Universal [Blu-ray] [Import]Universal [Blu-ray] [Import]
(2013/09/17)
Anathema

商品詳細を見る


先週の水曜日あたりで週末が3連休だという事を知ったので、特に何も考えてなかったんだけどとりあえず何処かへ行こうかな?と思い、まずは銀行でお金を下ろして...とATM行って残高見たら「え、こんなに残高少ない?」と思いっ切り焦る(爆)。
しかもまだクレジットの支払いも済ませてない状態でコレでは、月末のプリティ・メイズ&サンダーの夢の2連戦なんて乗り切れないじゃん...今月は確実に赤字じゃあないか!?おお、残高なんぞ見たくない見たくない(苦笑)。
という訳で、連休はちょこっとドライブ行って、後はウチで掃除&GTAV三昧でしたとさ。

そんな心身共に凹んだ私の元に、連休最終日に密かに届いたHMVからの届け。そう、先日購入したスティーヴ・ウィルソンのブルーレイが配達予定日過ぎても入荷されなかったので、そのまま入荷待ちにしてもらい、もう一つ頼んでおいたアナシマのブルーレイは先に送ってもらったのだ。
そういう訳で、待ち侘びました~のアナシマのBD「UNIVERSAL」を今回はレビュー。

昨年度の年間ベストの中にも入れた彼等の「WEATHER SYSTEMS」は、今まで何度聴いたか分からないくらいリピートしてますが(i-tunesで再生回数が30越えてますが、購入前にYOU TUBEで何度も聴いてるし、通勤時の車内でも何度もリピートしてるから、間違いなくi-tunesの倍は行ってるでしょう)何気にYOU TUBEで検索掛けた時にこの映像が出て来て「何これ?」と。
そしたら映像作品みたいで、予告編の様な作りだったので慌ててHMVやアマゾンで検索掛けたら、やっぱブルーレイやCDで発売になるとの事で、即BDの方を予約した。CDの方はDVD付属だけどBDからのセレクト集みたいなので、やっぱライブ全部観たいと思ってBDにした。金額も¥2000以内で収まってるし。

で、早速観てみたら、会場がブルガリアにある古代ローマ劇場。よく歴史モノの映画に出てくる様な石で囲まれたホールに、バンドと地元のオーケストラを配したライブ。この雰囲気からして普通のライブと全く違うので期待感を煽ってくれる。また客層も様々で、若いお母さんに抱かれてる子供から初老のお婆ちゃんまで幅広い。

曲構成は最新作の「WEATHER SYSTEMS」と前作「WE'RE HERE BECAUSE WE'RE HERE」から前半~中盤にかけて、後半はそれ以前の楽曲となっているので、ここ最近の音から入った私にとっては分かりやすいのが嬉しい作り。
もう冒頭の「UNTOUCHABLE PART 1~2」の流れだけで既に涙腺が緩みそう。初めて演奏してる彼等を観たけど、男性ボーカルのヴィンセントと女性ボーカルのリーの声の伸びがホントに素晴らしく(ヴィンセントの方は、若かりし頃のU2のボノを思い出した)また脇を固めるメンバーも観客を煽りながらも堅実なプレイを心掛けてる様に見える。ライブなのでスタジオ版とは違う荒々しいプレイも勿論聴けるけど、それすら魅力的なのだから如何に彼等の世界観に引きずり込まれているのかがよく分かる。
そして本格的なオーケストラを従えてるので、彼等の音楽性を完璧に表現されているのがこのライブの特徴的な部分かと。正にこれ以上は求められない素晴らしいライブ。

約2時間越えの映像記録。何度も何度も心奪われて同時に癒された。いやホントに素晴らしいバンドだわ。
果たして次作はどんなモノ仕掛けてくるんだろうか?今から楽しみで仕方ないけど、最新作がピークだとは思いたくない、まだまだ引き出しは沢山持ってると思うのでコレを機にここ日本でも知名度を一気に広めてほしいと思う。是非、日本でもライブが観たいぞ!


「UNIVERSAL」(予告編)↓
http://www.youtube.com/watch?v=iGBg5rZb58s

「UNTOCHABLE PART 2」↓
http://www.youtube.com/watch?v=YRt0Ug5WweE
スポンサーサイト

We\'re Here Because We\'re HereWe\'re Here Because We\'re Here
(2011/06/07)
Anathema

商品詳細を見る


今頃になって夏バテになったらしく、そういう時に限って昨日の土曜日は出勤日だったんで体力のバテバテ感がハンパない。お陰で今日は洗濯と買い物以外は何もやる気が起きず、ダラダラ過ごしてるし。
これを機にHDレコーダーに取り貯めた映画などを観たいんだけど、途中でそのまま寝てしまって記憶に全く残らないし(苦笑)こういう時はゆっくり静養に務めるのが一番なんだな。まあ、来週は3連休だからそっちに譲れば良い訳だし。

でも、こういうボーッとした時にこそ耳には集中して聴けるモノを...という訳で、購入して暫く手に取ってなかったアナシマの通産8作目にあたるオリジナル作「WE'RE HERE BECAUSE WE'RE HERE」をレビュー。

今年発売された新作の「WEATHER SYSTEMS」を気に入ったお陰でこのバンドに興味が湧いたのだけど、初期のゴシック路線よりも新作のポストロック路線がどツボにハマったので、この路線に近いモノを...と調べたらやはり前作って事らしいので、とりあえずこっちも購入したと。書き込みなんか見ると新作よりもこっちの方が良いという人もいたし。

第一印象は、新作にハマった身としてはこのアルバムも悪くはないけど幾分インパクトには欠けるかな?と思った。曲構成の流れは新作と全く同じスタイルで徐々に盛り上げていく構成なのだけど、新作との決定的な違いはメリハリの部分がそう大きくないトコなのかも。だから、新作を聴いて「大仰しい」と感じた人は、こっちの方が良いかも。

すっきりしたメロディの裏に何処か寂しさを感じさせる曲調はもう既にこの時点で発揮されており、某音さん曰く「気分が落ち込んだりした時に聴くと自殺したくなる様な~」とまでは行かなくとも(苦笑)悲しいメロディが聴きたい時にはこれをチョイスしても良いと思う。
お気に入りは「DREAMING LIGHT」(ホントに美しい!)と「A SIMPLE MISTAKE」(この曲の後半部の盛り上がりは凄い!)、「SUMMERNIGHT HORIZON」がベストかな。

ミキシングにはポーキュパイン・トゥリーのスティーヴ・ウィルソンが絡んでる事もあってポーキュパイン・トゥリーを感じさせる部分もあるけど、それ以上にバンドの個性が強いのでさほど気にならない。ただ、新作にもあったけど語り部の部分は余りピンと来ないので入れない方が良い様な気が。

でも今作聴いても思ったけど、切なさを感じる雰囲気はホントにマリリオンと似てると思う。これが英国クオリティってヤツなんですかね?


「A SIMPLE MISTAKE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=RKjJIcqC2I0

「DREAMING LIGHT」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Mk0OF9DdVhw

「SUMMERNIGHT HORIZON」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=d5lNYXyT4fo


Weather SystemsWeather Systems
(2012/04/16)
Anathema

商品詳細を見る


先日の6/9”ロックの日”にちなんで、HMVにて”¥5000以上でポイント10倍セール”ってなモノが1日オンリーで実施されてたので、以前から欲しかったアナシマの近作2枚、TOTO紙ジャケ1枚、デアーの5thアルバムを合計¥5003(!)で合わせたのがようやく2日前に届いた。
因みに、前回書いたザ・スミスのコンプリートBOXも¥4400で売ってたので結局ポチってしまいました。同じ時間帯に佐川とヤマトの配達が被るという離れ技をやってのけて(爆)。

ちょっと前に某音さんのブログにてこの新作を紹介されていたのを切っ掛けに、物凄く興味を持ったアナシマだけど、それまではゴシックバンドの括りでよく紹介されていたのを雑誌などで目にするだけで名前だけは辛うじて知っていた。
まあ、私的にはゴシックメタル系はパラダイス・ロストは勿論の事、他にもシアター・オブ・トラジディやマイ・ダイイング・ブライドとかも聴いたけど、どれも途中で路線変更したり音楽性を変えたりして興味を失ってしまったので(肝心なパラロスでさえも途中で路線を変えたし)ゴシック系は余り深入り出来ないと踏んでる部分があるので、アナシマまでは手を伸ばしていなかった。

しかし、この紹介された新作を聴いて非常に驚かされた。まず「ゴシックじゃないじゃん!」。
とにかくメロディが物凄く綺麗!Voもゴシック系にありがちなデス声ではないから聴きやすく、女性Voも取り入れてメリハリを利かせるのも上手い。特に顕著なのが「UNTOUCHABLE PART 2」。コレはホントに泣ける!
ゴシックメタルという括りはとっくの昔に無くなってたらしく、ここ数作ではいわゆるポストロック的な手法を取り入れて独自の音楽性を追求しているみたいで、そもそもHMの括りにすら入るかも微妙なトコなんだけど、私的にはシンフォニック系に近いモノを感じたかな。

全体的に、シンプルで綺麗なメロディに併せて徐々に盛り上げていく手法がこのバンドの特徴なんだな...と感じたけど、それが決して一辺倒にならず聴き手を飽きさせないのは見事。音楽性は違うけど、マリリオンを聴いてる時に感じる「切なさ」や「儚さ」を十分思い出させてくれる。何処か影のある雰囲気を持ってるのも英国のバンドならではと言った感じだ。

正に傑作。間違いなく今年のベストアルバム候補の一つに入ってきますね。全く知らなかったバンドで大当たりを掴むと非常に感動するなあ...まあ某音さんの紹介のお陰なんですけどね(苦笑)。ホントに感謝してます!!


「UNTOUCHABLE PART 1」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=SDldA5QWk_I

「UNTOUCHABLE PART 2」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=7afB2jBtip4&feature=related

「THE STORM BEFORE THE CALM」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2cr4YixJfi8&feature=related