雑談版の方にもちょこっと書いた事だけど、昔は「どんな音楽聴いてるんですか?」との問いに、当たり前の様に「メタルですね」と答えていたのだけど、最近はメタルと答えるのが少々気が引ける様になってきた(苦笑)。理由は単純にHM系のジャンルでも細分化が大分進んできたからだ。
元々私が音楽に興味持った頃は80sポップが全盛期で、その流れで洋楽を聴き始め、当時のHM/HR全盛期にハマってそのまま聴いてきたのは以前も書いた通りだけど、その当時は正統派とLAメタル勢くらいしか主流はなかったのに、今の時代はメタルと一口に言っても色んなスタイルのモノが存在する。
私が今でもよく聴くのはやはりオールドスタイル系で、メロディアスハード系も追ってはいるけど、正直それくらいしか興味がなくなってしまったのだ。以前から公言してる通りデス声がダメなので、ブラックメタルやデスメタルは全く聴かないし、最近のラウドロック系のグロウル連発してるのはキツい。スラッシュ系は今でも大丈夫だけど、新譜を追っ掛けるほどの熱意は無くなった。
なので、最近は「ハードロックですね」と答える様にしてる(笑)。これなら細分化もないし、オールドスクール系にも当て嵌まるモノだから気にも咎めない。しかし、歳を取ると保守的になるのは宿命みたいなモノなのだろうか?まあ、自分の好きな音楽を無理して幅を広げる必要もないし、新たなジャンルを無理に好きになる必要もないんで気楽に聴き続けられるモノを楽しめれば...と思う。

そんな事を思いながら今日のお題は久しぶりの鴉団、ブラック・クロウズの「THE LOST CROWES」をチョイス。発表は2006年。
この人達も当初音楽シーンに出てきた時はHR系の範疇で語られる事が多かったけど、実際にはオールドスタイルのロックといった感じで、エアロスミスやGNRに歓迎されたお陰でHRの範疇で語られた様なモノだったなあ。
1stアルバムの時にGNRのスラッシュが彼等のTシャツ着てBURRN!に写真が出てたのを見て興味を持ったのだけど、聴いてみたら古臭いレトロロックだったので思いっ切り肩透かし喰らったのを覚えている。当時は英国からクワイアボーイズが登場したり、ある種の原点回帰的なモノが注目された時期だったので、彼等が注目されたのも理解出来るけど、正直そこまで売れる音か?と思ったりした。まあ、チャートを駆け上がって売れまくったのを目の当たりにしてアメリカの奥深さは感じたけど。

このアルバムは、3rdアルバム「AMORICA」と5thアルバム「BY YOUR SIDE」の原型となった「TALL」と「BAND」というアルバムをそのままリリースしたモノで、楽曲は同じでもタイトル違いだったりと色々と後の作品に変化を遂げる前の貴重なテイク集なんだけど、何故この様なスタイルでリリースされたのかは不明。
私自身、「AMORICA」をリアルタイムで聴いて「随分とルーツが濃くなったよなあ」と正直付いていけなかったんで直ぐにCD売ってしまったのだけど(しかし、あのアルバムは買うのも売るのも恥ずかしかった/笑)このアルバムを聴く限りはそれほどルーツが濃く感じなかったのは私が歳食って音を理解出来る様になったからなのか?それとも普通に彼等をカッコイイと理解出来る様になったからなのか??

「TALL」製作時には30曲の楽曲が用意されたという事で、その中から16曲がこのアルバムに収録されて、後に「AMORICA」に収録されたという経緯がある様に「AMORICA」と聴き比べてみるのも面白いと思う。私的には「AMORICA」じゃなくて「TALL」がリリースされてたら彼等の印象がまた変わってたと思うけど、「BY YOUR SIDE」が先だったら普通のロックバンドと思ってただろうなあ。
その「BY YOUR SIDE」の原型となった「BAND」の製作期間は3日というのは驚き。クリスとリッチのロビンソン兄弟でさっさと曲書いてあっと言う間に出来たという様に、結構荒削りというか即効性を意識した作りになってるのは意図的なモノなんだろうなあ。

残念ながら既に鴉団は解散してしまったけど、このテの音楽は歳食っても十分に楽しめるモノなので付き合いが長くなりそうなアルバムだと思う。何も考えないで、田舎道をひたすらドライブする時なんかに打ってつけの音楽かと。


「PEACE ANYWAY」


「A CONSPIRACY」
スポンサーサイト

シェイク・ユア・マネー・メイカーシェイク・ユア・マネー・メイカー
(2001/05/09)
ブラック・クロウズ

商品詳細を見る


昨日の天気の良さを受けて、久々に朝から隣県の海まで約3時間掛けてのドライブ。ここ最近ちょこちょこ起きてる頭痛や、会社のストレスなどで心身共に疲れ果ててる毎日なんで、気分転換こそがストレス解消にも繋がるし。もうホントにたらたら車走らせて、田んぼと山に囲まれた一本道をひたすら走るだけ。
その道中のBGMが、久々に聴きたくなった漆黒の鴉団こと、ザ・ブラック・クロウズの1stアルバム「SHAKE YOUR MONEY MAKER」。発表は1990年なので、もう24年も経ってるのか!?(今知った)

このバンドを知った経緯は、当時人気絶頂だったガンズ&ローゼズのスラッシュが雑誌のインタビューの写真でこのバンドのTシャツを着ていた事で、同時期にエアロスミスが彼等の事をめちゃくちゃ絶賛しまくってたのが気になって、ちょうどアルバムが発売されるという事でCDを買ってみたのが最初だった。
ところが聴いてみると、エアロとかガンズみたい派手なハードロックではなく、もっとベーシックな古臭いサザンロックを基調とした音だったので肩透かしを喰らった気分だったのをよく覚えてる。これまた同時期にイギリスから出てきたクワイア・ボーイズと類似する部分が多かったかな。

クワイア・ボーイズは古き良きブリティッシュロックを継承した音だったけど、彼等の場合は明らかにアメリカの大地に根差した古き良きロックを現代に再現した音だった。それこそ、ザ・オールマン・ブラザース・バンドやグレイトフル・デッドあたりのイメージとかなり被っており、当時の自分の歳では聴くにはまだ早過ぎるか?と思ったくらいだった。
しかし、このアルバムが何故かかなりの好セールスを記録して、一躍彼等の名前は知れ渡っていったのは前述のエアロやガンズあたりがこぞって絶賛したお陰もあるんだろうけど、それでもこういうレトロなロックが突然売れるというのはアメリカの奥深さを感じさせる出来事だったなあ。

しかも、このアルバムがリリースされた年はボーカルのクリス・ロビンソンの年齢が24歳、弟リッチに至っては21歳と恐ろしく若い。この若さにしてこの渋さ。ちょっとありえないっしょ!当時の私なんて、LAメタル聴いてカットTシャツバリバリ着てた頃なのに!
それでも、売れてた影響もあってかこのアルバムと次作はホントによく聴いた。余り深く考えずに気楽に聴けるロックなんで、気分に委ねて音流してるだけでも心地良い楽曲が揃ってる。中でも大好きなのが「TWICE AS HARD」「SISTER LUCK」「SHE TALKS TO ANGEL」。また歌詞の渋さも相俟って良さが身に染みる。

残念なのが、今現在が無期限活動停止状態という事。クリスもリッチもそれぞれ自身のバンドで活躍してるけど、やっぱ鴉団でやってほしいというのが願い。そろそろこういうロックも恋しくなってきたんで、そろそろ再活動お願いしますよ~。


「TWICE AS HARD」


「SHE TAKES TO ANGEL」