近年CDが売れなくて大手レコード会社も大分減ってしまい、音楽業界は本当に瀕死状態といっても過言ではないこの時代に、苦肉の策として(というよりか、もはやヤケクソ状態なのかも)旧作を安値で売るという売り方が増えてきた。良い例が廉価盤5枚組セット。紙ジャケにそのままCD突っ込んで5枚抱き合わせで国内盤CD1枚分の値段で売るという、80年代じゃ考えられない商売だけどリスナーとしてはホントに有り難い事この上ない。名前は知ってるけど音楽を聴いた事がないミュージシャンなんかは、こういう機会に手に入れてみようか...って事にもなるし。

しかし、国内盤で廉価盤5枚組というモノは存在しない。輸入盤にシール付けて国内盤扱いで売ってるのは見た事あるけど、国内メーカーが直に作ってる訳ではないから純粋な国内盤とは言わないし。
じゃあ国内盤ではどんな対策をしているかというと、単に通常盤よりも¥1000安いモノを廉価盤として出してるのみ。ワーナーのフォーエヴァーヤングシリーズが有名だけど、毎回同じラインナップでたまに変わったモノを出してくるのみ。
まあそれでも有り難いのだけど、金額下がっているモノって既に手に入れてるモノばかりで「おっ!?」と興味を惹くモノはなかなか出てこない。マイナーどころなんかは殆ど下げないけど、昨年キングレコードがやったスラッシュ系のCDを¥1400くらいで売ったのはかなり良いんじゃないかと思う。
そしたら、今年はソニーがAOR系のCDを¥1000で売る事になったからさあ大変。¥1000なら興味のあるモノを手を出しやすいし、外しても余り懐が痛む事もない。ただAORに興味がある人には堪らない話だけど、全く興味のない人にはこの金額でもスルーしちゃうのは仕方ないけど。

前書きが長くなってしまったけど、このAOR¥1000から、私がチョイスしたのは以前レビューを書いたジノ・ヴァネリの7枚目のオリジナル作「NIGHTWALKER」。発表は1981年。
このアルバムの前作にあたる「BROTHER TO BROTHER」が相当気に入ったので、この作品が今回¥1000ラインナップに入ってるのを見た途端、即予約入れましたよ。ネットで調べてみると、ファンの間でもこの2作が名盤扱いされている様なので、いずれ買おうと思ってた矢先にこのタイミングで手に入れられたのはラッキーだったなあ。

内容は前作路線を踏襲した作りとなってるけど、時代の影響か少しシンセサイザーの割合が多くなってる気がする。AORの括り(って、当時からそうだったのか分かりませんけど)でも演奏が意外とハードなのは前作同様なので、全体的にAOR特有の甘ったるい雰囲気がある訳ではないので聴き応えは十分。タイトル通り、夜の雰囲気を味わえるのがポイント高いです。夜の雰囲気...って事で、私的には以前某音サンに紹介してもらったナイトフライトを何処となく思い出しましたね。
お気に入りは「NIGHTWALKER」「SEEK AND YOU WILL FIND」「PUT THE WEIGHT ON MY SHOULDERS」「SANTA ROSA」「LIVING INSIDE MYSELF」「STAY WITH ME」あたり(って、アルバムの8割じゃん/笑)。因みに「LIVING INSIDE MYSELF」は、シングルカットされて全米6位まで上がったとの事。

しかし、この人はホントに歌が上手い!前作でも思った事だけどこのアルバムでも抜群の存在感で、演奏の凄さは勿論だけどあくまでもメインは歌ありきとなってるのが曲を聴かせる肝となっている。
このアルバムに続く次作は完成されていたのだけど、先行シングルまで発売されてたのにジノ本人とアリスタレコードとの間でトラブルとなって結局お蔵入りとなったらしい。このトラブルを起こした人ってのがアメリカレコード会の首領らしく、事実上ジノは干されたらしいので、いつかこの人が亡くなったら改めてリリースしてくれないかな...と僅かな希望を持っていたりする(笑)。


「NIGHTWALKER」


「LIVING INSIDE MYSELF」
スポンサーサイト




しかし、12月に入ってから毎週何かしら予定が入ってる状況...って、私にとってはかなり珍しいんだけど、余りに忙しいんで身体が結構お疲れモード。まあ、楽しい事続きだからそれほど苦にはならないのが救いかな。
今日も午前中まで色々予定入ってて、午後は少し仮眠取って何とか動ける感じだけど、まあこれで一通りの予定は終わったんで、後は年末までゆっくり出来るかな。まあ、仕事の忙しさは相変わらずだけど(苦笑)。
なので、このブログも放置状態だけどCDは相変わらず聴いてるので、時間のある限り頑張って更新したいなと。

で、今日のチョイスは、AORの名盤として名高いジノ・ヴァネリの通産6枚目にして最高傑作と呼ばれる「BROTHER TO BROTHER」を紹介。リリースは1978年だから相当前の作品ですな。

何故、今AORなのか?というと、某音サンのサイトにてAORの作品を紹介されててそれに感化されました(笑)。そーいや、久しくこのテの音楽を聴いてないな...と思い、色々と調べてるウチにこのアルバムに辿り着いて、そーいやこの人は以前購入したAORのオムニバス盤に1曲収録されてたよなあ~と思い出し、聴き返したトコかなり良かったので、じゃあアルバムでも聴いてみるか...と。

でも、2011年に紙ジャケ化されてるモノはアマゾンにて既に若干高騰しており、後に廉価盤が出てるのだけどアマゾンには在庫なし。しかも、いつもお世話になってるジョーシンにも在庫はなく、ちょっと困ったなあ...と思ってる時に東京行く機会があったので、その時にアキバのヨドバシの上にあるタワーレコードで探してたらあっさり紙ジャケ売ってるでやんの(笑)。

しかし、その時はお金の持ち合わせに余裕がなく、仕方ないから何処かで廉価盤買えば良いか...と諦めて、翌日会社にいるプログレおじさん(笑)に一連の話をしたら、実はこの人AORもいけるクチであった事が判明し(何でも、フィリピンバーにてボビー・コールドウェルの「COME TO ME」を歌って周りの女の子に喜ばれたらしい/爆)「ああ、このアルバムは名盤だから買った方が良いよ」と。しかも「絶対紙ジャケだな」という酷な話まで突きつけて(苦笑)。

...う~ん、それじゃあアキバのタワーレコードに電話して在庫確保してもらうかな?と思ってたトコ、検索掛けたらユニバーサルのオフィシャルサイトにてまだ在庫が残ってたので、今度は迷わず捕獲。残り1枚だったらしい。

で、早速聴いてみたトコ、これがプログレおじさんの言うとおりなかなかの力作で、当時のAORシーンの中でもかなり上位に来る内容なのでは?と。当時はTOTOが音楽シーンに現れた頃だったと思うけど、AORスタイルでありながらも何処かハードな印象を与える演奏で、しかも甘いだけじゃなく曲展開にも結構凝ったアレンジが施されており、プログレやフュージョン、ポップなどを感じさせるクロスオーバーの先駆け的な作品なのかも。都会的でお洒落なスタイルが売れた理由なんだろうなあ。
また、リリースされた時代の割りには音が凄く綺麗なのも特色すべき点かと。

勿論、リアルタイムで知ってた訳じゃないのでどんな経緯を持った人なのか分からないけど、インナースリーヴによるとカナダ生まれのイタリア系の家系の人物で、ジャケットを見る限りワイルドなブライアン・メイみたいな雰囲気。それで、歌唱力も抜群でプロデュースも自身で行うから、才能有り余るミュージシャンなんでしょう。

シングルになった「I JUST WANNA STOP」は、全米第4位の大ヒットのお陰で一躍スターに上り詰めたらしいけど、後にスタイルを変えたお陰でこのアルバムが代表作になってしまったとのこと。この後の「NIGHTWALKER」も評価が高い作品らしいけど、このアルバムからレコード会社が変わってるので紙ジャケ化にはなっていないのが残念。ちょっと聴いてみたいなあ。

でも久々にAORらしい音楽を聴いた気がする。こういう音楽はホントに今少なすぎるよなあ。まあ、このテのスタイルはもう出尽くした感はあるから過去の作品に手を出す訳だけど、意外とこの人のフォロワーが出てこなかったのが意外に思えるかも。

「I JUST WANNA STOP」


「APPALOOSA」


「THE RIVER MUST FLOW」