全くのノーマークだったバンドだけど、何気にYOU TUBEでチェックしたお陰で購入するハメになった(苦笑)トーキョー・モーター・フィストのデビューアルバム「TOKYO MOTOR FIST」を今回はチョイス。

もうBURRN!は全く買ってないんで、HM/HR系の新譜情報はネットでしか情報を得ないのだけど(その方が金銭的にも優しい...ハズなんだけど、余計なモノまで見付けやすいという”諸刃の剣”的な事もある/笑)YOU TUBEで新作からの楽曲を視聴する時に、横に表示される「あなたへのお薦め」欄も気になって観ると、そこに好みのミュージシャンが隠れている場合がある。ここでも紹介したエンジェルス・オア・キングスなんかは正にこのパターンだったけど、今回のトーキョー・モーター・フィストも全く同じパターンで見付けてしまったのだ。

正直バンド名がダサいなあ(笑)と思ったけど、調べてみるとデンジャー・デンジャーのボーカル:テッド・ポーリーとトリックスターのギタリスト:スティーヴ・ブラウンが組んだ新バンド(プロジェクト?)との事。
トリックスターは、デビューアルバム「HEAR」が売れた時アイドル系のバンドかと思ってたんでそのままスルーしてしまい現在に至るので未だに詳しくは知らなかったりする。もう一方のデンジャー・デンジャーの方は勿論知ってたけど、これまた1st、2ndのジャケットが余りにダサく(笑)当時のHM/HR系の”雨後の竹の子”状態だったウチの一組だと思って、これまた余りよく知らなかったりする。最近は1st~2ndが再発とかされてるので比較的手に入れやすいので、いずれちゃんと聴いてみたいけど。

そんな2組のバンドをよく知らないのに何で購入してるのか?というと、これは楽曲の良さで気に入ったからという事で、久々に胸熱なスタイルのバンドが出てきたなと。正に当時の80年代のアリーナロックを想起させる楽曲群には当時をリアルタイムで追ってきた人達には堪らない内容かと。そのリズム隊を負うのは元レインボーのグレッグ・スミスとチャック・バーギという意外な人選って事から、やっぱプロジェクトっぽい雰囲気が漂ってるんだよなあ。何せレーベルがあのフロンティアーズレコードだし、このバンド名とくれば日本人向けという印象でもおかしくないかと。テッド・ポーリーが昨年ソロアルバム出した関係で作られたのかな?と勘繰ってしまう。

しかし、そんな事も余り気にならないくらい内容は充実してるのでかなり好きな作品となりましたねえ。こういうオールドスタイルのメロディアスなHRバンドのシーンは今の時代余りに狭いけど、そういう時代だからこそ頑張ってほしいんだよなあ。だってこういう音楽が聴きたいリスナーは間違いなく存在する訳だし、それを思うとフロンティアーズレコードはいつも凄いなあと感心してしまうし、またリスナーの好みを知ってる様なモノを作ってくる。それに乗せられても文句は言いませんよ、少なくとも私はね(笑)。


「SHAMELESS」


「PUT ME TO SHAME」
スポンサーサイト