発売されて(いつもの金欠のお陰で)なかなか購入出来なかった(苦笑)リッキー・ウォーウィック率いるブラック・スター・ライダーズの3rdアルバム「HEAVY FIRE」をようやく手に入れた。
前作は今でもたまに聴いてるくらい結構なお気に入りだったので、今回も凄く期待してたから直ぐにでも欲しかったんだけど、いつも購入しているジョーシンのネットショップの¥200クーポンが発売日過ぎてもなかなか出てこないから待っていて、やっとクーポンが出たと思ったら在庫なし状態...というのが数回続いたので、今まで手に入れられなかったと(笑)。セコイと思われてもやっぱ少しでも値引き率があると消費者としては嬉しいモノだし、新譜CD自体なかなか値引くトコなんてそうはないので、こういうモノを十分に活用して少しでも負担を減らすのがベストかと。

さて、久々の新作となった訳だけど、偶然にもアルバムリリースの間隔が約2年ずつというのは待った感のある~とはならないし、早いとも思わない、実に良いリリースペースだと思う。
しかし、何でこんなダサいジャケットにしたんだろうか?これまでもそんなに良いアートワークだとは思わなかったけど、今回のは全く理解出来ない。ジャケ買いなんてもってのほかだろ、このダサさは(苦笑)。

内容は相変わらずのシン・リジィ直系のハードロックで、前作よりも幾分ヘヴィさが加わった感じ。ただ楽曲によってはリジィ云々という言葉は必要ない、むしろリッキーの過去であるジ・オールマイティーに近い雰囲気のリフ中心のHRだったりするので、少しづつだけどリジィから脱却している節も見受けられた。
まあオールマイティー化は正直このバンドには望んでないので個人的には嬉しくないんだけど(オールマイティ自体は好きだけど)、初の試みで女性コーラス入れたりして少しづつ変化のあるのは良い傾向なのではなかろうか?いつまでもリジィの幻影ばかり追ってるのもどーかと思うし。
あと今回は楽曲の短さが際立っていて、日本盤ボートラ含む全11曲で約45分しかないのであっと言う間に聴き終えてしまうのはちょっと物足りなさを感じてしまう。別に楽曲が長ければ良いという訳ではないけどダラダラ続くよりは潔いし、今の時代にしてはかなり珍しいスタイルなのでは?

残念ながらドラムのジミー・デグラッソがラットに加入する(という噂)為脱退してしまったけど、後任も決まったらしく(ザック・ワイルドのブラック・レーベル・ソサエティのチャド・セリガという人)バンドはまだまだ存続するみたいで一安心。一度はライブを観てみたいバンドなんで、あとは再来日公演を期待するのみですな!


「TESTIFY OR SAY GOODBYE」


「DANCING WITH THE WRONG GIRL」
スポンサーサイト




前回のデヴィッド・ボウイ逝去から約1週間、ちょこちょこ他の音楽をツマミ食いしてはいたものの、毎日ボウイの楽曲ばかりを聴いて喪に服してました。
雑談版ブログにも書いた通り、ボウイ主演の「地球に落ちて来た男」のブルーレイも購入しホントに浸ってたのですが、これだけ長い間に色んな事に挑戦し、時にはハズした事もあるにせよ、ここまでスマートにこなせた人はいなかったんじゃないかと。本物のアーティストという感じで、これから先こういう人は2度と現れないだろうな...とふと思ってしまった。
特に今の時代は、ネットが普及してしまったお陰でミュージシャンの神秘性が失われてしまったし、本人が望まなくともLINEやツイッターの餌食となってプライバシーまでもが尊重されないから、知りたくない事まで知ってしまうのは良い傾向ではないと思う。

そんな事を思いながら、ボウイの亡くなる前日に購入したこのアルバムも聴くのが遅くなってしまった。正月にブックオフ巡りを敢行した時にとある店でこのアルバムが¥2150で売られていて、その時は別なモノを買ってしまったので買わなかったのだけど、どうせいずれ買うつもりだったし、しかも昨年発売されたばかりの初回限定盤で¥1000下がってるのは美味しいなと思い、まだ売ってるかな?と再度店に行ったらまだ置いてあったので、今度は迷わず捕獲した。リッキー・ウォーウィック率いるブラック・スター・ライダースの2ndアルバム「THE KILLER INSTINCT」を今回はチョイス。

1stアルバムはそこそこに聴いてたのだけど、元シン・リジィという肩書き(と言ってもスコット・ゴーハムだけで、残りは再結成メンバーだからちょっと意味合いは違うけど)が邪魔して、分家を聴くよりも本家を聴く方がダントツに多かった。多分これからもそうだと思うし、それだけ自分自身がシン・リジィの音楽が大好きだからだと思う。
しかしフィル・ライノットがいない現在では、幾ら元メンバーがリジィっぽい音楽をプレイしててもリジィになる訳ではないのは当然分かっている。しかも「ああ、これは”JAILBREAK”っぽい。で、この曲は”EMERALD”に似てる。」となれば、やはり本家の方が馴染み深いし。
だから、分家であるこのバンドの意義というモノを考えると、この時代にこういう音楽をプレイしてくれてる存在は歓迎出来るものの、ほんの少し疑問を感じてたのも本音。前作のレビューで「もうちょいオリジナリティを」と書いたのは、あからさまにリジィの影がチラつくどころかやり過ぎの感があったからだ。

そして今回のアルバムも、そのリジィの影がチラつく部分が多いにある(苦笑)。ただ、前作みたいに「何の曲に似てる」という感じではなく、あくまでも歌い回しや雰囲気のエッセンスの部分だけで、曲作りは前作よりも良いんじゃないか?とバンドとしての成熟振りは十分に感じられた。
今回からベースがマルコ・メンドーサからヴィンス・ニールのバンドにいたロビー・クレインに変わっているけど、楽曲に複雑な展開がある訳でもないから、テクニカルな影響はそれほどないと思う。
私のお気に入りは「BULLET BLUES」「FINEST HOUR」「CHARLIE I GOTTA GO」「BLINDSIDED」「YOU LITTLE LIAR」あたりかな。アコースティックな楽曲を集めた初回限定盤の2枚目も、楽曲の良さを一掃際立たせていて良い仕上がりとなっているので、これは買って正解だったな。

今回のアルバム聴いて、ようやく彼らに乗る事が出来た感じだ。偶然にも今日の音楽サイトのニュースで今年の夏にシン・リジィとして数回ライブを行う事を発表してるけど、あくまでもフィル・ライノットの没後30周年という記念としての事らしい。まあ、リジィといってもダーレン・ワートンが加わって、ブライアン・ダウニーは不参加だから(代わりにモーターヘッドのミッキー・ディーが参加らしい)リジィとしてよりもこのバンドの活動に重点を置いてほしいなあ。次の来日公演には是非行ってみたいし。


「THE KILLER INSTINCT」


「FINEST HOUR」

All Hell Breaks LooseAll Hell Breaks Loose
(2013/05/22)
BLACK STAR RIDERS

商品詳細を見る


しかし、ホントに最近は色々な事に不精になってしまってイカンですなあ~。
まあこの暑さや仕事疲れの影響もあるんだろうけど、とにかく色んな事にやる気が起きない。自分の趣味でさえイマイチ乗り気にならないのは一体どーしたモノか?2日間の連休もダラダラ過ごして終わり。何だかなあ~。

新作CDをチェックはするのだけど、買うのに結構手間取って、例えばHMVはそろそろポイントセールやるかな?と変な勘繰りをするお陰で中々手が出せない(苦笑)。まあ、こんな事言ってればいつまで経ってもCD買えないんで、邪念は捨てるべきでとっとと買うのがベストなんだけどなあ...単にセコいだけか(笑)。

そんな事を言ってる間に、結構買い逃してるCDが多いんでそろそろ買おうか...と市内のHMVで探して2枚捕獲。その内の1枚、ブラック・スター・ライダーズのデビューアルバム「ALL HELL BREAKS LOOSE」をチョイス。

結構前から「リジィの灯を消してはならない」だか何だかで、再結成して本国でライブ活動を延々続けていたシン・リジィだけど、フィル・ライノットがいないバンドをシン・リジィと呼べ!と言っても全然ピンと来ない訳で、正直な話フィルが永眠した時には既にバンドは終わってる訳だから、幾ら過去在籍したメンバーがリジィを名乗っても「何だかなあ~」と首を傾げてしまうのだ。
しかも、最終的なメンバーには元オールマイティのリッキー・ウォーウィックやデフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルまでもが在籍して、もはやバンドの灯なんてどーでも良いのでは?と思っていた。

それが、今回リジィの名を封印して新たなバンド名で仕切り直したのがこのアルバム。ライブには参加していた元リジィのブライアン・ダウニーやダーレン・ワートンはこのバンドには参加しておらず、元メガデスのジミー・デグラッソや元ブルー・マーダーのマルコ・メンドーサが加入しており、もはや元リジィ経験者はスコット・ゴーハムただ一人となった。

なので、今更リジィの名を持ち出すのもどーか?と思うけど、このアルバムで聴ける音は明らかにリジィの影響化にあるモノばかり。フィルが在命していたらこういう楽曲を書いていたか?という疑問はともかく、今の時代にリジィの影響を受けたこういう音楽を聴く事になるとは思わなかったな。

リッキーの声質もフィルの声質に近いモノがあるので、明らかに歌い方を意識してるのがよく分かる。オールマイティのイメージからして、最初リッキーがリジィの歌を歌うのは結構ミスマッチじゃないのか?と嘲笑していたのだけど、なかなかどーして結構良い感じになってるじゃないの!?と驚いた。

しかし、ケヴィン・シャーリーはこういうレトロなHRバンドの御用達プロデューサーになった感があるなあ。先日解散してしまったブラック・カントリー・コミュニオンや、ディープ・パープルの過去の何周年記念アルバムのミックスを担当したり結構幅広くやってるけど、そういう得意分野のあるプロデューサーは嫌いじゃないんで、今回のこのアルバムが良作に仕上がったのは彼の貢献があったからじゃないかな?
欲を言えば、もうちょいオリジナリティを出しても良かったんじゃないか?と思ったけど、まあそれは次作に取って置いて今回はこれで十分満足な出来。オールドスクールなHRが好きな人には堪らない音楽性かと。

メンツだけ見ると、最近は余り活躍の場を見付けられなかった人達で溢れてるけど(苦笑)そういう”外かれし者”が集まってこういうバンドやってるのもなかなか面白い。末永く活動してもらいたいものだ。


「HEY JUDAS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=sUFhANBJPwY

「BOUND FOR GLORY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=kq6Z6C3ipMk