Master of the MoonMaster of the Moon
(2004/09/07)
Dio

商品詳細を見る


いきなり私事の話ですが、先日愛車のボンネットから煙が上がり「何事か!?」と慌てて開けてみたら、ベルトがブチ切れ、焼き付いてしまったので、直ぐにディーラー呼んでチェックしてもらって今日原因が分かったのだけど、今月の頭にクーラー直してもらったトコがまたダメになってしまったらしく、今度はコンプレッサーまでダメになってしまい、前回の修理費¥5万に加えて、今回は¥9万。締めて¥14万の出費...ホント、もう気絶しそうなくらいの痛手ですよ。これじゃ、何の為にパソコンローン組んだのか分からないし。
お陰で、暫くは新譜は欲しいモノ以外は購入出来ませんなあ~。来月はラッシュのドキュメンタリーDVDが出るってのに(まあ、コレは絶対に買うけど)...ライブも暫く自粛ですよ。まあ、前回メタリカ蹴ったのはある意味正解だったけど、別にコレを予期してた訳ではなかったし。

ま、それはともかく今回のレビューは、前回のヴィンス・ニールの新作と一緒に購入した、ディオ名義のオリジナルアルバムではラスト作になってしまった、この「MASTER OF THE MOON」。
本来は2004年に発表されているのだけど、ここ数年のバンドの不振から国内盤の配給が遅れに遅れて翌年に発売されたので、名義としては2005年でカウントという事で。

何故かこのアルバムは前から気になっていて、現白蛇のダグ・アルドリッチがディオと掛け持ちしてた頃に発表されていたので、アルバムでもてっきりダグが弾いてるのかと思いきや、実はおなじみのクレイグ・ゴールディだったのは意表を突かれた。しかも、この時のレコーディングメンバーにはジェフ・ピルソンが参加してたのも驚いた。確か、この後にフォリナーに参加したんだっけ?しかもツアーメンバーにはルディ・サーゾが参加してたし、レコーディングの初期段階には何とウォーレン・デ・マルティーニが参加してたという話だから、もう何が何だか分からない感じだったりする。

で、肝心の内容はいつもの古典的なHRなのだけど、全体的にスケール感を余り感じさせないのはロニー御大のセルフ・プロデュースだからか?音作りの上手いプロデューサーを雇えば、かなり壮大なイメージになるのに...と、聴きながら思ってしまった。
楽曲の方も、全体的にミドルテンポで支配されているので、比較的ノリの良い「ONE MORE FOR THE ROAD」「LIVING THE LIE」が物凄く貴重な存在かと。日本盤ボーナストラックの「THE PRISONER OF PARADISE」もノリが良いので、間違いなく国内盤を薦めますな。
ミドルテンポでも説得力のあるモノだったら文句ないのだけど、やはり似通った印象になってしまったのは残念。それでも、何故か何度も聴き返してしまうのは御大の歌唱力のお陰かな?
「DREAM EVIL」あたりを期待すると肩透かし必至だけど、地味ながらも何度も聴いてしまう変なアルバム(笑)かと。これがあと2~3曲スピード感のある楽曲が収められていたなら、評価が変わったのではなかろうか?

久々にメタルのジャケット!ってな感じで、結構好きな絵だったりするけど、やはり今の時代には合ってない気も。まあ、昔から続けているバンドだから古典的でも許されるけど、これが最近のバンドだったら見向きもされないんだろうなあ...


「MASTER OF THE MOON」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ho7BUFeAj48

「ONE MORE FOR THE ROAD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HipGuzP2pw0&feature=related

スポンサーサイト

The Very Beast of DioThe Very Beast of Dio
(2000/10/03)
Dio

商品詳細を見る


前回のW.E.T.と一緒に注文したディオの輸入盤ベスト「THE VERY BEAST OF DIO」が到着したのは良いのだけど、まず某密林に言いたい事が。
PCが壊れて買い直した時に、月々無駄使いをしない様に...とわざとローン組んだので、このローンが終わるまでCD注文の際は全て代引きで支払いをしようと思って同梱で頼んでいるのに、W.E.T.のフライング発送メールの翌日にこのCDを送ってるのは一体どーいう事かと?1日違いなら、一緒に送れよ#

で、今月買ったカテドラル・FM・W.E.T.と、私好みのCDばかりでこの1週間聴き通しだったので、このベスト盤がちょっと後回しになってしまった。改めてロニーの追悼の意味も込めて。
本来ならオリジナルアルバムを聴くべきなのだろうけど、残念ながら国内盤は「HOLY DIVER」と「MAGICA」以降のみしか残っておらず、初期の作品はこの先追悼盤として再発してくれるのでは?という淡い期待を持って、今回はリマスターに定評のあるライノベスト盤をチョイスした。
国内盤でも「DIAMONDS」と「THE COLLECTION」というCDがあるけど、「DIAMONDS」は曲数が少なく、「THE COLLECTION」は選曲が微妙に違うけどなかなか売ってなかったりするので、リマスター効果を狙って輸入盤にしてみた。

本来ならオリジナル盤をチョイスすべきなのだろうけど、以前語った通り昔レンタルで落としたカセットでしか聴いておらず(しかもそのカセットも何処か行方不明)廃盤の作品もそのうちまた再発してくれるのでは?という淡い期待をしているのだけど...

しかし、こうして改めて聴いてみると、ディオというバンドは結構時代に翻弄されていたバンドだったのでは?と感じてしまった。バンドの方向性を示す意味の1st~2ndはともかく、当時のLAメタルブームに乗っかり(?)一般受けを狙った3rdあたりから少しずつ歯車が狂ってしまったと思う。
私的には4thまでは全然許容範囲だけど、発売当時4thは評判が悪くて、前作で脱退したヴィヴィアン・キャンベルの後釜のグレッグ・ゴールディも華が無いと叩かれたりして、自分自身の方向性を見失ったと思う(後にロニーは4thの出来を中途半端と評価したのもマイナスだったと思う)。

後は時代に沿った方向性でお茶を濁した感もあって、徐々にバンドがパワーダウンしてしまったのは残念だった。何かと比較の対象だった(歌唱力の事ではない)オジー・オズボーンがソロで成功を収めたのに何故ロニーは...となるのも無理は無かったと思う。

ボーカリストとしての地位は十分築いたのに、それに見合った成功を受けられなかったというのはホントに残念な事だけど、生涯現役を貫けたのはミュージシャン冥利に尽きたのではなかろうか。今はロニーの心の平穏がそこにある事を祈るばかりだ。

「STAND UP AND SHOUT」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=mGj6Cj392Cc

「HUNGRY FOR HEAVEN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=DMwgNCPuu88

「I COULD HAVE BEEN A DREAMER」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=oIzW1FF1dpU&feature=fvw