FC2ブログ




さすがにこの映画は社会現象になってしまったのでスルーする訳にはいかないでしょう...という事で、久々に音楽関係の映画を取り上げます。昨年公開されて最近まで劇場公開され続けてロングランになった、クイーンのフレディ・マーキュリーにスポットを当てた作品「ボヘミアン・ラプソディ」を今回はチョイス。

この映画は製作前から色々と話題があった作品で、製作決定したにも関わらずフレディ役の俳優は誰にするのかで揉めて、音楽プロデューサーのブライアン・メイとロジャー・テイラーがサシャ・バロン・コーエンで決定したという話が、映画の方向性での食い違いでサシャ・バロン・コーエンは降板、加えて監督も降板するというカタチになった時はもう製作出来ないんじゃないか?と思った。
そもそもサシャ・バロン・コーエンのチョイスには私的に全く納得してなかった。「ボラット」を観て下品な人だなと思ってたし、そういうタイプの人がフレディ・マーキュリーを演じられるのか?と疑問だったので、降板と知った時は正直ホッとしたくらいだ。

監督も交代し、話が二転三転してなかなか製作が進んでないみたいだから気長に待っていよう...と思い、やっと公開が決まったのにそれほどの待ち侘びた感が無かったのは半ば諦めの方が強かったからなのかもしれない(苦笑)。主演のラミ・マレックのフレディ姿を見た時も、似てる似てないは別としても何かフレディにしては線が細いなあ~という感じで、余りピンと来なかったし。

こういった伝記映画は本人に似てる事を一つのポイントとして観る人もいるけど、正直いって私は余り気にしてない。本人とは別人な訳だし、もっと似てる人を...と思ってもそうそう見つけられる訳でもないし、仮にそっくりさんが出ても演技が大根なら目も当てられないので、雰囲気さえ似てれば基本OKで捉えてる。

だけど実際に映画を観て驚いたのは、雰囲気は勿論の事その仕草や動き方まで本人かと思わせるほどの演技。これは相当努力したんじゃないかと思った。実際にラミ・マレックはクイーンの事をそれほど知らなかったみたいで、まずはムーヴメントコーチと呼ばれるスタッフと一緒にフレディがどんな動きや喋り方をするのか構築した...とブルーレイの特典映像で語っている。
また他のキャストのチョイスが絶妙で、ロジャー・テイラーはともかく、ブライアン・メイとジョン・ディーコンはマジで似てた。特にブライアン・メイ役の方は本人に「自分かと思った」と言わしめるくらいだし、ステージで小走りする細かい動きまで似てるのが笑った。後は悪名高いポール・プレンターもそっくりだし、ジム・ハットンも激似。ボブ・ゲルドフなんかマジで本人か思った(笑)。

内容に関しては賛否両論で、特に実際の史実とのズレが問題視されていて、ブライアン・メイ自身がこの映画はドキュメンタリーではないし、2時間の映画で史実を組み立てるのは難しいので幾つかの出来事を圧縮したりずらした事を許可した...という事なのでコレはコレで良いと思う。確かにクイーンの歴史は長いし、映画で描かれなかった事も山ほどあると思うけど、基本的な部分はちゃんと描かれているので気にはならなかった。でも、クイーンを最初に認めた国と言われる日本の話はちゃんと入れて欲しかったなあ。ライブシーンは実際に撮影されたみたいだし。

後は同性愛の要素が足りないとか、単にバンドのストーリーをなぞっただけとか言われてるみたいだけど、個人的には上手くまとまっていた思うけどなあ。某巨大掲示板などでよくアンチが騒いでるけど、じゃあそのアンチが何をもってこの映画を批判してるのか?という理由を全く書いてないでただクソ映画とか言ってるのはマジでアタマ悪いんじゃないか?と。単にかまってほしいだけじゃねーのか??ちゃんと何処がダメなのか指摘してくれるとまだ話は分かるんだけど。

個人的にはライブエイドで終わる構成で良かったと思う。実際にライブエイドでの評価は当時の批評で10点満点中10点取ってるし。ボブ・ゲルドフが「地球規模のジュークボックス」って表現してたけど、正にそんな感じで他のミュージシャンの評価を全て上回るパフォーマンスだったのは間違いないと思う。コレはリアルタイムでライブエイド観てた時も思った事だし。

更に驚いたのが、この映画が公開されてからの反響。ロングラン上映になったのは従来からのファンは勿論の事、クイーンを知らない世代がこの映画を観て素直に評価して、何度も映画館に足を運ぶ事になったのが原因らしい。確かに今の時代はこういった大物ミュージシャンが殆ど存在してないので、世界的な知名度を誇るバンドがこういう映画を通して再評価を得られるというのは音楽好きには素直に嬉しい。この映画を受けて他のミュージシャンも伝記映画を作るんじゃないかな。デヴィッド・ボウイやプリンスなんかは普通に作りそうだし、ストーンズはバンドが終わってから作りそうだし。

個人的に好きなシーンは、バンドが初期の頃にレコーディングにお金を掛けられないからといってスタジオでドラムの上に小銭置いて音を変えたり、アンプ吊るして左右に振ったり色んな事を試してプレイしているシーンや曲作りの流れ。実際にあんな感じだったんだろうし、「BOHEMIAN RHAPSODY」でのロジャーのコーラスなんてホントにあんな感じだったんでしょうね(笑)。

この映画の余りの反響の大きさに、この後のフレディの出来事も映画化するか議論されているらしいけど、個人的にはそれは止めてほしいと思う。辛い部分がかなりクローズアップされるだろうし、この映画で綺麗にまとまったのを台無しにする可能性もあるので意味合いが変わってくると思うし。それなら、実際のクイーンのドキュメンタリーを観てもらった方が伝わりやすいんじゃないかな?

最後のエンドロールの部分で「THE SHOW MUST GO ON」が流れるけど、個人的にはこの曲よりも「GOD SAVE THE QUEEN」で締めてもらった方がしっくりくる様な気がしたけど、実際に映画を観た方達はどう思うだろうか?


「予告編」
スポンサーサイト

グローバル・メタル [DVD]グローバル・メタル [DVD]
(2009/02/27)
METALLICAIRON MAIDEN

商品詳細を見る


映画版ブログにも書いたけど、先週はDVDレンタル5本\1000セールを借りて休日を消化していたのだが、その時に偶然この新作DVDとして置いてあったので、コレは見て見ぬフリをする訳にはイカンだろう...という事で、早速借りて観てみた。前作「ヘッドバンガーズ・ジャーニー」から2年、サム・ダン渾身の2作目「グローバル・メタル」。

前作では「何故メタルは嫌われるのか?」という題材で、HM/HR系のミュージシャンを中心に検証していったモノだったけど、今回の題材は「メタルが世界各国でどの様な位置付けにあるのだろうか?」という題材で、世界各国を回ってその国のメタルシーンを探るというモノ。そこには我が国日本も入っている。

確かにHM/HRってアメリカやヨーロッパなど盛んな地域のシーンは耳にするけど、例えばイスラエルやインドなんかにメタルシーンが存在するのかどーか分からないし、もしその存在を知っていても多分耳にする事はないと思うし。そーいった意味ではホントに興味深く観る事が出来た。

驚いたのはインドネシアで、メタリカのライブでチケットを持っていても会場に入れず、逆に警官隊の暴行を受けて鎮圧させられるという、まず日本じゃ考えられない話だった。しかも若者に悪影響を与えるとか何とかでその後のメタル系ミュージシャンのライブは一切禁止させられたという。一体、何時の時代の話だよっ!?

イスラエルにもメタルシーンが存在するのは意外だった。スレイヤーの「ANGEL OF DEATH」の歌詞にもある様にユダヤ人を刺激する内容であるにも関わらず、そのイスラエルの人達はスレイヤー側の意図を汲み取ってる事実にも驚いた。普通なら論争が起こってもおかしくない話なのに。

そして我が国日本の話といえば、ヴィジュアル系とメタルの線引き的な内容が何とも平和な話で...(笑)他の国は何だか殺伐とした話ばかりなのに。
でもホントに日本は恵まれてるなあ、と実感した。欲しいCDは手に入るし、髪伸ばして如何にもメタルな格好をしていてもせいぜい疎ましく思われるくらいで済むんだし。イスラエルでの、長髪でスレイヤーのTシャツ着ていただけ宗教警察に捕まり殴られたなんて話は、まず絶対に日本じゃありえないだろうし。

正直、あとロシアあたりも取材してくれれば面白かったとは思うけど、でもまあこれだけやれば十分だろうという内容で私的には満足だ。次作がどの様なカタチになるのかは分からないけど、色々問題提起してもらってHM/HRをもっと深く掘り下げてもらいたいと思う。

因みに、サム・ダンと同行していたスコット・マクフェイデンはアイアン・メイデンのドキュメント「フライト666」にも同行(サム・ダンと一緒に日本公演に来てましたね)次は何とラッシュのドキュメントを撮る予定だという!コレは非常に楽しみだ!!

予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=pLxJBXSIs-A

メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー [DVD]メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー [DVD]
(2009/01/28)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


観たい×2と思いながら、ここ最近の”新作大量ラッシュ”の波に飲まれ、いつの間にか忘れかけた頃、近所のヤマダ電器に別件で買物に来た際、ポイントが¥4000以上付いていた事を知り(遅い!)「コレなら何かCDかDVD買えるな」(と、思い付くトコが結局そこだと.../笑)と思い、色々物色してたら、このDVDが目に止まり、速攻購入。

古くは「メタル・イヤーズ」「ウェインズ・ワールド」などと、メタルを題材とした映画はあった事にはあったけど、このDVDで監督自身語ってる通り、メタルというジャンルをかなり軽視してる部分が多く、シリアスには捉えていなかった。ポール・スタンレーやオジー・オズボーン、デイブ・ムステインがインタビューに応じている「メタル・イヤーズ」はともかく、「ウェインズ・ワールド」は「ただのおバカ映画」だったのでホントに失望させられたくらいだ。

で、早速鑑賞。
監督が人類学の博士号を拾得した人物という事で、ちょっと敷居が高いのかな?と危惧していたのだけど、至って題材はシンプルで「メタルは何故嫌われるのか?」というモノ。他にもメタルに関する様々なイメージにポイントを当てて(悪魔崇拝や検閲、宗教など)様々な角度からメタルを検証しているのが面白い。
出てくるミュージシャンも、アリス・クーパーやロニー・ジェイムス・ディオ、トニー・アイオミやブルーズ・ディッキンソンなどの大御所の中にも、アンジェラ・ゴッソウやスリップノット、意外なトコではメイヘムやヴォイ・ヴォドのメンバーなどが出て来て、中々興味深い事をそれぞれ語っている。

観終わって思った事は、海外と日本のメタルの認識がかなり大きく異なってるいる事。DVDの特典映像で、日本のHMに携わる人達と監督の対談集が収録されているけど、これが非常に面白かった。やっぱ考えてる事は皆同じなんだな、と。
日本では宗教観とかそんなに反映されないけど海外じゃ大アリだし、世間の認識も日本でのHMは一部のマニアの音楽程度しか思われていないだろうな。「バカがやる音楽」とか言った人間もいるくらいだし。
ロブ・ゾンビの語った「メタルの世界はめちゃくちゃデカイのに、殆どの奴らはその存在すら知らない」というのは確信を突いているな、と。

あと、ノルウェーのブラックメタルにはマジで驚かされた(苦笑)。ホントにこいつらマジなんだな、と。音楽的には自分の求めるモノと大きく異なっているので全く興味ないのだけど、その存在に関しては興味あるかな?

でも、結局はこの監督のメタル愛が大きく感じられる。じゃなかったら、こんな映画なんか撮らなかっただろうし、ドイツのヴァッケン・オープン・エア・フェスティバルで自ら楽しそうにヘッドバンギングしている姿が何よりも語ってる。

何でも「パート2」の製作も開始しているとの事なので、次回作も非常に楽しみだ!

ヘヴィ・メタル~ラウダー・ザン・ライフ [DVD]ヘヴィ・メタル~ラウダー・ザン・ライフ [DVD]
(2006/08/09)
不明

商品詳細を見る


今回はちょいと趣旨を変えて音楽関係のDVDをレビュー。

今年の夏頃に、日本でも主要都市のみで公開された映画「ヘッドバンガーズ・ジャーニー」。私は田舎に住んでるので、映画自体はこっちには来なくて、東京まで観に行こうか?と考えたのだけど、何時の間にか終了してしまったので、DVDが出るのを楽しみにしてるのだけど、それと同時にこの映画の存在も知った。
しかし、この映画は劇場公開されておらず、DVDでいきなり発売されたので近いウチに観てみよう...と思ってたら、近所のTHUTAYAにレンタルで入荷していたので「こりゃラッキー!」と思い、早速借りて観てみた。

内容は「ヘヴィメタルとは何ぞや?」とテーマに、大物メタルバンドから中堅バンド、プロデューサーや音楽関係者などのインタビューを元に、延々2時間近く語ってるだけのモノなのだけど、途中中だるみはするものの、結構興味深い話が聞けてそれなりに楽しめた。以前あった「メタル・イヤーズ」よりは全然面白かったな。
また、最近シーンに姿を表さないミュージシャンの最近の姿が拝めるので、その辺も多いに楽しんだ(?)。久々に観たジ●ン・サ●クスが○ってるし(笑)。

中でも興味深かったのは、80年代のジューダス・プリーストやオジー・オズボーンを巻き込んだ”ファンが彼等のレコードを聴いて自殺した裁判”でHM/HRが槍玉に挙げられた一連の騒動の話。
当時は『バカな話だ』と一笑に伏したけど、当の本人達は溜まらなかっただろうなあ。だって、どー考えたってレコードを逆回転して聴くヤツなんて普通はいないでしょ?
映画の中で音楽心理学者(?)なる人が『レコードを買ってくれるファンに自殺を促すくらいなら、普通は「レコード10枚買え!」と入れるだろう』って語ってるけど、正にその通りで思わず笑ってしまった。

あと『ファンをどれだけ大切に思ってるか?』を各バンドのメンバーが語ってるのだけど、ロニー・ジェイムス・ディオが『ファンがいなかったら私は今、こうしていない。多分、土建屋だろう。それはそれで楽しそうだけど。』のコメントには爆笑。何故に土建屋??

あと『メタルの歌詞は反抗するモノだから反抗的な曲を書こうと思ったけど、豪邸に車5台、船もあって、プールサイドでそれらを眺めて「いざ書こう!」と思っても何も出て来ない』とディー・シュナイダーが語った言葉には「なるほどな」と思わず納得。

他にも色々な話が出ているので、興味がある方は一度観てみる事をお薦めします。