今更ながらPS4を購入したお陰で、久々にプレイ三昧です(苦笑)。夜勤生活にシフトしてからというものの、日勤生活の時は身体の不調や疲労のお陰で2連休でも1日は完全に寝たきり状態だったのに比べ、今は体調も良く(って書くと変な感じだけど/笑)時間も休日の夜中なんかに出掛けないし、やる事と言えば映画観てるか、音楽聴いてるか、ゲームプレイしてるか、ブログ書いてるか...の4択くらいしかないので(苦笑)大分時間が取れる様になって自分の生活を取り戻した感じで多いに嬉しい。

なので、今は夜中に音楽も聴きたいと思うとヘッドフォン付けて集中して聴く事になるので、時間的な雰囲気に流される事がなくなった。例えば、HM/HR系は朝っぱらから聴く事はテンション上げたい時以外は殆ど聴かないのだけど、今は朝っぱらからブラック・サバスとか聴いちゃってる事も多い(爆)。ってな訳で、今回のお題は彼等の5thアルバムである「SABBATH BLOODY SABBATH」(邦題:血まみれの安息日)。発表は1973年。

偶然にも、H&MのネットショップにてこのアルバムジャケのTシャツが¥1500くらいで売られてるんで思わず買っちゃいそうになったけど(笑)よく見りゃこのジャケットって結構おどろおどろしいんだよなあ...こんなん着てコンビニ行った日にゃ結構ガン見されそうな気が...(笑)
ともかく、ジャケは結構エグいのに中身の音の方はそれまでの彼等の音からすると意外にも聴き易い部類の方に入るのではなかろうか?前作でも「CHANGES」辺りでその布石を見せてたけど、このアルバムでは「FLUFF」みたいに綺麗なアコギとピアノのインスト曲が入ってるとは思わないだろうし、ジャケを見る限るでは(苦笑)。
でも、こういう曲が入ってるからこそヘヴィな曲が映えるというモノで、サバスの中でも代表曲に入るタイトル曲やメタリカがカヴァーした「SABBRA CADABRA」が物凄く効果的に聴こえるのは上手い構成だと思った。

以前レビューしたライブのブートにも入ってた「KILLING YOURSELF TO LIVE」(邦題:生への自殺)とか「SPIRAL ARCHITECT」などで聴けるそれまでに無かったプログレ的なアプローチが顕著になってきて、更に「WHO ARE YOU」(邦題:お前は誰だ!)で聴ける大胆なシンセや(しかも、ギターレス!!)前述の「SPIRAL ARCHITECT」ではストリングスを導入するなど、かなり実験的な要素も含んでいるのがこのアルバムの大きな特徴かと。しかも「LOOKING FOR TODAY」」ではアイオミ自身、フルートを吹いてるのも意外過ぎるし。

どーしてこういう方向性になったのかは知らないけど、当時このアルバムの製作中トニー・アイオミは全くアイディアが浮かばなくてスランプになっていたという事だけど、それでもタイトル曲の様なリフを作っちゃうんだからホントに凄いかと。逆にこのアルバムにこの曲が無かったら間違いなく失敗作の烙印を押されてたんだろうなあ。

イエスのリック・ウェイクマンが参加してるのも意外なゲストだけど、やはりサバスの新境地を開いた意味でもこのアルバムはかなり重要な作品なのではなかろうか?全体的に軽めの音だけど、ただヘヴィ一辺倒の音じゃないトコにこのアルバムの凄さがあるんじゃないかと思う。やっぱ今の時代に聴いても最高っすね、サバスは!


「SABBATH BLOODY SABBATH」


「KILLING YOURSELF TO LIVE」
スポンサーサイト




毎年の事ながら、この時期というのはホントに時間の経つのがあっと言う間に過ぎていく感じがする。年末の意識が殆どないから、正月とかも直ぐだろうなあ

でも、クリスマスにジョージ・マイケルが亡くなるなんて思いもしなかったな。毎年「ラスト・クリスマス」が掛かると聴き飽きたお陰でホントに嫌な気分しか残らなかったけど、まさかこういうカタチで聴くとは思わなかった。今年のクリスマス前には一度も聴かなかったから尚更だし。しかも、偶然にもイブの日に「FAITH」を聴いてたので、偶然にしても程があるだろうと。久々に「FATHER FIGURE」が聴きたかったのでCD引っ張り出したのに...
ソニーとの裁判のお陰で10年近くキャリアを棒に振ったのはホントに勿体無かったと思うし、その間に行なったフレディ・マーキュリー・トリビュートでのパフォーマンスが絶賛されてたから、クイーンとそのままコラボしてればまた違ったキャリアになってたと思うとホントに残念。復活した時にはかつての勢いがなく、また本人の奇行がゴシップを賑わせ徐々にフェイドアウトという感じだけど、死後に慈善活動には積極的だったという逸話は、本人の優しさから来るモノなんだろうな。
...と、このままだとジョージ・マイケルの話ばかりになってしまうので、今回のお題を。

先月発売されて、なかなか届かなかったブラック・サバスの「PARANOID」のスーパーデラックスが約2週間後に到着した。怒涛の新作リリースがあったお陰で、待たされても聴くモノがあったのでそれほど待たされた感覚は無かったんだけど、今回タワレコで予約して発売日過ぎてから注文するみたいな販売方法は正直止めてほしいかと。予約してるのに入手出来ない可能性だってある訳だし、ちょっと不安だったな。まあ、無事届いたから良かったけど。

ご存知の通り、バンドの歴史の中でも重要な意味を持つ作品である事は間違いないモノが、今更スーパーデラックス盤とは一体?といった感じだけど、内容は2012年リマスター盤オリジナルverCD1枚、4chMIX verCD1枚、ブートで有名な1970年モントルーでのライブ盤CD1枚、「PAST LIVE」にも収録されている1970年ブリュッセルでのライブ盤CD1枚に、ポスターとか当時のツアーパンフとかブックレットが付いてる代物。正直いってコレクター向けのモノですな。

私はライブ2枚の為に購入した様なモノで、特にモントルーの方はブートで有名なモノだったので一度聴いてみたかったのだ。ブリュッセルの方は音が悪いのは知ってたけど、モントルーの方はそれよりも音が良いのが救いかな(と言っても、たかが知れてるレベルだけど/苦笑)。ただ、どちらも当時のライブの雰囲気を感じられるモノなので歴史的価値は高いと思うし、スタジオ盤とはまた違った良さも確認出来る。選曲が似通ってるのは2枚しかアルバム出してないから致し方ないけど。

私がサバスを初めて知ったのは、子供の頃にTVで観てたプロレス中継でロード・ウォリアーズというタッグチームが「IRON MAN」を入場曲に使ってたのを聴いたのが最初なのだけど、ブラック・サバスのアルバムを探してた時に見たジャケが「BORN AGAIN」のアレだったんでマジでビビった記憶がある(笑)。
まあ、近所の市立図書館で事無くレコード見付けて借りて聴いたのだけど、ヘヴィメタルという認識よりもハードロックじゃないの?という感覚だったのを覚えている。私の当時のメタルと言えばジューダスとかメイデンのイメージだったので、幾らサバスがメタルの起源とはいえ古臭い印象は拭えなかったし。

でも、1970年にこんな音出してたバンドなんて他にいなかっただろうしパイオニアであった事は間違いなかったんだろうな。それは今の時代に聴いても十分感じられた。
来年2月に遂にその幕を閉じる事になるけど、よくもまあこれだけの長い期間ヘヴィな音楽を作り続けてきたと思うとホント畏敬の念しかない、凄いバンドだと改めて思った。


「PARANOID」


「IRON MAN」

P9070256.jpg

暫くブートレッグは興味のあるモノがなかったので購入してなかったのだけど、偶然ネットで色々チェックしてた時にこのブートの存在を知ってしまった為に、探し回って購入してしまった。ブラック・サバスの1975年8月5日、ニュージャージー州アズベリーパーク:コンヴェンション・ホールでのライブ盤「LIVE LONGEST...DIE AT LAST」だ。

まあ、元の始まりといえば、初期ブラック・サバスのライブ盤は「LIVE AT LAST」と「PAST LIVE」しかオフィシャルで発売されておらず、スタジオ盤で聴き慣れた音がライブだとどんな感じになるのか興味あって「LIVE AT LAST」を購入しようかと思ってたら、音が悪いと評判が良くない。
で、その「LIVE AT LAST」も付いている「PAST LIVE」の方も、編集が変だのやっぱり音が悪いだの散々な言われ様なので、ここは思い切ってブートと。
しかし、ブートと言って侮るなかれ。色んなトコで書かれている通り、このブートの音はオフィシャル盤を上回っており、当時の音源をブートでもここまでクリアに出来るのか?と正直驚いた。

気になる曲順は
1.SUPERTZER
2.KILLING YOUR SELF TO LIVE
3.HOLE IN THE SKY
4.SNOWBLIND
5.SYMPTOM OF THE UNIVERSE
6.WAR PIGS
7.MEGAROMANIA
8.SABBRA CADABRA
9.BAND JAM
10.GUITER SOLO #1
11.SOMETIMES I'M HAPPY
12.DRUM SOLO
13.SUPERNAUT
14.IRON MAN
15.ORCHID/GUITER SOLO #2
16.ROCK 'N' ROLL DOCTOR JAM
17.GUITER SOLO #3 / DON'T START (TOO LATE)
18.BLACK SABBATH
19.SPIRAL ARCHITECT
20.EMBRYO / CHILDREN OF THE GRAVE
21.OZZY MC
22.PARANOID

1975年といえば「SABOTAGE」の頃なので、その辺の楽曲が多く収録されてるのは分かるけど、意外にも近年ライブで必ずといっていいほどプレイされている「NIB」とか「SWEET LEAF」とか「FAIRIES WEAR BOOTS」が抜けてるのが逆に新鮮。今じゃキーが高くてオジーが歌えないといわれてる「HOLE IN THE SKY」や、マイナーな「MEGAROMANIA」が収録されてるのも面白い。

これ聴くと、オジー時代のサバスが神格化されている意味がよく分かる内容かと。演奏面のド迫力は勿論の事、別に上手くも何ともないオジーのボーカルも含めて、当時の空気がそのまま封じ込められてる雰囲気が最高に心地良いのだ。某音サンが以前からずっと言ってるビル・ワードの存在の意味もよく分かるし(ただ、今のビルはドラム叩けるかどーかの瀬戸際みたいだから、代役立てたのも理解出来る)。

結果から言って大満足。ブートでこれだけのモノが作れるんだから、オフィシャルで普通にリリースすれば売れるモノなのに何で作らないのだろうか?個人的に、ブートに関しては必要悪みたいな部分も感じてるのだけど(かといって、自分で会場で録音しようとはまず思わないけど)こういう歴史的価値のあるモノに関してはホントに大歓迎だ。


「THE LEGENDARY SOUNDBOARD TAPES」

さて3連休、早くも2日目終了(苦笑)。もう先週の暑さと激務のお陰で早くも夏バテ状態だったんで、この3連休を楽しみにしてたんだけど、昨日はホントは何処か気晴らしに出掛けようと考えていたものの余りの体力の無さと(笑)天気の微妙な雰囲気に嫌気が差してウチで「ドラゴンズ・ドグマ」を1日プレイ。

で、今日こそは...と考えてもまた天気が微妙なんで、天候に左右されない屋内が良いと思い、隣町のイオンへ買い物。その道中、田舎道を突っ走ってたら、いきなりスズメが飛び出して”ボン”という音が。新車でいきなりコレかよ,,,と慌てて見てみると、下のフロントに当ったらしくキズや凹みは無かったけど、少しズレてやがってた。何でこうも我が愛車には不幸が降りかかるのだろうか?

その道中に聴いていたのが、先日東京へ行った際にHM歴の浅い友人saraサンから頂いた今年のオズフェストのブラック・サバスのブートCD(勿論、公式ではないので写真はありません)。

私に譲ってくれた理由は単純にサバスが好みに合わないという事なんだけど(苦笑)そもそもsaraサンとはオズフェスト一緒に観るつもりだったのだけど、実はサバスを知らなかったらしく(爆)私が「サバスはこれだけは聴いてくれ」的な音源を先に渡しておいたのだけど、それを聴いて余り好みじゃなかった...と。まあ彼女はマリリン・マンソンとかミニストリーみたいなちょっとインダストリアルが入ったヘヴィロックが好みなので、古典的なサバスは余りタイプではなかったんでしょうな。

で、その彼女が友人のイギリス人と一緒に西新宿のブート界隈へ出掛けた時に、そのブート屋の兄ちゃんと仲良くなったらしく、オマケでどれでも好きなの持ってってくれ!と言われたらしく、そこにこのCDがあったので貰ってきたのは良いけど、そのイギリス人はいらなかったとの事なので、私に回ってきたと。何という幸運。

で、早速聴いてみると、ちゃんといきなりオジーが登場する前の笑い声まで入ってるじゃないか!(笑)あの時の雰囲気が蘇ってきて「WAR PIGS」開始。しかし、オジーの声がちょっと風呂場のエコー状態(苦笑)。しかも、低音が余り効いてないので全体的に軽い...本編観てしまったモノとしては、この始まり方ではない!と断言出来る!(笑)
まあブートだからその辺は多めに見て、それでも意外と音質は良さげ。2曲目の「INTO THE VOID」では幾らか改善されたみたいで、音量上げて低音効かせれば普通に聴こえるレベルかと。

しかし、ライブで観てた時はもうテンション上がりまくりだったんで分からなかったけど、こうして音源で全曲聴いてみると意外と危なっかっしい部分もあったんだなあ~と(笑)。「UNDER THE SUN」のオジーの歌は結構ハラハラもので、アイオミさんは冒頭の「WAR PIGS」でちょっと演奏荒いかな?と思いきや、曲を追うごとに徐々に調子を上げてくる...ってな具合で、こういう手直し一切なしのライブ音源も聴いてて結構面白いかも?如何に手直ししたライブテイクを聴いているかがよく分かる気がした。

選曲に関してはそんなに文句はないけど、個人的に聴きたかったのは「SWEET LEAF」や「SABBTH BLOODY SABBTH」(イントロの冒頭のみだった)、あとライブでは多分演ってない(まあ、オジーが声出ないから無理だけど)「HOLE IN THE SKY」があれば良かったけど、まあ生で観られた事に意義があるんで。

新作からの「GOD IS DEAD?」もライブで聴くと非常にカッコイイけど、もう新作発売されてるから新作からどの位演奏されてるのかが気になるなあ。まあ、サバスの場合はあの曲もこの曲も~って多いから精々2~3曲くらいなんだろうけど、新作の出来が良かったからもうちょっと増やしても良いんじゃないかな。

という訳で、思わぬプレゼントに非常に満足してしまった1枚となりました。saraサンには何かまたお礼考えなきゃな(笑)。


「本編:全曲」(頂いたCDの音とは違うモノです)↓
http://www.youtube.com/watch?v=KLnJHjtlCqM

13~デラックス・エディション13~デラックス・エディション
(2013/06/19)
ブラック・サバス

商品詳細を見る


何かと色々と用事が入ってしまい、給料日前だってのにお金も飛ぶわで(苦笑)先週は大変だった。
でもまあ、長期通った接骨院の方も違和感無ければもう大丈夫というOKサインが出たので、もう大丈夫でしょう。また身体酷使しなければ...の話だけど(苦笑)。

そんな中、やっと届いたブラック・サバスの新作「13」。オジー・アイオミ・ギーザーの3人が揃い、不参加のビル・ワードに変わりレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのブラッド・ウィルクが参加。
本当はオジーの今のバンドのトミー・クルトフェスが候補だったらしいけど、プロデューサーのリック・ルービンが「スウィング感が足りない」とかでブラッドになったとか。オズフェストで彼のプレイ聴いたけど、ライブではそんなに違和感はなかったし、逆にRATMでのブラッドのプレイはかなりガッチリしたリズムなんで、それこそスウィング感が足りないのでは?と思ってたけど、実際にアルバム聴いてみるとこれが見事にハマってる。
やっぱリック・ルービンってちゃんと耳持ってるんだな(笑)。色んなミュージシャンの発言聞いてると、ただプラッとやってきて寝転んで録音聴いて「ここがダメ。これは良い。」ってな具合で、また暫くスタジオに来ない(笑)って仕事っぷりらしいんで、ネームバリューだけの大した事ないオヤジってのが私の中の印象だったけど。

で、久しぶりにオリメン3人揃っての新作となった訳だけど、内容的にはプロデューサーの意向もあって初期を彷彿とさせる楽曲が並ぶ。冒頭の「END OF THE BEGINNING」のイントロなんて「BLACK SABBATH」まんまじゃんと。また「ZEITGEIST」でアコースティックを多用してる事から「PLANET CARAVAN」みたいな雰囲気を感じられるし、ボーナストラック抜きだと全8曲というトータルランニングも最近のアルバムではない展開かと。
聴いて10秒くらいで直ぐに「あっサバスの曲だ」と分かるくらい3人共全くブレていない。オジーのボーカルもギーザーのブンブン唸ってるベースも健在だけど、やっぱアイオミさんのリフは本当に凄い。よく、こういう重いリフを次々と作れるよなあ~と本当に感心する。
ただ一つ、欲を言えばキラーチューンが1つ欲しかった。8曲どれも素晴らしいのだけど、突出する曲がないのでそれだけがホントに惜しい。個人的には「LIVE FOREVER」と「DEAR FATHER」が好きだ。

ディスク2は当初DVDって話だったけど、結局海外盤と同じくボートラ3曲入り仕様になってしまったのは残念。だったら輸入盤でも良かったんだけどなあ...しかし内容はやはり良い曲揃いで、ディスク1に入ってる「NAIVETE IN BLACK」も一緒にディスク2に入れて、ディスク1はオリジナル曲順で扱ってほしかったな。どーしても「NAIVETE IN BLACK」はアルバム内では浮いてるんで。

やはり世界的にもこの作品は話題になってるらしく、本国イギリスでは「PARANOID」以来43年振りに全英No.1獲得となり、アメリカでも45年のキャリアで初の全米No.1を獲得したとの事。
HR/HMは世界的にも下火になったとは言われてるけど、このサバスの活躍を目の当たりにするとまだまだこのジャンルも根強いファンがあるという事だろう。今後このまま継続していってほしいけど、アイオミさんの病気の件もあるし、オジーのソロ活動もあるから何とも言えないだろうけど(とはいえ、オジーは次もあると言ってるらしいけど)バンド内や彼等周辺の取り巻く環境が良い状態みたいだから、期待しても良いのかな?


「GOD IS DEAD?」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=OhhOU5FUPBE

「LIVE FOREVER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=mrcSSVcClH4