SPECIAL TO ME~THE OTHER SIDE OF BOBBY CALDWELL~SPECIAL TO ME~THE OTHER SIDE OF BOBBY CALDWELL~
(2006/03/24)
ボビー・コールドウェル、ブレンダ・ラッセル&ボビー・コールドウェル 他

商品詳細を見る


先週は2年振りの車検を通してきた。
我が愛車、もう約12万km近くなのである程度の修理費は覚悟してたのだけど、結局自分の予想通り¥10万弱で済んで、とりあえず一安心。
ま、車検に関してはその筋の友人・知人がいれば安く上がって良いのだけど、残念ながらいないのでディーラー直でお願いしてもらってるから軽でもこの位になってしまうと。
以前、一度だけ民間の車屋に出したら¥17万というボッタクリ金額を奪われた(←この表現は適切)事があったので、もう2度と民間には出さないと心に誓ったからまあコレで良しとしよう。
しかし、10万km超えた時点でタイミングベルトを交換しなきゃならなくて、それが約¥5万...何処かにお金落ちてないっすか?(笑)

そんな訳で、暫くの間はCD関係はセーヴしなければイカンなあ...って書いても、結局は(毎度の事で)誘惑に負けてちょこちょこ買うんだろうけど(爆)旧譜とかなかなか聴く機会のない音源を聴くのがモアベターよ(←懐かしい!)って事なんでしょうなあ。

ってな訳で、未だに2週間前に負傷した足首も治ってない事もあって、休日くらいリラックス出来る音楽を...って事で久々のボビー・コールドウェル。
このCDは図書館で借りたベスト盤。しかし、ただの代表曲を集めただけのベスト盤ではなく、隠れた名曲やトリビュート曲など集めた企画盤。

私はオリジナルアルバム数枚とベスト盤しか持ってないので、こういう裏ベスト盤みたいなのもいつもの曲じゃなくて新鮮で面白いなあ~と素直に聴けるけど、この人は初期から中期まではどれ聴いてもスタイルが全くブレてないので安心して聴けるのが魅力の一つかと。ただ、今の時期にクリスマスソングとかはちとキツイけど(苦笑)。

あと、ボビーが従来のAOR路線から外れてジャズスタンダード路線に移行した時の音源が後半に5曲くらい収録されているけど、正直言ってこれは入れて欲しくなかったな、と。
歌唱力に定評のあるボビーが何を歌っても様になるのは分かるけど、やはりこの人は”ミスター・AOR”という名称を持ってるだけに、こういう企画盤でもAORスタイルで統一して欲しかった(って、CD購入してない私が言う話でもないけど/笑)。他にも隠れた名曲が山ほどある事だし。

近年は定期的に日本公演を行って、その度にベスト盤出してるイメージが付いちゃってるので(苦笑)そろそろ新作出してくださいな。TOTOも半解散状態な事だし、そろそろ手を組めば凄いAOR作品とか出来そうな感じだと思うけど...どーですか。ボビーさん?


「WORDS」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=0hVjGG51Es0

「TAKE ME, I'LL FOLLOW YOU」(曲のみ)↓(※TOTOっぽい!)
http://www.youtube.com/watch?v=a7Ifbvt9fFM

「MY FLAME」(曲のみ)↓(※このCDには未収録。この曲こそ正に隠れた名曲だと思うんだけど...)
http://www.youtube.com/watch?v=3hK6IgvZ0CY
スポンサーサイト

パーフェクト・アイランド・ナイツパーフェクト・アイランド・ナイツ
(2005/03/24)
ボビー・コールドウェル

商品詳細を見る


先週末は少し涼しかったのに、昨日・今日とまた暑さが戻ってきて今頃になって夏バテ気味...
昨日はちょっとドライブしてきたけど、気分転換のハズが何故か疲れがドッと出てしまい、今日は買い物以外がウチで寝たきり。気分を変えようと思って映画のDVD観始めても途中で寝てしまうのだから、どんだけ疲れてるんだよ、と。

そんな感じなので、リラックス出来る音はないか?とCD欄をチェックしてみたトコ、夏のイメージにピッタシのこのアルバムが出てきた。今月末にまたまたベスト盤が発売される(って、何枚目だ?)ミスターAORことボビー・コールドウェルの現時点での最新オリジナル盤「PERFECT ISLAND NIGHTS」。

最新オリジナル盤といっても、このアルバムが発売されてから既に5年も経っている。まあ、ボビー自身は1~2年くらいのサイクルで来日公演を行っているので、来日公演に通う熱心なファンにとっては余りブランクを感じさせないのだろうけど、来日公演に行ってない人達からすると大分間隔が空いてるなあ...と感じるのは致し方ないトコか。

それはともかく、このアルバムの大きなポイントは前作まで暫くジャズ・スタンダードの世界に浸っていたのに、往年のAORスタイルに戻ってきた事。元々歌唱力には定評のある人なので、何を歌っても絶品のモノを作ってしまうのはさすがだけど、ファンが求めているのはやはりこのスタイルでなきゃ...というのが明確に浮き出たのではなかろうか?

初期の頃からお馴染みのコントラストを基調としたジャケ。そして冒頭の「IN THE AFTERLIFE」から独特の世界観に取り込まれるのは相変わらず。個人的には、もうちょっと泣きの要素が欲しいトコだけど、それではアルバムのコンセプトと外れてしまうのだろうなあ。

正にタイトル通りの世界。私にとっては、AORというモノをここまで具体化してくれるミュージシャンはこの人以外はいないと思うくらい、全く期待を裏切らない。
...なのでベスト盤はもういいから、そろそろ新譜作ってくれないかなあ。

しかし、以前某音さんも語っていた通り、日曜の午後にAOR聴くとホントのんびり出来て良いですなあ~。ちょっとヒマな時にはリラックス出来て効果覿面かと。

「EXTRA MILE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=ioFohUEF-Gs&feature=related

「I NEED YOUR LOVE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=sXd_GvQcFFs&feature=related

ボビー・コールドウェル・ザ・ベストボビー・コールドウェル・ザ・ベスト
(2004/12/29)
ボビー・コールドウェルザ・ジャズ・クルセイダーズ

商品詳細を見る


umeさんのHPでも書かせていただいた「休日の夜」のピックアップ曲、色々と”夜”を連想させる楽曲を中心に選んだつもりだけど、その中のチョイスで一番夜を感じさせる楽曲はこのボビー・コールドウェルの「LOVE LITE」かと。
久しぶりに聴いて、暫くAOR聴いてなかった事もあって結構ツボに入ってしまい、ここのトコ毎日夜に聴いている始末なのだけど、この人は歌の上手さも抜群で楽曲もキャッチーで聴き易いのに、どーして本国アメリカでは全く売れなかったのだろうか?...とつくづく思う事しきり。日本では相変わらず人気者で、毎年(休業期間は除く)来日公演しているのに...(パーラメントのCM効果は絶大だったと思う)

まあ普通ならオリジナルアルバムをチョイスすべきなんだろうけど、この人の作品は時期によってスタイルを変えていたりするし(因みに3rdと4thアルバムはTOTOが全面協力をしている)またAORとは?との問いに見事答えてくれるであろう、このベスト盤を私的にイチ押ししたい。

まずジャケット。コレは現在30代で10代の時にFMでエアチェックしていた人達にはピンと来る事間違いないであろう、某FM雑誌をイメージとさせるトコがポイントかと(残念ながら鈴木英人ではないけど)。確か、NHK-FMでの「クロスオーバーイレブン」のCD盤でも似た様なジャケが使われていた気がするけど、とにかくあの時代を知ってる人にはニヤリとさせられる事請け合いの秀逸なデザインだと思う。

そして選曲。彼のベスト盤は数多く作られているけど、1枚で殆どの代表曲を網羅されているので私的には十分に満足。「DON'T ASK MY NEIGHBOR」や「SHOW ME YOUR DEVOTION」みたいなちょっと意外な選曲も良い。

umeさんのトコにちょっと書いたけど、私が20代の時にケニー・Gと並んで「おねーちゃんを口説く時に車内で聴くロマンチックな音楽」の必殺アイテムだった訳でもあるのだけど、普通に考えるとこれほど恥ずかしい事もない訳で...(苦笑)
因みに、私の当時の友人はケニー・Gで勝負を賭けたのだけど、1曲目が終わる前にテープチェンジを要求され敢え無く撃沈...本人的には「良いムードだったのに、相手がニュータイプの如く先を読んだらしい」との事(爆)。さすがにこの話を聞いてからこういうムードで攻めるタイプはNGという鉄則をラーニングしたのは言うまでもあるまい。

しかし、別に愛する人と一緒に聴かなくとも(笑)一人で聴いても結構心を揺さ振られる音楽である事は間違いないと思う。ホッとしたい時、ゆっくりとくつろぎたい時には正に打ってつけのアルバムだと思う。という訳で、只今くつろぎ中...(一人で/笑)

「COMING DON FROM LOVE」(数ある彼の楽曲の中で一番好きだ)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=8o7dJL6KKH0

「NEXT TIME (I FALL)」(ピーター・セテラ&エイミー・グラントのオリジナル)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=CGRKkZbgwio

おまけ「STAY WITH ME」(パーラメントCM)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=kqxGon08hHU