FC2ブログ




先日の殿下の「SIGN 'O' THE TIMES」と同年にリリースされた、殿下と同じく不世出のミュージシャンであるマイケル・ジャクソンの「BAD」を久々に聴いてみた。
ちょっと脱線するけど、1987年ってホントに魅力のあるアルバムが発売されてたんだなあ...と改めて驚いた。殿下やマイコーもそうだけど、白蛇のアレとかLEPPSのアレもそうだし、U2の最大ヒット作やホイットニー・ヒューストンの2ndもそう。そりゃチャートが面白い訳だわ...と懐かしむと同時に今の惨状はホントどーにかならんのかね?と。

「THRILLER」のお陰で洋楽チャートに関心を持った私は、勿論この新作にも大いに期待してましたよ。まず最初に聴いたのは「I JUST CAN'T STOP LOVING YOU」で、あれよあれよ...と言う間にチャートの1位を獲得し、さすがの貫禄を誇ってたのを思い出す。だけど、アルバム前の先行シングルで注目浴びた楽曲がいきなりバラードで、しかもデュエット曲というのは全くもって想定外だったな。まあ勿論良い曲なのは間違いなかったけど。

そして、あの「BAD」のPVですよ。初めて観たのはベストヒットUSAで、小林克也さんが日本初ノーカット放送とか謳っていた気がする。PVでは不良グループに絡まれてマイコーが「ワルとはどんなモンか教えてやるぜ!」とお得意のダンスで圧倒するという、如何にもマイコーらしいポジティヴなメッセージだけど、元々は私服警官に強盗と間違えられて射殺された黒人青年の実話を元に作られたという話。殿下も晩年に人種差別が原因で殺された黒人の為の楽曲を発表していたけど、こういう著名なミュージシャンが声を上げても一向に無くならない問題は本当に根が深いと思い知らされる。
因みに、当初は何と殿下とのデュエットを予定してあったらしく、実際に2人で会ったけど殿下が「この曲は僕が参加しなくても売れるよ」と語った為にデュエット話はお流れになったという。実際に実現してたら凄い事だけど、個性のぶつかり合いでかなり濃いモノになってたんだろうなあ...とは思う。

当然の事ながらこの曲も全米No.1になり、その後「THE WAY YOU MAKE ME FEEL」「MAN IN THE MIRROR」「DIRTY DIANA」まで同アルバムからシングルカット5曲連続全米No.1という新記録を打ち出した事から当時のマイコーの人気を裏付ける話かと。
因みに「MAN IN THE MIRROR」の作曲者は、マイコーシーダ・ギャレット(地味JAM尊サン、ご指摘有難うございます!)とグレン・バラード。そう、プラネット3に参加してたあの人ですね。それと前作の「BEAT IT」でエディ・ヴァン・ヘイレンを起用した事で旬のギタリストを使うイメージがあるけど、この時期は「DIRTY DIANA」のPVでスティーヴ・スティーヴンスを起用。当時ビリー・アイドルの「MONY MONY」がヒットしていた関係からだと思うけど、意外とハマってたのが面白かったな。

元々このアルバムはクインシー・ジョーンズに「マイコー、アルバムの全曲は君が書くべきだ」と提案されたので、マイコーは60曲を用意しその半分をレコーディングしたので、クインシーに「今度のアルバムは3枚組にしたいんだけど、ポーッ!」と逆提案したら「マイコー、それは無理だ。長過ぎるよ。」と却下され、マイコーとクインシーとの間で衝突が度々あったとの事でこのコンビは今作が最後となった。
確かに全11曲(「LEAVE ME ALONE」は当時CDのみ収録だったけど、私的にはこの曲が無いと何故か締まらない印象があるなあ)で完成度はグッと高くなったと思う。アルバム3枚分だとどうしても散漫になりがちだし、どーしてもリリースしたければ毎年1枚ずつリリースした方がファンには分かりやすいと思うし、楽しみも増えるだろうし。コレはクインシーの判断で正解だったと思う。

お気に入りは「THE WAY YOU MAKE ME FEEL」「LIBERIAN GIRL」「MAN IN THE MIRROR」「SMOOTH CRIMINAL」「LEAVE ME ALONE」。この時期に作られた映画「ムーンウォーカー」でもPV形式で作られていたけど「SPEED DEMON」も良い。あと子供が「BAD」のPVを完コピしたベイビーバッドも面白かったな。

ホントに細かい部分までよく出来たアルバムだし、内容自体も前作を超えるモノといっても過言ではないけど、セールス面では前作超えはならず。コレはまあ仕方ないでしょ、前作は異常としかいえない世間の流れがあったし、そんなにモンスターヒット作を何枚も作れるほど簡単でもない訳だし。
それでもスーパースターの作るアルバムはさすがに格が違う...と久々に聴いて改めて感じたなあ。人々が求めるマイコー像が見事に表現された傑作ではないだろうか。


「SMOOTH CRIMINAL」


「LIBERIAN GIRL」
スポンサーサイト




殿下のパープル・レインのリマスター盤を聴いていたら何故かマイケル・ジャクソンも聴きたくなってしまったので、以前購入した廉価盤5枚組BOXから引っ張り出したのは、やっぱ「THRILLER」。発表が1982年だったというのは今知った(笑)。
偶然にも、このアルバムのプロデューサーだったクインシー・ジョーンズがこのアルバムの未払い印税約10億円を手にしたというニュースが出たのはたまたまなのか?

私が洋楽を本格的に聴く様になったのは、中学時代の友人から借りたビリー・ジョエルのお好みテープと、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったMJのこのアルバムからだったのだけど、グラミー賞7部門獲得の偉業をリアルタイムで知ったモノとしてはホントに当時のMJの人気は凄かった。
微かに覚えてるけど、このアルバムの前にはスクーターのCMに出ていて日本でもそれなりに知名度はあったのだろうけど、勿論それは洋楽聴く人にしか分からない程度のモノだったと思うし、またMTVの台頭によって派手なPVが作られる様になってからは正にMJが望んだ時代になったのではないかと思う。お陰でメディアに取り上げられる事も多くなり、洋楽を聴かない人でも名前くらいは聞いた事があるくらいにまで知名度は上がったと思う。

またこのアルバムでは当時のR&B系のスタイルに固執する訳ではなく、様々なスタイルを吸収した楽曲が爆発的に売れた決め手になったのではないかと。「BABY BE MINE」や「BILLIE JEAN」の様にディスコ(クラブではない)で掛かりそうな曲も入ってるけど、ポール・マッカートニーとのデュエット「THE GIRL IS MINE」や、エディ・ヴァン・ヘイレンがギターソロを弾いてる「BEAT IT」、TOTOのメンバーが作曲に関与している「HUMAN NATURE」など、全体的にポップを意識した作風なのが幅広い層に受け入れられたと思う。

またPVの拘りもハンパなく、「BEAT IT」ではギャングの抗争を取り上げるストーリーにリアル感を持たせる為にMJたっての希望で本物のストリートギャングを起用したり(そのストリートギャング達が踊るのは、今思うと妙な違和感があるけど/笑)「THRILLER」ではMJ本人が狼男やゾンビに変身して圧巻のダンスを披露して、PV史上最高のモノを作り上げたのはご存知の通り。

結果的にシングルは7枚カットされて、私も最初は「BILLIE JEAN」「BEAT IT」「WANNA BE STARTIN' SOMETHIN'」まではシングル買ってたけど、結局後でアルバム買ったんだよなあ(苦笑)。「BEAT IT」や「THRILLER」のPV観たお陰であのダンスの振り付け覚えたり、ムーンウォークを教室の片隅で友達と練習したりと凄く影響されたモノでしたよ。まだHM/HRに手を出す前はこんな事やってたんですね(苦笑)。
当時は散々聴いたハズなのに、久々に今聴いても素晴らしい出来だと思うし、歴史的名盤と呼ばれるのも納得ですな。

極東の島国の田舎に住む、洋楽すら知らなかった中坊にすら影響を与えたMJはホントに凄いと思うし、このアルバムが無かったら洋楽に入る切っ掛けがあったのか?と思う程、こんな凄いアルバムに出会えた事を感謝したい。だからこそ、後の一連のスキャンダルには失望させられたし、このアルバムがMJ自身を変えてしまった切っ掛けになったのはちょっと複雑な気分だったりするのだけど...


「THRILLER」


「HUMAN NATURE」

HIStory: Past, Present and Future, Book IHIStory: Past, Present and Future, Book I
(1995/06/20)
Michael Jackson

商品詳細を見る


ホントに驚きましたねえ、マイケル・ジャクソン急逝。
先週は夜勤で、朝起きたと同時に友人からメールが入ってタイトルに「キング・オブ・ポップ」と書かれてあって、内容は全く関係ない話だったので「このタイトル何?」と思ってTV観たら、こぞって報道しているので「えーっ!?」と驚いた訳で...
その夜に放送された追悼番組も録画して観たけど、余りにもお粗末な作りで途中で消した。まあ、それまでの報道のまとめはまあ良い。問題はマイケルに思い入れの無い芸能人が、本人とは関係ないコメントばかりで余りにもイラついたので。ちゃんとまともに作れよ、フ●テ●ビ#

実は、私は洋楽を聴く切っ掛けとなったのはマイケル・ジャクソンとビリー・ジョエルからで、初めて買った洋楽のシングル盤は「BEAT IT」だった...と書けばもうお分かりでしょう。当時、全盛期の真っ只中でグラミー賞総ナメにする前あたりにハマっていったのだ。
後に「BILLIE JEAN」と「WANNA BE STARTIN' SOMETHIN’」のシングル盤も買ったけど、結局「THRILLER」アルバムも買ってしまうのだけど、中学生の少ない小遣いから他に目移りしないでマイケルばっか買ってたのは、今思うと我ながら凄い熱狂ぶりだな、と(笑)。

「BAD」まではちゃんと聴いてたのだけど、「DANGEROUS」はスラッシュ参加と知っていながらも手は伸びず、当時からハマってたHM/HR関係ばかり聴いていた。それからマイケルの奇行の数々の報道のお陰で完全に興味を失ってしまった。でも、映画の「ムーンウォーカー」は観たし、メガドライブで発売されたマイケルのゲームもプレイしてたけど(爆)。

これは1995年発表の、1枚は「DANGEROUS」までのベスト、もう1枚は新作という変則的なアルバムだけど、改めて聴くとマイケルが何故キング・オブ・ポップと呼ばれる所以がよく分かる。ロックでもソウルでもなくポップ。ここがポイントだと思う。

正直、ディスク2の当時の新作の方は余り聴いておらず(妹ジャネットとのデュエット「SCREAM」はカッコ良かったけど)ベストの方ばかり聴いてたけど、思い入れは「ROCK WITH YOU」かな。「OFF THE WALL」収録のソウルナンバーだけど、古臭くても何処か懐かしい気分にさせてくれる。私が今でも(ちょっと古臭い)ソウル系が好きなのはこの曲が影響してるのかも?

しかし、まさかこういう風に亡くなるとは思ってもいなかったんで、こうしてレビュー書いていても全く実感が湧かない。今、全世界で軒並みマイケルのアルバムやDVDが売れているらしいけど、追悼盤とか未発表曲集とか絶対に出てくるだろうな。現存のCDを買おうとは思わないけど、来月発売の紙ジャケは直ぐに売り切れそうなんで、早めに手を回した方が良いのかな?

色んな人達が追悼の言葉で「もう2度とこういう人は現れない」と言うけど、本当にそう思う。私を洋楽の世界に導いてくれたマイケルには改めて感謝したいと思う。REST IN PEACE...

「ROCK WITH YOU」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=7hK3Y1Ehv9c

「SCREAM」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=vNl2Pm9-7Vk&feature=channel