See the LightSee the Light
(2008/10/10)
The Jeff Healey Band

商品詳細を見る


あっという間に3連休も終わり。
初日に久々のフットサルで片足を捻り(しかもプレイとは関係ないトコで/苦笑)歩くのも困難になり、2日目は隣県まで雨の中ドライブついでに魚市場で回転寿司三昧。で、今日は2日間の疲れを癒す為グダグダと過ごして終了。ホント、あっという間だったなあ...

でもCD聴く時間はきっちり取って、今日は色々と数多く聴いたなあ~。その中でも随分と久しぶりにブルーズ系のCDを購入。先日HMVで3枚組BOXセットが¥1200で売っていたので、迷わず購入したジェフ・ヒーリー・バンドのデビューアルバム「SEE THE LIGHT」をチョイス。

ジェフ・ヒーリーという名は、このデビュー当時から知ってはいたものの中々聴くタイミングがなかったのだけど、一番最初に彼を知ったのは当時のTV「PUREROCK」でゲストで来てプレイしたのを観たのだけど、驚いたのは何と言っても彼が盲目でギターをプレイし、しかもギターを自分の膝の上に置いて琴の様に寝かせてプレイするという変わった奏法だった。

当時のHM/HR系ミュージシャンがこぞってブルージーだのブルーズ回帰だのと騒いでいた時期に、本格的なブルーズプレイヤー、しかも盲目でプレイし変わったスタイルでプレイするのを目の当たりにしたら、そりゃインパクトは強かったですよ。
しかし、当時はそんなに積極的にブルーズを聴こうという気にもならなかったし(まだゲイリー・ムーアが「STILL GOT THE BLUES」をリリースする前だったし)後回しにしているウチに名前も聞かなくなってしまった...というのが今までチョイスしなかった訳で。

で、こうして初めてアルバムを聴いてみると改めてブルーズとして身構える必要もなく、意外とライトな感覚でブルーズを楽しめるアルバムに思えた。同時期のスティーヴィー・レイ・ヴォーンみたいに泥臭くゴリゴリした音ではなく、もっと都会的で洗練されており、一歩間違えるとフュージョン系のプレイヤーみたいに聴こえる箇所もある。事実、バンドが解散した後はジャズっぽい音楽性に向かっていたらしいし。

また脇を固めるバックの面々がマーカス・ミラー、オマー・ハキム、Dr.ジョンとその筋では有名なミュージシャン達で、ライブではスティーヴィー・レイ・ヴォーンとも競演し、B・B・キングも絶賛したというお膳立てが揃い過ぎてるデビューは、ホント鳴り物入りだったかと。

でも、それもジェフ・ヒーリーの才能あってのモノ。残念ながら数年前に彼の視力を奪った癌に侵され41歳でその生涯を閉じている。改めてその才能を彼が亡くなって知る事となった訳だけど、後追いながらもこれからも聴き続けたいと思っている。本物の凄さを思い知らされた気分だ...


「SEE THE LIGHT」スタジオライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=8H0gvJPwf90&feature=related

「I NEED TO BE LOVED」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qaGMPatPGjE

「BLUE JEAN BLUES」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_cUswsWUBHs&feature=related


スポンサーサイト