ザ・イヴニング・オブ・マイ・ベスト・デイザ・イヴニング・オブ・マイ・ベスト・デイ
(2003/12/17)
リッキー・リー・ジョーンズ

商品詳細を見る


しかし、年末ですなあ~。ここ数年、余り年末だの正月だのって意識は全然無かったのだけど、仕事の慌ただしさとか疲れの溜まり具合とかで年末って感じるのってどーなんでしょ?
しかも、色々と出費もかさんで「年末年始はお金使うから」ってのを、既に今から始まってるってどーなんでしょ??(まあ、コレは毎度の事で自分の不摂生もあるだろうけど)
とりあえず傷を負ってる鶴を助けて、虐められてる亀も救って、更に雪に埋もれてるお地蔵さんに笠被せて、ついでに舌を切られたスズメの心配をして竹薮へ探しに行って、おまけに枕元に靴下ぶらさげておけば何かやってきますかね?

そんな事を思いながら(笑)今回のレビューはリッキー・リー・ジョーンズ。レビューは初めてですな。2003年発表の「THE EVENING OF MY BEST DAY」。

mesonaokoさんから教えてもらったアルバムで、実はリッキー・リー・ジョーンズは今回初めて聴いた。それまでリッキー・リー・ジョーンズといえば、ベストヒットUSAのオープニングのレコードジャケがパラパラドミノ倒しされてる中の1枚ってしか認識がなかったくらいだ。図書館にCDでもあれば借りて聴いてただろうけど、今まで見つけた事もなかったし。

それまでの勝手な思い込みだけど、デビューアルバムの「浪漫」のジャケのイメージではサザンロックっぽい事でもやってんかな?と思ってたけど、全然違いますね~(苦笑)。ジャズっぽい雰囲気やアコースティックだったり、ブルージーだったりと様々なスタイルで聴かせるミュージシャンだったと。
このアルバムの時期でも、もう既に結構なお歳なハズなのに声質は結構透き通った声で若々しく聴こえるのも魅力的かと。ちょっとシンディ・ローパーと被る雰囲気があるかも(声質に関して)。
しかし、色々なスタイルを演ってる割りには一番耳に残るのが歌声ってのが凄い。大体、曲調の雰囲気を掴んでイメージを湧かせて聴く事が多いのに、ボーカルラインが耳に残って一番主張しているってのがこの人の個性であり武器なんだろうなあ。

比較的地味な作品かと思うけど、個人的には全く気にならなかった。お気に入りは「SAILOR SONG」「IT TAKES YOU THERE」「UGLY MAN」「A FACE IN THE CROWD」あたり。

とりあえず、このCDは勿論の事、最近よく出てる廉価版5枚組ボックスが売ってるので、それを購入しようかと。良いモノ紹介してくれてありがとう、MESONAOKOサン!


「TELL SOMEBODY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=JlgkGCQl2f8

「SAILOR SONG」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ixqWZa5LcNI
スポンサーサイト