3連休とはいえ、お金もない・身体もダルい・お彼岸で忙しい...となれば、気分はちょっと悶々としてますねー(棒読み)。でもゆっくりのんびりと身体を休めるだけでも良しとしないと。大してやる事もないんで、ダラダラと過ごす日曜の午後はゆっくり時間が過ぎてる感じですよ。

そんな日は久々にメロディアスハード系のモノが聴きたいと思い、ウチにあるそれ系の音を新旧問わず頻繁に聴いてるのだけど、このバンドの事はすっかり忘れていた(笑)。確か、ディスクユニオンの中古ネットサイトで未開封リマスター盤がかなり安く売られてのを確保したモノだったと記憶してるけど、当時結構聴くモノが多くて余りまともに聴いてなかったんだろうなあ。
という訳で、今日はこの91スイートというバンドのデビューアルバム「91 SUITE」をチョイス。発表は2001年。

よく雑誌のメロハーの名盤特集みたいな企画で、このバンドの名前が出て来てたのを覚えている人は相当なマニアだと思うけど、私はディスクユニオンの無料で置いてあるメロハーの冊子みたいなモノをチェックして知りました。しかも出身はスペインという意外な地域から出てきたのも興味惹かれたし、一昨年だったかシークレットというバンドがデビューした際、このバンドのボーカルとギターが新たに結成したバンドという触れ込みで、この前身バンドもどんな感じなんだろうと思ってたし。

スペイン出身のメロハーバンドというと私的にはNEXXを思い出すけど、そのNEXX同様に幾分北欧メタルの要素が絡んだハードポップと言えばお分かりだろうか。キーボードがキラキラしてる透明感のある爽やかな音に、マイク・トランプ+ジェフ・キース似のハスキーなボーカルが乗るといった感じで、デビュー作としてはかなり完成度が高いバンドだと思う。
演奏も申し分ないけど、楽曲の練りにもう一工夫あったら相当注目されたんじゃないかなあと。まあ新人にそこまで期待するのも無理な話だけど、スペインという国からこうしたメロハーバンドが出てくる事自体意外なんで、このアルバムには正直驚かされましたよ。

このアルバムがどの位のセールスを記録したのか分からないけど、メロハー系が好きな方は一度は耳にしても損はない音楽性だと思う。後に2ndアルバムもリリースしたみたいだけど、結局バンドは解散し、新たにシークレットが結成される経緯になったと。
シークレットの方も、試聴してみたらかなり良かったので後でお金がある時にでもチェックしたいトコ。それまではこのアルバムを聴き倒す事にしますか。


「DOWN TO YOU」


「LOST IN SILENCE」
スポンサーサイト