すっかり忘れてた...というより全く情報も何も入ってこなかったお陰で、昨年10月にリリースされてたのに数ヶ月間知らないまま、たまたま偶然知ったネオン・インディアンの新作「VEGA INTL. NIGHT SCHOOL」を先日手に入れた。ずっとアンテナ張ってた割りに新作情報を逃してしまうとは何たる不覚...

彼(ネオン・インディアンとはアラン・パロモという個人のプロジェクト名)の2作目で、ネオン・インディアンの存在を知った「ERA EXTRANA」は物凄く好きな作品で未だによく聴いてるのだけど、リリースから結構な月日が経ってるので新作の話が一向に聞こえて来ないなあ...と思ってた時、友人のsaraサンが昨年の秋に香港にフェスを観に行くという話を聞いて、そのフェスの大トリがネオン・インディアンと聞いて驚いたのと同時に、何で新作も出ないでフェスなんか出てるんだ?と不思議に思ったのだけど、その時にはもう新作完成してたんですねえ(苦笑)。何で気付かないんだよ?と。しかも12月には来日公演まで行なっていたみたいだし。

その後、偶然アマゾンのサイトにて色々チェックしてたら、この作品が出てきて「何だ?」と思ったら新作だったと。しかも国内盤出てるのか?と調べたら、全く知らないオクターヴというマイナーレーベルからのリリース。そりゃ宣伝とかも出てこない訳だ。
因みに前作は、よしもとアール・アンド・シーというこれまたマイナーレーベルから出てたけど、今回は違うマイナーレーベルだし、今の時代レコード会社は何処もミュージシャンとは単発でしか契約しないのかな?

さて、内容の方は前作同様80sポップ+エレクトロ路線は変わらず。チルウェイヴというジャンルを作り出した先駆者の一人だけど、チルウェイヴ自体はその後に続くミュージシャンが現れなかったお陰で風化してしてしまった印象を受けるけど、他のチルウェイヴと呼ばれたミュージシャン自体が路線変更してるお陰で一過性のジャンルだった事がよく分かるかと。この新作も前作から4年も経ってたのかと驚いたけど、4年でジャンル自体が風化って音が出尽くした感がアリアリだよなあ...と思ったりして。

前作ほど斬新なスタイルではなくもっと歌を強調としたダンサブルなポップ路線で、私が想像していた路線とは異なったので「ちょっと期待外れか?」と思ったけど、何度か聴いてるウチに段々耳に馴染んできた感じ。ただ、インナースリーヴに書いてあった最高傑作という評価ではないと思う。高水準なんだけど、やっぱ前作の方が好きなんだよなあ。

ただ、一聴してネオン・インディアンと分かる個性は十分に発揮されており、着実にキャリアを築いてるなあという印象は受けたので、早くも次作に期待したいトコ。
という訳で、今回はレコーディングに3年も掛かってるんで今度はもっと短くしてください~。それとジャケットも今回はダサいんで、次作は何とかしてください~(苦笑)。


「THE GLITZY HIVE」


「SLUMLORD RISING」
スポンサーサイト

エラ・エクストラーニャエラ・エクストラーニャ
(2011/09/07)
ネオン・インディアン

商品詳細を見る


前回のウォッシュト・アウトに引き続き、同時に購入したもう1枚のアルバムってのがこのネオン・インディアンの2ndアルバム「ERA EXTRANA」。

この両方のミュージシャンに共通する一つのキーワード”チルウェイヴ/グローファイ”という言葉、メディアが色々なトコで語るのを見たり聞いたりしたのを本人達の耳に入って、自分達がそう呼ばれているのを初めて知ったそーだ(笑)。ま、メディアが作ったカテゴリーの一つって訳ですな。
ウォッシュト・アウトと同じく、このネオン・インディアンという名前も個人プロジェクトで、偶然なのか故意なのか分からないけど、発売元はウォッシュト・アウトと同じく”よしもと”。”類は友を呼ぶ”ってヤツですか?そーいや、両方共ジャケットのタイプは全く違うけどそれぞれセンス良いし。

それはともかく、面白いのはこの2組は(正確には2人だけど)デビューが2年前で、ほぼ同時期に新作を出してきた事。色々調べてみたら、このテの音楽シーンというのはデビューが鮮烈過ぎてほぼ一発屋で終わる可能性が多いジャンルらしく、数年後にはすっかり忘れられてしまう可能性もあるという事らしい。まあ機材の進化が一番進化してるジャンルだからそれに付いていけない事もあるだろうし、単に曲が書けないという事情もあるんだろうけど、それにしてもミュージシャン側としては酷な話だろうなあ。

さて音の方はと言うと、同系列で語られるウォッシュト・アウトとはまた一線を画した音作りで、こっちの方がアップテンポの曲が多くメリハリがはっきりしてるので、一聴してのインパクトは強いと思う。また効果音を上手く消化してあって、所々にゲーム音みたいなモノも入ってて如何にもオタクっぽい感じ(笑)。
ウォッシュト・アウトは全体的に流れる様な感じで淡々進む印象があるのに対して、このアルバムは曲ごとにカラフルな色合いを延々見せられている感覚に近いかも。

また驚いたのが、この国内盤の初回プレスのみデビューアルバムである「PSYCHIC CHASMS」を丸ごとボーナストラックとして収録している事。これは大判振る舞いどころではなく持ってけドロボー的な感じで(笑)非常に美味しい!このミュージシャンを知るには打って付けなお買い得盤と言う訳だ。

タワレコの特典でポスターが付いてくるみたいで、結局そのポスターの在庫が無くなってしまったので貰えなかった。まあポスター貼る様な部屋でもないんで別に良いんだけど、いつもはABC~の棚の欄から探すのだけど、何故かこんな田舎町でも一応専用コーナーが作られてあってそこに両方共あと2~3枚しか残ってなかったからかなり売れているとみた。

勿論、このアルバムは暫くヘビロになるだろうけど、一過性の流行りだけで終わらない様次のアルバムにも是非期待したいな。


「MIND, DRIPS」PV(デビューアルバムから)↓
http://www.youtube.com/watch?v=uWs4e7oTn9g

「HEX GIRLFRIEND」ファンが作ったPV?↓
http://www.youtube.com/watch?v=ts5tLWy30m8

「POLISH GIRL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Fo6ZaCTqxwM&feature=related