ティーン・ダンス・オーディナンスティーン・ダンス・オーディナンス
(2005/06/22)
A

商品詳細を見る


唐突な話だけど、夏になると何故かAが聴きたくなる。理由は単純、如何にも夏にぴったりの音だから。なので、最近はi-podに全アルバム入れて聴きまくってるので、そのAの現時点での通産4作目にして最新作、もしくは最終作であろう「TEEN DANCE ORDINANCE」をレビュー。

暫くバンドの詳細が聞こえて来ないな...と思ってネットで調べてみたトコ、数年前にひっそりと解散したものの、昨年あたりに再結成されてライブ活動は行ってるらしいので早く新作を期待したいけど、如何せんなかなか情報が流れてこないので、余り期待しないで待つのが良いのかな?

私がハマったのは2nd「A vs MONKEY KONG」と3rd「Hi-Fi SERIOUS」で、この2枚はホントによく聴いたので(そして今週も!)勿論それに続くこのアルバムにも期待したのだけど...残念ながら余りハマる事はなかった。

正直いって期待外れだった、と。当時、今は亡き渋谷のHMVにて「THE RUSH SONG」のシングルCDを問答無用でゲットして意気揚々と聴いてみたトコ、シリアスになり過ぎていつもの”らしさ”が欠けていた感じがしてちょっと嫌な予感はあったのだけど、それが見事に的中してしまったカタチとなった。
楽曲のメロディも何か前作で聴いた様な感じがあったり、サビの盛り上がりの希薄さが物凄く残念なのだ。

でも決して駄作という訳ではなく、バンドの成長として見るのが普通なのではないか?と。演奏も上手くなってるし、ちょっと複雑な展開も増えて、明らかに前作までとの流れがはっきり分かれてしまっている事がリスナーに響かなかったと。私的には楽曲の半分は良くて、半分は失敗...的な感じかと。

まあ折角再結成してるのだから、汚名挽回という意味でも新作作ってくんないかな?しかし彼等の再登場を現在のシーンが望んでるかどーかははっきり言って微妙なトコだけど...果たして、どーなる事やら。


「THE RUSH SONG」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=YrCxbKrA4SA

「BETTER OFF WITH HIM」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=UUFpo7bFyOc&playnext=1&list=PL87EE51005FDA9D74

スポンサーサイト

Hi-Fi SeriousHi-Fi Serious
(2002/03/11)
A

商品詳細を見る


そーいえば、この人達の話は最近全く聞かなくなってしまったけど、一体どーしちゃったんだろ?夏が来ると何故か聴きたくなる英国出身のA(エースではなくエーと読む)、渾身の3rdアルバム「Hi-Fi SERIOUS」。

前作「A vs MONKEY KONG」は以前もレビューしてかなりお気に入りの1枚だったりするんだけど、この3rdアルバムの完成度は前作を軽く凌駕する勢いで、前作にあった”遊び”が鳴りを潜めているせいかAの本気モード炸裂といった感じ。歌詞も若干、大人目線だったりするし。
ただ、オープニングの「NOTHING」が当時の流行りだった重くてへヴィなノリの楽曲だったので、それまでの彼等のスタイルから外れたタイプに意表を突かれた感じで「もしや...」と危惧したモノだけど、2曲目以降はいつものAの音楽だったので一安心。まあ「NOTHING」自体、全然駄曲ではないのだけど...

全体的に、これまでよりもよりキャッチー&よりメロディアスといった感じで、とにかく聴いていて気持ちが良いのだ。正しくAの最高傑作と言っても過言ではない。
アルバムの殆どの楽曲が良曲なのだけど、中でも「TOOK IT AWAY」「STARBUCKS」「PACIFIC OCEAN BLUE」「W.D.Y.C.A.I」「Hi-Fi SERIOUS」が好きで、コレは絶対ライブを観ねば!との思いで、今から5年前(もうそんなに経つのか!)2003年2月の渋谷クアトロに1人で乗り込みましたよ。
そしたら、音楽性もあってか周りは若い人ばっか...1人で年齢層上げているのか!?とマジで凹みましたよ...(メンバーの年齢と同い年なのに)
しかし、ライブが始まってしまえばこっちのモノ(笑)ステージ前方に陣取って、思いっきりアタマ振って大声で歌って最高に楽しかったな。デイヴ・リー・ロスの「JUST LIKE PARADISE」のカヴァーの時、Voのジェイソンが「知ってるヤツいるかー?」との問いに、「へーい」と手を挙げたら私を含めて数人だけだったのは「やはり年齢層上げてるよ」と確信したね(涙)。
ライブ終了後、クアトロから出てきた時、2月という事もあって周りは厚着なのに一人で薄着で身体から汗&湯気出してセンター街抜けてったのも良い思い出だ(笑)。

この後、2005年に4thアルバム発表してそれから音沙汰なし...しかもオフィシャルサイトにも繋がらない。もしかして解散したのかっ!?本国UKでは結構な人気を誇る彼等、是非復活を!

「NOTHING」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=zxj7IxPmoIw&feature=related

「SOMETHING'S GOING ON」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=p8ydGToSnWE&feature=related

「JUST LIKE PARADISE」ライブ:2002サマーソニック↓
http://jp.youtube.com/watch?v=FNN6Vw4H444&NR=1

A vs. Monkey KongA vs. Monkey Kong
(1999/08/25)
A

商品詳細を見る


i-podで選択する時、i-tuneで選択する時、CD屋でCDチェックする時、必ず一番最初に出てくるバンド名、"A"。

最初は何で存在を知ったバンドなのかちょっと覚えてないけど、人を喰ったバンド名、日本デビュー作となったこの2ndアルバムのタイトル、そして当時ハマりにハマってたワイルドハーツのジンジャーがお気に入りで、自分のビデオクリップ”アンセム”にほんの数秒ゲスト出演させたり、このアルバムのジャケが入ったシャツを奪って逃げたとか(笑)そんな話がきっかけを掴ませてくれたのだと思う。

で、聴いてみたトコ、最初はメロコア系?とか思ったけど、メロコアに一括りにするには余りにも枠が狭すぎる。もっと全体的に英国らしさが漂っていて、正に私好みの雰囲気。適度にハードで、過剰なメロディってなトコかな?(笑)
イメージも、日本のサブカル系が好みらしく、ジャケやインナーでは日本語表記をバンバン使ってるし(とはいえ、ヨットとかアベレージ、スペクタキュラーって、全然訳分からないし/笑)特撮のジオラマとか昔の特撮映画のポスターを真似たモノとか、一見するとオタク?ってな感じだけど(因みに、タイトルのモンキーコングは、ゲームのドンキーコングからパクった)外国人がやると妙にスマートでカッコイイんだよなあ。

一般的には次作の3rd「Hi-Fi SERIOUS」の方が評価も高いし、音楽的にも極めた感があるけど(当然、私も大好きだ!)この2ndには青臭さが残って、スケールもまだ小さめだけど、"A"の「これから」を感じさせる意味でこれも大好きなアルバムだ。

スカした雰囲気から始まる「FOR STARTERS」、いきなりのファストチューンで度肝を抜く「MONKEY KONG」、何処かポリスを感じさせる(voがスティングの声質みたいにハイトーンを駆使するからか?)「OLD FOLKS」、何処か切なさと懐かしさを感じさせる「SUMMER ON THE UNDERGROUND」、ヒネくれてる(笑)「GETTING AROUND」、ワイルドハーツの「SOUL SEARCHING ON THE PLANET EARTH」を想起させる「SHE SAID」などが中でもお気に入りかな。