Mike + the MechanicsMike + the Mechanics
(1990/10/25)
Mike + the Mechanics

商品詳細を見る


さて、久々に80’SのCDを引っ張り出して聴いたのがこのアルバム。
当時はフィル・コリンズが絶頂期にあって、発表するソロアルバムが大ヒット、シングルもトップ10に入る活躍、更にライブエイドでは英国と米国のステージにコンコルドで移動して登場、「世界一忙しいミュージシャン」と呼ばれたくらい活動的だった。
そんなフィルの多忙さに、残りのジェネシスのメンバー達も個々にソロ活動に専念したらしく、マイク・ラザフォードがこのアルバムを発表。ソロとしては3作目、このバンド名を冠してからは1作目となる。

まず、全体的に音はまんま80年代(笑)。この時代の音が好きな人には堪らない(私がそうだ!)。普通に「マイアミ・バイス」で使っても何の違和感もないだろうな。
言い換えれば、当時のチャートを意識した楽曲揃いなので、これが売れない訳がない。口悪く言うと、言葉通りに産業ロックそのものだと思う。
しかし、同僚のフィル・コリンズよりは英国的な雰囲気が漂う感じで、良くも悪くもゴリ押しで聴かせるフィルの楽曲よりも若干あっさり風味が耳に優しい。私的な感覚だと、JOURNEYの「SEND HER MY LOVE」の雰囲気に似た感覚を覚える(決して楽曲が似ていると言う訳じゃないけど)。

壮大でスペイシーな雰囲気な「SILENT RUNNING」、ポップでビデオクリップも作られた「ALL I NEED IS A MIRACLE」、しっとりと聴かせる「PAR AVION」「TAKEN IN」「YOU ARE THE ONE」などがお気に入り。

このアルバムの発表後に、ジェネシスで例の「INVISIBLE TOUCH」の大成功があって、一段落付いたトコに次作収録の名曲「THE LIVING YEARS」で初の全米NO.1を獲得するのだけど、このアルバムではその布石が既に見えている。

「ALL I NEED IS A MIRACLE」
http://www.youtube.com/watch?v=o0bqAp2MA9M

「SILENT RUNNING」
http://www.youtube.com/watch?v=0KL_fgWgK40
スポンサーサイト