連休なので音楽を聴く時間がたっぷりあって非常に有意義なんだけど最近は少しHR関係から離れてた事もあって、片っ端から気になったモノをチョイスして聴きまくってる。
ただ、ウチのコンポが壊れたのをずっと放置にしてるので、そろそろ安いモノで良いんで新しいコンポを買おうかな?と店頭へチェックしに行こうと車に乗り込んだら、何とフロントガラスに30cmほどの大きなヒビが入ってるのに気が付いた。
昨夜出掛けた時には気付かなかったのに...と思いながらも、さすがにちょっとマズイなと思いディーラーへ直行し見積もりを取ってもらったら¥100000弱。ちょっとコンポどころじゃないじゃねーか!?と。
車両保険で直すかどうか相談する為保険屋に電話するも、担当者は翌週まで休みとの事なんでちょっと悶々とした気分に。
そんな訳で、連休気分を思いっ切りブチ壊してくれて最悪ですわ...

ってな訳で、昨日のグレン・ヒューズともデュエット経験のあるジェフ・スコット・ソートが在籍していたタリスマンの3rdアルバム「HUMANIMAL」を今回はチョイス。発表は1994年。
1st、2ndと北欧メタルの名盤扱いで順調に活動していたけど、発表当時はこのアルバム2種類のモノが存在していて日本盤とEU盤とでは曲順と収録曲が違うモノだった。何でも日本向けの内容とEU向けの内容を考えてたとの事。まあ、後にパート2という事でEU盤を国内盤でリリースする事になるのだけど。
ここで大体察しが付くと思うけど、メロディアスなHRを好む日本のリスナーは音楽性の変わった3rdアルバムを受け入れてくれるのだろうか?という意味合いで国内盤をメロディアスな曲重視で編集したみたいだけど、当時はグランジ/オルタナの終焉がそこまで迫ってる時点でのこの音楽性の変化...狙っていたのかどうなのか分からないけど、1stや2ndアルバムからのファンはこの変化に相当戸惑ったのではなかろうか?

当時のBURRN!のレビューや記事なんかでも結構書かれていたので当時はこのアルバムは買わなかったのだけど、2004年にリマスター盤として2枚組で再発されたモノを後に買って聴いたら、そりゃ確かにこの変化には驚く訳だわ...と。一聴した時は期待外れとも思ったくらいだし。
1stアルバムでの北欧メタル的な透明感は完全に姿を消し、代わりにヘヴィでファンキーなグルーヴを重視したHRに変化し、2ndアルバムからの数曲はこの音楽性の変化への布石を感じられたりもしたけど、まさかここまで大幅に変えてくるとは思わなかった。マルセル・ヤコブのベースってここまでファンキーだったっけ?と意外に感じられたし。
今改めて聴くとそれほど内容は悪くないし、このテの音楽に理解のある人ならタリスマンの新作という概念を捨てて聴けばまず問題ないのではなかろうか?

ジェフは、後に自身のソロ作でこのテのスタイルを追求するからこの変化はジェフの意向なのかも知れないけど、こういう経緯を知らないでアルバム買った人はマジで失望したんじゃないかな?ヘヴィでファンキーなのが悪いって事じゃなく、余りにも音楽性を変えすぎたという意味で。
でも、後にジェフとマルセルでタリスマンを復活させる前にヒューマニマルという名前で名義でアルバム1枚リリースしてるくらいだし、彼等には思い入れのあるアルバムなんじゃないかな?と。


「HUMANIMAL」


「D.O.A.P.S.」
スポンサーサイト

GENESIS(ジェネシス)(直輸入盤・帯・ライナー付き)GENESIS(ジェネシス)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/10/10)
TALISMAN(タリスマン)

商品詳細を見る


さて、先日購入したタリスマン¥1000均一の2枚目「GENESIS」。
コレもリマスター効果が抜群で、買い直して正解だった。ボーナスディスクも付いてこの金額はほぼ投げ売り状態だけど、そもそもリマスター盤は過去の音源のマスタリングを再度やり直したモノなのだから、定価近くで売らないでもうちょっと安く出して貰えると買い直す人達ももっと増えるんじゃないかな?

それはともかく、バンドとしては2作目。私は当時、BURRN!の輸入盤扱ってる店の広告でこのジャケットを見て「おおっ、2作目出したのか」と知ったクチなんだけど、地味だった前作に比べると今回は分かり易くて良いと思ったなあ。
で、なかなか待っても国内盤が発売されず、確かBURRN!でのレビューもちょっと遅かった様な気がしたので、国内盤待ちなのかな?と思い、国内盤が出るまで我慢した記憶がある。西新宿の今はもう無い輸入盤店で輸入盤見つけた時は喉から手が出る程欲しかった...余談だけど、あの輸入盤店は今思うと近所の駄菓子屋的なノリで、狭い店内に入口が銭湯の番台みたいな感じで、如何にもアングラ的で好きだったなあ。

で、国内盤を手に入れ聴いてみると、前作にあった如何にも北欧メタル的なノリやAOR風味はほんのり漂う程度で、全体的に当時のHM/HRっぽいスタイルで統一されている。またジェフ・スコット・ソートの好みが反映されてか、幾分ファンキーなノリも増えてきており、結果的にはコレがバンドの個性になるのだから、本当の意味でのデビュー作なのかも。

ただ若干音楽性が変わったからといって魅力が無くなった訳ではなく、逆にキャッチーさが増して聴きやすいので、現代の感覚からするとこのアルバムの方がタリスマン初心者には一番お薦め出来るアルバムかと。
私的には「TIME AFTER TIME」「COMIN' HOME」「MYSTERIOUS」「GIVE ME A SIGN」「LOVECHILD」「LONG WAY TO GO」がお気に入り。
またアルバムのラストを締め括るのがバッド・カンパニーの「RUN WITH THE PACK」。ジェフの歌唱が御大ポール・ロジャースに負けてないのが凄い。でも、当時は何故これが収録されたんだ?と疑問もあった。アルバムの流れ的にもちょっと変な感じだったし。

またこのアルバムから加入したギターのフレドリック・オーケソンもツボを押さえた良いプレイを聴かせてくれる(そーいや、この後の彼は何処に行ったのか知らなかったので調べてみたら、アーク・エネミーに加入して、今はオーペスにいるとな!?)惜しいのは、前作同様にドラムが不在でドラムマシーンを使った事。ちゃんとしたメンバーがいたなら、かなり躍動感が感じられる作りになったのではなかろうか?

ディスク2はこのアルバムのデモ音源で、特に特出するトコはないけど、デモでもそんなにラフな感じではないので、これはこれで十分聴ける。最後に「MYSTERIOUS」のPVが収録されている(PVではちゃんとドラマーが叩いている/笑)。


「MYSTERIOUS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=f1cgiqIP1lY

「TIME AFTER TIME」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=FmQII0CUoCE&feature=related

「COMIN' HOME」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=7ga0V1LLbK0&feature=related

TALISMAN(タリスマン)(直輸入盤・帯・ライナー付き)TALISMAN(タリスマン)(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/10/10)
TALISMAN(タリスマン)

商品詳細を見る


先週のタワレコ3倍ポイントデーに併せて、意気揚々とタワレコに乗り込んで行ったのは良いけど、残念ながら欲しいモノが1枚も見当たらないのは一体どーしたものか?
今のご時勢ネットで欲しいモノが直ぐに手に入り、探し物も簡単に手に入るので、こうした実店舗が生き残るには品揃えで勝負するしかないのだけど、在庫を抱えたくない店側としては売れ線をプッシュするしか方法がないのにはホントに悲しいなあ。

こんな感じなので、じゃあネットで何かないか?と探ってたトコ、HMVで輸入盤CD¥1000セールを見つけて色々チェックしてたら、久しぶりにこのアルバムを見つけた。しかも、リマスター盤に加えてデモ・ライブ音源も収録した2枚組が何と¥1000。早速2ndと3rdも同時購入して、早くもウチに来た。
色々調べてみたトコ、このリマスター盤は2003年に発売されたらしく、数年前には直輸入盤に帯・ライナーを付けた国内盤も発売されたらしい。国内盤は¥2700くらいだったから、約1枚分の値段で3枚手に入れられたのは素直に嬉しい。

以前ゼロ・コーポレーションから発売された国内盤を持ってたんだけど、売ってしまったので久しぶりに聴いたけど、こんな感じだったっけ?北欧メタルの代表作に挙げられる本作だけど、当時は思ったほど良くは思えなかったのが(同じ北欧出身のエイリアンの1stの方が北欧濃度が高かったし)久々に聴いたら何か非常にカッコイイぞっ!?リマスター効果で音もメリハリがあり、スケールが増した感じだし。

北欧のブタ伯爵のバンドで一緒だったマルセル・ヤコブとジェフ・スコット・ソートが結成したバンドだけど、ブタ伯爵ほどのクラシカルな様式美は無く、むしろ幾分大味だけど北欧ならではの透明感を感じさせる北欧メタル。
その大味な雰囲気を感じさせるのは、今になって分かったのがジェフの歌唱力のお陰だったと。それを立証したのがディスク2に入ってるデモ音源。ここでのVoはジェフではなく、元マディソン、そして時期は違えどブタ伯爵のバンドにも在籍したヨラン・エドマン。彼の歌唱の方がより北欧らしさを感じさせるからだ。
ジェフの場合、大味というかこういう透明感のある演奏にこの頃の力で押し捲るスタイルには余り噛み合ってなかったという事なのかな?でも、それがこのバンドの個性でもある訳だし...最近のW.E.T.での歌唱を聴く限り、この時期よりは更に上手くなったと思うけど。
また、これらの楽曲を作り上げたマルセル・ヤコブの才能も特出すべきかと。タリスマンの核は間違いなく彼だという事を証明しているし。

このアルバムを購入する前に、某巨大掲示板にてマルセルのスレを覗いてみたトコ、マルセル死去に伴うジェフの追悼コメントが訳されていたのを読んで、ジェフとマルセルは本当に兄弟みたいな関係だったんだな、とちょっと感動した。彼のソロもちょっと探して聴いてみようかな?

「I'LL BE WAITING」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Ate3PCkraJI

「JUST BETWEEN US」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=X97eOsHrXXg

「DAY BY DAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Zr_wPUvYnbI&feature=related