DestinationDestination
(2009/06/01)
Street Talk

商品詳細を見る


しかし、購入量は多いのに全然聴く時間が確保出来ないのはホントに困る。
最近はどーしても聴きたいと思わせる新作が少ないからまだ良いけど、来週から増税の影響もあるしCD購入は少し控えめにしないとマジでイカンですねえ。中古購入が更に増えそうな予感。

で、このアルバムも以前から気になってて、いつだったかディスクユニオンの店頭で配布されてるメロディアス・ハードロック・ガイドにこのアルバムの事が書かれたのを思い出し、新品の輸入盤が一向に値下がりしないんでネットの中古サイト開いたら入荷されてたんで購入してみた。北欧のストリート・トークのベスト盤「DESTINATION」。発表は2004年。

全く知らないバンド名(プロジェクト?)だし、ジャケットもイマイチだし、それじゃ何が気になったのかと言うと、元マディソン・元イングヴェイ・マルムスティーン・バンドのヨラン・エドマンがシンガーとして参加してるから。
インギーの作品をそんなに多く聴かない私としては、彼の「ECLIPES」のスタイルが結構好きでこのシンガーも透明感がある事から、彼のボーカルでメロハーを歌うとかなり良いモノが出来るのでは?と常々思ってたので、正しく打って付けのアルバムかと。

まあ、正確にはメロハーというよりはAORに近いスタイルだったりするのだけど、それでもベストアルバムという事もあってか楽曲の充実度はかなり高い。曲によっては80年代のシカゴあたりに近い印象を受けた。
ただ、ちょっと気になったのはヨランの歌メロ。全体的には良い雰囲気でかなり好きなタイプなんだけど、どうも”歌わされてる”感が残るのだ。歌詞の字余り的な歌い方が所々で引っ掛かって、その辺を上手く練ってくれれば自然に聴こえてもっと良いのになあ...とちょっと残念。
ギターはソロ作も出していて、色んなトコでゲスト・ミュージシャンとして参加しているスヴェン・ラーソン。ライオンヴィルでもこの人のギターは良い味出してて、クリーントーンが心地良くてかなり好きだなあ。

なお、このバンドにはもう一人ボーカルが参加していて、その一人が元ヴァレンタインのヒューゴ。このベスト盤には彼のボーカルで2曲収録されているけど、やっぱスティーヴ・ペリーそっくり(笑)。本家ジャーニーの新ボーカルのオーディションにも参加したらしいけど、アーネル・ピネダにその座を奪われちゃいましたねえ。

こういう期待を裏切らない、ちょっと心に潤いが欲しい時にぴったりな楽曲群なんで、これから長い付き合いになりそうなアルバムかと。お金に余裕がある時にでも今度はオリジナルアルバムにでも手を出してみますかね。


「ASTRAY」



「STANDING IN THE RAIN」
スポンサーサイト