リベレイション・トランスミッション(初回生産限定盤)(DVD付)リベレイション・トランスミッション(初回生産限定盤)(DVD付)
(2006/06/14)
ロストプロフェッツ

商品詳細を見る


ここ最近は新譜は殆ど買ってないで、もっぱら旧譜ばかり買い漁るクセが付いた気がする。
新しいミュージシャンは余り耳にする事も無いし、情報もそれほど気にしている訳でもないから、余程鳴り物入りで出て来たとか話題になってるとかじゃないと手にする事がないのだ。

このロストプロフェッツも、デビューアルバムが出た当時は全く知らなくて、2ndの頃はジャケットが何気にカッコイイので試聴機で聴いてみたら余りピンと来なかったのを覚えているのだけど、この3rdアルバムでは何気にスカパーの洋楽チャンネルで「ROOFTOPS」のクリップを観て一発で気に入り、じゃあアルバムを...と思い購入。

まず裏ジャケのメンバーの写真が2人がイケメン、残りはもっさり系(笑)なので「ああ、ボーカルのルックスで売れているバンドなのかな?」と思いきや、演奏力は思ってたよりもしっかりしてるし、バンド同士仲が良いという同系列(なのか?)のマイ・ケミカル・ロマンスよりもアグレッシヴで好感が持てた。メロディに関しても、サビを皆で口ずさめる盛り上げ方とかが抜群に上手いと思う。UKのバンドらしいけど、英国的な雰囲気は皆無なトコも面白い。
音がやけに良いなあ...と思ってたら、何とボブ・ロックがプロデューサーだった。この人の仕事って、良い時とダメな時がハッキリしてるのでなかなか評価しづらいのだけど、コレに関しては問題ないと思う...というか、この人のお陰でアルバムにメリハリが出来たんじゃないかと思う。

しかし、デビュー当時からのファンにはポップでキャッチーになった今作は不評だと聞く。何の情報もなく入った私にとっては結構良いアルバムだと思うけど、ポップでキャッチーの何処が悪いのだろうか?単にこのバンドのスタイルではない...という事なのか??
メンバーが今作を「クラッシュを演奏するボン・ジョヴィ」「デュラン・デュランとポリスが出会ったみたいな感じ」と称してるけど、正に言い当て妙かと。

「ROOFTOPS」のクリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2H2vGbI46Vs&feature=related
スポンサーサイト