先日偶然ネットで見付けてしまい、どーしても聴きたくなってしまったブートというのはバッドランズでした。
バッドランズは、以前レビューしたDVDの「MOUNTAIN VIEW 1989」のライブが最高だったんで、いつかライブ音源の方も欲しいなあ...とずっと思ってたんだけどコレがなかなか見付からなくて、しかも結構昔のバンドだから今後もう出てくる事もないか...と半ば諦めてたんだけど、これの内容を見た時は即座にポチってましたね(苦笑)。

以前ブートで出てた「DEMOS & UNRELEASED TRACKS 1988-1991」というモノと「LIVE AT THE CHANNEL, BOSTON MA OCTOBER 18,1989」というブートのカップリング盤だけど、それらの音源はYOU TUBEで検索すると直ぐに出てくるので内容はまずそれらで確認した。

そもそも活動期間の短かったバッドランズにこれだけの未発表音源があった事に驚いた。タイトルだけでも「RECKLESS LOVE」「GET READY」「LET IT BLEED」「SHAKE DOWN」「HEAVEN」「SOUL LIVES IN THE HEART」「IN THE HEAT」「BADLAND」「ON MY WAY」「TIME GOES BY」「WANT LIVE WITH YOU」と実に11曲。中にはテイク違いも入ってるのも2曲ある(「SHAKE DOWN」「WANT LIVE WITH YOU」)。
これらの未発表曲が何時頃録られたモノなのかははっきり分からないけど、タイトルにある通り時期的には1st~2ndアルバム期に録られたモノかと。「BADLAND」や「IN THE HEAT」、「SOUL LIVES IN THE HEART」なんて1stアルバムに入っててもおかしくない様な雰囲気だし、またジェイクのギターをかなり全面に押し出したスタイルなので、普通に収録されていればアルバムの雰囲気も大分変わったのではなかろうか?
また、後に幻の3rdアルバムとして発表された「DUSK」の中から「TRIBAL MOON」「LORD KNOWS」「THE FIRE LASTS FOREVER」の3曲も収録されている(「LORD KNOWS」は別テイクも収録)。
ブートなので勿論音が汚いモノもあるけど、全体的にはちゃんと聴けるモノなので(以前のバッド・イングリッシュのブートよりはマシなレベルかと)当時の彼等の演奏が聴けるのは貴重ですね。
デモは、あくまでもデモレベルなので特出する事もないかと。レイ・ギランの歌い方も随分抑えた歌唱になっているし、参考程度のモノと捉えてもらえれば。

で、私が期待してたライブ音源だけど、勿論音はそれほどよくないけど当時の熱いライブが聴けるだけでかなり満足。1stアルバム時のライブなので、曲目も「HARD DRIVER」「BALL AND CHAIN」「DEVIL'S STOMP」「DANCING ON THE EDGE」「RUMBLIN' TRAIN」「DREAMS IN THE DARK」「WINTER'S CALL」「HIGH WIRE」の8曲に、ジミヘンの「PURPLE HAZE」のカヴァーのみ。

以前も1stアルバムのトコで書いたけど、どうもあのプロデュースがいまいちに思えてしまって、ライブ映像を観てしまったら更にその思いが強くなった事もあるので、こうしてライブ音源を聴くとホントにカッコ良いバンドだったんだなあ...と、実に惚れ惚れしてしまう。
「WINTER'S CALL」の後半のギターソロなんて、ホントに痺れるくらい最高だし、アルバムの倍以上は荒々しいスタイルなので、如何にもハードロックを聴いてる感覚がホントに堪らない。

今からでも遅くはない、音源残ってるなら是非音をクリアにして正規盤として売って欲しいよなあ。しかも、他のブートにはレイ・ギランのハイスクール時代の音源が収録されたモノまで存在してるみたいで、さすがにそこまでマニアではないから購入は考えるけど(笑)。”正規盤出したら絶対に買う”という音源が存在するのはレコード会社にも少しは知って欲しいかと。


「BADLAND」


「WINTER'S CALL」
スポンサーサイト

しかし、先週のAC/DCの影響でずっと彼等の曲ばっか聴いてる毎日。
それほどまでに素晴らしいライブだったのは間違いないのだけど、今回の来日が最後と言われているのがちょっと信じられない。まだまだやれると思うし、実際曲数減らしてプレイ時間を短くしても、年齢的な事を考えると文句は無いと思うけどなあ。
今週は待ちに待ったイット・バイツのライブがあるのに、AC/DC三昧で予習しないで良いのだろうか...

そんな毎日なので、またAC/DCのアルバムをレビューするのも何だから(彼等のアルバムは書く事が似た様な話になるし/笑)、久々に違うモノを...という事で、ちょっと前に書いたバッド・イングリッシュのブートと一緒に購入した、ジェイク・E・リー率いる今は無きバッドランズの1stアルバム発表時のライブブートDVDをチョイス。

バッドランズの1stアルバムは以前レビューしたんで詳細は省くとして、とりあえず彼等のアルバムは3枚全て聴いてみたけど、やはりこの1stアルバムがダントツで聴く回数が多い。それだけ良い曲が揃っていると思う。
しかし私自身、リアルタイムで聴いた時は他のバンドばかりで彼等の音は余りに渋すぎて地味だったから、そんなには聴いておらず(何せCD一度売りに出してしまったくらいだし)バンドが解散した後、しかもレイ・ギランが他界したずっと後に再評価みたいな感じで聴いているので、ライブが観たいと思ったその時には”時、既に遅し”状態だったのだ。

で、以前からライブ音源が残っていないか?とブート屋のサイトを漁ってみて、数枚あるのは知っていたけど如何せんそこはブートレグ、画像や音はどーなんだ?という疑問が付き纏う。西新宿だったら視聴出来る場所があるから、そこで探すか...とずっと考えていたけど、最近はネットばかりでなかなか足が遠のいていたのも事実。
それが地元の中古・廃盤セールで運良く見つけて、しかも金額的にも冒険しても良い金額だったので(因みに\1980)買ってみたのだ。

で、肝心のライブの映像の方は意外と悪くなく、ブートにしてはかなり良いクオリティかと。また音の方もCDではバンドの荒々しさが消されて残念なプロデュースだったのが、ライブという事もあってバンドのアグレッシヴさが前面に出ていて物凄く満足。
レイ・ギランが思ったよりも観客を煽るパフォーマンスしていないのが気になったけど、その分歌唱の方は素晴らしい。ジェイクに関しては、オジー時代とはまた少し違うプレイで(そりゃタイプ的には別物だし)相変わらず目を奪われる。ホントに過小評価も良いトコで、同時代の同業者達(ジョージ・リンチやウォーレン・デ・マルティーニ)が挙って「ヤツは凄い!」と言う意味も良く分かる。リズム隊もそつなくプレイしているトコが好感が持てて、エリック・シンガーはゲイリー・ムーアや後に加入するキッスなどで実証済みだけど、無名のグレッグ・チェインソンがCDでは地味だったのが、意外と貢献度が高かったのが驚いた。

やはりこの時期のライブは生で観たかった...というのが本音だけど、当時の私じゃ余り理解出来なかっただろうなあ...でも、今になって20年前のCDを未だに聴いてハマっているというのも、ある意味このバンドの魅力的な部分なのかも?

「WINTER'S CALL」(ブートと同内容)↓
http://www.youtube.com/watch?v=tb_c0Xa2FeU&feature=related

「HARD DRIVER」(ブートと同内容)↓
http://www.youtube.com/watch?v=V3bbSDwH0C8&feature=related

「HIGH WIRE」(ブートと同内容)↓
http://www.youtube.com/watch?v=v8JYER9dxoo&feature=related



BadlandsBadlands
(2001/06/26)
Badlands

商品詳細を見る


このアルバムは、発売当初にCD買って結構聴いていたのだけど、お金に困った時にCD売りに行った中にこのアルバムを入れてしまい、後に後悔する事になってしまった(当然カセットには落としてあったので、それまでずっとカセットで聴いていたけど、買い直すにも廃盤になってしまった為、中古でも結構な値段が付いてしまい買いそびれていたのだった)。
しかし、たまたま中古CD屋に行ったらこのCDが置いてあり(しかも国内盤は廃盤なのに¥1180で、しかも状態もかなり良い!)即再ゲット!

今久しぶりに音の良い状態で聴いたけど、やっぱ良いなあ。しかも、この歳で聴くのと若かりし頃に聴いた印象が大分違う気がする。
当時はHM/HRブームも一段落着いた時期で、盛んに「原点回帰」を口にするバンドが多く、同時期にデビューしたブルー・マーダーやミスター・ビッグもデビュー前からルーツを全面に押し出したアルバムになる...という前評判が広まっていたけど、一番「原点回帰」に近付いていたのはバッドランズだったと思う。

やっぱ、光ってるのはレイ・ギランのボーカル。ブラック・サバスでもサン・レッド・サンでもなく、このアルバムが彼のベストだと思う。この時期のライブを生で観たかったと思うけど、当時の私では彼の凄さは余り伝わらなかったかな?
当然、ジェイク・E・リーのプレイも注目で、私は当時ジェイクばかりに興味があったな。オジーから離れた後にどんなアルバム作るのだろう?とずっと思っていたので、最初にこのアルバムを聴いた時は、シングルになった「ドリームス・イン・ザ・ダーク」みたいなキャッチーな曲はともかく、全体的に渋い音で固められたアルバムに多少の違和感があったのを覚えている。

当時、たまたま観た「ピュアロック」でのスタジオライブ(曲は「デヴィルズ・ストンプ」)がめちゃくちゃカッコ良かったな。アルバムよりも音がかなりラフで、ワイルドなプレイだったのだけど、ブートとかで残ってないのかな?

このアルバムから早17年...レイ・ギランは天逝し、再結成は不可能になってしまったけど、ジェイクにはまだまだやれるはず。似た様なバンドでも良いから、またシーンに戻ってきてくれないかな?