FC2ブログ




週末から結構肌寒くなってきて、折角の休日も天気が曇り空なんで何処にも行く気分になれない。こういう時期にぴったりの音楽はないだろうか?という事でCD棚漁ってたらこのアルバムも見つけたので久々に手に取って聴いてみた。ダーレン・ワートン率いるデアーの通産5作目のアルバム「BENEATH THE SHINNING WATER」を今回がチョイス。発表は2004年。ジャケットも肌寒さを感じさせる様な雰囲気で如何にもなイメージですな。

デアーの音楽って、一度聴いても余り「おおっ!」と耳を惹く様な強烈なインパクトは殆どないのだけど、何度も聴くウチにじわじわと染みる様な感覚が心地良くて結局思い出した様に手に取る事が多い気がする。それは他の作品も同様で、多分CDコンポに入れる回数はそれほど多くはないけどたまに聴きたくなるから結局手放せないといった変な魅力を持っているかと。
メロディアスハードスタイルの1stアルバム、彼等の作品の中で最もヘヴィな2ndアルバムは例外として、ケルト風味の哀愁や叙情的なメロディが炸裂した3rdアルバム以降から音楽性は殆ど変わらないのはバンドとしての個性を確立したからで、勿論この5thアルバムも同路線なので期待を裏切る事はまずない作品かと。

もう冒頭の「SEA OF ROSES」からいきなりその美しい世界観に引き込まれて、それが最後まで続くので1冊の本でも読んでる様な感覚すら覚える。このテの音にしてはギターソロとかの割合が少ないと思うけど、その地味な音作りが自然で違和感を感じさせないのもまた個性の一つなんじゃないかと思う。前述の「SEA OF ROSES」「BENEATH THE SHINNING WATER」「ALLOWED TO FALL」「I'LL BE THE WIND」がお気に入り。

でも、こんなに良い音楽演ってるのに何で売れないんですかね?未だに活動出来ているのは勿論バンドに対する需要があるからな訳だし、欧州ではそれなりに知名度があるとは思うけど、他の地域なんかでは殆ど知られてないんじゃないかと。日本だって前作までは国内盤もリリースされていたのに、このアルバムでは遂にハブかれてしまい(次作では一応国内盤も出たけどまた出なくなってしまった)売り方次第ではもっと注目されても良いと思うんですけどね。

音楽性とは殆ど関係無いけど、ボン・ジョヴィの「LOST HIGHWAY」なんかもメロディがアメリカの大地を感じさせる様なイメージがあったりするけど、このバンドも彼等の地元ウェールズを含む欧州の湿り気のある雰囲気が十分感じられて実に丁寧に作られているんだなといつも感心する。確かに地味な作風だけどメロディの良さが全てを物語ってる様で、たまに聴きたくなるというのはこういう事が関係してるんじゃないかと。プロデュースはダーレン本人のセルフだし、CD盤のピクチャーディスクなんかPCプリンターで印刷した様なチープな印刷だったりするのも(一応MTMレコードからのリリースではあるけど)このバンドの素朴なイメージを感じさせたりする。

フィル・ライノットに見出されてシン・リジィに入ってから未だに活動続けていて、しかも自身の音楽を貫いている姿勢はフィルのミュージシャンの才能を見抜く着眼点も凄いけど、その才能を発揮して音楽を作り続けてるいるダーレンも素晴らしい。確かに黙作ではあるけど、その分期待は裏切らないというのも凄い事だと思う。だからこそ、ここ数年続いてるセルフリメイク作はもう止めてほしいんだよねえ...「SACRED GROUND」も素晴らしいアルバムだったんだし、オリジナルの新作も期待して待ってますよ。


「SEA OF ROSES」


「I'LL BE THE WIND」
スポンサーサイト






ここ最近、新作で欲しいモノが少なかったので旧作ばっか聴いてたトコに、久しぶりのこのバンドの新作が出ると言う情報を知ったので早速アマゾンのマケプレで注文したのが先日届きました。元シン・リジィ(という肩書きはもういらないかな?)のキーボード、ダーレン・ワートン率いるデアーの通産7枚目のオリジナルアルバム「SACRED GROUND」を今回チョイス。

数年前まで再結成シン・リジィのツアーに参加していたけど、そのメンバー達がブラック・スター・ライダーズを結成したお陰でダーレンはデアーの活動の方に戻ってきた訳だけど、その間が長いんだよなあ(苦笑)。
元々黙作なバンドではあるけど、前作「CALM BEFORE THE STORM 2」が発表されたのは2012年で、その前々作「ARC OF THE DOWN」は2009年発表だったので、オリジナル作としては7年振りの新作という訳だ。ジャケ下に入ってる”7”というのは、7作目という意味なんだろうけど「7年も掛かっちゃいました、すいません」っていうダブルミーニングじゃないよなあ(苦笑)。

今回の大きな話題としては、オリジナルメンバーだったヴィニー・バーンズの復帰でしょう。この話聞いた時はちょっとテンション上がりましたね。ヴィニーが抜けた後の作品も、HRの範疇ではないにせよメロディの美しさと叙情性が相成って素晴らしい作品ではあるものの、どーしても地味な印象は拭いきれなかったので、今回のヴィニーの復帰は初期の様なメロディアスハード路線に戻るのか?と期待させるモノだった。

で、早速聴いてみると、初期のメロハー路線ではなくここ最近の音楽性に幾分華やかさが戻ってきたという印象だった。メロディが美しいのは相変わらずだけど、更に音の奥行きが増したというかメリハリが付いた感じで良いですねえ。それに物悲しさを感じさせるというよりは、力強く爽やかな印象を与える楽曲が多いのも好印象かと。
ジャケットも、大自然をバックにモノクロのメンバーショットというシンプルなモノでバンドのイメージにぴったりだし(今回は誰も脱いでないです/笑)久々にバンド内のポジティヴな雰囲気が伝わってくる様です。

しかし、このバンドはいつでも流行り廃り関係なくブレない方向性を持ってるなあと思う。地味な印象があって、メジャーな割りには素朴で手作り感を感じさせる作風はダーレンの人柄を表しているかの様だし、黙作でありながらも未だに活動出来ているのはそれだけ支持してくれているファンも多いんだろうなあ。じわじわと心に染み込んで来る様な味わい深い音楽性はこれからも変わらないだろうし、末永く活動して欲しいと願う。


「STRENGTH」


「I'LL HEAR YOU PRAY」

dare /belife


という訳で、久々の連日更新です(笑)。
ここんトコ(というよりは、ここ数年と言った方が正しいかも)音楽は毎日聴いてる割りには、同じモノを聴く機会がめっきり多くなってしまい、これだけCD持っててもまともに聴かない状況が続いていた。新しいCDを買っても、数日聴いてあとは忘れかけてしまったり、忙しい日々に追われて買った事すら忘れてるモノすらあると思う。後は「良いアルバムなんだけど、今の気分にはちょっと合わないかな?」と後回しになって、そのまま聴かなかったりするモノもある。
なので、日々の疲れが溜まって特にやる事もなく、ちょっと悶々してる休日にはまともに聴いてない音楽と改めて向き合う機会にはちょうど良いのかも...と思い、久々にこの人達のアルバムを手に取った。元シン・リジィのキーボードだったダーレン・ワートン率いるDARE (デアーと表記されてるけど、カタカナ表記だとちょっとダサい/苦笑)の、通産4作目にあたる「BELIFE」を今回はチョイス。

DAREと言ったら、やっぱ不朽の名作である3rd「CARM BEFORE THE STONE」がアタマに浮かぶ人が多いと思うけど(それかメロハーの名盤扱いになってる1st「OUT OF THE SILENCE」)その3rdアルバムに続く今作でもその路線は全くブレず、もはやハードロックの範疇に入る音ではなく、ホイッスルなどのケルト音楽の要素を取り込み、前作よりも幾分明るさや温かみが増した彼等独自の音楽を演っている。

一聴すると凄く地味な音楽なので、テンションを上げたい時に聴くと肩透かしを喰らうのは間違いないのだけど、こうしてじっくり音楽だけに耳を傾けるとメロディの美しさや癒しの効果が存分に発揮されていて、彼等のホームであるウェールズのイメージが思い浮かんでくる様だ(CDのインナースリーブには美しい自然の景色が何枚も載っている)。

ダーレンの声質は、ハスキーでありながらも情感たっぷりに歌い上げるスタイルで、何処かブライアン・アダムスっぽい雰囲気を感じるのだけど、ブライアンと決定的に違うのはシャウトが一切無い事(笑)。まあ、このテのスタイルでシャウトは必要ないし、所々に吐息を感じさせる様な歌い方が演奏と見事にマッチしてるのがホントに心地良い。

ホントに聴いてるだけで優しい気持ちになれる作品かと。毎日殺伐としてる中で生活してると(苦笑)こういう心が洗われる様な感覚になる事はなかなか出来ないので、地元の自然が満喫出来る観光地にでも行く時には効果覿面になるだろうなあ。
最近はバンドの活動状況が全く分からないけど、元々精力的に活動してるバンドではないので、また忘れた頃にでもフラっと現れて新作出してくれれば嬉しいかな。


「BELIFE」

Calm Before the Storm 2Calm Before the Storm 2
(2012/10/23)
Dare

商品詳細を見る


購入したのは良いけど、結構聴いてないCDが溜まってきたのでCD購入はちょっと控えて聴く方に専念しなければ...という事で、昨日は出勤日だったので休日が1日しかないから、今日は家でダラダラとCD聴いて過ごすには打ってつけかと。

早速5枚くらい色んなジャンルのモノを聴いてるけど、今日のレビューは購入決めた時からかなり期待度の高かった元シン・リジィのキーボードだったダーレン・ワートン率いるデアーの新作「CALM BEFORE THE STORM 2」をチョイス。
今年の春に中古CDを扱ってるサイトにて定価超えで購入した3rdアルバムの続編にあたると言われてた今作、タイトルは結局何の捻りもない”2”に落ち着いたみたいですね。

で、早速曲目をチェックすると「なんじゃあこりゃ~??」と驚いた。全11曲収録で、完全なる新曲は「PRECIOUS」「DELIVERANCE」の2曲のみ。後は3rdアルバムからのセルフカヴァーだったという事が判明(リジィのカヴァー「STILL IN LOVE WITH YOU」は今回は入ってない)。完全なる続編モノだと信じていた私の気持ちは半分折れてしまった...
そもそも3rdアルバムが発表されたのが1988年、あれから14年経った今、何故セルフカヴァーを作ろうと思ったのだろうか?今でも本国では3rdアルバムは売られているのに。レコード会社関係のしがらみみたいなモノなのだろうか?

それでも、まあ気を取り直して聴いてみた。バンドの最高傑作と言っても良い3rdアルバムの内容そのまんまなので悪いハズがない。じゃあアレンジが劇的に変化してるのか?と言えば、ライブなんかで変わる程度の新たな解釈といった感じのモノでそれほどでもない。演奏や歌唱もいつもの通りなので、安心して聴けるには間違いないのだけど...
肝心の新曲は特に特出すべき点はなく、アルバムの世界観を損なわないモノではあるけど、特に絶対お薦めというモノでもないと思う。これなら未発表曲のリレコ演ってくれた方が全然有り難いと思うんだけどなあ~。

正直言って評価に困るアルバムとなった。3rdアルバムが大好きで新曲も聴きたいという人にはお薦め出来るけど、これからこのバンドを聴いてみようと思ってる人には、やはり3rdアルバムの方をお薦めしたい。私は3rdアルバムのアレンジの方が好きだし、リジィのカヴァーも聴けて取っ付き易い印象もあるし。


「PRECIOUS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tSlEiSuy8Vc

「WALK ON WATER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=YQHZKpMnOXs

カーム・ビフォア・ザ・ストームカーム・ビフォア・ザ・ストーム
(1998/05/20)
デアー

商品詳細を見る


以前からずっと探してた元シン・リジィのKeyだったダーレン・ワートン率いるデアーの3rdアルバム「CALM BEFORE THE STORM」を、やっとネット通販サイトで見つけた。
中古は殆どアマゾンのマケプレかディスク・ユニオンの中古サイトで購入するのだけど、ユニオンのサイトにも置いてあったのだけど余り質が良くなかったみたいなので、今回は初めてお世話になるサイトにて購入。
基本、余り素性の分からないトコで買うとトラブルになった時に後々面倒なんで、普通に代引きで買えばクレジット情報も落とされないから問題ないかと。まあ、サイトの情報も普通に載ってるから(って当たり前だけど)大丈夫と判断した訳だけど、普通に早めに送ってくれて好印象。
ただ、個人でやってるみたいなので中古でもちょっと高めだったかな?(¥3000也)まあ、廃盤でなかなか見付からないCDだったんで腹決めて買っちゃったけど。
普通に輸入盤でも置いてあるし、アマゾンで購入すれば安値で買えるのだけど、このCDに関しては国内盤に拘った。何故ならボーナストラック1曲ありで、YOU TUBEでその曲チェックしたら絶対外せないだろうと...
しかもそのサイトには4thアルバムの国内盤まで置いてあるじゃないですかー!?勿論、同時購入ですよ!!

ともあれ、デアーに関しては1stアルバムを以前レビューしたけど、某音さんが大絶賛している3rdアルバムは絶対に外せないかと。しかも発売当時、私はこのCD購入してるのにも関わらず”地味”という単純な評価を下してCD売っちゃってるですねえ~(大汗)。また買い戻してる私も相当なアレですが、まあこの歳になって素晴らしさを再確認って事で(若さ故の過ちともいう...)。

早速聴いてますが、いや~ホント何で売っちゃったんですかね~(滝汗)めちゃくちゃ良いじゃないですかー!地味という印象で当時は済ませてましたが、哀愁という世界観を考えると地味でも何でもなくて普通に良いんですよ。
このバンドの音楽性を表現する一つの言葉「アイリッシュ」、もうコレだけで十分伝わるかと。コマーシャル性を省いて哀愁路線を追求したボン・ジョヴィといったトコでしょうか?ホントに全曲でギターがこれでもか!と言わんばかり泣きまくってます。
1stアルバムの様な如何にもメロディアス・ハード路線とはまた違うけど、デビュー当時から一貫して残ってる雰囲気がアイリッシュなのかも。

ほぼ全曲聴き所といっても過言ではないけど、オリジナル曲に混ざって目を惹くのがダーレンがかつて在籍したシン・リジィのカヴァー曲「STILL IN LOVE WITH YOU」。この曲を持ってくるかー!ってな選曲だけど、オリジナルの雰囲気を損なわずに上手く消化してるのはさすが元メンバー、素晴らしい出来かと。

しかし、改めて聴いてホントにこのバンドは過小評価されてるなと実感。現在でもアルバムを定期的にリリースしているけど、目立った活動状況はほぼ皆無。今のトコの最新作は国内盤でもリリースされたらしいけど、当然ながら現在は廃盤みたいだし。
とりあえず、このバンドの作品は全部集める事に決定ですな。なので、もう絶対に売らないっす(苦笑)。


「CALM BEFORE THE STORM」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=GN6i0Hbtsdc

「STILL IN LOVE WITH YOU」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ecvD7M-4cwM&feature=related

「ASHES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=HlhssucKDw4