セイクレッドセイクレッド
(2007/04/25)
ザ・ラダー

商品詳細を見る


いつ終わるんだ?新品¥1050セールもの(笑)。
コレもそのセールで見つけてしまった代物で「明らかに買いすぎだよなあ...」と反省しながらも、日にちを改めて購入(意味なし/笑)。元FMのVo、スティーヴ・オーヴァーランド率いるザ・ラダーの2ndアルバム「SACRED」。

以前某音さんのHPでも紹介されていたのをずっと気になっており、そのレビューでも絶賛されていたので期待して聴いたけど、FMが好きな人には堪らない(というかスティーヴの歌声と言った方が正しいかな?)音楽性は殆ど変わらず。それもそのハズ、元々このバンドの結成意義がFMのリユニオンが目的だったらしいし。
前作では元テンのGだったヴィニー・バーンズがメンバーとして参加していたのだけど、どういう理由か分からないがあっさりと脱退。後任は元デンジャー・デンジャーのVoとバンド組んでた人なのだけど、地味ながらも堅実なプレイで華を添えている。

スティーヴにはもう1つシャドウマンというバンドがあるけど、あっちはメンツからいってプロジェクトの意味合いが強いけど、そーなるとこのバンドの方がメインになるのだろうか?FMのリユニオンはフェスティバルだけみたいなニュアンスだけど、他にもソロアルバム作ったりとスティーヴ自身は大忙しの身。どれか一本に絞った方が良いのでは?と思うのは私だけ?

1stの楽曲はFMの未発表音源を元に製作されたとの事なので、今回のアルバムは純粋な新曲で勝負しているのだけど、楽曲に関してはキラーチューンが2~3曲あれば良いと思うけど、見事期待に応えてくれている。お気に入りは「BODY & SOUL」「SACRED」「HERE I AM」「ABANDON ME」あたりかな。

しかし私がちょっと残念に思うのが、その音質というか音の作り方。数曲で聴こえるエレクトロ風味を多用したプロデュースがモダン化を狙っているのか、ちょっとイメージと合ってない気がするのだ。この感覚、何かに似ているな...と思ったら、バッド・ハビットの4thの印象に近い。悪くはないんだけど...という、ちょっと歯痒いトコが勿体無いなと。

とはいえ、スティーヴの歌の上手さは今更語るまでもなく素晴らしいので、彼のファンである私は文句なく楽しめた。これなら、このアルバムよりも評価の高い1stアルバムの方も期待して良さそうだ。

「BODY & SOUL」(曲のみ)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Uyoo93s8BCY&feature=PlayList&p=16012572715E1854&index=2
スポンサーサイト