だったので、この新作に掛かる期待はかなり高かった。

で、初めてこのアルバムを聴いた時の第一印象は「大人しくて、ちょっと地味じゃない?」だった。「GARDEN OF THE MOON」が意外とハードロックしていたのでこの路線を踏襲かと思いきや、メロディに重点を置いた歌モノ路線だったのでちょっと肩透かし的な感じがした。冒頭から4曲目までミドルテンポのナンバーで、スピードチューンが無いのも気になったし。
しかし、決して悪い出来ではないのがこの人達の凄いトコで、ラナの歌唱は十分聴かせるモノだし、バンドの頭脳である旦那サン(エリク・ノーランダー)のアレンジ力は更にスケールが増している。ただバンド的な感覚を得られないのが、このバンドの唯一の難点かと。

このアルバムでのハイライトは、間違いなく「RAINBOW'S END」。前作に収録されていてもおかしくないハードロックナンバーで、ライブでも2曲目で披露されていたけど結構盛り上がってたなあ。
それと、マリリオン好きには絶対に聴き逃せないのが「SEASONS END」のカヴァー。マリリオンがカヴァーしている楽曲は結構あるけど、マリリオンの楽曲をカヴァーしているのは余り聴いた事がないので(ドリーム・シアターが、ビデオで本家のMr.Hとスティーヴ・ロザリーと一緒に「EASTER」演奏しているくらいか?)どんなモノか?と思いきや、ラナの声質を上手く使ったナイスな演奏かと。コレが日本盤ボーナストラックって、何考えてんだ??

ミドルテンポとバラードが多いお陰で、全体的に地味な作風となってしまったので、私的には秋のイメージが付き纏う作品に感じる訳だけど、あと2~3曲疾走感のあるナンバーがあれば大分印象も変わってくるとは思う。

しかし、最近はめっきり名前を聞かなくなってしまったけど、まだ活動してるのかな?アルバム乱発時期に殆ど無視決め込んでいた身としては(だって、1年に1枚ペースだとなかなか手が出しづらいじゃないですか)その頃の作品もちゃんと聴いてみたいとは思っているけど...


「RAINBOW'S END」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=a_M7aq0etZY

「WITHOUT YOU」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=cRHAXYZFT_w
スポンサーサイト

バラード・コレクションバラード・コレクション
(2000/04/19)
ラナ・レーン

商品詳細を見る


まあ、音楽を聴くモノとしてはその音楽に対するイメージがかなりの重要なポイントを占めるとは思うのだけど、季節柄この時期はどーしてもバラードばかりを聴いてしんみりとしている事が多く、しかも普通のポップソング系よりもメリハリのはっきりしているHM/HR系のバラードがしっくりくるのはHM/HRに魅せられたモノの習性なのだろうか?

激しい音楽性の中に2~3曲聴かせるバラードが入っていると良いアクセントになるし、殆どのアルバムはこのくらいの割合だと思うけど、このラナ・レーンのアルバムはタイトル通り全曲バラードのみの構成。
こういった企画モノはジョン・サイクスやゲイリー・ムーアなどが作っているけど、ゲイリー・ムーアみたいにそれまでの発表した楽曲からのセレクト+新曲ではなく、このアルバムの為にチョイスしたカヴァー曲やバンドの関連曲を全てレコーディングしたもの(数曲は過去の楽曲からのセルフリメイク)。

しかしこのバラードアルバム、ホントにクオリティが高い!私にとっては殆どの曲がお気に入りで、オープニングの「AVALON」からココロを鷲掴みにされる。しかもこの曲、HR/HM系にある派手なパワーバラードタイプではなく、彼女達お得意のシンフォニックを効果的に使ってしんみり聴かせるタイプなので一気にその世界に引き込まれる。因みに、普段は全くHM/HRを聴かない女の子にこの曲を聴かせたトコ、かなりの高評価だったなあ。

カヴァー曲のセンスも良く、ビートルズの「ACROSS THE UNIVERSE」とE.L.O.の「WHEN TIME STOOD STILL」をプレイしているのだけど、「ACROSS THE UNIVERSE」の方は女性ならではの雰囲気が出た感じでオリジナルとはイメージが若干変わるのだけど、「WHEN TIME STOOD STILL」の方はホントに素晴らしく、ラナの歌の巧さがギラリと光っている。ライブでこの曲が聴けたのはホントに感動的だった。

このアルバムはそこそこのヒットを記録したらしく、それに気を良くしたバンドがバラードアルバム第2弾を発表したけど、そっちの方は何だか狙い過ぎている様な雰囲気で余り好きではなかったりする(苦笑)。しかし、それでもクオリティは高いのがこのバンドの侮れない部分なんだよなあ...

Garden of MoonGarden of Moon
()
Lana Lane

商品詳細を見る


何故か秋になると聴きたくなるバンド、ラナ・レーン。
出会いは当時のBURRN!誌のレビューの高得点96点につられて聴いてみたのが最初なのだけど、その高得点もさながら、幻想的なジャケットの美しさにかなり惹かれてどんな音のバンドなのだろうか?と興味を抱いたモノだった。

女性ボーカルという事でハートやヴィクセンのイメージが先入観にあった為か、最初に聴いた時は結構繊細な音だな...と感じたモノだけど、HM/HR雑誌に紹介されてるだけあってギターのエッジさが随所に散りばめられて、また肝心のラナ・レーンのボーカルも実に堂々とした歌いっぷりにかなり感心し、高得点も納得のクオリティで当時はほぼ毎日聴いていた。
今でこそ「シンフォニック」というジャンルも確立されつつあるけど、当時はまだそんなに浸透していた訳ではなかったので、このテの音楽は(知らなかった事もあって)かなり新鮮だったな。

「DESTINATION ROSWELL」や「EVOLUTION REVOLUTON」のHRタイプや「DREAM OF THE DRAGONFLY」のスケールの壮大なバラードなど聴きどころも多いけど、本作のハイライトはやはり「UNDER THE OLIVE TREE」。この曲構成はホントに見事で、演奏、ボーカルなど全てにおいて完璧な作りだと思う。
私的なお気に入りは「SEASONS」。このイントロを聴くと、何故か秋の夜のイメージを感じるのだ(ホントに全く理由なんて無いのだけど/笑)。正に今の時期にぴったりな雰囲気で、ホントに大好きな曲だ。

この翌年に渋谷クアトロでライブを観たのだけど、ライブでも演奏は完璧だった。ラナは余りステージ慣れしていなかったみたいだけど、それよりも良い演奏聴かせてくれる方が重要だったので十分に楽しめた。ただ、観客が300人くらいでクアトロのフロアが半分スカスカだったのがちょっと寂しかったかな?
因みにライブ中、ラナと何度も目が合ってしまい、その度に指さされたりウインクされたりと、ラナの旦那の目の前でちょっと気まずい思いをしたのは気のせいか?(爆)