シェイキン・ザ・グラウンドシェイキン・ザ・グラウンド
(2011/09/28)
オーレ・ブールド

商品詳細を見る


しっかし、よく降りましたなあ~、雪。
先週も凄くて土日で3回も雪掻きしちゃったけど、今回は土曜日は出勤日だったので、1時間くらい前に家出れば何とか着くかな?と思い、ドアを開けようとしたら開かない(笑)。ウチはアパートの1階で、2階の通路部分が玄関前になってるから殆ど雪が積もる事はないんだけど、この日は風が物凄く強くて吹き込んで積もってしまったのだ。その時点で20cmくらい積もってたかな?
この時点で、もう会社行くの無理だな...と思ってたので、朝6時から雪掻き開始。1時間くらい玄関前から階段脇までやったけど、駐車場まで辿り着かず(爆)。とにかく雪が止まない限りは無理だろうと判断し、今日になって2回に分けてウチの前の道路まできっちりやってきましたよ。お陰で背中と右腕が痛い(苦笑)。

で、今はちょっとのんびりしてお菓子バリバリ食いながら音楽を楽しんでると。こういうリラックスしたい時にはやはりAOR系でのんびりと...って気分なので、今日のチョイスはちょっと前に購入したノルウェー出身のオーレ・ブールドのデビューアルバム「SHAKIN' THE GROUND」。発表は2009年。

以前2ndアルバムの「KEEP MOVIN」をレビューしてるけど、私はその2ndアルバムのリリース時にタワーレコードの試聴コーナーでこの人を知って、アルバムがかなり良かったんで1stも欲しくなって後にやっと購入したのだけど、このアルバムをリリースした当時はAOR系リスナーから大絶賛を受けて一時期プレミアが付いたという作品らしい。私はその後に再リリースされたCDを購入。

ノルウェー出身という事でちょっと意外な感じかも知れないけど、このアルバムで聴ける音は明らかにメジャー感を意識した70~80年代のAOR系、それにプラスしてファンクを取り入れたスタイルを踏襲していて、デビューアルバムとしてはかなり完成度の高い音楽性を実践している。これは確かに大絶賛も受けるわ。
2ndアルバムと比べると、こっちの方がボトムの効いたリズムがかなりファンクっぽい印象を受けて、ジャミロクアイやスティーヴィー・ワンダーあたりをちょっと思い出した。

どーやら、日本盤と本国盤とでは収録順が違うみたいで、日本盤はAOR系のリスナーを対象した収録順になっているので、レコード会社がどんなスタイルで売り出したいのかがよく分かる。本国盤はホーンがバリバリに効いてる「BACKYARD PARTY」がアルバム冒頭に来てるらしいけど、確かにこれじゃリスナーにイメージが固定される感じがするので、日本盤の様な曲順が合っていると思う。1~3の流れは実にスムーズだし。
私的には、AORの王道を行く様な「ONE MORE TRY」、ヘヴィなファンクスタイルの「UNDER CONTROL」、フリーソウルっぽい「THIS BLOOD」、ジャミロクアイみたいな「CITY LIGHTS」がお気に入り。

昨年、ベスト盤(オリジナル2枚しか出してないのにベスト盤とはこれ如何に?)をリリースした一環として、ようやく初来日公演を実現させたらしいけど、ライブだとどんな感じになるんだろうか?歌の上手さはこのアルバムでも十分見せ付けてるし、以前はデスメタルバンド(!)でギターも弾いてたらしいからギターの腕も確かだろうから、かなり堅実なプレイが見られるライブなんだろうなあ。
ともあれ、3rdアルバムが早く聴きたいんでリリース待ってますよ!


「ONE MORE TRY」↓


「CITY LIGHTS」↓
スポンサーサイト

キープ・ムーヴィンキープ・ムーヴィン
(2011/09/07)
オーレ・ブールード

商品詳細を見る


さて、昨日に続いて最近のAORを聴きたい!プロジェクト(?)の第二段。オーレ・ブールドの2枚目にあたる「KEEP MOVIN」をチョイス。

昨日のタルクと同じで、このミュージシャンの事は全く知りません。単に色々と調べていった結果、購入したモノだけど、実は昨年のリリース時に新宿のタワレコでCD漁ってた時に試聴コーナーに置いてあったをチラっと聴いた程度。この淡いジャケは微妙に覚えていて、タワレコでかなりプッシュされてたのを覚えていたと。

昨日紹介したタルクは英国出身だったけど、このオーレ・ブールドは北欧のノルウェー出身との事。ノルウェーというと私的にはどーしてもTNTや一連のブラックメタル勢を思い出すけど、ちゃんとこういう音楽もシーンに存在するんだなあ(って、単に知らないだけだけど/笑)。
で、プロデビューは10代半ばだったらしく、ボーカルやギタリストで多くの地元ミュージシャンの作品に参加してたらしく、この中で異様なキャリアだったのがテクニカル系デスメタルバンドのエクストルというバンドにも参加してたらしい(私は全く知らなかったけど)。しかし、こういう音楽をやる人がデスメタル経験してるって随分凄いなあ、と。

それはともかく、このアルバムでのスタイルは正にAOR。ジャミロクアイやスティービー・ワンダーの様なファンクスタイルに、アース・ウィンド&ファイアーの様なホーンセクションがバリバリ効いてて、ボーカルはR&B系の濃い印象は余り感じなく、幾分あっさりした印象。70年代からAOR聴いてるリスナーは間違いなくツボ直撃ではなかろうか?

本国ではどの様な扱いを受けてるのか分からないけど、完成度は物凄く高い。音質も凄く良いし、聴いていてホントに心地良いという言葉がぴったりだ。今のアメリカでこういう音楽が通用するかどーか分からないけど、火が点いたら一気に盛り上がりそうな雰囲気はあると思う。

ただ、苦言を一つ残すと、4曲目の「HEAVEN IS ON MYSIDE」で聴ける音は明らかにフットルース。コレはちょっとなあ...まあ、オマージュと捉えれば良いのだろうけど、私的には飛ばしてしまう1曲。この曲が無ければバランス的にも良かったと思うんだけどなあ。


「STEP INTO MY LIGHT」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=dsOsiQ6mIuc&feature=related


「SHE'S LIKE NO OTHER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=knBRBs6bRhg


「BROKEN PEOPLE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=95lEYPQwocU