ウチにあるロックTシャツが結構貯まって来たんでちょっと整理してたら、このアルバムジャケのTシャツが出てきて凄く懐かしくなりついでにCDも取り出して聴いてみた。スティーヴ・ヴァイの「ALIEN LOVE SECRETS」を今回はチョイス。発表は1995年。因みにTシャツは「FIRE GARDEN」ツアーの時に会場で買ったモノなのだけど、何故かXLサイズでかなりブカブカ(苦笑)。

ヴァイは勿論デイヴ・リー・ロス・バンド時代から大好きなギタリストで、デイヴのライブでは観てないけど先述の「FIRE GARDEN」ツアーとヴァイ名義で来たライブの2回観ている。ヴァイの時はデヴィン・タウンゼントが強烈過ぎてインパクトはデヴィンに全部持っていかれた感じだったので、その後のソロ公演の時にじっくりプレイを堪能する事が出来たのだけど、当然このアルバムからも数曲プレイしてくれて満足だったな。

初めて自分がリーダーとなって作ったバンドがアルバム1枚で終わってしまったのはホントに残念だったけど、あのメンツ(デヴィン、TM・スティーヴンス、テリー・ボジオ)をまとめる事自体が相当大変だったと思うし、むしろアルバム出しただけでも良かったと思うべきなんだろうな。だからソロ活動に戻っても何ら違和感がなかったのもこの人ならではかも。

このアルバムは日本盤は8曲入りで一応ミニアルバム的な内容なんだけど、曲数が少ないながらも相変わらず個性的なプレイが炸裂する楽曲が目白押しで満足感はかなり高い。私は初回盤だったのでギターピックのオマケ付きで何かマンガが描かれた薄い冊子も貰った記憶があるけど、多分何処かにあるとは思う。

1曲目の「BAD HORSIE」(邦題:悪魔のギタリスト:ジャック・バトラー)に、何故この様な邦題タイトルが付いているのかというと、ヴァイが若かりし頃に出演した映画「クロスロード」にて、主演のラルフ・マッチオとギター対決をするギタリストの名前がジャック・バトラーという事で、この曲はその劇中で披露されたプレイを元に作られた曲なのだ。この映画は一度観ているけど、ヴァイが怪し過ぎて個人的にはギターを持った変態にしか見えなかった記憶が...(苦笑)ヘヴィなリフをズルズル引き摺る様なプレイは、当時のグランジ系を意識したモノなのだろうか?

お気に入りはヴァイ時代の雰囲気が感じられる開放的なイメージの「DIE TO LIVE」と、凄まじいテクニックが存分に味わえる「KILL THE GUY WITH THE BALL / THE GOD EATERS」(邦題:殺戮の舞踏会)、しっとりとした雰囲気の感傷的なバラード「TENDER SURRENDER」。どれもライブ観に行った時にプレイしてくれた曲なので思い入れも強かったりする。

日本盤ボーナストラックの「SAN-SAN-NANA-BYOUSHI」はタイトル通り、三・三・七拍子のフレーズを基調とした楽曲でこんな曲作れるのはヴァイくらいだろうと思わせる。また「YA-YO GAKK」(邦題:愛しのばぶ・ばぶ・ファイヤー/←何なのこのタイトル?)では、ヴァイの息子の声をサンプリングして作った曲で、これも如何にもヴァイらしさが全開した作風となっている。
「JUICE」ではヴァイのギター師匠:ジョー・サトリアーニっぽい雰囲気の軽快なブギー曲、「THE BOY FROM SEATTLE」では彼にしては珍しいフュージョンっぽスタイルで、各曲それぞれバラバラな曲調なんだけどアルバム全曲聴き終わると「ヴァイの作品を聴いた」という感想に落ち着くという、何とも不思議なアルバムかと。それだけ個性が強いんだろうなあ。

またこのアルバムを全曲プレイしたビデオ作品もリリースされており(「SAN-SAN-NANA-BYOUSHI」は入ってない)冒頭からジャケにもある様にヴァイが全身に銀粉を塗してプレイする様は正にエイリアンっぽくてカッコイイ!

余りにも個性的過ぎて、私の周りの人達には余り人気の無いギタリストでもあるんだけど、こういうクセのある独自性を持ったギタリストが今の時代にはどれだけいるのか?という事を考えると、正に不世出な存在である事には間違いないかと。最近はめっきり露出も減ってしまったけど、また久々に新作アルバムが聴きたいなあ。


「KILL THE GUY WITH THE BALL / THE GOD EATERS」


「TENDER SURRENDER」
スポンサーサイト

PASSION AND WARFAREPASSION AND WARFARE
(1990/05/31)
スティーヴ・ヴァイ

商品詳細を見る


白蛇の新作が出て、ふと「この人がもし、今もまだ白蛇のメンバーだったら一体どんなアルバム作ってるんだろうか?」と思った(笑)。
まあ「SLIP OF THE TONGUE」以降のデヴィッド・カヴァデールの遍歴を見ていくと、さすがにヴァイが白蛇に残る要素は全くないのだけど(というか、初めからアルバム1枚分の契約だったらしいけど)ブルージーなHRは皆無になってたんだろうなあ...
そんなヴァイが、白蛇在籍時に作っていたソロ2作目が「PASSION AND WARFARE」。キング・クリムゾンの総帥:ロバート・フリップ爺が当時ベタ褒めしていたという、問答無用の最高傑作だと思う。

初のソロ作である「FLEX-ABLE」で既に一般人には理解出来ない世界を披露していて、このアルバムを聴いた後に「FLEX-ABLE」を聴くと、いかにこのアルバムが聴き易く、そして凄い事をやっているかがよーく分かると思う。
アルカトラス時代、ドレッドヘアでHMをプレイするヴァイを見て只者ではないと誰もが思ったと思うけど、フランク・ザッパのメンバーだった事を考えるとこの人が何でHR/HM畑でプレイするのが全く理解出来なかった。
まあ、HM/HRではギターが中心にくる音楽だから選択したのかも知れないけど、それならば彼の師匠でもあるジョー・サトリアーニの様に最初っからギターインストのソロミュージシャンとして活躍するのがスジだと思うし、ヴァイの音楽性ならば当然の事だと思う。

最初に聴いた時は、それまでギターインストアルバムというものは全く聴いた事がなかったのでちょっと斜に構えて聴いていたのだけど、全曲聴き終わった後にはかなり興奮させられたのを覚えている。
別にボーカルが入ってなくてもここまで耳を惹きつける事が出来るのも凄いし、またメロディだって口ずさめる様なポップなモノでもないのだけどアタマに残るし、またヴァイ自身がギターで何やってるのかよく分からないけど凄い事をプレイしているというのは聴いて分かるのも凄い。ホントに何なんだろうか、この人は?

楽曲に関しては「FOR THE LOVE OF GOD」~「THE AUDIENCE IS LISTENING」~「I WOULD LOVE TO」の流れは完璧ではなかろうか。セオリー通りの泣きのフレーズがある訳でもないのにギターが泣いている「FOR THE LOVE OF GOD」、エディ・ヴァン・ヘイレンを意識した様な攻撃的な「THE AUDIENCE IS LISTENING」、このアルバムの中で一番メロディアスでよくTVのBGMあたりで耳にする「I WOULD LOVE TO」。どれをとっても完璧だと思う。

この1枚でヴァイは全ての事をやり遂げたのではないのだろうか?と思うほど、多彩でヴァイの世界が満喫出来るアルバム。今聴いても全く色褪せない。リマスター出ないかな?

「FOR THE LOVE OF GOD」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=fwKveSeLHhw

「THE AUDIENCE IS LISTENING」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=cYRtn5VzCoQ

「I WOULD LOVE TO」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=YVw_58MdduQ