スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド(紙ジャケSHM-CD)スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド(紙ジャケSHM-CD)
(2009/09/23)
スキッド・ロウロブ・ハルフォード

商品詳細を見る


LAメタルの紙ジャケ盤が発売された。
私的にはドッケンの3rdが気になっていたのだけど、ネットの書き込みを見てるとリマスター効果の評判が余り宜しくないみたいで、輸入盤が\1000切ってる状態の今ではどちらを買えば良いのかは紙ジャケが好きか?によるだろうけど、紙ジャケ好きの私でもなかなか渋ってしまうなあ。リマスターを担当したのも日本人みたいだし。

で、店頭に現物置いてあるかどーかCD屋を何件か探して廻ったのだけど、これが何故か何処にも置いてない。タワーレコードでラットの2ndが1枚ひっそりと置いてあっただけ...じゃあ売れ行きは抜群って事なのだろうか??
それは困るなあ...と、慌ててネットでスキッズの2枚を注文して無事届いた。1stの方は以前レビューしたので、今日は2ndをチョイス。91年発表の「SLAVE TO THE GRIND」。

以前持ってたCDは今手元にないので聴き比べは出来ないけど、SHM-CDのお陰なのかリマスターのお陰なのか分からないけど、明らかに音質は良くなってると感じた。考えてみりゃ、このアルバムが世に出てもう既に18年も経ってるから、リマスター効果は確かにあるのかも。

内容の方は、私的にはちょっと音像が軽い感じだったデビュー作よりも、音の重さに比重をおいた今作の方が好きだ。また、前作はバラードを省くと意外と全曲一辺倒な楽曲だったのに対して、このアルバムではミドルテンポでグイグイ攻める「MUDKICKER」や、スラッシーなタイトル曲などが楽曲の幅を惹き立たせている。ただ、バラードが3曲というのはちょっと多い気がするけど。

しかし久々にこのアルバムを聴いて、やっぱバズあってのスキッズという事を確信した。今のVoはバズと比較するのも可哀想なくらいオーラが無い人だから(いや、バズのあのオーラは天性のモノだから仕方ないのかも知れないけど)普通のロックバンドと成り下がってしまった感じがしてホントに勿体無いと。
しかし、そんな私も3rdのノリには付いていけなかった人間なんで、今更ながらこの頃のスキッズは良かった...と嘆くしかないのだけど。

「SLAVE TO THE GRIND」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=dqtGBpNYo9U&feature=related

「MONKEY BUSINESE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=_O-NAUM7UZ0

「WASTED TIME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=jx9tMk3qoZI&feature=related
スポンサーサイト

スキッド・ロウ(紙ジャケSHM-CD)スキッド・ロウ(紙ジャケSHM-CD)
(2009/09/23)
スキッド・ロウ

商品詳細を見る


今月、遂に待望の(って、一体何時まで待たせたんだ?)ソロアルバムを発表するセバスチャン・バック。
スキッド・ロウのデビュー時からずっとリアルタイムで追ってきたモノとしては、こうしてまたシーンに戻ってきてくれた事に嬉しさを感じるのだけど、それと同時に今回のソロはどんな感じに仕上がってるのかがポイントでもある。
そりゃバズの事だから、ロック魂炸裂を期待してるのだけど、スキッド・ロウの3rdみたいに変に時代を意識した音作りだけは絶対に避けてもらいたい。そーやって失敗してるミュージシャンは今まで多かったので、そのジレンマにハマって欲しくないんだよなあ。

じゃあ一体どんな路線を期待するのか?というと、決まってるじゃないですか、このデビューアルバム路線ですよ!!バズに求めるのは正にこの音。それほどまでに強烈なインパクトを持って出てきたんだよなあ、当時は。
HM/HRの全盛期にホント彗星の如く現れて、「YOUTH GONE WILD」のビデオクリップを観て直ぐに虜になったくらい大好きだった。ボン・ジョヴィに見出されてデビュー...なんて話は、そりゃブレイクの切っ掛けにはなったかも知れないけど、別にボン・ジョヴィのバックアップが無くとも普通にシーンに躍り出てこれたのではないか?と思うけど。それは、やはりボン・ジョヴィの弟分的な存在で注目を浴びたシンデレラに対してもそー思う。

今でこそ、数あるバッドボーイズ系HRの中でも、とにかく新人とは思えない大胆な音だったと思う。オープニングからエンディングまで一気に聴かせてしまう強引さもさながら、きちんとバリエーションも豊富で「そりゃ売れなきゃおかしいわ」と。中でも「SWEET LITTLE SISTER」「MAKIN' A MESS」「PIECE OF ME」がお気に入りだ。

本音としてはスキッズとして復活してもらいたかったけど、さすがにそれは期待出来そうもないんで、とりあえず今はソロアルバムが楽しみだ。「期待に応える男だぜ!」というバズの言葉、ホントに信じてるぜ!