リテュアル・デ・ロ・ハビテュアルリテュアル・デ・ロ・ハビテュアル
(1997/05/25)
ジェーンズ・アディクション

商品詳細を見る


このバンドとの出会いは、当時平日の早朝(何故そんな時間帯に...と思うけど、今思うとそれでも地上波で放送してくれたことに感謝しなきゃイカンのだろうなあ...)にTBSで放送してたMTVヘッドバンガーズ・ボール(といっても、アメリカそのまんまの番組ではなく、萩原健太と光岡ディオンのVJで30分番組のヤツ)で、いきなりアンスラックスやドン・ドッケン、ウォレントなんかと一緒に「STOP」のクリップが流れて、当時は「何だコレ?メタルじゃないじゃん!」と最初は軽く流してた。
しかし、何故か耳に残るヘンなハイトーンと妙なポップ感が気になり、またアクセル・ローズが「DON'T CRY」のクリップの中でこのアルバムジャケのTシャツ着ていたのが印象的で、それなら一度アルバム聴いてみるか...となったのが、彼等の2ndアルバムである「RITUAL DE LO HABITUAL」。

国内盤で発売されているのは、オリジナルVerの紙粘土で作った変な人形のジャケなのだけど、何故かキリスト教を冒涜しているとの事で本国では見事に発禁ジャケとなり、新たなVerでは単にバンドロゴとタイトル、そして発禁になった腹いせなのか(笑)表現の自由を訴える文字だけのシンプルなモノ。私はその発禁直後だった時期とカブった為、白ジャケを買いましたが。

全曲聴いて思ったのは、まずフェイス・ノー・モアやレッチリみたいにミクスチャーのジャンルで括られるタイプではあるけど彼等ほどストレートな感じではなく、もっとサイケ風味を散りばめた感じに聴こえるので、正に真の意味でオルタナティヴなのだろうな。

演奏はかなり荒いけど、とにかくグルーヴ感がハンパない。「NO ONE'S LEAVING」や「AIN'T NO RIGHT」あたりではその凄さをよく分かるけど、圧巻なのが「TREE DAYS」。約11分あるこの曲は、構成的にはめちゃくちゃなんだけど、その訳の解らなさが凄さを増幅させているというか、ホントに括りに困る楽曲だと思う。後半の盛り上がり方(特にギター)は最高で、アルバムのハイライトだと思う。

このアルバムを最後にバンドは一度解散して、Voのペリー・ファレルは新バンド:ポルノ・フォー・パイロスを結成。後のオルタナ系フェスの「ロラパルーザ」の首謀者となり、Gのデイヴ・ナヴァロは何とレッチリに加入。これには当時かなり驚かされたなあ。13年後に再結成され、アルバム1枚出してまた解散という、一体何やりたいんだよ?と言いたくなる活動もこのバンドには妙に似合うのが不思議(しかもYOU TUBE検索すると、最近のライブもアップされている事からまた再結成したのか?)

考えてみりゃ、ブレイク前のニルヴァーナよりも先に出てたんだよなあ、このアルバム。やっぱりこの頃のアメリカは飽和状態から変化していく一歩手前だったんだな...

「STOP」クリップ↓
http://www.dailymotion.com/relevance/search/jane%27s+addiction/video/x26y6j_idontlikeyouinthatwaycomjanes-addic_music

「BEEN CAUGHT STEALING」BBCライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=hvDNMRZLL-0
スポンサーサイト