FC2ブログ




約4年振りの新作ですか。思ったよりも結構待たされた感のある、ジェイク・E・リー率いるレッド・ドラゴン・カーテルの2ndアルバム「PATINA」がようやく発表されました。

一旦リリース予定日が発表されたのにも関わらず直ぐに延期となって何時リリースされるんだ?と思ったけど、先ずはこうしてリリースされた事を喜ぶべきでしょう。何せジェイクは以前から音楽業界に不信感を持ってる人だし、今のジョン・サイクスみたいに「リリースするぞ」って宣言しても結局リリースしない様な事を平気でやりそうな感じなので(笑)。...余談だけど、ホントにジョン・サイクスはファンを舐めてるとしか言い様がないっすね。昨年中にリリースするとか言ってて、結局今年もリリースされないで終わりそうだし。

それはともかく、ジェイクのこの4年間も色々な事があったみたいで、先ずはこのバンドを立ち上げる切っ掛けになったベーシストのロニー・マンクーソがバンドを離脱した事から始まり、シンガーのダレン・スミスも一時期脱退し、ベースにはバッドランズでの元同僚だったグレッグ・チェイソンも一時期在籍したけど結局続かず、メンバーチェンジが頻繁に続いた事で新作の製作が遅れたのかと。

結局ダレンはまた復帰し、ベースには元リンチ・モブのアンソニー・エスポジートが務める事になったけど、更に驚いたのは1stアルバムの音楽性ではなくまた別のスタイルになったという事。先行で発表された「HAVANA」を聴いた時、直ぐさまバッドランズの路線をイメージしたのでバッドランズ大好きな私はアルバムが非常に楽しみだ...と思いきや、実際に聴いてみるとバッドランズそのままの路線という訳ではなく、また更に別のスタイルを持ってきたのが意外だった。

一聴して思ったのは、ブルーズ路線というよりは何だかオルタナティヴ寄りのストーナーっぽい雰囲気が随分と感じられるアルバムだなと。ジェイクももう還暦を迎えたという事もあって、前作みたいな派手なHRを演るのにキツくなってきたのかな?と勘繰ってしまうけど、全体的に地味な印象でもこういう路線もアリなんじゃないかと思った。ただ、前作みたいな路線を期待すると今回は間違いなく失望されるんじゃないかと...でもジェイクのファンならこういうスタイルも承知してるだろうし、この辺はリスナーの許容範囲に掛かってくるかな。
お気に入りは「HAVANA」「THE LUXURY OF BREATHING」「CHASING GHOSTS」「PUNCHCLOWN」。最後にボーナストラックで「HAVANA B.C.」という「HAVANA」の別ヴァージョンが収録されているけど、タイトルから分かる通りこっちが原型だったのかな?

何だか相変わらずバンドメンバーに恵まれていない人だなあ...と思うけど(苦笑)いわゆるスーパーバンドみたいなモノには興味がないらしく、ビリー・シーンのワイナリー・ドッグやグレン・ヒューズのブラック・カントリー・コミュニオンにも誘われてたみたいで、もし入っていたら凄く面白いモノが出来そうなのに何か勿体無い気が...自身のバンドに拘って活動に行き詰るなら、こういうバンドで活動した方が楽なんだろうけど、そこはジェイク自身の拘りなんでしょうね。


「HAVANA」


「CROOKED MAN」
スポンサーサイト



RED DRAGON CARTELRED DRAGON CARTEL
(2014/01/24)
RED DRAGON CARTEL

商品詳細を見る


3連休最終日。ホントにゆっくりのんびり出来た3日間で、明日から4日間仕事に出れば9日間の大型連休が私を待っている(笑)。クリスマスなんてどーでもいい、今年はワム!と山下達郎を殆ど耳にしなかったのが最高だった(さすがに毎年のド定番ソングなんで、ホントにうんざりですよ)。チキンもお昼に食べちゃったし、明日・明後日は普通に過ごして終わりますよ。

で、今日は「今日は一日“ハードロック/ヘビーメタル”三昧Ⅴ」が放送されてんで、お昼からずっと聴いてる(笑)。前回はリクエストして見事HN呼ばれたけど、今回はリクエストはしないで単にラジオを楽しんで聴いてますよ。今まで聴いてた中で一番笑ったのはやっぱマノウォー(笑)。某巨大掲示板での実況板でこの曲が掛かるとAAがガンガン出てきた爆笑モン。マノウォーは苦手だけど、こういうノリは大好きだ(笑)。

で、このバンドも絶対に掛かるだろう...と思ったらやっぱ掛かりました。レコード店では品切れ続出みたいで、今のアマゾンの出品金額が倍近くに跳ね上がってる(転売かよ)元オジー・オズボーン・バンドのギタリストで、やっとシーンに戻ってきてくれた思いでいっぱいのジェイク・E・リーの新バンド、レッド・ドラゴン・カーテルのデビューアルバム。
ソロ作としては2005年に発表されたアルバムがあったらしいけど、このアルバムが世に出てた事すら知らなかったし、バッドランズが解散した後にソロ数枚発表されてたけど特にチェックしてた訳ではないので、個人的にはバッドランズ以来(!)という感覚なので、ホントにこうして新たなアルバムが聴けるのが嬉しい。

ジェイクがオジーと袂を割らなければ、ザック・ワイルドが世間に知れる事がなかったと思うのでちょっと微妙な感覚になるのだけど、ジェイク在籍時のオジーバンドはもう少し観たかったというのが本音だった。でも現実には2枚のアルバムのみで脱退(解雇?)し、オジー期とはスタイルの全く違うバッドランズを結成してHMから徐々に離れていってしまったのは当時のジェイクには正しい選択だったんだろうなあ。
バッドランズは素晴らしかったけど、HMスタイルの楽曲が少なくてブルーズ寄りのスタイルだったのでオジー期の幻影を求めると全然違うモノだったので、今回のこの新作聴いてそれまで長い間燻ってたもやもや感を一気に解消してもらった気分だ。それほど今回のアルバムには気迫が感じられる。

インタビューで「まずはこのアルバムを作って様子を見てみよう」なんて言ってるけど、オジー期からのファンはジェイクに求めているのはこういうスタイルなのではなかろうか?勿論、バッドランズを否定する気は全くないけど、ブルーズ色の強いHRはリスナーを限定しやすいし、今までやってきたスタイルから変化すると「変わってしまった」と評価で終わってしまうから、今回の音楽性には十分理解出来る。

冒頭の「DECEIVED」からして”あの時の”ジェイクが戻ってきた!という感じだし、ただHM一辺倒って訳ではなく現代的な感覚も忘れておらず、ラウドロックに通ずるスタイルやボーカルを複数起用して印象を変えてるので最後まで飽きさせないのはさすが。
メインのボーカルはハーレム・スキャーレムのダレン・スミスが担当しているけど、チープ・トリックのロビン・ザンダーや元アイアン・メイデンのポール・ディアノ(どんな繋がりなんだ?)、イン・ディス・モーメントのマリア・ブリンクやサス・ジョーダンが参加して色を添えている。

いやはや、ホントに恐れ入りました。コレが数年前まで隠居してた人の作品かよ?と思わせる充実ぶりで、復帰作としては文句無い出来。ボーカルが酷評されてるけど、アルバム聴く限りではそんなに酷いとは思わないなあ。
一時は消息不明となってアル中になっただのドラッグ中毒だの散々な言われ様で、オジーの最新作でガス・Gを起用する前にジェイクに「やれるか?」と聞いて断ったとか色んな話があったけど、こうして戻ってきてくれただけでも感謝感激だ。今回は末永く活動してくれるんだろうな!?


「FEEDER」VO:ROBIN ZANDER ↓
http://www.youtube.com/watch?v=q9u29BGS0QY