ムード・スウィングス (ワーナー・ハード・ロック1500)ムード・スウィングス (ワーナー・ハード・ロック1500)
(2011/09/21)
ハーレム・スキャーレム

商品詳細を見る


2年前にワーナー・ミュージック・ジャパン所属のHM/HR関係の紙ジャケ/リマスター盤として発売されたモノが、紙ジャケではなく普通のプラケースで¥1500の廉価盤となって発売された。
その時は結局スキッド・ロウの2枚しか買わなかったのだけど、¥1500となれば選択も広がって躊躇してたドッケンの3rdアルバムや、当時のCDだと音圧が低くて今聴くとイマイチ感があるウィンガーの1stアルバムなんかも候補なんだけど、如何せんこういう時に限ってお金がない...(涙)

ウチのHDプレイヤーが壊れてしまって急な出費を強いられてしまったので、先日書いたピンク・フロイドのリマスター盤もちょっと様子見になってしまい、更に他のミュージシャンの新作と重なってしまい、ちょっと待つ事になりそう。誰が、何処かにお金落ちてる場所知りませんか?(笑)

で、その¥1500シリーズで気になったのがこのハーレム・スキャーレム。前回の紙ジャケ化の際にはこのバンドは省かれていたのだけど、何故か今回廉価盤の中に入っており、また私はこのバンドをまともに聴いた事がないという事もあってずっと気になってた。ウチの近所の中古CD屋でも余り見掛けないバンドだし、この際安いから1stと2ndを同時に購入しようかと。
で、早速市内のタワレコで探したのだけど、これが置いてない。他のミュージシャンはしっかり置いてあるのに...こんな感じだから、もう店舗で探すのも無駄足となりそうかな?ネットの方が時間掛かるけど確実に手に入るし。

早速届いたんで、まずはこのバンドの代表作にして名盤と誉れ高い2ndアルバム「MOOD SWINGS」をレビュー。
当時の友人がこの2ndアルバムをかなり気に入ってて、確かライブにも行ってたんじゃないかな?当時の私はその友人から数曲聴かせてもらったり、当時のBURRN!でもかなり押されてたと思うけど、何故か余りハマらずちょっと乗り遅れた感があったと思う。今こうして聴いてみるとかなりツボな音だし。
当時はこの2ndアルバムが日本デビュー盤で、このアルバムが好評を得たので1stアルバムが後から発売されたという、ちょっと変わった売れ方だったのをよく覚えている。

1stアルバムと比べると音が分厚くなってラウドかな?と思うけど、メロディの質や楽曲の充実度は前作と全く引けを取らないので、メロディアスハードの名盤として語られるのも十分理解出来た。
アルバムの流れが実に見事で、2曲目の「NO JUSTICE」から7曲目の「MANDY」まではホントに素晴らしい。「CHANGE COMES AROUND」の曲構成も面白いし、ちょっと80年代のキッスみたいな感じの(私にはそう聴こえる)「SENTIMENTAL BLVD.」も良い。インストの「MANDY」のギターも良い響きで和む。

もうバンドは活動していないけど、今聴いてもメロハー好きには十分響きますね~。他のレビューなどをチェックするとこの初期2作が評価が高いんで、とりあえずはこの2枚を聴き込んでから後のアルバムもチェックしようかと。
しかし”温故知新”とはよく言ったモノですな。こういう作品に巡り合う事が出来たのだから...


「NO JUSTICE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=cc-W5H36rt4&NR=1


「CHANGE COMES AROUND」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=3LCtC-FcClE&feature=related


「SENTIMENTAL BLVD.」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=QXXFZWx6FxQ
スポンサーサイト