先日、久しぶりにワイルドハーツのライブに行って来ました。ライブ自体は約1年ちょい前のサンダー以来で、ワイハのライブはチケットの半券見ると2007年2月の代官山UNIT以来約10年振り!ホントに久しぶりだ。
この10年の間にワイハそしてジンジャーも色んな形で日本でライブやってるんだけど、何故か全然行くタイミングがなかった。金欠だったり、サンダーのライブの1週間前で被ったりとかそういうタイミングじゃ行きたくてもなかなか行けないし、こういうのが地方者のキツい部分だから、東京に住んでる人達がホントに羨ましい...と毎度の事思う。
まあ、今はライブ行くのも仕事の休日がちょうど公演と重なれば当日券で行くというのが主流になってしまったので、今後もタイミングがあればライブに行くという形になると思う。今回、偶然に重なったので行く事が出来てホントラッキーだったな。

で、今回のライブは「FISHING FOR MORE LUCKIES」のアルバム再現ライブという事だったんだけど、実際に”どの”「FISHING FOR MORE LUCKIES」なのかがよく分からなかった。ってのも、このアルバムがリリースされた時はちょっとした混乱があったからだ。
元々ジンジャーの考えでは、2ndアルバムを実際にリリースされた「P.H.U.Q.」とこのアルバムの曲を入れてリリースするつもりだったけど、レコード会社から「長過ぎる」との理由でカットせざる得なかったので、それならファンクラブ限定として6曲入りの「FISHING FOR LUCKIES」(MOREが抜けてるけど、ジャケットは同じ)を1994年に自主制作でリリース。

それが英国の音楽雑誌で高評価されて、レコード会社が改めて再リリースしようと未発表曲やデモを入れた9曲入りの「FISHING FOR MORE LUCKIES」(ジャケットには赤文字でMOREが入ってる。私が所持してるのはコレ。)が正式にリリースされたのだけど、これにはジンジャーが大激怒。「デモとか2~3曲オマケで入れたこんなクズみたいなアルバム、絶対買うんじゃねーぞ」とライブで観客に訴えたのだけど、これでしか聴けない曲があるとなるとどーしても欲しくなるのがファン心理な訳で、当時私は西新宿のディスクヘヴンにてカット盤を購入した。

で、その翌年に新曲6曲収録して(日本盤は更に「WEEKEND」と「29×THE PAIN」のリレコverと、「BEAUTIFUL ME...BEAUTIFUL YOU」「CAFFEINE BOMB」をボートラ収録)ジャケットも変えて再々リリースされたという経緯があるので、結果的に似た様なアルバムが3枚リリースされたという何とも変なスタイル(笑)。

今思うと、バンドとレコード会社の意志の疎通が無い事がはっきり分かる話だけど、ファンクラブ限定は本国でしか手に入らないから致し方ないとしても、その後の売り方は全く頂けないと。新曲6曲ってのもリリースを急かされたお陰で、1週間の間に書かれたモノばかりなので曲の短いモノばかりだし。まあ「SICK OF DRUGS」や「RED LIGHT-GREEN LIGHT」は後にライブの定番曲になるくらいのキャッチーな曲だったのが救いだったけど、今思うとかなりポップな甘いメロディで作られた感じでジンジャーにしてはシンプル過ぎるかな?

まあ、3枚目のモノは以前レビューしてるので今回は2枚目のモノなのだけど、やはり「INGLORIOUS」「SCHITZOPHONIC」「DO THE CHANNEL BOP」「SKY BABIES」は秀逸だと思う。今回のライブ観ても感じたけど、捻くれたメロディに重いリフを入れた如何にもジンジャーにしか作れない楽曲こそがワイハ最大の魅力な訳で、それはこの後の作品で徐々に後退してシンプルでストレートなスタイルに移行したお陰で魅力を失ったのはホントに残念だった。まあ、こういう曲構成が完全に失った訳じゃないのがせめてもの救いだけど。
で、このCDでしか聴けないのは「SADDENED」という1分半の短い悲観的な曲と「P.H.U.Q.」に収録された「I WANNA GO WHERE THE PEOPLE GO」のアーリーver(要はデモ)。オリジナルよりもテンポが遅めで、中間部が長めなのでちょっと印象が違う程度。「UNDERKILL」と「GEORDIE IN WONDERLAND」はシングルB面曲だけど、この時期のB面曲はホントに出来の良いモノばかりなので(後に2枚組ベストや4枚組ボックスセットに収録)当時聴いた時はライブで演れば良いのにと思ったくらい(まあ「GEORDIE IN WONDERLAND」はよくライブで演ってるけど)。
因みにこのアルバムからは「IF LIFE IS A LOVE BANK I WANT AN OVERDRAFT」がシングルカットされてるけど、当時レコード会社とのいざこざに怒り心頭のジンジャーは、レコード会社との契約を切る為にわざと勝手にハードコアポルノスタイルのPVを製作(笑)。曲自体も反コマーシャルソングをシングルにするという発想も面白い。

ワイハやサンダーのライブでいつもよく思う事なんだけど、ホントに良い曲の多いバンドは定番曲のライブよりも知られざる曲のみだけのライブというモノを演ってほしいなあと。そういった点では今回のライブは滅多に演らない「INGLORIOUS」や「SKY BABIES」や「SOUL SEACHING ON THE PLANET EARTH」(この曲は今後演奏される事はないと思うし)がライブで観られたのは素直に感動した。
今年はワイハの新作を作るとジンジャーが公言してる事から、またワイハに対する興味が湧いてきた感じ。結構ムラがあるけど(苦笑)ホントに良いバンドだとつくづく思った次第だ。


「INGLORIOUS」


「SKY BABIES」
スポンサーサイト




久々に戻ってこられました。仕事が忙しく、体力もない状況なんで...と毎度同じ事書くのもちょっとアレなんで止めときますけど、音楽だけは毎日色々聴いてるお陰で「アレもブログに書かなきゃ」状態になってるので、地味に更新していく所存です(笑)。

さて、今月ソロで来日公演を行なうジンジャー率いるワイルドハーツの2003年発表の通産4作目となるオリジナルアルバム「THE WILDHEARTS MUST BE DESTROYED」を今回はチョイス。
自分自身のテンションを上げたい時に聴きたいモノの一つがワイルドハーツなんだけど、ここ暫くはちょっと遠ざかってたりする。理由は単純、単に聴き過ぎ(笑)。このアルバム以前の作品群は特に最高で、何度聴いたか分からないくらいのお気に入りだったりする。
彼等のデビューは1992年でこのアルバムは2003年発表、しかも活動歴10年でたった4枚というのも驚きだけど、多作過ぎてミニアルバムだのファンクラブオンリーだの企画盤が多すぎてオリジナルのアルバム自体が少ないのは本末転倒みたいだけど(苦笑)そこがワイハらしいというか何というか。

で、このアルバムは前作「NAMELESS, ENDLESS」から6年経ってからのリリースな訳で、その間にバンド解散やジンジャー・シルヴァー・5やクラム・アヴュースやスーパーシット666などのユニット活動、そしてソロ活動などを行なっていたのでそれほど待たされた感はなかったのが印象的だった。
ワイハの解散は当時は凄く悲しくて、しかも赤坂ブリッツで観た来日公演ではデヴィン・タウンゼントのSYLとの競演という事で凄く嬉しかったのだけど、当のワイハのライブでPAに問題があってジンジャーの機嫌がすこぶる悪く、ライブも今一つ盛り上がりに欠けるというレアな経験(?)をしたのだけど、これが最後のライブじゃなあ...と不完全気味だったので2002年に復活宣言した時は単純に嬉しかったモノだ。

サンダーもそうだけど、何故か私が好きなイギリスのバンドは解散⇔再結成を繰り返すフシがあるみたいだ(苦笑)。まあ、イギリス人特有なモノなのか周りの環境なのかよく分からないけど、契約消化によって新たにリセットする気持ちの方が強いんだろうなあ。プロレスラーの引退宣言と同様で信じちゃいけないモノなのかも(笑)。

このアルバムの前に復活作としてミニアルバムをリリースしているけど、そこで聴ける音はリフ、リフ、リフの嵐でヘヴィな音像も伴って随分激しくなったなあ~という印象だったけど、満を持してのフルアルバムではそれほどのヘヴィさは感じなく、むしろメロディを強調とした作りでシルヴァー・ジンジャー・5に近いモノだと感じた。
しかも以前のワイハにあったあの複雑な曲構成が殆どなく、妙にシンプルでこざっぱりしたコンパクトな作りなのも驚きだった。以前からパフィーみたいな曲がお気に入りだとインタビューで言ってたくらいだから、ここに来てこういうスタイルに転じるのか...とちょっと残念な気持ちにもなったな。

冒頭の「NEXUS ICON」から、前述のミニアルバムにも収録されてた「VANILLA RADIO」までの4曲の流れは非常に良い。だけど後半は彼等にしてはかなり普通の出来で、シングルカットされた「SO INTO YOU」や「TOP OF THE WORLD」が入ってるにも関わらずかなり地味な印象。期待していただけに、ここがこのアルバムの弱点じゃないかと思うし、私がそれほどまで聴き込めない理由だと思う。

この後バンドは不定期ながらも活動は続けており、今ではジンジャーのメインはソロ活動に比重を置いてるみたいだけど、ワイハは完全に終わってる訳ではないと言うから、この後もアルバムのリリースは期待しても良いと思う。
私は残念ながらソロ活動の方は余り興味が持てないのだけど、ジンジャーみたいに多作なミュージシャンはバンドの枠に捉われない活動の方が伸び伸びやれるんじゃないかと思う。本人が全力を尽くせない状態でバンドのアルバム作りましたと言われてもファンとしては困惑してしまうし。まあ、バンドに集中して凄いモノ作ってほしいというのが一番の願いでもあるのだけど。


「VANILLA RADIO」


「SO INTO YOU」




いよいよ今月末に控えたサンダー来日公演。
今回は新作ツアーって事で、再解散が決まった来日公演や再々結成後の来日公演(苦笑)の時の様なグレイテストヒッツ的なライブではないみたい。イギリス公演では新作から5~6曲演奏してるみたいなので、凄く楽しみだ。さすがに3回続けて似た様なセットリストはマンネリ化するだろうし。
ホントは彼等に望むのは、以前クラブチッタで募集したリクエストからメンバーがチョイスする形のセットリストなんだけど、確かあの時はダニーもルークも「大体リクエストがありきたりな選曲で...」って事で、そんなに珍しい曲は演奏されなかったんだよなあ。彼らにはホントに良い曲が多いんで、いつかマイナーだけの曲で構成されたライブが観てみたいなと。アンコールで従来の人気曲やれば良い訳だし。

そんなサンダーと似た様な境遇の、私の大好きなバンド:ワイルドハーツも何と来日公演が決まってしまった。しかも時期がサンダーの1週間前(苦笑)。幾ら何でも被りすぎだろ。
サンダーとワイハが似てる境遇というのは、同じ英国出身であり、メジャーレーベルからアルバム発表するもレコード会社とよく揉めるし、メンバーチェンジもあるし、何度も解散⇔再結成する(苦笑)。
そんな彼等の2ndアルバム「P.H.U.Q.」を今回はチョイス。リリースは1995年。

今回の来日公演は、この「P.H.U.Q.」の20周年記念ライブって事でアルバム全曲プレイするそうだ。やはり2年前にも「EARTH VS THE WiLDHEARTS」の20周年記念ライブがあり、その時も平日(と金欠)だったので行けなくて悔しい思いをしたので(しかも東京と大阪のみ1回ずつだったので、ジンジャーの憂さ晴らしのお陰か(笑)2時間越えの熱演で、東京ではライブ終了が22時過ぎだったそうな)今回は絶対に行くつもりだったのに、さすがに平日2週続けて有給は取れないんで、また泣く泣く断念...
でも、こういう●●周年記念ライブがこのまま続くなら、次回は私の大好きな「FISHING FOR MORE LUCKIES」なんで、是非次こそは赤字になっても行かねば!!

で、このアルバム。リリース当時は、音楽業界がグランジ/オルタナ系が幅を利かせてた時期に、カート・コバーンの自殺でブームも終焉に向かいつつあったトコに発表されたアルバムだったので、雰囲気が何処となくグランジっぽい暗鬱な雰囲気が仄かに漂う感覚がある。勿論、ワイハの持ち味であるキャッチーなメロディに重い音質というコンセプトに変わりはないんだけど、内省的な雰囲気が感じられる曲「JONESING FOR JONES」「CAPRICE」「BE MY DRUG」「IN LILLY'S GARDEN」があるので、他のアルバム比べると勢いが若干落ちてる感じがする。

とはいえ、このアルバムには私的に名曲である「I WANNA GO WHERE THE PEOPLE GO」や、クラッシュっぽいリズムが印象的な「V-DAY」、ポップで洒落た雰囲気の「JUST IN LUST」、ライブでは客が飛び跳ね弾ける「NITA NITRO」、内省的でありながらもメロディが美しい「IN LILLY'S GARDEN」など聴き所満載で、これらの楽曲は私のお気に入りだ。

バンドの内情と言ったら、当時は毎週の様に何か騒ぎを起こしており、英国のプレスではソープオペラとまで言われたみたいで(笑)英国の雑誌ケラングの編集部に乗り込んでPCなどを破壊し、シングルを切らせてくれない・シングルジャケットの案も通らない・PVの案も通らないから勝手に自分達でハードコアポルノのPV作ってレコード会社(イーストウェスト)の重役達を激怒させ、PVの撮影でニューヨークへ行ってそのまま英国へ戻らなかったり、その滞在先でドラマーのリッチがタバコの火でボヤ騒動、前任ギタリストのCJをクビにして新たなギタリスト:マーク・ケッズを加入させたと報じるも、その本人が加入を否定してそのまま脱退...と、とにかく色んな事が多過ぎ(苦笑)。
まあ、元々トラブルメイカーと言われるジンジャーの事だからこれくらいは...と思いきや、本人達は相当苦労したみたいで、それは基本的にイーストウェストとのトラブルから発展していったモノなんだろうなあ。
こんな感じだったので、ジンジャーはバンド活動に失望して解散を決めかかるのだけど、最後に....と思ってやって来た初の日本公演で物凄い歓迎を受けて考えを改めて、バンド存続を決めたというのは有名な話。

ただ、バンドの創作意欲(というかジンジャーの創作意欲だけど)はこの時が最もピークだったみたいで、後に4枚組BOXセットや2枚組ベスト盤にも収録される楽曲群はホントに神掛かってる。ヘヴィな楽曲からメロウな楽曲まで、この人はどーしてこんなに多作なんだろうか?と素直に驚かされたし、それに伴うバンドの成功が収められない事もファンとしては非常にがっかりしたもんだ。

しかし、このアルバムから20年かあ...そりゃ歳も取る訳だと改めて思うけど(苦笑)今でもこのアルバムは輝きを失っていないと断言する。まあ、ファンならではだからこそ言える言葉なんだけどね(笑)。


「I WANNA GO WHERE PEOPLE GO」


「JUST IN LUST」


「IN LILLY'S GARDEN」

フツパーフツパー
(2009/09/02)
ザ・ワイルドハーツ

商品詳細を見る


昨日は、近所のデパートでホワイトデー用のプレゼントを買いに行ったのだけど、そこのデパートに入ってるすみやに「もしかしてエアボーンの新譜って入ってるかなあ?」と覗きに行ったら、店の前にデカイ張り紙で「長年のご愛顧ありがとうございました」という文字。
もしかして閉店!?
と中を確認したら、店内全て半額セールだった。
それ見た瞬間、何かのスイッチがオンになってテンション上がりまくり。今週・来週とライブも2つ控えてるし、もう今月はCD買わないぞ...と心に決めた事も何のその(爆)片っ端からチェックして回って結局CD5枚とDVD1枚購入。...ああ、何てダメな男...

その中の1枚、昨年発売されたワイハの新作「iCHUTZPAH!」(フツパーと読む)。
私的にワイハは「NAMELESS, ENDLESS」まではホントにハマっていて、解散を機に熱も冷めていったのだけど、再結成後のイマイチ中途半端な路線やジンジャーのソロ活動だの、追っていくのが面倒になってしまい、新作が出る度に特にチェックもしなくなってしまった。

そんな感じなので、久々に聴くワイハの新曲となる訳だけど、過去のワイハにあった毒々しさや曲展開が変わる構成は殆ど皆無で、その分ストレートでシンプルな印象を受けるので、もはや別バンドと言っても過言ではないと思う。
しかしそこはジンジャー、ただのシンプルな構成ではなくちょっとしたお遊びなんかも入って耳を惹きつける。

インナースリーヴを読むかぎり今のバンドの状態はかなり良いみたいで、バンド全員が曲作りに参加している事から音の変化も必然的だったのだろう。ちょっとエモっぽい雰囲気だったり、CJがかつて在籍していたハニー・クラックっぽい雰囲気だったり、そして従来のバンドの路線もちょこっと入ってる事からバンドは新たなスタイルを見つけたのだと思う。

うん、この路線なら次作も期待しても良さそうな気がするな。でも、バンドが今メジャーレーベルに属していないのが活動が狭くなってしまってちょっと不安でもあるけど...それに、先日ジンジャーが加入したマイケル・モンローと平行してバンド活動出来るのだろうか?

「CHUTZPAH」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=cF1NJzt1PwA

「JACKSON WHITES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=dDbcRR8hXvI&feature=related

トウキョウ・スーツ・ミー ~ライヴトウキョウ・スーツ・ミー ~ライヴ
(1999/01/30)
ワイルドハーツ

商品詳細を見る


ここのトコ、昔のHR/HMを聴き続けている為かテンションが上がる様なモノを求め続けており、正にミュージックジャンキーと化しているのだけど、このアルバムも久々に聴いたら当時のライブを思い出して懐かしくなった。ジンジャー率いるワイルドハーツの1998年一度目の解散ライブの模様を収めた「TOKYO SUITS ME」。

タイトル通り、東京の赤坂ブリッツでの最終公演の音源なのだけど、私はこのライブの2日前のライブに足を運んでいた。
当時、ハマるにハマっていたバンドの涙の解散公演とあっちゃあ行かない訳にはいかず、平日公演でありながらもチケット取った訳だけど、その理由はもう一つある。それは日にちによってサポートアクトが付いており、最終日はヘラコプターズが務めて、私が観た日はデヴィン・タウンゼント率いるストラッピング・ヤング・ラッドだった。「CITY」をリリースした後のライブで非常に観たかったので、ホント嬉しかったなあ。
勿論、ライブは荒れて最高だった。オープニングでいきなりジンジャー乱入して「ALL HAIL THE NEW FLESH」をカマしたのはマジでカッコ良かったし。

しかし、肝心のワイハのライブは曲を追う毎にジンジャーの機嫌が悪くなってしまい、早くも3曲目あたりでマイクスタンドに頭突きを食らわせていたり、かなり投げやりだったのが観てて良く分かったくらい。セットリストも短く、アンコールも一応デヴィンと「SUCKERPUNCH」競演したけどさっさと引き揚げてしまった。
「日本でのライブは特別だから」...とあれほど言ってたジンジャーが、あれほど雑で怒りを顕わにしたライブはこの時が初めてだったのではなかろうか?まあ、逆に珍しいモノを見せてもらったが...(苦笑)

そんな経緯があったお陰か、このライブ盤での演奏は意外にタイトにまとまっている。音質に関してはお世辞にも素晴らしいとは言えないけど、逆に臨場感があって良いと思う。ワイハに綺麗な音質なんて最初っから求めてないし(笑)。また初回盤には、別のクラブハウスで行われたアコースティックライブの模様を収めたディスクも付いていた。珍しい「CAFFEINE BOMB」のカントリーverや、B面曲の「MINDSLIDE」を観客と掛け合ったりと、なかなか楽しいドキュメント(と呼ぶのが正しいかと)となっている。

結局は今現在も活動しているワイハだけど(爆)この時はちょっと感傷的で、その後の復活やソロやシルヴァー・ジンジャー5などの活動を考えると、やはりワイハはこの時に一呼吸置くのが良かったんだろうなあ。

「I WANNA GO WHERE THE PEOPLE GO」1997.東京 赤坂ブリッツ↓
http://www.youtube.com/watch?v=DBGJ499WKx0

「SICK OF DRUG」1997.東京 赤坂ブリッツ↓
http://www.youtube.com/watch?v=pmFkGQtrfCg