Blues Pills -CD+DVD-Blues Pills -CD+DVD-
(2014/07/24)
Blues Pills

商品詳細を見る



久しぶりの更新となってしまいました。
このお盆連休前からずっと激務に追われてて、体力的にかなりキビしい状態になってたので、雑談版ブログは続けてこっちは暫く休止にしようと。まず、音楽も同じモノばかりでまともに聴けない状況だったし、そんな中で色々書いても言葉も出てこないだろうと思ってたんで、この期間はゆっくり自分の回復に努めましたよ。
ま、ブログなんて自分の意識が”書くモード”にならない限り、無理して書いても疲れるだけですからねえ。自分の体調が万全の時に書ければ良いかと(苦笑)。

で、そんな間にもCD買ってる訳ですが(笑)、今回のお題でブルーズ・ピルズは国内盤発売前にも関わらず、HMVのサイトで紹介されてたジャケがブラック・クロウズのDVDのジャケに似てるレトロ加減が物凄く気になったんで、国内盤の発売を待たずに輸入盤で購入してしまいました。しかもDVD付き。
ただ、購入したのがタワレコの10倍ポイントセールだったのだけど、発売日が来ても全然音沙汰がなく、本当に発売されてるの?とチェックしたら未発送のまま。おかしいなあと他のCD屋でチェックしてみるも、別に発売延期になった形跡もない。ただ在庫がなく、取り寄せになってるだけだ。
そしたら、先週いきなりメールが届いて発売延期の知らせが。しかも発売日のそのメールが来た当日(苦笑)。ちょっと出来過ぎだろ!
まあ、その翌々日に発送となり無事届いてずっと聴いてるのだけど、このジャケからも想像出来るとおりこの現代に70年代辺りのレトロでビンテージなスタイルのHRを演っている。因みに出身はスウェーデンからだけど、女性Voのみスウェーデン出身で、他はアメリカ人とフランス人がメンバーに在籍してるので多国籍バンドなのだろう。

女性Vo、しかもレトロなHRスタイルとくればジャニス・ジョプリン辺りを想起させる雰囲気があるけど、私はそれほどジャニスに似てるとは思わないな。ジャニスは声が凄過ぎるし、あの歌い方も独特で個性的だからそうそう似てる人なんているとは思えないし。ただ、ブルーズスタイルのHRでここまで声をアピール出来れば十分合格点ではなかろうか。しかも映像観るとまだ若い感じだし。演奏は特に可も無く不可も無いといった感じで、こういうスタイルで上手くハマってるな...という印象かな。

全体的にはスタイルが統一されて分かりやすい反面、楽曲の練りが不足気味なのか曲が似通ってる部分もあるので、その辺がちょっと残念。ただ、先行シングルとなった「DEVIL MAN」やYOU TUBEでアルバム聴く前にチェックした「HIGH CLASS WOMAN」のインパクトは十分魅力的。普通にカッコイイ。おまけのDVDのライブも結構良いし。

今のシーンにこういうバンドの立ち位置があるのかどーか分からないけど、個人的にはかなり好きなスタイルなのでこの先がちょっと楽しみなバンドが出てきたなあ。早くも次作が楽しみだけど、今度はオルガンとか入れてもうちょっと幅が広がってくれると面白いかな?


「DEVIL MAN」



「HIGH CLASS WOMAN」
スポンサーサイト