ZENO(ジーノ)ZENO(ジーノ)
(1993/10/20)
ジーノ

商品詳細を見る


今日はクリスマス。
しかし、毎日激務の日々が続いて体調最悪でそーいう感覚が無いので、せめてメシくらいはクリスマスっぽく...と思い、ケーキにチキン食って一応それらしくなったけど、それでも何か足りない。
そーいや、聴いてる音楽も最近は追悼の意味を込めてICE再評価中なので、ICEからちょいと外れて、ふと”クリスマスに合う音楽”は?と考えてみた結果、私的にはZENOかな...と。

何で?と言われても困ってしまうのだけど(汗)透明感溢れるマイケル・フレクシグのボーカルと、ジーノ・ロートの(この人によく使われる表現だけど)天にも駆け昇っていきそうなギターが、他のHR/HMバンドと一線を画すのは間違いなく、スケールの大きいHRは聖夜に聴くイメージにもぴったり合う気がする。
私が特にそう感じるのは3曲目の「LOVE WILL LIVE」。感動的なバラードだけど、聖歌隊を想起させる壮大な楽曲は、このバンドの真骨頂だと思う。

FAIR WARNINGの初来日公演でも披露された「EASTERN SUN」や「A LITTLE MORE LOVE」は、後のFAIR WARNINGが引き継ぐスタイルの原型といってもおかしくないし、「FAR AWAY」や「DON'T TELL THE WIND」にみられる哀愁度はかなり高い。
デビュー作でここまでの完成度を誇るのは、並みの才能じゃないと思う。あのウリ・ジョン・ロートの実弟だからといって贔屓目で見てる訳でもなく、何も知らない状態で聴いても素直に感動できる良盤だ。

これ1枚で解散してしまい、日本でのFAIR WARNINGのブレイクのお陰で引き摺られるカタチでCD化したこのアルバムだけど、もしFAIR WARNINGのブレイクが無かったらこうして聴く事が出来なかった作品だと考えるとホントに聴けて嬉しいし、埋れてしまうには余りにも勿体無い作品だと思う。
スポンサーサイト