エル・グリンゴ・レトロエル・グリンゴ・レトロ
(2001/02/09)
ルーク・モーリー

商品詳細を見る


今月は何気に忙しくてロクに更新出来なかったので、大晦日の今日くらいはきっちり締めておこう...という事で、今年最後のレビューは今年再解散の為に来日公演を行った元サンダーの(と、書かなきゃいけないのが非常に悔やまれる...)ギタリスト、ルーク・モーリーのソロアルバム「EL GRINGO RETRO」。発表は、サンダーが最初の解散後に作られた2001年。

先日、ひょんな事から発見した未開封CDセールのサイトで9枚購入した中の1枚で、勿論安値という事もあったけど、それ以前にサンダー関係は一応網羅しておきたいと常々思ってたので、ボウズ&モーリーの2枚含めて良い買物が出来たな、と。

肝心の内容は勿論サンダーの様なHRとは方向性が異なっており、ルークの渋い趣味全開といった感じで、もっとレイドバックした大人のロックといった感じ。
普通、バンドのギタリストのソロアルバムだと、ここに(バンドの)ボーカルの声が入ってれば...と少しは思ったりするモノだけど(リッチー・サンボラのソロなんかが良い例かな)このルークのソロには全くそんな事は感じなかった。あのダニー・ボウズの様な物凄いシンガーであっても。それだけ、ルークの声がこのテのスタイルに合っているという事なんだろうな。
ギタープレイに関しては申し分無いのはご存知の通りで、ルークの歌唱力もサンダーのバックコーラスで十分認識してたけど、こんなに味があるボーカルとは思ってなかったな。

お気に入りは「CAN'T STOP THE RAIN(PART 1+2)」。タイトルを見てピンと来る人は凄いと思うけど、あのアイズレー・ブラザースのスタイルを踏襲した楽曲で、アイズレーの場合はあのコーラスでR&B系と直ぐに分かるけど、それが無い分もっとスタイリッシュな感じで仕上げている。因みに「ROAD TO PARADISE(PART 1&2)」でも同様のスタイル。こっちはシャーデーっぽいアダルトっちっくなノリ。

全体的には、休日にのんびりと過ごしたい時にぴったりのアルバムかと。私も今まで色んなアルバムを聴いてきたけど、こういう音が心地良く感じる様になったのは歳取った証拠なんだろうな(汗)。

ルークは今、若手と一緒にTHE UNIONなるバンドのレコーディング中との事で、既に本国でライブも数本行ったらしいけど、サンダーでの実績、そしてこのソロアルバムを聴いた今、期待しない訳にはいかないなあ~。
スポンサーサイト