FC2ブログ




ここ最近新作は殆ど買ってないので、相変わらず旧譜三昧でまだまだ聴き続けてる80年代アルバムの紹介です(笑)。まあ金欠状態を緩和する為には良い傾向だし、特に欲しいモノが出てないという事もあって無理に買わなくても旧譜で事が足りてる感じかと。ここ数年の好みも随分と変わってきたし、自分の感性で”コレだ!”と思うのをチェックすれば良い訳だしね。

ってな訳で、今回のお題は中坊時代の私を洋楽の世界に誘ってくれたビリー・ジョエルのオリジナルアルバムとしては9作目にあたる「AN INNOCENT MAN」をチョイス。リリースは1983年。当時は少ない小遣いでレコード購入して、同級生に貸したら中のインナースリーヴを無くされたという嫌な記憶が...(苦笑)

中学2年の時、部活で一緒だった他クラスの同級生がこのアルバムが出る前までのベスト選曲のカセットテープを貸してくれた事が本格的に洋楽を聴く事になった切っ掛けだった。当時はマイケル・ジャクソンの大フィーヴァー(死語)期だったので、マイコー以外で洋楽ミュージシャン知らない?って事で借りた記憶がある。
勿論、マイコーとは全然スタイルは違うモノだけど、似た様な音楽ばっかの邦楽(それでも現在の状況に比べればかなり健全だったと思うけど)とは全然違う、”中坊が気取って背伸びした音楽を聴くオレ、カッケー!”みたいな感じで手を出したのかも?(笑)
そういう勘違いが今の時代まで30年以上続いてる私は一体何なんですかね?(苦笑)これぞ永遠の中二病ってか?

それはともかく、LPレコードを手に入れて暫く聴き続けてたお陰でこのアルバムは勿論大好きになった。しかも第一弾シングルだった「TELL HER ABOUT IT」(邦題:あの娘にアタック)が全米No.1を獲得し、勢いに乗って「UPTOWN GIRL」「THE LONGEST TIME」「LEAVE A TENDER MOMENT ALONE」(邦題:夜空のモーメント)「KEEPING THE FAITH」がシングルカットされて彼自身の最大の大ヒットアルバムとなった。因みに「THIS NIGHT」は日本でシングルカットされた記憶があるけど、確かCMでも使われてた記憶が。

私自身、オールディーズとかはさすがに古過ぎて全然興味ないんだけど、このアルバムはビリーがその当時のR&Bやドゥー・ワップなどを自身の解釈としてこのアルバムで再現したモノで、前作「THE NYLON CARTEIN」が内省的で暗いアルバムだったのに対し、このアルバムでは自身のルーツとして楽しいアルバムにしたいという意向があったらしい。重苦しい雰囲気が感じられないので、洋楽初心者だった私にも非常に良いチョイスだったと今更ながら思う。これが前作だったら洋楽自体にハマらなかったと思うし...

当時は「TELL HER ABOUT IT」や「UPTOWN GIRL」がお気に入りだったけど、今聴くと「LEAVE A TENDER MOMENT ALONE」や「KEEPING THE FAITH」などが良い感じで聴けるかな。最近も「UPTOWN GIRL」がCMに使われていたけど、ビリーの曲はそういう意図がある訳でもないのにCMに使われると印象に残るモノが多いと思う。昔は「HONESTY」がCMに使われて「GREATEST HITS Vol.1&2」の日本盤のみに収録された経緯もあったし。

久々に聴いてやっぱ曲作りが上手い人だよなあ~と改めて思った。残念ながら次作からセールスが徐々に落ちてしまったけど、未だにマディソン・スクエア・ガーデンでライブを行なえる程の活躍振りだし、新作は作らないなんて言わずにまた作ってくれれば良いのに。
また、自身の最後のライブではステージで寝転がってTV観てるだけのパフォーマンスをやって、観客に「もう2度とビリーのライブには行かない!」と思わせたい...とか発言したみたいで、こういうひねくれた事を平然と言えるのはこの人のお茶目なトコなのかも。


「TELL HER ABOUT IT」


「KEEPING THE FAITH」
スポンサーサイト



Complete Hits Collection 1973-1997: Limited EditionComplete Hits Collection 1973-1997: Limited Edition
(1997/10/16)
Billy Joel

商品詳細を見る


明けました。新年の挨拶は、某音さんの祖母さんと東日本大震災の手前上控えさせて頂きます。

さて、私の連休は6日間の今日で終了。特にやる事もなかったので、とにかくダラダラ過ごそう...という事で、自分の思いがままの行動で過ごしましたよ。
まあ、それが原因でガソリンスタンドで¥3000お釣り取り忘れたり、それに動揺してスーパーにて夕飯の刺身盛り合わせを置き忘れたり(レジは最近よくある無人のヤツだったので、気が付いた時は遅かった...)と散々な目にあってしまったけど(涙)。
一体、何なんスかね~。神様が「お前、調子こいてるな~」って事でいきなり天罰とか...いやしかし、昨日後厄のお祓い済ませたばかりだし。早速、後厄の効果炸裂ってか!?

まあ悔やんでも仕方ないけど、何かCD買いに行こうと思ってたのにお陰様で気が失せてしまいましたよ。でもネットで何か安いモノ見付けて気を紛らわせますかね。
で、この連休中は特にCD聴いてた訳でもなく、PS3の気になるRPGゲーム買ったらそれにハマってしまったので、サルの如く(笑)そればっかプレイしてました。

しかし、それではこのブログの意味も成さないので、今日我が地元の世界遺産の寺に行った時に、久々に運転中に聴いてたビリー・ジョエルの4枚組ベスト盤「THE COMPLETE HITS COLLECTION : 1973-1997」をレビュー。

運転前にCDをチョイスしてた時、ふと思ったのが、今でこそ働いたお金で毎月の楽しみとしてCDやDVDを買っているけど、今までの洋楽人生の中で「どーしてもこのアルバムは欲しい!」と渇望していたモノって一体何だろうか?と考えてたら、急にこのビリーのベスト盤を思い出したのだ。

当時はまだレコード2枚組仕様で、タイトルも「GREATEST HITS VOLUME 1&2」(邦題:ビリー・ザ・ヒッツ)というモノだったのだけど、ビリーが「RIVER OF DREAMS」発表後にポップス界からの引退を示唆した為に、後に発表した「GREATEST HITS VOLUME 3」と前のベスト盤を組み合わせ、4枚目には本国でのQ&Aインタビューと未発表のライブ音源を入れて、正にコンプリートと言わんばかりの内容。

私は、洋楽初心者の頃に毎日、当時の友人から借りたビリーのベストテープを聴いてて、レコードで欲しかったのだけど2枚組で高額だったのでなかなか買えなかったのを思い出す。
でも、当時に買わなくて良かったと思う。何故なら、学校で「買ったんだ~」って自慢すると、必ず「貸してくれ」と言うヤツが出てくるし、また以前「AN INNOCENT MAN」を貸した時に中のインナースリーヴ無くなされた事もあったので、これだけ欲しかったモノをこういう扱い方されたら溜まったモンじゃない、と(まあ、単に貸さなければ良いだけの話なんですけどね/笑)。

4枚組に伴い、少し収録曲の変更もあったみたいで、「SAY GOODBYE HOLLYWOOD」がレコードではライブ版だったけどスタジオ版に差し替えられて、日本盤には「HONESTY」が収録されてたけど本国盤では削除、その代わり「CAPTAIN JACK」「THE ENTERTAINER」「SCENES FROM AN ITALIAN RESTAURANT」「DON'T ASK ME WHY」「SHE'S GOT A WAY」と大盤振る舞い(笑)。
でも日本人としてはやはり「HONESTY」に思い入れのある人は多いハズなので(私もその一人だ!)この曲が無いとちょっと違和感があるのも事実。まあ、聴きたければ「52ND STREET」持ってるから、それでオリジナルベスト作れば良いだけなんだけど。

しかし改めて聴くと、ホントに名知ってる曲ばっか作ってたんだな~と(笑)。殆どのアルバムがミリオン達成しているのも凄いけど、確かに理由が分かるというモノ。当時散々聴いたモノでも久々に聴くと結構新鮮だし、また余り聴いてない曲もシンプルながらも耳に残ってじわじわ効いてくる感じ。
懐かしさも相成って、新年も新たに”初心忘れるべからず”...と言ったトコだろうか。こういう静かな日には身に染みるな。


「THE NIGHT IS STILL YOUNG」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=lHLl1G5U-j0

「ALLENTOWN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=FSrO_92cO2o

「TO MAKE YOU FEEL MY LOVE」スタジオライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=0rSs017qgUk

ニューヨーク52番街(紙ジャケット仕様)ニューヨーク52番街(紙ジャケット仕様)
(2004/11/03)
ビリー・ジョエル

商品詳細を見る


私が洋楽の世界に足を踏み入れる切っ掛けを作ってくれたのが、当時記録的な大ヒットを飛ばしていたマイケル・ジャクソンと、今日のお題でもあるビリー・ジョエルだった。

マイコーの場合は、あれだけヒットしていれば耳にしない訳がなく「ビート・イット」で興味を持ち「スリラー」のビデオクリップでやられたクチなのだけど、ビリー・ジョエルの場合は友人が貸してくれたオリジナル編集のカセットテープで目を(耳を)開かせてくれた。
気に入ったのが「ストレンジャー」と「アレンタウン」だったのだけど、後追いで色んなアルバムを聴いた結果、「ニューヨーク52番街」と「イノセント・マン」の両方のアルバムが好きだ。
「イノセント・マン」についてはまた後にレビューで書くとして、「ニューヨーク52番街」は全体的の構成が素晴らしく、多彩にとんだ楽曲が才能の持てる技なんだな、と。
「ビッグ・ショット」でガツンと喰らわせた後に、直ぐ「オネスティ」で早くもメロウな雰囲気に持っていき、「マイ・ライフ」の軽快さで和ませ、「ザンジバル」のジャジーな音で如何にも都会的な雰囲気が演出される...という、このレコードでいうA面がホントに完璧だと思う!
だからといってB面がテンション落ちるかというとそうでもなく、A面がヒット曲が多いのに対してB面は隠れた名曲が多く、特にエンディングのタイトル曲はマジで痺れる。

聴いた当時はまだ高校生だったので、当時は「こんな曲が似合う大人になりたい」とか思ったモノだが、いざ自分が大人になるとこんなにも似合わないモノか...と(爆)。だから変更しよう!『こういう曲が似合う老人になろう!』と(大笑)。