最近は余りこれといった音楽を聴いておらず、大体同じ様なローテーションで色んなミュージシャンを聴きまわしてた感じで、ここで改めてレビューする事が出来なかったという事もあってちょっと放置してしまいました(言い訳)。

しかも明日は待ちに待ったサンダーのライブなんで、予習も兼ねてずっと彼等の音楽を聴いてたんで凄く楽しみなんだけど、一緒に参戦する人達がこぞって3人共何らかの都合によって不参加となった為、明日は一人での参戦。しかも、私のチケットマスターでもあるクロスさんがチケ番9番という恐ろしい番号を取ったお陰で明日は最前列間違いないんだけど、そういうチケ番持っておきながら参戦できないって凄く勿体無いよなあ。一人に至っては、先日のパリのライブハウスでのテロ襲撃で完全にビビってしまい今回行けないと言うではないか?
...う~ん、人の事をとやかくいう筋合いはないけど、そういう行為自体がテロリストにとって一番望んでる事なんじゃないかな?大体、何処にいて何処で何していようが”死”の危険は付き纏う訳じゃない?車運転してて事故って死ぬ可能性だってあるし、今食ってるかりんとうが喉に詰まって死ぬ可能性だってある訳だし。
確かにテロは怖いけど、それ以上に観たいライブだってある訳だし、演奏してるミュージシャンだって毎晩ステージに立つのは凄く怖いと思うよ。そんな事よりも、観たいライブが観られない状況の方がよっぽど残念なんじゃないかと。

そんな事を思いながら、こういうバンドのライブなら暴動とかテロの被害に一番遭いそうだよなあ...と思ったのがレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。1996年に発表された2ndアルバム「EVIL EMPIRE」を今回チョイス。

デビューアルバムの時から存在は知っており、僧侶が炎に包まれてる強烈なジャケットが印象的で「一体どんな音楽を演ってるんだ?」と素直に興味を持って購入したのだけど、ミドルテンポの重いリフに乗せながらアジテーションたっぷりのラップが一体となる感覚は、ロックバンドのスタイルというよりはヒップホップ系のスタイルに近いんじゃないか?と思い、それほどのめり込む事は無かった。

そしてこの2ndアルバムでは基本スタイルは変わらないのだけど、前作の攻撃性を更に強めた感じで、PVの作りにしても何だかパンクの精神性に近いモノすら感じてきた。そもそもこの人を喰ったジャケットも、母国アメリカこそ至上とする少年を描いてるらしく、「邪悪の帝国」というのは紛れも無くそのアメリカの事を指してる事もあって、如何に彼らがこの世の怒りを持ってシーンに現れてきたのかがよく分かるモンだと。

日本人にはこういうスタイルのバンドは理解し難いモノがあるけど、歌詞うんぬんを抜きにしても普通に重いリフがカッコイイとか、リズムの使い方が面白いとか聴き所は多いと思う。だからこそ、あの伝説となったフジロックでのパフォーマンスに繋がったのではなかろうか。
ただ、やはり歌詞抜きにして彼等を語るのはちょっとナンセンスなんだろうなあ...とは、いつも聴いてて思ったりするんだよなあ。そこが今ひとつのめり込む事が出来ない理由なのかも。

音楽で世界を変えられる...と思い込むほど純粋ではないけど、こういう主張はあっても良いと思う。伝える事が一つの手段としてなら、こういうスタイルも認められるべきだと思うし。だけど、それに真っ向から対立するのが武力というのは完全に間違いなんじゃないかな?


「BULLS ON PARADE」



「PEOPLE OF THE SUN」
スポンサーサイト