FC2ブログ




廉価盤BOXセットを買っているのに、何故か余り手が伸びないマドンナ(苦笑)。別に嫌いという訳でもなく、むしろ初期の方はかなりの頻度で聴いてたハズなのに、今の時代は殆ど聴く機会がない。特にここ最近のアルバムに関しては何の曲が入ってるのか分からないという始末で、単に彼女への興味が薄れているだけなんじゃないかと思う。
そんな事を思いながら、今回は彼女の3枚目のアルバム「TRUE BLUE」をチョイス。発表は1986年。

前作の大ヒットで時代の窮児と化し、音楽界のみならずスキャンダラスな言動などで様々な影響を与え続けて一時代を築いた彼女だけど、音楽的には意外にまともなポップシンガーだったと思う。勿論楽曲が良くなくちゃ売れない訳だけど、そういった意味では彼女はちゃんと実力を持っていたという訳だ。勿論、話題性やルックス重視で聴いてた人達もいたんだろうけど、私は何故か彼女のルックスには余りピンと来なかったんだよなあ、どういう訳か(勿論、美人だとは思ってたけど)。

そんな彼女が満を持して発表した、真価を問われる3作目は何と若年層の妊娠をテーマにした「PAPA DON'T PREACH」で幕を開ける。こういう意外性は面白いし、楽曲はダンサブルなチューンというのも如何にも彼女らしい。PVも内容に沿ったモノで単なるポップアイコンとは違う別の顔を見せてきた事で意気込みが感じられた。続く「OPEN YOUR HEART」は、これこそマドンナらしいエロいスタイルで(笑)PVも覗き部屋のダンサーという実に分かりやすい内容。ただ、この曲に関しては余り良い曲だとは思わなかったな、如何にもありがちなスタイルな音だったので。

私がこのアルバムでのハイライトだと思うのは、シングルカットされた「LIVE TO TELL」。当時付き合ってたショーン・ペンが出演してた映画のサントラ提供曲だったけど普通に良い曲で、この曲が無かったらアルバムが引き締まらなかったと思うし後の彼女には興味が持てなかったと思うくらいだ。彼女の楽曲で一番好きな曲ですね。
あと意外だったのが、これまたシングルカットされた「LA ISLA BONITA」。ラテンフレーバーたっぷりの楽曲で、こういう楽曲を持ってくる事自体驚かされたし、シングルカットしてヒットするとも思わなかった。まあ、当時の彼女の勢いからすればどんなモノでウケる要素はあったけど、懐の深さを思い知らされた感じだったな。

という訳で、このアルバムを最高傑作に挙げる人が多いのも分かる完成度が高いアルバムかと。今思うと、このアルバムがあったからこそ後のキャリアに弾みがついたと思うし、派手な言動とスキャンダラスな話題だけではない実力を持ったポップアイコンというモノを確立出来たんじゃないかと。
そんな彼女も既に結構な年齢に差し掛かって、この先どんなスタイルを提示するのか全く分からないけど、個人的にはダンサブルな楽曲よりももうちょっと落ち着いたスタイルの楽曲で勝負してほしいと思うけど、果たして...


「PAPA DON'T PREACH」


「LIVE TO TELL」
スポンサーサイト



ライク・ア・ヴァージンライク・ア・ヴァージン
(2005/11/23)
マドンナ

商品詳細を見る


さて、お盆休みも中盤、結構グダグダな生活を送ってます(笑)。
月曜は半日出勤だったんで、長期連休にしてはちょっとメリハリは付いてる感じはするけど、基本はこれだけ気温が高いと何処にも出掛ける気分にはならず、ウチでゲームしてるか映画観てるかのどちらかでほぼ廃人化(爆)。
でも、とりあえず1日くらいは何処かへ出掛けようと思ってたんで、お得意の那須塩原へ朝からドライブ。
しかし、自然の中でちょっとまったりして来よう...と那須の温泉地でブラブラしようと思いきや、思ったよりも観光客が多くて駐車場も満車状態。なので車から降りられず、仕方なくそのままUターンして那須アウトレットへへ着いたは良いけど、今度はそんなに欲しいモノも見当たらず(まあ、ただでさえお金の掛かるお盆中なんで、その方が有り難かったりして/笑)一通り見て回って帰宅の途へ(笑)。

ただ、そのまま帰るのも面白くも何ともないので、近場の道の駅で実家用のお土産を購入し、その近辺のブックオフをチェック。そしたら、今回のお題であるマダーナ(注:小林克也風に)の紙ジャケ11枚組セットが何と¥1550の破格値で売られているではないか!?
前からちょっと狙ってたモノで、今は在庫が少なくなってしまったお陰かアマゾンでも¥4000弱で売られているモノがこの金額。今月はCD買わないと言いつつも、コレには飛びついてしまった(って、ブックオフ寄ってる時点で「CD買わない」なんて甘い事言ってる...という突っ込みはナシだ/爆)。しかもクーポン利用で1割引、¥1395也!全127曲、1曲あたり何と10.9円(爆)。ほぼタダ同然じゃねーかっ!?

マダーナは(もういいって?/笑)「LIKE A PLAYER」以降はそんなにまともに聴いておらず、その後はシングル曲くらいしか覚えてなかったりするので、私的には1~3枚目までしか思い入れがないので、今回改めて再評価するには良いタイミングだったなと。
で、一番最初に語るのはやっぱ出世作である2ndの「LIKE A VIRGIN」でしょう。発表は1984年。

”爆発的な大ヒット”というのはこういう事を言うんだろうな...と、リアルタイムで経験していてホントにそう思った。前作から「LUCKY STAR」のPVをベストヒットUSAで見た時「何だか、随分とエロいねーちゃんが出てきたな」と、思春期真っ只中の私はそのビジュアルに釘付けになってしまったが(爆)正直言って、その後の音楽シーンを代表するポップシンガーになるとは全く思ってなかった。歌もそんなに上手くないし(苦笑)。

で、このアルバムが発売された時、タイトルが「LIKE A VIRGIN」と聞いてやはりエロさで勝負するのか...とPV見てもそう感じたけど、「LOVE DON'T LIVE HERE ANYMORE」や「STAY」、「ANGEL」あたりのちょっと影を感じさせる雰囲気が非常にカッコ良かった。実は今回のボックス購入も、実はこれらの曲が聴きたいから...というのがあったし。
またアルバム全編で、まだまだ”作られたポップシンガー”的な雰囲気は払拭されてないけど、前作よりも堂々とした存在感というモノが感じられて”これからのし上がってやる”みたいな勢いは十分に感じられる。

このアルバムのPVのお陰でマドンナみたいなルックスが徐々に世間でも浸透してきて、一般人にはそんなに見受けられなかったけど、本田美奈子が完全なマドンナスタイルで歌ってるのをTVで見て、やっぱ影響力は強いんだなと思ったくらいだ。

因みにこのボックスセット、1stから3rdまでリマスター音源が使われているので音の良さも十分に感じられた。何だか、耳に優しい音で非常に聴き易いのが嬉しい。


「LIKE A VIRGIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=s__rX_WL100

「ANGEL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=APO9ZKtiy1c

「STAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=gCo-6C3_D6A