前回のフィア・ファクトリーばっか聴いてたら、久々にミニストリーも聴きたくなって正にインダストリアル一色になった気が。まあ、最近は大雪降ったり給料日前という事もあって色々と”お寒い”状況も続いてる事なんで(笑)こういうのもたまには良いんじゃないでしょうか?

ミニストリーのアルバムを久々に聴こうと思うと、どーしても激しい方向性を持ったアルバムばっかチョイスしてしまう傾向があるんだけど、今回チョイスしたのはいわゆる「反ブッシュ三部作」と言われる作品群の最初の1枚目にあたる「HOUSES OF THE MOLE」。発表は2004年。

このバンドは長い活動の中でも振り幅の大きいスタイル改変を何度も行なうので、私的には好きなアルバムとそうでもないアルバムではっきり分かれる事があるんだけど、このアルバムに関しては明らかに好きなアルバムだ(まあ反ブッシュ三部作はどれも良いんだけど)。理由は単純、このバンドの持つ攻撃性が十分に活かされてるからだ。
今作は、暫くの間アル・ジュールゲンセンの片腕として活躍してたポール・パーカーが脱退した影響なのか、スラッシュメタルっぽい路線に接近してきた事もあって破壊力は満点。ミニストリーの名を知らしめる事になった「THE MIND IS A TERRIBLE THING TO TASTE」や「PSALM 69」の様な躍動感溢れるスタイルに戻ってきた感覚に近いかと。
ただ、そのまんまの同路線という訳でもなく、前述の2枚と決定的に違うのは打ち込み系ではなくてバンドアンサンブルを生かした音作りになっている事かと。インダストリアル風味は勿論あるけど、それにプラスしてヘヴィな音像が感じられるのはその影響が強い。

面白いのは本編の楽曲タイトルの全てが”W”に基づいてる事(ボーナストラックの23曲目は「PSALM 23」だから違うけど)。何かの意向があるのだろうけど、なかなか凝った趣向かと。
あとアルバム本編は9曲のみだけど、10曲目から22曲目までは無音状態で、23曲目に前述の「PSALM 23」が収録されていて(単に、冒頭にアメリカ国歌が付いた「NO "W"」のリミックスver)24曲目から68曲目までまた無音状態。最後の69曲目に「WALRUS」というボーナストラック(?)が収録されているのも面白い趣向。これは以前、ナイン・インチ・ネイルズが「BROKEN」で99曲目にシークレットトラックを入れた様な同じ事をやりたくなったんだろうけど、リスナーとしては面白いと思いつつも結構面倒くさいよなあ~と。しかも「WALRUS」自体は特に良い曲って訳でもないし(苦笑)。

私的には次作「RIO GRANDE BLOOD」の方が更にスラッシュ度が増して好きなのだけど、このアルバムはその序章というべきモノでもあって切り捨てる事は決して出来ないアルバムだと思う。まあ、冷酷で無慈悲なサウンドが戻ってきたという点で既に魅力的ではあるけど。
3月に久々に新作を発表するみたいだけど、今回はブッシュよりも賛否の多いトランプ政権という事でアル・ジュールゼンゲンの怒りも更に増しているかと思うので、音の方も非常に憎悪に満ちてるんだろうなあ。


「NO "W"」


「WARP CITY」
スポンサーサイト

リラプスリラプス
(2012/04/18)
ミニストリー

商品詳細を見る


早くも連休も終わりに近付いてきてしまった。
明日のサザエさんの予告を観たら憂鬱な気分になるのは、子供の頃から全く変わらないのは日本人特有の感覚なんだろうな(笑)。

ともあれ、3日4日と地元では大雨だったのでウチで骨休め出来たのは最高だったけど、さすがに今日の天気の良さを活かさなきゃ勿体無いだろう...って事で、今日はアウトレット店まで往復約100kmのドライブ。気分も晴々して十分満喫出来ましたよ。

で、ドライブ時の音楽はやっぱ旧譜中心となってしまった。ここんトコ購入してるモノが旧譜ばっかという事もあって、私の車内は一体何時なんだ?状態(笑)。先日TVの”もやさま”で「HERION」が掛かったのを切っ掛けにプリーストとメイデン、ハロウィンと正統派メタル中心の選曲でかっ飛ばしてきました。

しかし、最近買った新譜といえばやはりコレが大当たりでした。アル・ジュールゲンセンが4年半振りに復活、しかもミニストリー名義で新作を発表してきたのが非常に嬉しい。タイトルが「RELAPSE」。ジャケもそれに関連したモノになっているが、彼等のアルバムは余りジャケはカッコ良くないのが多くて今回もその流れに沿ってしまったのが非常に残念だ。

しかし、内容の方は今までのどのアルバムよりもリピート回数が多くなりそうな、アル本人曰く「バンド史上最高傑作」と謳われるだけの事はある物凄いモノを提示してきた。
もうインダストリアルがどうの...とかいうレベルではなく、コレはもう純粋に現代のメタルでしょう。冒頭から炸裂し、最後まで全く手を抜かない無慈悲な音に非常に感動しましたね~。「FREEFALL」なんてデヴィンのストラッピング・ヤング・ラッドみたいだし。

今までのアルバムには大好きな曲と凡曲との出来が差がありすぎていた感があったのだけど(少なくとも私はそう感じてた)前作あたりからその感覚がなくなってきた時に解散...って一体何考えてんだ?と思ったけど、こうして復活してしかもその復活作が傑作ならもう文句はないっすよ。

注目すべき点は、何とS.O.D.のカヴァー「UNITED FORSES」が収録されてる点。オリジナルの倍の早さでプレイしているけど、妙に尺を伸ばしてるせいかちょっと間延びしてしまったのが残念かな。でもまあ、コレも十分テンション高いですけどね。最後に「MILK」のイントロで締めるのも非常にクールだ。

アルバム購入前に「DOUBLE TAP」は聴いてあったので結構期待していたのだけど、その期待値を大きく上回る凄まじい出来。非常にライブが観たくなったなあ。
ただ、もう解散宣言なんかしないで欲しいっすね。コレだけ凄いアルバムを作り上げたのだから。


「99 PERCENTERS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=pWKfXxwmYpQ

「DOUBLE TAP」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SU1g82WOtUg

「FREEFALL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=sLuak5cwGgY&feature=related

リオ・グランデ・ブラッドリオ・グランデ・ブラッド
(2006/07/19)
ミニストリー

商品詳細を見る


昨日のフットサルの練習で、いつもなら翌日に脚が筋肉痛になるのだけど、何故か今回は身体のあちこちが痛い。脚は殆ど痛みが無いのというのもおかしな話だ。
多分、昨日は自分で足を滑らせて何度もすっ転んでいたし、プレイ中に人に何度も当たってしまった事が原因なんだろうけど、寝返りするともう激痛が...やはり年齢も影響してるんだろうなあ。

ってな訳で、今日は丸1日自宅療養。ネットを何気に見てたら、こんな記事を発見した。

http://ro69.jp/news/detail/59294

ヘヴィメタルをネガティヴな方法で聴くと鬱病になる可能性がある?という話らしいけど、まあ何とも...(笑)。
80年代にオジーやプリーストのレコードを聴いて自殺したと言って裁判沙汰になった事件があったけどあーいう事なんですかね?アレだって、レコードを逆回転にして聴いて「DO IT」と聴こえたから...なんて言ってたけど、普通の人はレコード逆回転で聴いたりする訳ねーじゃん?
それにネガティヴな方法ってのもちょっと不明瞭というか...「何で女にもてないんだ?」とか「何で貧乏なんだ?」とか思ってメタル聴くヤツなんていないし(笑)。

まあ、曲調からのイメージとかそんな事なんでしょうよ。確かに一部のブラックメタルあたりはちょっとヤバい感じもするけど、鬱病はあくまでも自分の精神状態での問題だから、何かに挿げ替えてそういう傾向に...なんてのは全くもってナンセンスかと?
それじゃあ、あんだけメタル聴いてる某音さんなんかどーなっちゃいますか??(爆)

で、久々に激しいの聴いてみますか?ってな事で、最近復活する噂のあるミニストリーの通産10作目にあたる「RIO GRANDE BLOOD」。ディスクユニオンのサイトにて中古で購入。

ミニストリーの歴史の中で最もアグレッシヴな作品で、ジャケにも堂々と画かれている当時のアメリカ大統領であるブッシュを批判した3部作の2作目でもある。
前々作で長年コンビを組んでたポール・バーカーが脱退してからミニストリーはアル・ジュールゲンセン個人のプロジェクトとなった訳だけど、その個人となった途端に過去の音楽性から更にメタル色が強くなって、前作はまだ序章と言わんばかりで今作でより激しさを増した。

スリップノットがデビューした時に「デジタル化したスレイヤー」という表現があったけど、今作の方がよっぽどその表現に近いと思う。スリップノットはその表現のお陰でちょっと騙された気分になったけど...

過去の作品が好きな人達にとってはこのアルバムは賛否両論なんだろうな。過去のオルタナっぽい楽曲はここには全く無いので、これを受け入れられなきゃもうこのバンドに期待出来ないという踏み絵的なモノでもあるし。

でも、これだけ激しい作品を作ってしまった後の決断が解散だったのだから、最後にもう1度狂い咲きを見せたというモノなんでしょう。ブッシュ政権が終わった後にこの激情がキープ出来るか?といったら疑問だし。
勿体無いけど、迷走して駄作出し続けるよりは潔くて良いけどね。ただ、ライブは一度観てみたかった。確か一時期、当時メガデスを抜けてたデイヴ・エレフソンがツアーに参加してたんだよな...


「RIO GRANDE BLOOD」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=I08uY_5phv4


「SENOR PELIGRO」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=wpYegSmJO2w&feature=related

ザ・ラスト・サッカーザ・ラスト・サッカー
(2007/09/26)
ミニストリー

商品詳細を見る


しかし、仕事を定時で上がれる事がこんなに幸せだったなんて(笑)。今までがかなりキビしかったんで、少しハネ伸ばしてゆっくりと過ごしてみようかと。折角ギター買ったのに殆ど触ることも出来なかったし、CD買ってもなかなかゆっくり聴けなかったりで、しかも身体まで壊してストレス溜まりまくりというオマケが付いて一体何やってんだ?と。

まあ、前回のビーチボーイズみたいにああいう甘いメロディを聴いて悦に浸るのもアリだけど、ネガティブな気分な時にはそれなりのテンションがある音楽でないとノリ切れないかな?と。で、ミニストリーですよ。前回の「PET SOUNDS」と一緒に購入した2枚のうち「THE LAST SUCKER」。新品¥1000以下でした。

ミニストリーといえば、私が彼等の名前を初めて知ったのはBURRN!の読書質問の内容で、メガデスのライブの前にBGMで掛かっていた音楽は何ですか?との質問で、彼等の「THIEVES」「BURRNING INSIDE」との答えだったのが最初だった。
そこで、打ち込み多用のデジタルスラッシュ(当時はまだインダストリアルとは呼ばれていなかった)と紹介されていたのが非常に気になり、この2曲が入った「THE MIND IS A TERRIBLE THING TO TASTE」を購入したのだけど、この2曲が強烈過ぎて他の楽曲は完全にシカト状態(実際、あんまり面白くないし)。
後にスリップノットが出てきた時に「デジタル化したスレイヤー」と説明されていたけど、こっちを聴いてしまった後では全然デジタルっぽくないじゃん!と息巻いてしまったくらい、この音は当時衝撃的だった。

で、その後余り興味が湧かず(後続バンドの出現や、デヴィン・タウンゼントみたいなミュージシャンが出てきてしまったし)当時のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュを思いっ切り批判したアルバム「HOUSE OF THE MOLE」が久々の快作と評価を受けたのもつかの間、まさかの解散宣言をした後の最終作となる(ハズだった/笑)のがこのアルバム。

久々に聴くアルバムは一体どーなんだ?と聴いてみると、相変わらずのブチ切れっぷりにいたく好印象。しかも当時よりも邪悪な雰囲気が増した気が。バンドの相方だったポール・バーカーが抜けて、オルタナっぽい味付け消えた代わりに、ギターの比重が増えHM/HRっぽいアプローチが強い。
前半のミドルで押すスタイルも良いんだけど、後半の怒涛のスピード感がホントに堪らない。特にドアーズのカヴァーである「ROADHOUSE BLUES」は必聴。コレはホントにヤバい!夜勤から帰って来る車内で聴いたら、自然とスピード上がってるし(苦笑)。

これによってミニストリーの活動は終了...のハズだったのだけど、リミックス盤やらカヴァー集やら色々出して解散を惜しんでるみたい。ただ、ホントに解散したのかどーかはよく分からない(苦笑)。...人の喰えないオヤジだぜ...ったく。


「ROADHOUSE BLUES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=vF2VMlTDX-A

「DIE IN A CRASH」↓
http://www.youtube.com/watch?v=EPGcCz0g0OE