私は昔から女性ボーカルには違和感は感じないので、「女性ボーカルが苦手」って話を聞くと意外な事だと思ってしまう。何がダメなのか全く分からないし、むしろ女性特有の表現力やセンスなどもあると思うし、むしろ好んで聴く事も多いくらいだ。
だから、このブログでも数ある女性ボーカルのアルバムをチョイスしてきたけど、その中でもチャカ・カーンはホントにトップクラスの実力だと思ってる。あのマドンナも「神様はずるい、彼女にあんな歌声を与えて」的な羨ましがる発言をしてるくらい、彼女の歌唱力はハンパないと思う。
そんな彼女の曲が聴きたくなったので、今日は1984年発表の5thアルバム「I FEEL FOR YOU」をチョイス。久しぶりに聴いて随分と懐かしい気分になりましたよ。

お察しの通り、私はこの年辺りから洋楽にのめり込む様になってきたので、全米3位となったタイトル曲は当時チャートをチェックして洋楽の知識を広げていたので当然無視する事なんて出来ず、「チャカチャカチャカチャカカーン~」という冒頭のラップで「何だコレは?」と驚いたモンでした。ラップが主流になる前の話だし、あのラップと打ち込み系の音が相成って、それでチャカの圧倒的な歌唱力とくれば単純にコレは凄いっ!と。すぐさまシングル盤を買いに走りましたよ。
因みに、この曲のオリジナルがプリンスで、ハーモニカをプレイしてるのがスティービー・ワンダーと知ったのはそれから結構後の話だったけど。冒頭のラップはグランドマスター・メリー・メルという人で、当時は全く知らなかったけど普通に良い声で今のラッパーよりも洗練されててカッコイイっすね。

当時はシングル盤ばかり買っててアルバムは物凄く気に入ったモノだけしか買うだけの余裕しかなかったので、毎月何枚もCD買ってる今よりも同じ音楽を何度も何度も繰り返し聴いてたから思い入れも違うのだけど、勿論この曲も私の中では当時の音楽を聴きたいと思う時には必ず入ってくるクラシックの1曲だ。

なので、アルバム丸々聴いたのはそれから数年後の市立図書館でCD借りたのが最初だった。シングルの「I FEEL FOR YOU」同様、全体的に打ち込み系の音をバックにチャカのボーカルが乗るスタイルで、従来のR&Bスタイルとは違い如何にも80年代のアルバムという空気が全体を支配している。今聴くと当時の映画のサントラに収められていても違和感が感じない作りとなっているので、あの当時を知る人には懐かしさも込み上げてくるモノかと。なので、従来の古典的なR&Bスタイルが苦手な人には意外と受け入れられる音かも知れないっすね。

また参加しているミュージシャンも前述の殿下やスティービー・ワンダーの他にも、「THROUGH THE FIRE」ではデヴィッド・フォスターを起用してAOR的な世界を演出し、そのギターではTOTOのスティーヴ・ルカサーが参加してたり、バックコーラスでは「MANIAC」でヒットを飛ばしたマイケル・センベロの名前もある。
「THROUGH THE FIRE」も、よくCMやAOR系のオムニバスアルバムで収録されているのを見掛けるくらい良い曲なんだけど、如何にもデヴィッド・フォスターだなと感じるトコが強すぎて、今ではそんなには聴かなくなっちゃったなあ。そーいや、カニエ・ウェストの名を知らしめた曲でのサンプリングにこの曲が使われてたかな?

新作の噂は全くなく、ちょこちょこ日本へ歌いに来てる印象が強いけど、そろそろビルボードやフェスだけじゃなくてちゃんとしたホール会場で演ってくださいよ。ビルボードだとチケット代が高くて手が出ません。一度は観たいミュージシャンの一人なんだけどなあ...


「I FEEL FOR YOU」


「THROUGH THE FIRE」
スポンサーサイト

ファンク・ディスファンク・ディス
(2007/10/10)
チャカ・カーン、マイケル・マクドナルド 他

商品詳細を見る


最近は新作で欲しいモノがそんなに出てきてないので、先週は中古盤探しに色々チェックしてたのだけど、近年CDが売れてないお陰なのか、それとも洋楽自体が盛り上がってないお陰なのか、ユニオンの中古サイトやアマゾンのバーゲンあたりで未開封で安く売られてるパターンを結構見掛ける。リスナーとしては非常に喜ばしい事なんだけど、何だかちょっと複雑な気分。まあ、こういう時だからこそ色々冒険出来るんで良いんだけどね。

で、結果的に4枚買って今日届いたんだけど、その中の1枚:チャカ・カーンの2007年発表の「FUNK THIS」を今回はチョイス。
ちょっと前に輸入盤廉価5枚組のCDボックスを中古で購入したけど、5枚全部聴いて思ったのは、当時の音処理とかの関係で古臭く感じる部分があるにせよ、基本的なこの人の声自体は全く衰えないという事。ホントに何でも歌えるんじゃないか?と。

で、その5枚組を購入しようとした前後にこのアルバムの存在を知って、いつも中古CDを購入するネットショップでこのCDが新品¥780くらいで売られてたのを発見、意気揚々とカートに入れてその5枚組もカートに入れ、さて会計へ...と打ち込んだら「この商品はありません」の文字が。どーやら、タッチの差で他の客に先越されたらしい(苦笑)。
買おうと思って翌日にチェックしたらもう売れてた...というパターンは今まで何度かあったけど、買おうとしたその時点で無くなってたのはこの時が初めてだったんで、ちょっとショックだったな(笑)。

で、今回買うまでちょこっと試聴で聴いたりして、かなり良さげな雰囲気で期待してたのだけど、こうして全曲聴いてみたらやはり素晴らしいアルバムだった。前作はジャズに挑戦した彼女が、今回はタイトル通りファンク路線を突っ走ってるんで、ファンク路線が好きな人には堪らない内容になっている。
リズムが図太いゴリゴリの音にも全く負けてないチャカのボーカルが凄みを効かせて、バラードでも何でも彼女が全て支配してる様は非常にカッコイイ。
今から7年前の作品だけど、現代的なアレンジや音処理が為されてない分、古き良きのR&Bスタイルが聴ける。プロデュースがジャネット・ジャクソンで名を挙げたジミー・ジャム&テリー・ルイスという事で、チャカと非常に相性が良いと思った。
また参加ミュージシャンもメアリー・J・ブライジやマイケル・マクドナルドと豪華で、カヴァー曲もプリンスの「SIGN 'O' THE TIMES」やジミヘンの「CASTLES MADE OF SAND」、アース・ウィンド&ファイアの「SHINING STAR」など計6曲も収録。

聴いてて、素直に明るくハッピーになれる作品かと。R&Bやファンクが嫌いな人にはお薦めしないけど、こういうスタイルを余り聴かない人達には是非聴いてもらいたいな、と思う。
で、このアルバムからずっと新作リリースしてないんで、そろそろ何かアクション起こしてくださいな!

DISRESPECTFUL (ACAPELLA:MARY J. BLIGE)


BACK IN THE DAY

恋するチャカ恋するチャカ
(1989/04/10)
チャカ・カーン

商品詳細を見る



今年も明けましたね。宜しくです~。

さて、こんなにゆっくりのんびり出来る正月休みはホント最高で、殆どTVゲームと映画三昧に勤しんでますよ。さすがに夜更かししてまではやらないので、結構健全な生活だし。
CDも年末に購入したモノが結構多くて、未だに手を付けてないモノが多いのでこういう時間で色々聴けるのがホントに有り難い。仕事疲れで音楽聴く気も起きないのが一番困ってしまうので、こういう癒しの時間は絶対に必要かと。

で、今年一発目のアルバムは何故かチャカ・カーン。しかも初ソロアルバム「CHAKA」(邦題:恋するチャカ)。発表は1978年。
以前ベスト盤のレビューにも書いた通り、数あるR&B系のミュージシャンの中でもチャカ・カーンは結構好きだ。リアルタイムで聴いたのは「I FEEL FOR YOU」からだけど、それ以前のアルバムにはなかなか手を出すチャンスがなくて、いつか聴いてみたいとは思っていても毎月HM/HR系だの何だの買ってれば、そりゃいつまでもチャンスなんてない訳で...
でも、チャカ・カーンも輸入盤の5枚組セットで発売された時には「絶対手に入れちゃる!」と思ってて、そしたら偶然覗いた中古CDのネット通販サイトにて¥1300で売られてたので即捕獲したと。アルバム1枚約¥217ですよ!

チャカ・カーンの何が好きかって、あの圧倒的な歌声に尽きる訳で、私の洋楽聴き始めた頃にはホイットニー・ヒューストンとか歌の上手いR&B系シンガーは結構揃っていたけど、その中でもチャカはダントツで好きだった。「I FEEL FOR YOU」なんて今聴くとあからさまなディスコソングだけど、やはりあの歌声あってこそ成り得る曲であって、並のシンガーならここまでのヒットにはならなかったのでは?と今でも思う。

この1stソロアルバムは今回初めて聴いた訳だけど、この時点で既にズバ抜けた歌唱力を披露しており、今の時代には少々古臭い、如何にも70年代的な楽曲が揃っているけど、こういう音楽が廃れつつある今だからこそ却って新鮮に聴こえる。
よくグレン・ヒューズの歌唱力をR&B系のミュージシャンと比較される事が多いけど、やはりグレンはチャカの影響も絶対にあるとこのアルバム聴いてて思った。
何と言ってもチャカの代名詞的な楽曲「I'M EVERY WOMAN」に尽きるけど、他にもちょっとAOR風味が掛かった「LOVE HAS FALLEN ON ME」や、絶品のバラード「ROLL ME THROUGH THE RUSHES」、都会的な雰囲気の「A WOMAN IN A MAN'S WORLD」な辺りが私のフェイヴァリット。

たまーにこういう毛色の違う音楽を聴くと、かなり新鮮な気分になれるのがホントに心地良い。R&B系のマニアになるつもりは全くないけど、気に入ったミュージシャンは出来る限り後追いでも聴いていきたいので、いずれはルーファスの方まで手を出す事になるのかな?まあ、その前にチャカのアルバムを聴きまくるのが先だけど。


「I'M EVERY WOMAN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=OTgKscVa7-A

「ROLL ME THROUGH THE RUSHES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=D_b8bUiRuC4

Epiphany: The Best of Chaka Khan, Vol. 1Epiphany: The Best of Chaka Khan, Vol. 1
(1996/10/31)
Chaka Khan

商品詳細を見る


意外かも知れないですが、結構チャカ・カーン好きなんですよ。
まあ、初めて存在を知ったのが、1984年に大ヒットした例の「チャカチャカチャカチャカチャカカーン~」というグランドマスター・メリー・メルのラップで有名な「I FEEL FOR YOU」(原曲はプリンス)だったのだけど、当時としては斬新なラップを取り入れ、しかもスクラッチ多用のダンスチューンがカッコ良かったのは間違いないけど、一番驚かされたのはチャカ本人の歌唱力だった。

当時のブラック・コンテンポラリーは、今みたいにラップが幅を利かせてる訳ではなく純粋にR&B・ソウル系が大半を占めていて、時代こそ感じるけど歌を基調としている楽曲が多かったので、好きな曲も結構多かった。
そんな中、チャカのアルバムは従来のR&Bに染まらず、案外ポップに聴ける楽曲が多かったのが私の耳に十分訴えるモノがあった。前述の「I FEEL FOR YOU」や「I KNOW YOU、I LIVE YOU」なんかは普通にポップだし、ブルース・ホーンズビーとのコラボ「LOVE ME STILL」や「THROUGH THE FIRE」の様なバラード、「THE END OF A LOVE AFFAIR」でのジャズ風味の楽曲でも、そのド迫力の歌唱は変わる事なく素晴らしい。

このアルバムはベスト盤で、チャカの90年代中期までのヒット曲を収めたモノなのだけど、当時の新録で何とフリートウッド・マックの「EVERYWHERE」をカヴァーしていたのには驚かされた。何故なら、絶対にチャカがカヴァーしそうな曲だと思っていなかったからだ。
しかし聴いてみると、コレがなかなか味わい深く、オリジナルよりもテンポを緩めてよりソウル系に近付けている見事なアレンジだと思う。

余談ではあるけど、最近はどーなのか知らないけど、何年か前にチャカの映像見た時は体がゾウみたいになっていてびっくりした覚えがあるけど、アレサ・フランクリンといいどーしてソウル系の女性歌手はあんな体系になってしまうんだろうか?余計な事だけど気になる。