ちょっと更新滞ってしまいました。
CDを全然買ってなかったんでネットであれこれ調べてまとめて購入したけど、今まで国内盤がリリースされているモノに関してはなるべく国内盤を...と思ってたのに、最近は国内盤と輸入盤の金額の差が激し過ぎて購入をどっちにするか考えてしまう事が多くなった。
例えば国内盤で¥3000超えしてるモノが内容は全く同じで半額以下で買えるなら、そりゃ輸入盤にしますって。レコード会社もその辺の事を考えて欲しいんだけど、レコード会社も死活問題なんだろうから正直難しいんだろうなあ。

今回のお題であるこのCDは帯は映ってないけど国内盤で購入したんだけど、それはよくCD購入に利用するジョーシンで1年半くらい前で新品が約¥1000くらい値下げになってたんで買ってみた。こういう感じで、ある程度の期間が過ぎて金額下げて売ってると購入する側も「おっ!?」って感じでカートにポイポイ入れちゃうと思うんだけどなあ...(って、こういうのは稀か/苦笑)

って訳で、改めて今回のチョイスは復活したガンズ&ローゼズのツアーも絶好調なスラッシュ名義ではの2作目にあたる「APOCALYPTIC LOVE」。発表は2012年だけど、このCDはツアーデラックスエディションでDVD付きのモノで翌年にリリースされたヤツ。
ちょっと前からこうしてリリース後のツアー終了間際に付加価値を付けて再リリースというのが増えてきたけど、こういうモノって熱狂的なファンくらいしか買わないと思うし、正直いってこういうモノが後に出るなら、新作だからといって即購入しないでちょっと様子見するのが一番ベストじゃないのか?とすら思う。
まあ、毎月金欠な私みたいな人には購入遅らせる動機(というか必然的に買えない訳だけど/苦笑)にはなるけど、ファンであるミュージシャンのCDに関しては悩みどころだよなあ。結局出ないかも知れない訳だし。

スラッシュが好きというよりもGNRが好きだからこのCDにも興味は持ってたけど、毎月あれこれ買うモノがあると中々手が出せなかったんで、前述の値下げでやっと購入出来た。
ヴェルヴェット・リボルバーの2nd辺りからだと思うけど、スラッシュの曲作りのアプローチが若干変わってきたみたいに思えてきて、それと同時にギターの音も変わってきたみたいであんまり期待してなかったんだけど、聴いてみるとこれが中々良い...というよりかなり良かった。
前作がゲストボーカルが多数参加してたので全体的に散漫な印象だったのに対して、このアルバムからはアルター・ブリッジのマイルス・ケネディが専属ボーカルとなったので統一感がかなり良くなったと思うし、またマイルスが上手いシンガーなんで聴いていて気持ちよく聴けるのが一番の理由かも。楽曲のバリエーションも広くて、聴いてて飽きないし。
ただ、このツアーエディションに追加収録されたGNRのカヴァー曲(「CIVIL WAR」と「SWEET CHILD O' MINE」)に関しては、やっぱオリジナルを聴きまくったお陰で違和感アリアリだけど...まあ、あくまでもオマケって事で。
DVDの方でもライブ5曲が観られてライブがどんな感じなのか分かるけど、5曲じゃちょっと足りない気が(笑)。

しかし、GNRが復活しちゃったから今後スラッシュのソロ活動の方はどうなるのか分からないけど、マイルスもアルター・ブリッジがあるし、その辺の活動に折り合いを付けながらアルバム作りって事にでもなるのかな?スネイクピットもヴェルヴェット・リボルバーも短命だったから、このソロ活動は地道に続けて欲しいと思うけどなあ...


「ANASTASIA」


「ONE LAST THRILL」
スポンサーサイト