トリック・オブ・ザ・テイル(紙ジャケット仕様)トリック・オブ・ザ・テイル(紙ジャケット仕様)
(2013/05/29)
ジェネシス

商品詳細を見る


昨日は、もう一つのブログでコメント書いてくれているsaraサン、クロスさん、けけけいサンともう一人Kサンを加えた5人で、舞浜のイクスピアリまで行って「ローン・レンジャー」を鑑賞、その後皆で夕飯食べながら4時間近く談笑して幕を閉じたのだけど、意外とハードスケジュールだったんで今日はもう体力・気力共にボロボロに。まあ、楽しかったから良かったんだけどね。
今朝から洗濯三昧で、疲れが溜まったんで昼食後に昼寝したら結構寝過ごして、髪切りに行きたいと思ってたんでダッシュで床屋へ向かったらいつもはガラガラな駐車場が今日は満杯。仕方なく来週に延期に。

で、結局1日グダグダで終わってしまった...ああ、大型連休が早くも懐かしい(苦笑)。

ってな訳で、今日のグダグダっぷりを正す為に(笑)ちょいとじっくり聴きたい音を...と思ってチョイスしたのが、ジェネシスの「A TRICK OF THE TAIL」。発表は1976年。

昨日の合流前に新宿でCDチェックして回ってた時、ちょうど最近ジェネシスの旧譜の紙ジャケ盤がDVD無しで再発されたばっかだったんですね~。2年くらい前に出ていれば紙ジャケ盤で購入したのに、何ともタイミングが悪い。

バンド的には確実に注目を浴びる運命だった作品なので、絶対に下手を打てないというプレッシャーが間違いなくあったと思う。それまでのバンドの顔で中心人物だったピーター・ガブリエルが前作で脱退した為、中心人物を欠いたバンドが一体どんなスタイルを提示するのか?が最大のポイントだったからだ。

前作「THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」がピーガブ色が非常に強いコンセプトアルバムだったので、それと比べると非常に聴き易い音で幾分コンパクトにまとまってるのが特徴かと。だからといってプログレっぽい展開が少ないかというとそうでもない。彼等ならではの変拍子を多用した展開は健在なので、私的には前々作「SELLING ENGLAND BY THE POUND」の音楽性に続くのはこの作品だったんじゃないかと。

ステージでもアクの強かったと言われているピーガブに対して、声質的にも似てるフィル・コリンズがボーカルを取る事によって違和感はそれほど感じないし、むしろプログレ枠でのカルト的存在から一般リスナーを振り向かせる魅力に溢れていると思う。何せ、ステージで変な衣装着て歌うシンガーが消えた訳だし。
ただ、後のポップ路線への移行は作品毎に顕著に表れてくるけど、さすがにこの時点でまだはそれほどポップではなく、あくまでも”あの”ジェネシスからの脱却は既に始まっていると感じさせる程度のモノかと。
因みに、ライブではフィルがボーカルに専念するので、ビル・ブラフォード

だけど、そんな過度期だからこその”味”が凄く活きていて、適度にポップで適度にプログレというバランスが凄く心地良い。イット・バイツやマリリオンが好きな私には堪らない訳だ(笑)。私的なお気に入りは「DANCE ON A VOLCANO」「SQUONK」「ROBBERY ASSAULT AND BATTERY」「RIPPLES...」辺りかな。リマスター効果のお陰か、音が凄く綺麗なのが非常に嬉しい。

正直、このアルバムで彼等の旧作は打ち止めで良いかな?と思ってたんだけど、次作はプログレ期最後の名盤扱いされているらしいので、ちょっと興味が湧いてきたかな。もはや別バンドと言ってもおかしくない80年代のポップバンドのアプローチよりは、プログレ期のバンドの方が好きなんで、お金のある時にでもチェックしてみようかと。


「DANCE ON A VOLCANO」ライブ(PV?)↓
http://www.youtube.com/watch?v=FraoJitaP7I


「RIPPLES...」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=b5i-qcqX-yk
スポンサーサイト

Selling England By the PoundSelling England By the Pound
(2009/02/19)
Genesis

商品詳細を見る


先日、アマゾンのマケプレにて注文したジェネシスの3枚のCDをやっとじっくり聴ける状況が整ったので、まずは「SELLING ENGLAND BY THE POUND」(邦題:月影の騎士)を今回はレビューしようかと。

ジェネシスのオリジナルアルバムとしては6枚目にあたる本作。マニア的には本作を最高傑作に挙げる人も多い人気作との事だけど、一聴した時は「何でこれが最高傑作なんだ?」と思った。
やっぱプログレ期の彼等の作品を最初に聴いた「FOXTROT」のインパクトが大きかったせいか、このアルバムで聴ける音は如何せんソフト過ぎる印象を受けた。ジャケットと音楽性は見事に合ってるとは思うけど。

しかし、何度も聴いてるウチに何故かハマってしまうのは何故だろうか?確かにプログレ特有の変拍子もバリバリ入ってるし、全体的に優しい雰囲気なので聴き易いという利点はあるけど、何よりもこのアルバムで一番感じるのは如何にも英国的な音かと。

冒頭の「DACING WITH THE MOONLIT KNIGHT」から幻想的な雰囲気に持っていかれるけど、そこはジェネシス、ただでは終わらない。途中から怪しい雰囲気に変わって、結局何だか判らない感じに(笑)。それは「BATTLE OF EPPING FOREST」でも同様の世界観を受けた。歌詞は輸入盤なので詳細は判らないけど、ピクニックとか言ってるのは一体何なんだ?(笑)

しかし「FIRTH OF FIFTH」や「MORE FOOL ME」、「THE CINEMA SHOW」あたりで聴ける牧歌的な雰囲気はそれまでの怪しい展開は感じさせず、むしろ余りに普通過ぎて肩透かしを食らってしまった。多分、この辺がピーター・ガブリエルがこのアルバムを好きじゃないと語ってる理由なのかも(その反動で、次作でやり過ぎたんだろうなあ/笑)。
逆にフィル・コリンズがこのアルバムを気に入ってるというのも、後のお互いの方向性が垣間見えて面白い。

私にとっては彼等の最高傑作だとは思わないアルバムだけど、メロディの美しさは極上だと思う。また、よく引き合いに出されるマリリオンやイット・バイツなどのバンドに通ずる部分が非常に感じられた。

しかし、このバンドのプログレ期はホントに面白い。メロディの美しさと怪しさが同時に楽しめるのはこのバンドならではのモノなんだろうな。今まで聴かなかったのが不思議なくらい、好みの音楽性だと思う。


「CING WITH THE MOONLIT KNIGHT」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=r0Spl1cOf-o

「MORE FOOL ME」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jUrG2i7QGeo

「FIRTH OF FIFTH」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SD5engyVXe0

Lamb Lies Down on BroadwayLamb Lies Down on Broadway
(2009/03/05)
Genesis

商品詳細を見る


先週からの不調がどーやら風邪の症状に変わったらしく、先週はずっと喉が焼ける様に乾上がってしまい、おまけに鼻づまりも引き起こして呼吸するのも疲れてしまう。夜勤週だったのが救いで人と余り会話しないで済んだのが良かったけど、仕事場が埃が舞って機械の熱で暑さも伴うトコなので、快適じゃないトコも風邪の原因の一つかと。
お陰様で、昨日と今日とゆっくり静養に務めているけど、早く治って欲しいモノだ。せっかく大型連休も控えているのに体調不良で何も出来ないほど悲しい事もないしね。

さて、そんな感じなので仮眠取りながら音楽を聴く事に没頭出来るので、ちょっと前に購入してなかなかじっくり聴く事が出来なかったジェネシスの2枚組「THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」(邦題:眩惑のブロードウェイ)を今回はチョイス。

以前の「FOXTROT」と同様に、DVD付SACD盤ではなく2008年リマスターの輸入盤を購入したのだけど、アマゾンのマケプレにて送料込みで¥1000弱で購入出来たのは非常に良い。
2枚組だからこの値段だけど、他の1枚のみだと1枚¥1000もしないのでこうした過去の作品をお手軽に聴ける状況にあるのは凄く助かるなあ。
本来ならこのリマスターシリーズが国内盤で発売されていれば対訳も付いてるだろうし、ちょっと高くてもそっちを買うのだけど、今のレコード会社は資金不足で何処も体力がないから今後出る事もないんだろうなあ。この作品こそ対訳と向き合って聴くべき作品なんだけど...

結果的にこの作品でバンドとしてやり尽くした感のあるバンドの顔だったピーター・ガブリエルは脱退する事になるのだけど、その最後の作品がコンセプトアルバムというのも如何にもピーガブらしいと。
対訳がないので詳細は判らないけど、主人公が自己空想の中で様々な人達と出会って自我を取り戻す(?)的な内容らしいのだけどそこはさすがピーガブ、そんな単調な内容で終わるハズもなく色々と難解な内容も織り交ぜて、英語圏ではない人間にはちょっと理解出来ない世界観を展開してます。

自分のパートを大幅にカットされて前作の内容にかなり不満が残ったピーガブ、自分が主導権を取り戻してこのアルバムを作ってみたは良いけど、それが逆に自分自身に圧力を掛ける結果になってしまったお陰でバンドを脱退するという流れは、今思うとイット・バイツを抜けたフランシス・ダナリーとちょっとダブる印象を受けた。
ともあれ、それまでのジェネシスのスタイルは残っているものの、全体的にはバンドの作品というよりはピーガブの作品として捉えた方が良いと思う。牧歌的ではあるものの、何処か冷たいものを感じる作りがよりソロっぽい雰囲気かと。
ただ、2枚組だけど曲がバラエティに富んでるので集中して聴かない限り、結構アッと言う間に聴けてしまうのはさすがな作りかと。リマスター効果のお陰か、ギターのトーンやメロトロンの鳴りなどかなり音が綺麗なのも驚いた。

でも一つ苦言を残すと、これを初ジェネシスで選ぶのは結構キツいと思う。プログレとは...的なモノならまだしも、ジェネシスをこの作品で語るのはちょっと無理があると思う。その点では最初に「INVISIBLE TOUCH」から入ったのは良かったかと(とはいえ、あれもジェネシスを語るには不十分だけど/笑)。

しかし、ホントに面白いバンドだ。これまで3枚聴いたけど、どれもスタイルこそ違えど一貫してジェネシスと判るのはそれだけバンドとしての個性が強いからなのだろうか?
このアルバムに関しては、私的には決して一番にチョイスするアルバムでない事は確かだけど、聴いてて全く飽きさせないという点ではかなりの高評価になると思う。恐るべし、ピーガブ...


「THE LAMB LIES DOWN ON BROADWAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=y1UT8N5obbQ

「ANYWAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=o6PgtGoahcU

「THE CHAMBER OF 32 DOORS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=mTby-nfFd1I

FoxtrotFoxtrot
(2009/03/05)
Genesis

商品詳細を見る


今週は結構忙しくて、日勤だったので1日だけ省いて毎日残業。まあ小遣い稼ぎにあるから良いんだけど、さすがに毎日は自分の時間が取れなくて困るんだよなあ。
だから今日は朝からグダグダ状態で(笑)午前中はゲーム三昧、午後は買い物と歯科医で終了。ただ、午前中にはネットで頼んでおいたブツが数枚届いたんで、早速午後の出掛けた際に車内で1枚聴いていた。それが今回のお題であるジェネシスの初期の名盤と謳われる「FOXTROT」。1972年に発表された通産4作目である。

何故、今ジェネシスなのか?
昨年から買うタイミングを狙っているピンク・フロイドが本来なら先だったのだけど、年末からCDが高騰していて今年に入って暫く高かったけど、最近は逆に¥5000近く値が下がった。しかし国内の廉価盤が3月に発売される予定らしく、そっちで数枚買うべきか輸入盤BOXセットを一気に買ってしまうか?でまだ迷い中(苦笑)。
で、そーいやプログレ四天王と呼ばれるバンドの中に、知名度はあるのに何故その中に組み込まれないのだろう?と常に疑問だったジェネシスはまともに聴いた事がないじゃないか...しかも私の好きなイット・バイツやマリリオンといったバンド達がよく”ジェネシスフォロワー”と呼ばれるのに、どーして今の今まで聴いていない?と。
で、ネットで色々調べてユニオンの中古サイトにて2008年リマスター盤が¥1300であったので、まず手始めにコレかな?と手に取った、と。

しかし、国内盤はその2008年リマスターSACD盤にDVDをくっ付けて¥5000近くの金額で売ってるだけ。あとは廉価盤で数枚出してるだけで、これからジェネシスを聴いてみようという初心者にはかなりキビしい状況だった。
まあ今の時代CDが売れないのも分かるけど、少なくともリマスターの廉価盤くらいは出して欲しいなあ。だから皆輸入盤に走っちゃうんだし。

それはともかく、私はまだハマるかどーかも分からないのでとりあえずは輸入盤のCDのみで十分かな?と思い購入したのだけど、聴いてみて思ったのはとにかく音が良い。当時の音源に音の差し替え部分があるみたいで一部のファンには不評らしいけど、私の様にまともに聴いた事がない人には全く分からない部分なので気にする事でもないし。

あとは音楽性。正しくプログレの王道を突っ走ってた時代なので、曲展開が目まぐるしく変わる×2。冒頭の「WATCHER OF THE SKY」のメロトロンで魂持っていかれた感じ。
ラストの23分ある大作「SUPPER'S READY」はホントに圧巻の一言だし、イット・バイツが何故クローン扱いされたのがよく分かる1曲かと。しかも、この時代でよくこれだけのモノを作る事が出来たな...と感心すること然り。

歌詞は何を言ってるのか分からないけど、対訳付いてても何についての曲なのかよく分からないという人が多いらしいのも如何にもプログレ的(笑)。ジャケだって何だかよく分からないし、またヘタクソな絵も妙にマニア心をくすぐるというか。
どーやら、私にもジェネシスを聴く素質がありそうなんで、あと数枚聴いてみたいと思う。お薦めの作品があれば是非ご一報を。


「FOXTROT」全曲(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=yS0WS9mM7YM

インヴィジブル・タッチ(DVD付)(紙ジャケット仕様)インヴィジブル・タッチ(DVD付)(紙ジャケット仕様)
(2007/12/26)
ジェネシス

商品詳細を見る


GW中は何処に行く訳でもなく...と書いたのに、せっかく5日間も休みがあるのに勿体ないなあ、と感じてしまった為、先月行ったばかりなのにまた行ってしまいました>新宿へCD漁り(←懲りない)。
実際は、西日暮里に友人がいるのでその友人と食事を...というのが本来の目的なのだけど、これとCD漁りを平行してしますトコが如何にも私らしい、と自分でも思ったりして(苦笑)。
それに先月のサンダーの来日公演で、中古CDで結構欲しいモノがあったのでそれをついでに...という企みがあったのだが、実際行ってみたらもう既に欲しかったCDは置いてなかったというオチが付いてしまった。まあ、中古CDは水物だから仕方ないのだけど、地方と東京とではサイクルの回転が違うんだなあ...と実感。

そんな時間を持て余しながらもCD聴く事は止めていない。しかも、ウチでドラクエ8を再プレイしながら、TVの音を消してBGMにCDを聴くというオツなプレイで(爆)懐かしいモノを聴いていたのだけど、久々に取り出したのが英国のキューピーこと(爆)フィル・コリンズがイニシチアブを取って製作されたと思われる大ヒットアルバム「INVISIBLE TOUCH」。

久々に「とくダネ」を観てて、オープニングがハワード・ジョーンズだったのに、何時の間にかこの曲になっていたのは偶然すぎて気持ち悪いくらいだけど、確かにキャッチーな楽曲なのでオープニングにはピッタリの選曲だと思う(というか、この番組の選曲している人は絶対私と同世代の人間だと確信した!)。

しかし、この頃のキューピーはホント大活躍で、ソロアルバムと平行してバンドもやっていて、それも両方共大ヒットさせてしまうのだからホントに凄かった。またソロとこのアルバムと殆ど変わりない作風なのも笑ってしまうけど。

そもそも昔のジェネシスを知っている人にとっては、このアルバムはジェネシスとしては認めたくないのではなかろうか?まあピーター・ガブリエルはとっくにバンド抜けていたし、このアルバム以前からポップに移行していたのも分かるけど、それでもジェネシスを名乗って作るアルバムだったのだろうか??もはやフィル・コリンズの独壇場で、バンドとしてのアンサンブルは最も希薄だし。

プログレバンドとしては全くもって終わってはいるけど、ポップバンドの作品として聴くと高品質である事は間違いない。中でも「THROWING IT ALL AWAY」や「IN TOO DEEP」などのバラードが秀逸。当時はかなり聴いていたのを思い出す。

昨年、ピーター・ガブリエルを復帰させてツアーを行う...という噂が流れたけど、ありゃ一体なんだったのだろうか?そもそもピーターがキューピーとまた一緒にプレイするとは到底考えられないのだけど...もしや、トニー・バンクスが噂を流したってか!?

「IN TOO DEEP」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qQIO3pBFfXI

「LAND OF CONFUSION」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Yq7FKO5DlV0