先日のマイアミ・バイスのサントラの次にこのアルバムをチョイスする事は前以って決めていたのだけど、偶然にもこの夏にこの映画のHDリマスター版が劇場公開されるという報を2日前に聞いてマジで驚いた。タイミング良すぎだろ!
昨年待望のブルーレイが発売されて、この映画が大好きな私は勿論予約購入して大満足な気分だったのだけど、それが今度は劇場公開とは。もう30年以上前の映画だし、しかも内容は今の時代には余りにも単純なストーリーなんだけど、それでも若かりし頃に観て以来、今の年齢になってもまだ観てるんだから惹きつけるモノは十分にあるんだろうな。

ってな訳で、ちょっと長い前置きになってしまったけど、今回のお題は1984年公開のアメリカ映画「ストリート・オブ・ファイアー」のサントラをチョイス。リリースは同年、今から34年前の作品。そりゃ歳も取りますって...

このCD自体は、市内のCD屋で¥1000セールの中に埋もれてたのを拾ってきたんだけど、確か当初のジャケットは映画のポスターと同じ絵柄で、今は輸入盤でもこのジャケットに統一されてるみたいですね。
「ロックンロールの寓話」というサブタイトルにもある様に映画全編に音楽が行き渡っていて、ヒロインがロックディーヴァという設定でもあるので音楽にはかなり力を入れたサントラだと思うけど、ロックンロールという定義をどの様に持つかによって評価が変わってくる内容かと。勿論、映画の世界観そのままなので期待外れという訳ではないんだけど...

ヒロインが冒頭で歌う「NOWHERE FAST」とエンディングで歌う「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」(邦題:今夜は青春。演奏は両方共ファイアー・インク)は文句無しにカッコイイ仕上がり。この2曲が聴きたい為にサントラ買った人が殆どではなかろうか。
あとエンディングの重要な場面で流れるダン・ハートマンの「I CAN DREAM ABOUT YOU」(邦題:あなたを夢見て)も普通に良い曲だし、地味だけど結構好きなマリリン・マーティンの「SORCERER」も良い。

フィクスの「DEEPER AND DEEPER」とマリア・マッキー(おや?先日のロビン・ザンダーのソロにも参加してましたね)の「NEVER BE YOU」を除いて、後は典型的な50s路線のロックなので個人的には余りピンと来ないのだけど、映画の中で使われてる楽曲なので聴き流してる程度なら「あ、あのシーンでの曲か」と認識する感じかな。
私的には主人公が電車でホームタウンに戻ってくる時に流れるインストの楽曲を入れてくれれば良かったのに...と思った。ライ・クーダーが担当してるので、彼のソロワーク集には収録されているという情報をネットで知ったけど、その1曲の為だけにCD買うのもなあ...
因みに「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」は、後に椎名 恵さんがTVドラマ「ヤヌスの鏡」の挿入歌として日本語カヴァー「今夜はエンジェル」というタイトルで発表してるので、当時を知ってる方は聴いた事あると思う。

しかし「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」はホントに素晴らしい。やっぱ映画のラストシーン思い出すしね。この映画に限らずとも映画やTVドラマのサントラが売れるのは、こういった印象的なシーンに使われて映像と音楽がリンクするからリスナーが聴きたくなるというモノなんだろうし。私もこの曲聴きながら、コート着てスーツケース持って街を出たくなるし(中二病全開ですな/笑)。


「TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG」 FIRE INC


「I CAN DREAM ABOUT YOU」 DAN HARTMAN
スポンサーサイト




ちょっと体調崩してしまって2日間寝たきりになってしまいました。仕事も早退し、帰宅して着替えずそのまま寝てしまったくらいキツかったんですが、今回は吐き気+腹痛なんで寝てる以外マジで何も出来ないので、横になって久々に「マイアミバイス」のDVDを観てました(苦笑)。
以前ドン・ジョンソンのソロアルバムをレビューした事があるくらい私はバイス世代なんですが、ちょうどあの80年代半ばの海外TVドラマ放送は隆盛を誇ってた時代だったので、バイス以外にも「俺がハマーだ!」「エアウルフ」「こちらブルームーン探偵社」「特攻野郎Aチーム」「ナイトライダー」などよく観てた。特に火曜日21時からバイス~22時からハマーの流れは毎週欠かさないほどのハマり様だったし。

何でそんなにバイスが好きだったのかというと、当時のヒットチャートの楽曲をそのままドラマの挿入歌として使用し、それが毎週代わるので洋楽初心者にはちょうど良い勉強にもなっていたのだ。まあ刑事ドラマでかなり硬派な作りというのも気に入ってた理由なんだけど...。余談だけど、その後に放送されたハマーがマンガみたいなノリだったのも凄いギャップがあって楽しかったなあ。この2作品はウチでDVDコンプしてあるので、何時でも好きな時に観られるのは至福の喜びだったりする。ああ、大人で良かった!(笑)

ってな訳で、久々にサントラの方も聴いてたので今回はこのアルバムをチョイス。リリースは1985年。因みにこのジャケは再発のモノで、オリジナルの方はバイスの主演2人のカットが使われてる。
アルバムの方がチャートで1位獲ってたのかどーかは覚えてないけど、ジェフ・ベックなどと一緒に活動していたヤン・ハマーによるこの超有名なテーマ曲はシングルカットされて、インストゥルメンタルでありながらも見事にNo.1を獲得した。それ位本国でのバイスの人気はハンパなかったという訳だけど。

ドラマを観ていた人には分かると思うけど、このサントラに収録されているミュージシャンの楽曲は全て劇中で使われており、中にはミュージシャン本人がドラマにゲスト出演してたりもする(グレン・フライやフィル・コリンズ)。収録されている楽曲は以下の通り。


1.THE ORIGINAL MIAMI VICE THEME / JAN HAMMER
2.SMUGGLER'S BLUES / GLENN FREY
3.OWN THE NIGHT / CHAKA KHAN
4.YOU BELONG TO THE CITY / GLENN FRAY
5.IN THE AIR TONIGHT / PHIL COLLINS
6.MIAMI VICE THEME / JAN HAMMER
7.VICE / GRANDMASTER MELLE MEL
8.BETTER BE GOOD TO ME / TINA TURNER
9.FLASHBACK / JAN HAMMER
10.CHASE / JAN HAMMER
11.EVAN / JAN HAMMER

このアルバムからのシングルカットは、前述のヤン・ハマーのテーマ曲以外にもグレン・フライの「YOU BELONG TO THE CITY」が全米2位(1位獲れなかったのを凄く覚えている)。「SMUGGLER'S BLUES」もシングルカットされているけど、こっちはスマッシュヒットだった記憶が。
また、この当時復活したティナ・ターナー、大ヒットを連発するフィル・コリンズ、前年で既にブレイクしていたチャカ・カーンなどの楽曲が収録されて、しかも大ヒット中のTVドラマのサントラという事もあってアルバムは結果的に300万枚400万枚(2003年時点。地味JAM尊サン、ご指摘有難うございます。)を売り上げる大ヒットを記録。因みにグランドマスター・メリー・メルは、チャカ・カーンの「I FEEL FOR YOU」の冒頭でラップを披露している人物なので、勿論楽曲もラップ。ヤン・ハマーの楽曲は全てインストという構成。
これに気を良くしたのか、後に続編のサントラ2枚を発表するけどこの1枚目ほどのヒットは記録しなかったなあ。収録曲も結構微妙な感じだったし、この1枚目ほどの統一感は無かったと思う。

私はドラマをリアルタイムで経験出来たので、このサントラを聴くと劇中の印象的なシーンが思い出されて当時の事まで思い出してしまう。「YOU BELONG TO THE CITY」はシングル買ったよなあ~とか、「SMUGGLER'S BLUES」はベストヒットUSAでも紹介されてたよなあ~とか。チャカ・カーンのこの曲が「I FEEL FOR YOU」(アルバム)に収録されてたらもっとカッコ良かったのに...とか色々思い出す。それ位ツボにハマってたという訳ですな。


「THE ORIGINAL MIAMI VICE THEME」


「YOU BELONG TO THE CITY」

ラスト・アクション・ヒーローラスト・アクション・ヒーロー
(2005/01/19)
サントラフィッシュボーン

商品詳細を見る


またまたサントラ続きです。たまたまブックオフのセール品の中で何気に発見してしまい、有無言わず即購入を決めた、アーノルド・シュワルツネッガー主演の「ラスト・アクション・ヒーロー」のサントラ盤。

何と奇跡の¥105!!

映画自体は観てないので何とも言えないけど、そんな観てもいない映画のサントラに何の興味が?となると、HM/HR系の豪華なメンツが揃い踏みなんですねえ。

私が一番の価値を見出しているのは、やはりAC/DCでしょう。この映画の為の新曲「BIG GUN」を提供しているのだけど、この音源がこのサントラしかないので(あとはCDシングルがあるけど、既に入手不可だし)貴重だったりする。因みに楽曲的には如何にもAC/DCなんで安心して聴けるクオリティ。リック・ルービンがプロデュースしている為か、結構聴き易い感じ。

それとアリス・イン・チェインズの未発表2曲も収録されているのだけど、この2曲(「WHAT THE HELL HAVE I」「A LITTLE BITTER」)もなかなか秀逸な出来で、「WHAT THE HELL HAVE I」は彼等のPV集にも収められていたりする。楽曲的には、「WHAT THE HELL HAVE I」は如何にも彼等ならではの呪文系で(笑)、「A LITTLE BITTER」の方はやや疾走感のあるオルタナっぽい雰囲気かな。

他にもメガデス(「ANGRY AGAIN」)、クイーンズライク(「REAL WORLD」)、エアロスミス(「DREAM ON」ライブ)などの既発曲に、アンスラックス(「POISON MY EYES」)、テスラ(「LAST ACTION HERO」)の未発表曲も収められている。アンスラックスは彼等のオリジナルに入れても全くおかしくないし(というか、何故入れなかった?)、テスラは如何にもサントラ用に書き下ろした曲なので、余り彼等らしさは感じられないけど(デカいコーラスが入る、如何にもアリーナロック的な音)それでも普通にカッコイイ。
ただ、その中に混ざって何でサイプレス・ヒルやフィッシュボーンが入ってるのか不明。畑違いじゃん。

「BIG GUN」:AC/DC↓
http://www.youtube.com/watch?v=U2KM-_zpCno

「WHAT THE HELL HAVE I」:ALICE IN CHAINS↓
http://www.youtube.com/watch?v=5pzwXThcAPo&feature=related

「POISON MY EYES」:ANTHRAX(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=EdGb6YjsWyw

The Punisher (パニッシャー)The Punisher (パニッシャー)
(2004/04/28)
サントラシーザー

商品詳細を見る


今週、民放TVで放送された映画「パニッシャー」のサントラ盤。

映画の内容うんぬんよりも、このサントラの参加ミュージシャンの豪華さがかなり目を惹き、当時のラウドロック勢がこぞって参加、また未発表曲満載という事もあってラウド系にはそんなに縁の無い私は入門編に良いかも...と思ったくらい。
映画版ブログにも詳細は書いたけど、このCDがあったからこそ映画が観たいと思った訳で、もっと極論を言ってしまえばある1曲が気になったのでこのCDを買った様なモノだ。
その1曲とは、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったエヴァネッセンスのVoエイミー・リーが、当時の彼氏が在籍しているバンド、シーザーと競演しているとの事なので、当時エヴァネッセンスにハマっていた私は当然目を付けたと。
「BROKEN」は、TVの「全米トップ40」で何気に観ていた時に掛かって素直にカッコイイと思わせたので、CD買ったのだが。

他にピンと来たのは、新Voが加入したばかりのドラウニング・プール「STEP UP」。もはやラウドロックで括るよりも普通のメタルに近付いた感じの楽曲で、前Voよりも好みだったりする。またアメリカのプロレス団体WWEのPPVのテーマ曲になった事もあり、派手なイメージにもぴったり。
このサントラで初めて耳にしたクイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジも、カヴァー曲だけど変なノリでかなり面白いし(「NEVER SAY NEVER」)、ダメージプランとアリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルのコラボも良い味出してる(「ASHES TO ASHES」)。
他にもニッケルバックは相変わらず良い曲提供しているし(「SLOW MOTION」)パドル・オブ・マッド(「BLEED」)、エヴァネッセンスを脱退したばかりのベン・ムーディーの提供曲も以前在籍していたバンドみたいに如何にもな雰囲気で面白い(「THE END HAS COME」)。

まあ、全部通しで聴くにはちょっとキツい感じではあるけど、1曲1曲の完成度は結構高いと思った。しかし、やはりこのテのバンドは雨後の竹の子状態で、良いモノは残るだろうけどそれ以外は...って事も感じ取られたな。

「BROKEN」/SEETHER FEAT. AMY LEE↓
http://www.youtube.com/watch?v=hfOYufGFiZg

「STEP UP」/DROWNING POOL↓
http://www.youtube.com/watch?v=byk_iDwtPfw

「NEVER SAY NEVER」/QUEEN OF THE STONE AGE(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Q2Jko0Pw_LU&NR=1

I Am SamI Am Sam
(2002/01/08)
Original Soundtrack

商品詳細を見る


ビートルズのCDが遂にデジタルリマスター化されるとの事で、非常に楽しみにしている。
何せ、数年前にビートルズのCD-BOXセットを買おうかどーしょうか非常に迷って、高価という事もあってその時は断念したのだけど、やはりロックの基本というべきかたまに聴きたくなる時があって、その都度迷っている自分がいるのである。
で、昔のバンドが次々とリマスター化されていくのを横目に、何故ビートルズはリマスターしないのか?と疑問が付き纏っていたのだけど、HMVで詳細を見ると4年前から作業に入っていたとの事。それだけ時間を掛けたのなら音質に関してはかなり期待をして良いのではなかろうか?
因みに、私は初期よりも後期が好きなので、発売されたら「SGT.PEPPER’S LONLEY HEARTS CLUB BAND」「THE BEATLES」(ホワイトアルバム)「ABBEY ROAD」「LET IT BE」あたりが欲しいなあ。

という訳で、久々にYOU TUBEでビートルズを聴いているのだけど、このアルバムも久々に聴きたくなって引っ張り出した。映画「アイ・アム・サム」のサウンドトラック。
映画好きの方ならご存知、この映画のBGMは全てビートルズの楽曲を今の世代のミュージシャン達がこぞってプレイしているモノなのだ。

オリジナルをリアルタイム聴いている人は「絶対に本家に追いつける訳がない」といって鼻で笑うだろうけど(実際に私の周りにもそういう人がいた)新解釈というか、ビートルズをリアルタイムで経験出来ていない世代が今のミュージシャンには多い訳で、如何にビートルズが凄かったと力説しても今イチ理解出来ないのも事実だと思う。

私はビートルズ世代ではないけど、彼等の偉大さは十分理解しているつもりだが、正直ここまでアタマが硬くはなりたくないな...と思う(笑)。私が敬愛するポリスやイット・バイツなどのカヴァーを他のバンドがプレイしたからといってそれを否定する気もないし、むしろ逆に喜んで聴くけどなあ。

このアルバムではビートルズの有名曲からマイナーの曲まで良いバランスで収録されていて、かなり楽しめる1枚だと思う。中でも好きなのはブラック・クロウズの「LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS」、ルーファス・ウェインライトの「ACROSS THE UNIVERSE」、ザ・ヴァインズの「I'M ONLY SLEEPING」、ステレオフォニックスの「DON'T LET ME DOWN」。
他にも有名どころではパール・ジャムのエディ・ヴェダー、エイミー・マン、ベン・フォールズ、シェリル・クロウなどが参加していて、それぞれの個性が出た素晴らしいプレイを聴かせてくれる。

映画の方は良い内容なんだけど、ちょっとツメが甘いというか勿体無い感じが残るけど、音楽に関しては楽曲の良さは勿論の事、オリジナルでは出来ない新鮮な印象を与えてくれていると思う。

「ACROSS THE UNIVERSE」:RUFUS WAINWRIGHT↓
http://www.youtube.com/watch?v=H71Fv3PcQQY&feature=related

「DON'T LET ME DOWN」:STEREOPHONICS↓
http://www.youtube.com/watch?v=UPFhtcwwrtU&feature=related

「LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS」:AIMEE MANN↓
http://www.youtube.com/watch?v=j649Jc9elpI&feature=related

おまけ「I'M ONLY SLEEPING」:NAIMEE COLEMAN(注:サントラには入ってません)↓
http://www.youtube.com/watch?v=fuBDWj9fvno&feature=related