オーダー・オブ・ザ・ブラックオーダー・オブ・ザ・ブラック
(2010/08/11)
ブラック・レーベル・ソサイアティ

商品詳細を見る


先週の金曜日にTBSの「ニュース23」にて、オジーの来日公演の模様が流れるという噂を聞いて、とりあえずTVで張ってたのだけど、例の奄美大島の大雨情報で流れてしまい、今週はどーか?と思っていたら台風情報で結局放送されず。
オジーの来日公演から結構日にちが経ってしまったので、何かこのままお蔵入りの可能性が...ましてやステージで蝙蝠かじった奇人が、日本のニュース番組に出るなんて80年代じゃ全く考えられなかった訳で、非常に楽しみにしてたのにホント残念っす。

で、この怒りの矛先を何処にぶつければ良いんだ?と思った矢先、たまたまこのアルバムの発売を知り(しかも2ヶ月前に出てたなんて...)タワーレコードの3倍ポイントデイに併せて買いに走ったのは良いけど、肝心なCDが売ってなかった。しかも「じゃあ、他に何か...」と物色しても、欲しいモノが全く見当たらず、結局何しに来たんだ?的状態に...しかし、諦めずに次のCD屋で何とか確保出来たけど、夜勤前に探し回ったので、ちと疲れた...

で、私にとって久しぶりのBLS。前回買ったのは4thアルバムだったから、結構なブランクとなった。
そもそも何で購入に至ったか?と言うと、試聴で聴いた感じが”もしかして過去最高!?”と感じたからで、しかもオジーバンドから離脱後という事もあって、どんなスタイルを踏襲するんだ?と興味もあった。

で、全曲聴いた感想は、聴く前に感じた事がズバリ当て嵌まっていた。つまり、BLSの最高傑作と断言しよう。
これまでのBLSはスロー&ミドルなヘヴィ一辺倒だったので、2~3曲聴くには申し分ないけどアルバム全曲となるとかなり飽きるので、それほど魅力は感じてなかった。
ただ、4thアルバムだけはノリが違う感じで、オジーがVoで参加した曲もあるくらいキャッチーで聴き易くなっていたので、捉え方が他のアルバムとは例外だけど、今回は更にそれを越えた感じで、聴きやすくなっているのがポイントかな?
1stや2ndみたいなスタイルを好む人には今回のは満足じゃないだろうけど、一般的なHR好きな人達には絶対にウケは良いと思う。

冒頭の「CRAZY HORSE」から、あのチョーキングヴィヴラートが聴こえただけで直ぐに分かるザックの音。しかも、キャッチーながらも破壊力満点の豪快なノリ。明らかにこれまでとは違う雰囲気で攻めている。
バラードが意外と多いのもこれまでとは違うけど、普通に良曲なんでアルバム全体通して聴く分にはアクセントになっている。明らかにザックの作曲能力は上がってると思う。
それに歌い方がオジーに近い事もあって、オジーの新作でこれらの楽曲が挙がっていたなら、オジーの新作はとんでもない事になっていたかと思うと、ちょっと惜しいかなと。

アルバムのジャケットもアジア向けと本国向け、ヨーロッパ向けの3種あって、私的にはアジア向けが一番良いかと。ライブ時のバックドロップのデザインもこれになったみたいだし。

また、この作品はビルボードで初登場4位に輝くという、このテの音にしては珍しい現象も起きていることから、世間のザックに対する興味が高まってるという事だろうか?
オジーと袂を割ったのは残念だけど、BLSが今後この路線を突き進むのであれば私的には非常に満足だ。

「CRAZY HORSE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=w1YaNZcUPGc

「PARADE OF THE DEAD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=VuCtL5SrW94&feature=channel
スポンサーサイト