Way Life GoesWay Life Goes
(2013/04/30)
Tom Keifer

商品詳細を見る


新しいブログの方も、多くの皆さん方に読んでもらって非常にテンション上がりまくりで(笑)少しでも多く更新しようと頑張っておりますです。
ただ、余りハイペースで更新するとネタが無くなってしまうので(それと体力的にも持たないと思うし)その辺のバランスを上手く取りながら末永く続けられたら...と考えてますんで、今後ともご贔屓に。

その別ブログで時間取られてるのと、激務のお陰で心身共に疲れ果ててるので新作聴くのに集中力を欠いたままでレビューが書けるハズもない...という事で、最近は旧譜ばかり聴いてました。
新作CDもそこそこ届いて、全部聴ける状況ではなかったので少しフラストレーションも溜まってたんですが、やっと休日になったんで少しずつ聴いています。
という訳で、今日のお題はやっとシーンに戻ってきた、シンデレラのトム・キーファーの初ソロアルバム「THE WAY LIFE GOES」をチョイス。

シンデレラの現時点での最後のアルバム「STILL CLIMBING」が1994年発表なので、約20年近く新作発表してなかったという事になる訳だけど、以前から情報で伝わってきたのはトムの声帯に問題があるという情報だけで、シンデレラの近況なんて殆ど無かった。フェスに数回出演してるだの、過去のライブCDを発表してるだけで活動自体が非常に疑問だったけど、こうしてシーンに戻ってきてくれただけでも凄く嬉しい。

ライナーノーツを読むと、何と6回も手術をするほどの深刻な問題だったらしく、活動どころの話じゃなかったらしいけど、本人は歌う事を諦めたくなかったとの一心でリハビリに頑張ってきたとの事。
写真を見ると心成しか幾分疲れた感じにも見えるけど、肝心の内容はかなり充実した作品で「STILL CLIMBNIG」よりもメリハリのある作風に、まだまだ才能は枯れていない事を実感した。

元々ブルージーな音楽性が売りなので、ソロ作でも違和感なくすんなり聴けるのだけど、バンドとの一番の違いはやはり女性のバックボーカルの存在。だけど、これが上手い具合に作用して非常にカッコイイ。
演奏も全体的にアタックが強調された音なので、HR風味は薄れておらずファンなら嬉しい音作りだと思う。
気になるトムの歌声は、さすがにシンデレラ時代のハイトーンを駆使した歌い方はしていないけど、中低域を聴かせる渋い歌声でこれなら喉の負担も掛からず、また歳相当のイメージも相成って良い感じ。

しかし、さすがにこの20年近いブランクは長かった...今でも「LONG COLD WINTER」は事ある毎に聴いているけど、アルバム聴くと「トムはどーしたんだ?」という思いも、これでやっと解消された。
待たされただけあって、非常に聴き応えのある作品だと思う。早くも、今年のベストアルバム候補ですな!


「SOLID GROUND」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=4HJozX2bL8g

「THICK AND THIN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=oA8lWwLEv1Q

「WELCOME TO MY MIND」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=m_iUE_jOVBk
スポンサーサイト