Framework [Analog]Framework [Analog]
(2014/11/11)
Work of Art

商品詳細を見る


私が今年一番期待していた、スウェーデン出身メロディアスハード系の雄、ワーク・オブ・アートの通産3作目のオリジナルアルバム「FRAMEWORK」が届いた。
前作から約3年振りの新作になる訳だけど、その間バンドでも小規模ながらライブ活動は行なっていたみたいで、その他にもジェフ・スコット・ソートやエクリプスのメンバーとのW.E.T.や他プロジェクトに携わっていたとの事で、前作を聴きまくってた割りにはちょっと待たされた感があった気がする。

まずジャケットが今回は凄く好きだ。前作はグレーを基調としてたので結構地味なジャケットだと感じてたんで、今回の音楽性とイメージが合っていて良いと思う。
そして肝心の内容は、デビュー当時から変わらぬ高水準なメロハー系の理想形といった感じだけど、全体的にアップテンポの曲調が増えた感じなので、アルバムの流れにメリハリが余り感じられない。
それと、一聴して耳に引っ掛かるキャッチーさが今回は少ないと感じた。前作での「THE RAIN」「THE GREAT FALL」みたいに心持って行かれるのは、PVが作られた「CAN'T LET GO」と「TIME TO LET GO」くらい。

それでも、「THE SEVENTH ONE」時期のTOTOをお手本にしたAORに北欧ならではの透明感がプラスされた、いつも通りの不変のスタイルで安心して聴けるので、ファンなら文句無しの良盤である事は間違いないかと。あと国内盤のボーナストラック「ON THE EDGE OF TIME」の出来が眉唾モノで、どーしてこれがボートラ扱いなんだ?と。今までの国内盤ボートラはアコースティックverとかでお茶を濁された感じだったけど、今回はお得感が増したと。なので、国内盤がお薦めです。
しかし、どーいう訳か私的には、先述通りアルバムの流れにメリハリが感じられない分、一気にアルバムが聴き終わってしまうので、アルバムの統一感は今まで一番に感じているのはファンの贔屓目だろうか?季節を問わず、爽やかな雰囲気を味わいたい時には思わず手に取ってしまう、そんな作品かと。でも何だかんだ言っても、今年のベストアルバム候補である事は間違いないでしょう(苦笑)。

!st~2ndが愛聴盤となるくらい、このバンドに掛かる期待は高いのでハードルが上がってしまうのは仕方ないのだけど、それでもこのテの音楽性をプレイしているバンドが少ない今の時代だからこそ、このバンドには末永く活動してもらいたいと願う。
ただ、気になるのは、国内盤のライナーに書かれていた「これがラスト作になるかも?」という発言。W.E.T.あたりのサイドプロジェクトに触発されて個人で色々な事やってみたいんだろうけど、バンド解散とかはちょっと勘弁してほしいなあ~。実際、W.E.T.の2ndは思ったより良くなかったと思うし。
っていうか、ホントにショーケースでも何でも良いから日本来てプレイしてくれないかなあ?...絶対に観に行くのに。
このテのリスナーがまだまだ存在するって事実を知らしめないと、こういう音楽性を持ったバンドが次々と消えてしまうのがちょっと耐えられないよなあ...

「CAN'T LET GO」


アルバム予告編
スポンサーサイト

イン・プログレスイン・プログレス
(2011/09/21)
ワーク・オブ・アート

商品詳細を見る


数ヶ月前に、このバンドの新作が発売されるとアナウンスがあってからホントに待ち侘びて、今年最大の期待作となったワーク・オブ・アートの2作目「IN PROGRESS」。輸入盤は一ヶ月前には既に発売されていたので、YOU TUBEの誘惑に負けぬ様PVだけの鑑賞に留めておいた。

未だにi-podに1stアルバムが入っててずっと聴き続けているので、これで私の期待度の高まりはお分かり頂けると思う。
そんなハードルが上がってるにも関わらず、それでも彼等はやってくれましたよ。今回も十分期待に応えてくれて、このテの北欧メロハーの中でも群を抜いた完成度を誇る作品を作ってしまったバンドに感謝。

前回はデビューするまでの長い期間に貯めた楽曲が中心となって製作されたモノだったのに対し、3年のインターバルがあったにせよ(その間にW.E.T.もあったし)その期間で作られた楽曲は、全体的に若々しさを感じられる華やかな印象を受けた。
ただ、華やか過ぎて似通った印象の楽曲が被っちゃったかな?と思うので、欲をいえばちょっとダークな感じの楽曲が数曲入っていれば、文句なしの名盤になったと思う(...って多分私だけだろうなあ、こんな事言うの)。

しかし、どーなんだろうか?本国での評価は。日本ではメロディアスハードというジャンルも小規模ながら存在してる訳で、マニアが掲示板などで絶賛している事からも少なからず需要はあるけど、本国の方でも1stアルバムに伴うライブをやった話も聞かないし...それでも2ndアルバムが出るんだから、あるにはあると思うけど。

彼等はよく「THE SEVENTH ONE」の頃のTOTOに近い感覚があると言われているけど、そー言われてもそれまで私は余りそんなに感じなかったのだけど(汗)今回のアルバムに収録されている「ONE STEP AWAY」は明らかにこの時代のTOTOを意識した様な作風で、ようやくその真意を知る事が出来た(って、そんな大袈裟な話じゃないけど/笑)。
まあ、ボビー・キンボールが彼等の1stアルバムを聴いて絶賛したという話もあるくらいだから、同業者でも何処か思うトコはあるんだろうなあ。

メロハー好きな人には勿論の事、80年代AORあたりが好きな人にもピンと来る部分はあると思うので、興味のある方は是非チェックを。このアルバムも間違いなく、今年のベストアルバムに入ってくる事必至ですな。


「THE GREAT FALL」 PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=3IVY-0AFU_U

「ONE STEP AWAY」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=H6_PEs4HvnM&feature=related

「UNTIL YOU BELIEVE」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=fWHI4398WOE&feature=related

アート・ワークアート・ワーク
(2008/03/26)
ワーク・オブ・アート

商品詳細を見る


先週の土曜で仕事納めで、8日間の正月連休がスタート!
しかし、特にやることもなく元旦に実家へ帰り、翌日に友人と初詣に行くぐらいしかないので、何か他に...と考えたら、早速ありましたよ、東京へCD狩りという打って付けの任務が(爆)。

で、早速昨日行って1日掛けて新宿・御茶ノ水を中心に回ってきたのだけど、行く前に何かコレは...というモノはないか?とネット上をチェックしまくってたら、1つ気になるCDを発見。それが今回のワーク・オブ・アートのデビュー盤。
勿論初めて聴くバンド名で、今年の3月にこのアルバムは発売されており、ジャンルはメロディアスハード系。しかも北欧スウェーデン出身という事でコレは私のツボ直撃か?という期待に胸を躍らせ、まずはMY SPACEでチェック。

もう、1曲目の「WHY DO I ?」でやられましたよ...正にメロディアスハードと呼ぶに相応しい楽曲。スウェーデン出身という事で同郷のバッド・ハビットやエイリアンの様なタイプかな?と思っていたのだけど、その2組とは若干印象が違う。
MY SPACEには5曲紹介されており、前述の「WHY DO I ?」「ONCE IN A LIFETIME」「COVER ME」の3曲は一発でお気に入り。他の2曲も悪くない。

で、これを狙って早速ディスクユニオン新宿HM/HR店にて中古盤を捕獲。早速全曲聴いてみたのだけど、全体的な雰囲気はインナースリーヴや色々なトコのレビューで指摘されている様に、80年代後期のTOTOを彷彿とさせる雰囲気でボーカルも抜群に上手い。北欧のバンドらしくキーボードが要になっていてコーラスも綺麗なんだけど、実はメンバーはVo、G、Dsの3人のみ。
個人的にはもうちょっとエッジが強調されていた方がHRっぽくて良いかな?とも思うけど、このテの音楽ではこれで十分なのだろう(エッジを強調するとコーラスやキーボードが潰れててしまう?)。前半よりも後半の充実度の方が気に入ったかな。楽曲によってはAORっぽいモノもあるし。

インナー読んでたら、何とこのアルバムをリリースするのに16年も掛かったという話らしい。まあ理由は何であれ、こういうバンドが今の今まで埋もれていたというのがちょっと驚き。
今年聴いたアルバムの中でもかなり上位に食い込む作品だと思う。これだからホント、CD漁りが止められないんだよなあ...北欧メロディアスハード系をお探しなら、迷わずコレをお薦めします!!

MY SPACE↓
http://www.myspace.com/musicofworkofart