黙示録 (Assault Attack)黙示録 (Assault Attack)
(2012/06/06)
マイケル・シェンカー・グループ

商品詳細を見る


今日は、今朝から隣県にある海沿いの磯前神社へ初詣。
ここ数年ずっと初詣に通っているのだけど、高校時代の友人がやたらと厄年に拘ってお祓いするならココで...って事で3年間通っており、今年は厄年から開放されたので古札を返しに行って来たのだ。
本来ならその友人も一緒なのだけど、毎回ウザいくらいメール寄こすクセに今回は全く音沙汰なし。概ね、彼女でも出来て色々と忙しいのだろう。前回彼女出来た時は大喜びで私が熱出てフラフラの中、惚気話を延々聞かされた挙句、2ヶ月で別れた経緯があるので今回は連絡出来ないのだろうな(爆)。
ま、一人の方が何かと気楽なんでフラリと気分良くドライブ出来て満足でしたよ。

さて、そのドライブのお供には何か景気付けに一発...と色々考えて、久々にやっさんことグラハム・ボネットの歌が聴きたいなという事で、マイケル・シェンカー・グループの3rdアルバム「ASSAULT ATTACK」(邦題:黙示録)をチョイス。

やっさんのこれまでの経歴で好きなアルバムと言うとアルカトラスの2ndとこのアルバムになるのだけど(彼を有名にしたレインボーは、PVの余りのダサさとやっさんのイメージを決定付けた事もあって、自然と笑いがこみ上げてしまうので外してしまうのだ/笑)。それと同時にMSGのアルバムの中では一番好きなアルバムに挙げてしまう。
彼をリアルタイムでずっと追ってる人、またはMSG大好きなファンの人達からするとまた違った評価になってしまうのだろうけど、彼にそんなに思い入れがない私がチョイスするとこのアルバム。

やはり、やっさんの存在が大きいかと。前2作ではゲイリー・バーデンがボーカル務めているけど、ご存知の通りゲイリーの声域のレンジの狭さとライブでの不安定さが楽曲の幅に制限があった様に思えるので、やっさんの様な存在感抜群のボーカルが入った事によって楽曲の幅が広がったと思う。
またマイケルのギタープレイもこれまでになくヘヴィな音で攻めていて、キャッチーな「DANCER」はともかく、非常にメリハリの効いたプレイを聴かせてくれる。

お気に入りは、ブルージーな「ROCK YOU TO THE GRIND」やヘヴィな「ASSAULT ATTACK」(コレ聴くと、何故かパープルの「BLACK NIGHT」を思い出す)や「BROKEN PROMISES」。特に一番好きなのがドラマチックな構成の「DESERT SONG」。もしかしたらMSGの楽曲の中でも一番好きかも。

本来ならこのアルバムでコージー・パウエルが叩いていれば...と思ってしまうけど、もっと残念なのがこのアルバムのみで早速やっさんまでも抜けてしまった事。大体、アルバム発表前に行ったウォームアップギグのステージ上で大喧嘩...って一体何なんだと。まあ、色々と問題の多いマイケルだから致し方ない部分もあるのだろうけど、あと2~3枚くらいはやっさんで聴きたかったぞ。

今年、レインボーの歴代ボーカルが集まって集金ライブ(笑)があるみたいだけど、やっさんの場合はジョーリンやドゥギーと比べて参加してるアルバムが多いのだから、レインボー限定で縛るのは勿体無い使い方かと。まあアルカトラスのプレイをバックバンドに要求するのも酷な話だけど(苦笑)MSGくらいはやれるんじゃなかろうか?
それ以前に、後ろ向きな話だけどやっさんだけで過去の参加作品をプレイするライブとかやれば良いのに...と思ったりして。それなら観たいけど、肝心のやっさんが歌詞覚えられなくてアンセムの時みたいにカンペ見ながら歌うってのは勘弁だけど(笑)。


「DANCER」PV(ボーカルはゲイリー・バーデン)↓
http://www.youtube.com/watch?v=ddkB4qkVtAg

「DESERT SONG」PV(当然、これもゲイリー・バーデン)↓
http://www.youtube.com/watch?v=XlKtgMF4yis

「ROCK TO THE GROUND」ライブ(これまたゲイリー・バーデン...)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Gp0pC5P1BUU
スポンサーサイト

神-帰ってきたフライング・アロウ-神-帰ってきたフライング・アロウ-
(2007/10/03)
ザ・マイケル・シェンカー・グループ

商品詳細を見る


前回のイット・バイツの新作と共に頼んでおいたマイケル・シェンカー・グループのクリサリス・レーベル時代の6枚のアルバムを5枚組に収めたCDセット「THE CHRYSALIS YEARS(1980-1984)」も、遂に届いた。
ホントはもっと早く届くハズだったのだけど、他のCDが延期になったりしたのでその分手に入るのが遅くなってしまったと。

以前レビューしたUFOの5枚組と同じ仕様なのだけど、こういう旧譜を一気にまとめて安く提供してくれるのはリスナーとしては非常に有り難い事で、ましてやUFOみたいにまともに聴いた事ないバンドの作品群なら購入意欲もそそられるというモノ。
まあ、UFOに比べるとMSGの方が間違いなく馴染みはあるけど、考えてみりゃ今までCD1枚も持ってなかったので(テープとブートでは数本あるけど)やはり良い機会という事で購入。マルチバイ適用で¥1506でした。
全69曲入ってるので、換算すると1曲あたり¥21.8也...非常に有り難い事です(笑)。因みに全曲2009年リマスターを使用してるので音のクリアさも問題なし。

ともかく、何で今の今までMSGをレビューしてなかったというと、CD持ってなかったからと言うのが筋なんだけど、それ以前にミュージシャンとしては素晴らしい才能を持ちながらもドラッグやアルコールに溺れて自分自身を壊してしまった人という認識を持っており、挙句の果てには日本公演にて2曲目の途中でさっさと引き上げてライブを中止するというナメた行動のお陰で、この人に対して良い印象が全く持てなくなってしまったのだ。

しかし、この5枚組は間違いなく彼のキャリアの中でも最も輝かしい時代でもあるし、また当時の様なこういうスタイルのHRが近年全く聴けなくなってしまった事もあって懐かしさもあって今回購入しレビューすると。

まずはMSGとしての1980年発表のデビューアルバム「MICHAEL SCHENKER GROUP」。邦題は「神ー帰ってきたフライング・アロウー」。
UFOを脱退後、当時は兄ルドルフのいる蠍団に再加入する様な噂や、当時ジョー・ペリーの後任としてエアロスミスに加入か?という噂もあったくらい(今考えると、普通にゴシップとしか思えない話だけど)注目されていた存在だったみたいだけど、当の本人は自身のバンドを結成する事に落ち着き、当初のメンツはゲイリー・バーデンとシェンカー、そしてビリー・シーンとデニー・カーマシーという強力なリズムセクションだっらしい(!)。
しかし、ここでもシェンカーのアルコール/ドラッグ問題が尾を引いて、結果的に2人は脱退しサイモン・フィリップスやドン・エイリーなどの助けを得てこの作品を完成させたという経緯があったらしい。

シェンカーがそんな状態な割りには、HRアルバムとしての完成度が高かったのはやはり彼の天才振りがこのアルバムで十分証明されたという事かと。冒頭2曲「ARMED AND READY」「CRY FOR NATIONS」で掴みはOK、しかも当時レコードでのB面の冒頭を飾る「INTO THE ARENA」や締めの「LOST HORIZONS」で最後までマイケル・シェンカーに求められているモノ全てがここにあると言っても過言ではないかと。リアルタイムで経験した人にとってはかなり衝撃的だったと思うなあ。
このCDのボーナストラックで当時のマンチェスター・アポロでのライブが収録されているのだけど、そこでの「ROCK BOTTOM」のギター引きまくりは正に圧巻の一言(10分もある)。

個人的に好きなアルバムは3rdアルバムなんだけど、楽曲の充実度を考えるとこの時期が一番ベストだったのでは?正に、天才プレイヤーによる衝撃のデビューアルバムという名に相応しい作品だと思う。


「CRY FOR THE NATIONS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=rzNQa6kDkv8&ob=av2e

「INTO THE ARENA」ライブ1981(コージー・パウエル!)↓
http://www.youtube.com/watch?v=EGY0KEGVK6Q

「LOST HORIZONS」(同ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=22RdpmXWWg8