FC2ブログ




そろそろ80s系も打ち止めか?と思いきや、まだまだ続いている毎日(って引っ張りすぎ?)。で、今回のお題はこれまた久しぶりに引っ張り出してきたロバート・パーマーの通産9作目のアルバム「HEAVY NOVA」をチョイス。発表は1988年。

70年代中期あたりにソロデビューしてたので(デビュー以前に既に音楽活動はしていたらしい)このアルバムの時点で既に9作目というのもキャリアが長くて意外な感じだけど、私が彼を知ったのは勿論パワー・ステーションの時で、サイドプロジェクトでありながらも完成度が高いアルバムはリリース当時からのお気に入りだった。その流れに乗ってリリースされた前作「RIPTIDE」も大ヒットして、シングル「ADDICTED TO LOVE」(邦題:恋におぼれて)は全米No.1獲得。その流れに再度乗ってリリースされたのがこのアルバム。

彼自身、パワー・ステーションでの活動は相当刺激になったみたいで、アルバムもヒットしてたのにツアーには参加しないで自身のソロに目を向けて活動した事はしたたかというか何というか...それまで彼のルーツには無かったヘヴィメタルとボサノヴァの融合という意味合いで「HEAVY NOVA」と名付けられたという話らしい。

なので、じゃあメタルやボサ・ノヴァっぽいのか?と問われるとそれは違うと思う(苦笑)。確かにシングルになった「SIMPLY IRRESISTIBLE」(邦題:この愛にすべてを)にはギターがギャンギャン鳴ってるし、ボサ・ノヴァ特有のリズムとか所々でその雰囲気は感じられるけど、融合というよりは形式をなぞった様なモノに近いと思う。それどころか、メタルやボサ・ノヴァに留まらずヨーデル(!)とか色んなスタイルが混在してる事から本当に自身が好きなモノをどんどんぶち込んで創り上げたアルバムなんだなあ...と感じられるのがこのアルバムの特徴かと。

その「SIMPLY IRRESISTIBLE」のPVは前作「ADDICTED TO LOVE」でのPVになぞったモノで、はっきりいって二番煎じ(笑)。変わった点は周りのマネキンみたいな美女軍団が水着になって踊ってるくらいなモノだし。自身のセルフパロディじゃんかと。しかし、シングルはきっちり大ヒットしてる(惜しくも全米No.1は逃したけど)。

今改めて聴くと後半の流れが凄く良い。「SHE MAKES MY DAY」での甘いバラードや、「BETWEEN US」(邦題:愛に身をまかせ)がボサノヴァそのまんまのスタイルなので、こういう曲をさらりとやってのける事自体上手いシンガーなんだなあと実感。「CASTING A SPELL」でのキレの良いのファンク路線や、最初聴いた時はマイコーがデュエットしてるのかと勘違いした(実際にはBJ.ネルソンなる人物)「TELL ME I'M NOT DREAMING」(邦題:もしかして恋)も結構好きだ。
あとこのアルバム聴いて後に驚いたのは、このアルバムの翌年リリースされたCOMPLEXのアルバムに収録されている「CRUSH COMPLEXION」のギターリフが2曲目の「MORE THAN EVER」(邦題:つのる想い)にそっくりだった事。余り指摘されてないみたいだけど、最初聴いた時はマジで驚いたなあ。パクりがどうこうとか言うつもりは無いけど、たまたま偶然だったのかな?とは思ったな。

このアルバムで人気も確定されたか?と思いきや、このアルバム以降は徐々にセールスも落ちてしまったけど、当の本人は元々ヒット願望なんか無かったみたいで”好きな事を自由に出来る環境さえあればそれで良い”みたいな発言もしてた事から、アルバムも本人が気の向くままに作っていったんだろうなあ。
しかし、若い頃から渋い路線で活動してるから若かりし頃から渋さを感じられる風貌もこの人独特なモノかと。スーツをビシッと着こなして歌うのが嫌味に感じられなくてカッコイイというのは稀な存在なのかも。


「SIMPLY IRRESISTIBLE」


「EARLY IN THE MORNING」
スポンサーサイト



RiptideRiptide
(1990/06/15)
Robert Palmer

商品詳細を見る


折角の土日休みも雨でちょっとうんざり...まあ別に何処に行く訳でもないし、気温も過ごし易いので悪くはないけど、やはり晴れている方が気分的には良いかな、と。
で、この暇な時間を利用して昔のCDを片っ端から聴いているのだけど、このアルバムも随分ご無沙汰だったかな?玄人好みで有名な(笑)ロバート・パーマーの出世作「RIPTIDE」。

私がこの人を知ったのは以前レビューしたパワーステーションなのだけど、そもそもパワーステーションを聴く切っ掛けは当時人気絶頂だったデュラン・デュランのメンバー2人が新たに結成した新バンドという事で注目して、既に「SOME LIKE IT HOT」がシングルでヒットしていた事もあって聴いてみると、そこには知らない中年のおじさんが派手な音をバックに地味に歌っていたを見たのが最初だった。
デュラン・デュラン組は見た目が華やかだし、しかもドラマー(シックのトニー・トンプソン)も重いビートを叩きつける派手なドラマーという事もあって、どー考えてもロバート・パーマーだけは浮いている様に見えた。
だけど、この妙なアンサンブルが意外にマッチしてた事もあり、ちょっと興味を持ち始めた時にタイミング良く彼自身8作目となるこのアルバムを発表。

8作目という事はそれまでのキャリアが結構長かったという事になるけど、実はこのアルバムでブレイクした時、御大はまだ36歳!!...そっちの方がかなりショックだったりする...

ともかく、このアルバムはパワーステーションの余波を受けて製作スタッフはほぼパワーステーション関係(ジョン・テイラーは不参加だけど)。なので、パワーステーションと近い雰囲気を持っているのは当たり前なのだけど、さすがにソロ名義なので彼自身のルーツであるソウル系のノリは隠せない。全体的にアダルトな雰囲気を醸し出しているのが心地良い。

パワーステーションでの活動のお陰で、シングル「ADDICTED TO LOVE」(邦題:恋におぼれて)は全米No.1を獲得。クリップもマネキンみたいな女性をバックに淡々と歌うパーマー氏だけのもので地味なのだけど、何だか目を奪われてしまうのが不思議なビデオ。
この曲で彼自身の名を轟かせて一躍有名人になった訳だけど、ただの地味なシンガーだった彼がここまでの成功を収めた事自体、今でも不思議な感じがする。歌が上手いのにブレイクしない人なんて幾らでもいるのに、たまたま運が良かったのかタイミング1つでこうも世界が変わってしまうのは、やはり時代の波に上手く乗れたんだろうなあ。

そのパーマー氏も、既に故人。思い出した時にふとこのアルバムを聴いて、リラックス出来る休日を演出してくれるのは実に至福の一時だったりする。
...しかし、今の私の年齢よりも若い頃なのに何でこんなに渋いんだ!?ホントに不思議な人だ。

「ADDICTED TO LOVE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=F0U5JfGYx4c

「I DIDN'T MEAN TO TURN YOU ON」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=9P2hoO088lc&feature=channel

「DISCIPLINE OF LOVE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=r_ZOT4t_4Sc&feature=channel